【レビューを書く】 

オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2 Hot Tub Time Machine 2 (2015)


2.5/5 (34)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

2010年に公開されたコメディ「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」の続編。
過去に戻り成功した主人公が撃たれてしまい、犯人を捜すためにタイムトラップして巻き起こす騒動を描く、監督スティーヴ・ピンク、製作、主演ロブ・コードリークレイグ・ロビンソンクラーク・デュークアダム・スコットチェヴィー・チェイス他共演の爆笑コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:スティーヴ・ピンク

製作:アンドリュー・パネイ
製作総指揮
ベン・オーマンド
ロブ・コードリー
マット・ムーア
脚本:ジョシュ・ヒールド
撮影:デクラン・クイン
編集:ジェイミー・グロス
音楽:クリストフ・ベック

出演
ルー・ドーチェン:ロブ・コードリー
ニック・ウェバー:クレイグ・ロビンソン
ジェイコブ・ドーチェン:クラーク・デューク
アダム・イエーツ・ステッドマイヤー(アダムJr.):アダム・スコット
修理人:チェヴィー・チェイス
ジル:ジリアン・ジェイコブス
ケリー・ドーチェン:コレット・ウォルフ
ゲイリー・ウィンクル:ジェイソン・ジョーンズ
ブラッド・サイド:クメイル・ナンジアニ
コートニー:ケリー・スチュワート
ブレット・マクシャシー:クリスチャン・スレーター
テリー:ジョシュ・ヒールド
本人:リサ・ローブ
本人:ジェシカ・ウィリアムズ
本人:ブルース・バッファー
ソフィー:ビアンカ・ハーゼ
J-バード:アダム・ハーシュマン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2015年製作 93分
公開
北米:2015年2月20日
日本:未公開
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $12,282,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューオーリンズ
過去に戻り、人気ロックスターとなったルー・ドーチェン(ロブ・コードリー)は、恋人ケリー(コレット・ウォルフ)とも結婚し、実業家として”ルーグル”を起業して大成功した。

