砂と霧の家 House of Sand and Fog (2003) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

夫に捨てられ失意の日々を送る女性が、役所のミスで家を競売にかけられたことから、ある亡命家族を巻き込んだことで起きる悲劇を描く、主演ジェニファー・コネリーベン・キングズレーフランシス・フィッシャーショーレ・アグダシュルー他共演、製作、監督、脚本ヴァディム・パールマンによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ヴァディム・パールマン
製作
ヴァディム・パールマン

マイケル・ロンドン
原作:アンドレ・デビュース三世House of Sand and Fog
脚本
ヴァディム・パールマン

ショーン・ローレンス・オットー
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集:リサ・ゼノ・チャージン
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
キャシー・ニコロ:ジェニファー・コネリー

マスード・アミル・ベラーニ:ベン・キングズレー
コニー・ウォルシュ:フランシス・フィッシャー
レスター・バードン:ロン・エルダード
ナデラ”ナディ”ベラーニ:ショーレ・アグダシュルー
ソラヤ・ベラーニ:ナヴィ・ラワット
アルヴァレス:カルロス・ゴメス
キャロル:キム・ディケンズ
イスマエル・ベラーニ:ジョナサン・アードー

アメリカ 映画
配給 ドリームワークス

2003年製作 126分
公開
北米:2003年12月19日
日本:2004年11月6日
製作費 $16,500,000
北米興行収入 $13,040,288
世界 $16,942,795


アカデミー賞 ■

第76回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞(ベン・キングズレー)
助演女優賞(ショーレ・アグダシュルー)
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

サンフランシスコ
キャシー・ニコロ(ジェニファー・コネリー)は、現れた警官に名前を確認され、自分の家かを聞かれる。
__________

イラン陸軍大佐マスード・アミル・ベラーニ(ベン・キングズレー)は、政変で国を追われて亡命し、今では肉体労働者として働いていた。

夫に去られ失意の日々を送るキャシーは、海辺の一軒家で暮らしていた。

母親からの電話では、夫の件を知らせなかったキャシーは、所得税の滞納で家を差し押さえられ競売にかけられることになる。

保安官補レスター・バードン(ロン・エルダード)は、戻れる可能性をキャシーに伝えて協力を約束する。

仕方なく家を出たキャシーは、倉庫を借りて荷物を運びモーテルに向かう。

車から着替えを持ち出し、ホテルの部屋に戻ったマスードは家族の元に戻る。

その後もマスードは、その部屋や生活を維持するため様々な仕事をしながら、家族のために差し押さえ物件を手に入れようとする。

差し押さえられたキャシーの家を見に行ったマスードは、カスピ海を見渡せた故郷の別荘を想いだす。

ホテルに戻ったマスードは、妻ナデラ”ナディ”(ショーレ・アグダシュルー)に家を買ったことを伝える。

ナディはそれを喜ぶどころか、放浪者のような生活に不満を訴える。

憤慨したマスードは、娘ソラヤ(ナヴィ・ラワット)の結婚式を挙げ息子イスマエル(ジョナサン・アードー)の学費を出し、破産寸前の中で努力していることを伝える。

弁護士コニー・ウォルシュ(フランシス・フィッシャー)に相談したキャシーは、所得税の免税申請をしたことを伝える。

母親が訪ねてくるため家に戻りたいキャシーは、既に家が売り渡されたことを知り驚く。

ウォルシュは、売却の中止を求めるか郡を訴えれば家は戻るとキャシーに伝える。

倉庫にいたキャシーは、非番で通りかかったレスターに声をかけられダイナーに向かう。

キャシーは、父の遺産で兄と自分に遺された家が、売れてしまったことをレスターに話す。

兄や母にはそれは内緒で、夫は8カ月前に家を出たこともキャシーは付け加える。

既婚者のレスターに子供が二人いることを知ったキャシーは、帰り際に直通電話の番号をレスターから渡される。

引っ越しを終えたマスードは、別荘の庭に似ているというナディの笑顔を見て満足する。

クレジットカードが無効だと言われたキャシーは、モーテルを出て家に戻ってみる。

既に住人がいたため、キャシーは車の中で一晩過ごす。

業者を雇い家の改修工事を始めたマスードは、車で寝ているキャシーに気づくが声はかけなかった。

目覚めたキャシーは工事を止めさせようとするが、誤って釘を踏んでしまう。

業者は彼女を家に運び、彼女はナディとイスマエルに招かれて傷を手当てされる。

ナディとイスマエルに親切にされたキャシーは、ウォルシュのオフィスに向かうが、家を行くことを禁じられる。

その後、家の相場を調べたマスードは、買値の4倍の価値を知り売却しようとする。

マスードは仕事を辞めるのだが、郡の処理ミスにより正当な家の所有者がいるという、ウォルシュからの退去通告を受けとる。

ウォルシュのオフィスを訪ねたマスードは、家が自分であることを主張し、相場の17万4000ドルで郡が買い戻すしかないことを伝える。

その1/4で家を競売で手に入れたことをマスードに確認したウォルシュだったが、彼は一歩も譲らなかった。

レスターに会ったキャシーは、今は車で生活していることを伝える。

二人は親交を深め、妻とは冷め切っているというレスターをキャシーは誘い愛し合う。

キャシーと一夜を過ごしたレスターは、妻と別れ一緒に暮らしたいことを彼女に伝える。

マスードはナディとの愛を確かめ、かつての生活を想い起す。

家を買った者がゴネていることを知らされたキャシーは、ウォルシュに不満を訴える。

マスードに会ったキャシーは、自分の考えを伝えるものの聞き入れられず追い払われそうになり、家を盗んだと叫びながらその場を去る。

モーテルに戻ったキャシーは、レスターが家を出たことを知る。

キャシーから家のことを聞いたレスターは、マスードと話を付けようとする。

レスターは、売り家の広告の件でマスードを尋ねるが、郡が買い戻す金額プラス・アルファで身を引くよう伝え、それに応じなければ移民局に連絡すると警告する。

二人の話を聞いていたナディは不安を抱き、亡命しなければならなかったことを、マスードと秘密警察のせいだと言って非難する。

憤慨したマスードはナディを殴ってしまうが、イスマエルに制止される。

マスードは後悔するものの、イスマエルやナディに声をかけられなかった。

キャシーとレスターは、彼の知人の山小屋に向かう。

翌朝、マスードはイスマエルと話をして、自分の考えを伝えて理解してもらう。

署に向かったレスターは、子供達や同僚の前で妻キャロル(キム・ディケンズ)に非難される。

マスードは、警察署のアルヴァレス警部補(カルロス・ゴメス)に面会して、レスターの写真を確認し脅されたことを伝える。

レスターは、家族と話し合うため家に行くことをキャシーに伝えるが、彼は戻って来ない。

キャロルに真実を話そうとしていたレスターは、アルヴァレスからの電話を受け、至急、署に戻るよう命ぜられる。

ナディに会ったキャシーは、英語を完璧に理解できない彼女に家についての事情を話し、裁判になる可能性を伝える。