音楽界の大物ニック・ウェバー(クレイグ・ロビンソン)はルーの親友だった。

ルーの息子ジェイコブ(クラーク・デューク)は、父親の成功は、何ひとつまともにできない彼の功績ではないと考える。

会議で、部下のブラッド・サイド(クメイル・ナンジアニ)から、会社の馬鹿げた運営内容に意見されたルーだったが、それを全く気にしない。

自宅でパーティーを開催して楽しんでいたルーは、妻コートニー(ケリー・スチュワート)と共に現れたニックと話をする。

タイムマシンのジェットバスのことを話したニックは、もう一度試してみたい考えをルーに伝え、それがないことを残念に思う。

現れたゲイリー・ウィンクル(ジェイソン・ジョーンズ)から、ビジネスで組むことを提案されたルーは、それを断る。

ブルース・バッファーに紹介されたルーは、皆の前でスピーチを始めるが、下半身を狙い撃ちされて性器が吹き飛んでしまう。

ニックとジェイコブは、ルーが隠してあったジェットバスの部屋に向う。

ジェイコブはその場でルーの親友アダムのコートを見つけ、ルーとニックと共にジェットバスに入り、ニトラトリミニウムを使い撃たれる前にもどろうとする。

ルーが死んだと思いニックとジェイコブは悲しむが、気がついたルーの性器が元に戻っていたために三人は喜ぶ。

部屋を出た三人は、以前とは違う別世界のような雰囲気に驚く。

声をかけて誘うものの断られたパーティーのクローク係ソフィー(ビアンカ・ハーゼ)が裸で現れ、ジェイコブはキスされて夢見心地になる。

ここが別の世界で、成功者が自分だと分かったジェイコブは喜び、三人は2025年に来てしまったことに気づく。

助けるために過去に行ったにも拘らず、未来に来てしまい、ルーは死んでいるはずだと考えた三人は、修理人(チェヴィー・チェイス)が現れたために驚く。

説明に困った修理人は、その場にあるのはただのバスタブで、時間移動などできないことを話し、ニトラトリミニウムもまだ存在していないと伝える。

過去に存在していたと反論するニックだったが、その過去が現在の未来かもしれないと修理人から言われる。

修理人は姿を消してしまい、今回の件を考えたジェイコブは、未来の誰かがルーを殺したことを説明する。

その時点にいるのだから殺人を止められると言うジェイコブは、消えそうになったルーに、殺されるからだと伝える。

自分が殺されるのを阻止することになったルーは、アダムがどこにいるかを考える。

ジェットバスの脇にアダムのコートがあったことをジェイコブが思い出し、ルーはアダムが犯人だと確信する。

タイムマシンで逃げたと思われる、アダムの殺人の動機は不明だったが、ルーは彼の妻を狙っていたことを認める。

アダムの家に向かったルーらは、彼の息子のアダム・イエーツ・ステッドマイヤー/アダムJr.(アダム・スコット)に話を聞く。

アダムは、父アダム(ジョン・キューザック)の写真を見せて父親であることを三人に確認する。

結婚を控えるアダムはフィアンセのジル(ジリアン・ジェイコブス)を三人に紹介し、父にも式に出てほしいと考える。

三人は犯人を捜すためにアダムと共に街に向い、現れた自動運転機能の車”スマートカー”のことを知らされて驚く。

スマートカーはルーらを認識し、市民排除許可を申請する。

ゲイリーが大成功していることを知ったルーは、彼が自分を殺したと考えて襲い掛かる。

ルーのお陰で成功したため、感謝しているので殺す理由がないと言うゲイリーは、彼らをパーティーに招待する。

4人はゲイリーと共にクラブに向い、コートニーのことは残念だったとゲイリーから言われたニックは戸惑う。

ジェイコブは、その場にいたソフィーに誘われ、ルーはコカインを吸ってハイになる。

ニックは、自分の音楽スタイルが完全に変わってしまっているためにショックを受ける。

てんとう虫の形のドラッグをゲイリーから首に張り付けられたアダムは、異次元にトリップする。

市民排除が許可されたスマートカーは、ターゲットの位置を確認し、抹殺するようにという指示を受ける。

翌朝、ニックは、テレビ番組の”チュージー・ドゥージー”への出演依頼を受ける。

ブレット・マクシャシー(クリスチャン・スレーター)の司会で番組は始り、紹介されたニックはステージに上がる。

”チュージー・ドゥージー”のスタジオにいることをジルに電話で知らせたアダムは、昨夜してきたおかしな電話のことを彼女から追及される。

最高の気分だと言って話したアダムだったが、ジルは電話を切ってしまう。

リクエストの中から実行することを選ぶことになり、ルーが提案した”男と交わる”に決まる。

その相手が自分になってしまったために焦るルーは、ステージに連れて行かれて、ニックと共にバーチャル・ゲームをすることになる。

ブレットに促されて性交することになったルーだったが、ライフライン・ボタンを押して、他の観客の誰かが代わることになる。

選ばれたアダムは結婚すると言ってそれを拒むが、無理矢理にステージに上げられる。

その姿を見たジルはショックを受ける。

スタジオを出たルーは、スマートカーに接触しそうになり、車が犯人だと考えるが、銃を撃てるはずがないとニックに言われる。

身勝手なことばかり言うルーを見限ったジェイコブは、彼を非難してその場を去る。

今日が結婚式だと言うアダムの首筋のドラッグを取ったルーだったが、アダムが発作を起こしてしまう。

アダムを救急センターに連れて行ったルーは、その場にいた看護師のケリーと自分が離婚したことを知らされる。

寄りを戻そうとするルーの話を聞こうとしないケリーは、アダムにナノロボットを飲ませて麻薬を攻撃させる。

攻撃が終了したことを確認したケリーは、性器に注射を刺してナノロボットを抽出する。

クラブで楽しんでいたジェイコブは、父親と同じだとソフィーから言われてショックを受ける。

ジェイコブを捜したルーら3人は、彼が家の屋上から飛び降りようとしていることを知る。

ルーはジェイコブを説得するが、滑ったジェイコブは落ちそうになり、ルーは手を摑まえるものの離してしまう。

落下したジェイコブは、自殺予防システムが作動したために助かる。

その後、ブラッドがニトラトリミニウムを発明したことを知ったルーらは、彼が犯人で結婚式に来ると考える。

結婚式のことを思い出したアダムは、式場に急行する。

ルーらは、その場でブラッドを捜す。

ブラッドを見つけたジェイコブは彼に襲い掛かり、ニトラトリミニウムを奪い、それで過去に戻り父を殺す考えだったことを認めさせようとする。

それを否定したブラッドは、かつては憎んだが、ルーが史上最高の発明に導いてくれたことをジェイコブに伝える。

会議で時間旅行のことをルーから聞いたブラッドは、それをヒントにして、実現させることに成功したことをジェイコブに話す。

ジェイコブは、ブラッドが銃でルーを撃っていないことを確認する。

酔ったジルに誘われたルーは彼女と愛し合ってしまい、アダムがその現場を目撃する。

ショックを受けたアダムは、過去に戻ろうと考え、時間旅行の方法をジェイコブから聞く。

1つしかなかったニトラトリミニウムを使ってしまったことを知ったブラッドは、作るのに10年かかったと言ってジェイコブを非難する。

ジェイコブと話しているブラッドを見つけたルーは、彼を殴り倒す。

ブラッドが犯人でないことをジェイコブから知らされたルーは、アダムにニトラトリミニウムを奪われたと言われる。

アダムが犯人だと知ったルーは納得するが、ニックはその理由が分からない。

ジルと愛し合ってしまったとルーから言われたニックとジェイコブは、ルーを非難してアダムを捜そうとする。

スマートカーが来たためそれを止めたルーは、協力を求める。

ジェットバスに向かったルーらは、アダムが過去に向かってしまったことを知る。

直に消えてしまうとニックから言われたルーは、対策はないとジェイコブから言われて覚悟を決める。

ジェイコブは、完成したニトラトリミニウムをアダムが過去に持って行ったのなら、現在ではそれが存在することに気づく。

ニトラトリミニウムがあることを確認した三人は過去に向い、パーティーの最中に戻り、ブルース・バッファーに紹介されたルーはスピーチを始める。

アダムに銃を向けられたルーは、自分は最低な男だと言って復讐するようにと伝える。

ルーは銃を奪って暴発させてしまい、その銃を取り上げたアダムはジルに出会う。

多くを語らないアダムは、ジルと意気投合する。

ニックはコートニーと話し、人生をやり直す気分になる。

ケリーを抱きしめたルーは、一緒にドラッグを止めることを提案して愛を確かめる。

ソフィーに話しかけたジェイコブは、自分達の未来を見て来たと言って、人生を共に過ごそうと伝えて受け入れられる。

自分達が世界を変えるべきだとニック、ジェイコブ、アダムに話すルーは、過去から来た自分に頭を吹き飛ばされてしまう。

ルーが別の自分を殺せることに驚くジェイコブは、多元宇宙が存在することに気づく。

建国すると言うルーに誘われた三人は、ジェットバスに飛び込む。

過去に戻った4人はアメリカを建国してリンカーンの暗殺を阻止し、その他、様々な歴史の場で活躍する。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューオーリンズ
過去に戻り大成功したルー・ドーチェンは、パーティーの最中に何者かに撃たれてしまう。
親友のニックとルーの息子ジェイコブは、タイムマシンのジェットバスで過去に戻り、息を吹き返したルーと共に犯人を見つけようとする。
ところが、三人は未来に着いてしまい、親友アダムの息子アダムJr.に会い、彼の協力でルーを撃った犯人を捜そうとするのだが・・・。
__________

前作に続くスティーヴ・ピンクの監督作品で、主演だったジョン・キューザックは出演せず、写真だけで登場する。
ジョン・キューザックは、”Unrated Version”でカメオ出演している。

製作を兼ねた主人公のロブ・コードリーが、過去に戻り大成功している設定で始まり、再びタイムトラップした主人公らが巻き起こす大騒動が繰り広げられる。

下品な内容のためか、魅力的なキャスティングにも拘わらず、日本では前作も劇場未公開だった。
そもそも、こんな邦題の作品を積極的に観たいと考える人がいるのかと思うほど、口に出したくないようなタイトルには呆れてしまう。

ナンセンスギャグと下ネタ満載の内容にウンザリしてしまうか、それを受け入れて楽しむかで評価が分かれる作品。

結局は全く受けなかった本作は、北米興行収入は約1200万ドルに終わり、まずまず健闘した前作を大きく下回ってしまった。
*前作
北米興行収入 $50,287,560
世界 $64,572,260

成功者となったものの、何者かに恨まれて殺されてしまい、それを阻止るためにタイムトラップする主人公を演ずるロブ・コードリー、その親友で音楽業界の大物クレイグ・ロビンソン、主人公の息子をいい味で愉快に演ずるクラーク・デューク、主人公を銃撃した犯人だったアダム・スコット、その婚約者ジリアン・ジェイコブス、ジェットバスの修理人チェヴィー・チェイス、主人公の妻コレット・ウォルフ、主人公のライバル、ジェイソン・ジョーンズ、主人公の部下クメイル・ナンジアニ、ニック(クレイグ・ロビンソン)の妻ケリー・スチュワート、テレビ番組の司会クリスチャン・スレーター、本人役でリサ・ローブジェシカ・ウィリアムズブルース・バッファー、ジェイコブ(クラーク・デューク)と惹かれ合うビアンカ・ハーゼ、パーティーの招待客アダム・ハーシュマンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。