送還の恐れがあるナディは、その場合には殺されと言って涙する。

帰宅したマスードは、ナディと話していたキャシーを追い払う。

キャシーは、兄に電話をして相談に乗ってもらおうとするものの、それもできずに苦悩する。

断っていた酒を飲んだキャシーは、ガソリンを買いマスードの家に向かおうとする。

トランクにあったレスターの銃を手にしたキャシーは、タンクのガソリンを放置したままマスードの家に向かい、車を止めて自殺しようとするが弾丸が発射されない。

それに気づいたマスードは、キャシーから銃を奪い、彼女を家の中に連れて行き落ち着かせて眠らせる。

マスードとナディは、キャシーを助けることにして、それを帰宅したイスマエルに伝える。

キャシーは、風呂に入りリラックスするようナディに言われるが、睡眠薬を飲んで命を絶とうとする。

ナディがそれに気づき、薬を吐かせてキャシーは一命を取り留める。

山小屋にキャシーが居なかったため、マスードの家に向かったレスターは、キャシーの車の酒瓶と拳銃のホルスターを確認して家に押し入る。

マスードらに銃を向けたレスターは事情を聞くものの、それを信じずに彼らを浴室に閉じ込める。

翌朝マスードは、銃を持ち脅すレスターは弱者だとイスマエルに伝え、怯える振りをして従うよう指示する。

マスードは、イスマエルを連れて行く条件で庁舎に出向き、家の返還の手続きをするとレスターに伝え了承される。

庁舎に向かった三人だったが、隙を見てレスターの銃を奪ったイスマエルが、その場にいた警官に撃たれてしまう。

マスードはレスターを恨み取り乱して逮捕され、イスマエルは病院に運ばれる。

釈放されたマスードは、血まみれのまま病院に向かい祈りを捧げる。

イスマエルは息を引き取り、それを知らされたマスードは息子の亡骸と対面する。

逮捕されたレスターは自宅に電話するものの、誰も出なかった。

帰宅したマスードは、眠っていたナディに何も話すことなく、目覚めた彼女に薬物を飲ませ家に帰れることを伝える。

ベッドにナディを寝かせたマスードは、軍服を着てビニールを被り、故郷を想いながら命を絶つ。

桟橋から戻ったキャシーは、マスードとキャシーが死んでいることに気づき動揺する。

キャシーは、マスードに人工呼吸をして蘇生を試みるものの、手遅れだと分かり、ナディの死も確認してその場で怯える。

その後キャシーは、マスードとナディが救急車で搬送される様子を守る。

キャシーは、現れた警官に名前を確認されて自分の家かを尋ねられ、違うと答える。


解説 評価 感想 ■

1999年に発表された、アンドレ・デビュース三世の小説”House of Sand and Fog”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

サンフランシスコ
夫に出て行かれて失意の日々を送るキャシー・ニコロは、父親が遺してくれた浜辺の一軒家で暮らしていた。
イラン陸軍大佐マスードは政変で亡命し、今では異国で重労働をして家族の生活を支えていた。
ある日キャシーは、所得税滞納で家が差し押さえられ、競売にかけられることを知らされ退去する。
マスードは、故郷の別荘に景観が似ているその競売物件を買うことを決める。
夫のことも含め、今回の件は家族に内緒にしていたキャシーは、保安官補レスターに優しくされて弁護士ウォルシュに相談し、何とか家を取り戻そうとする。
妻ナディと息子イスマエルと共に引っ越しを済ませたマスードは、家を改築し市場価格が買値の4倍であることを知り売却を考える。
しかしマスードは、家の差押えは郡のミスであったため返還通知を受けてしまう・・・。
__________

原作も知らず、予備知識もないまま鑑賞すると、自堕落な女性の自立でも描く作品なのかと思いきや、誇り高き軍人でありながら亡命イラン人として家族を支える男性の存在が、女性と対比されて描かれる悲劇として、凄まじい物語が展開する。

辛い日々を送る女性が、父の遺した家まで奪われ苦悩する一方、地道に努力して強かな面を見せながら、異国で一歩一歩幸せに近づこうとする家族、両者の接点である家、そして、イラン人家族が予期しない悲劇に向かうクライマックスまで目が離せない。

ロシア人である、脚本を兼ねた監督ヴァディム・パールマンの緊迫感溢れる演出は高く評価された。

第76回アカデミー賞では、ベン・キングズレーが主演男優、ショーレ・アグダシュルーが助演女優、他、作曲賞にノミネートされた。

子役からキャリアを重ね「ビューティフル・マインド」(2001)でアカデミー助演賞を受賞し、実力派として認められたジェニファー・コネリーの渾身の演技、同じくオスカー俳優ベン・キングズレーは、軍人、家長、そしてイラン人の誇りを胸に家族のために身を捧げる男性を重厚に演じている。

主人公の弁護士フランシス・フィッシャー、主人公と愛し合う保安官補ロン・エルダード、マスード(B・キングズレー)の妻を見事に演じ、各映画賞を受賞して絶賛されたショーレ・アグダシュルー、その息子ジョナサン・アードー、娘役ナヴィ・ラワット、警部補カルロス・ゴメス、保安官補の妻役キム・ディケンズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター