わが谷は緑なりき How Green Was My Valley (1941) 5/5 (38)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1939年に発表された、ウェールズの作家リチャード・レウェリン同名小説の映画化。
巨匠ジョン・フォードが、貧しくも誇り高い炭鉱夫一家の愛と絆を描く、ウォルター・ピジョンモーリン・オハラドナルド・クリスプ共演によるハリウッド映画史上に残る不朽の名作。


ドラマ(家族愛)

ジョン・フォード / John Ford 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・フォード
製作:ダリル・F・ザナック
原作:リチャード・レウェリン
脚色:フィリップ・ダン
撮影:アーサー・C・ミラー
編集:ジェームズ・B・クラーク
美術・装置
トーマス・リトル

リチャード・デイ
ネイサン・H・ジュラン
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
ウォルター・ピジョン:グュリフィド牧師
モーリン・オハラ:アンハラード・モーガン
ドナルド・クリスプ:グウィリム・モーガン
サラ・オールグッド:ベス・モーガン
アンナ・リー:ブロンウィン”ブロン”モーガン
ロディ・マクドウォール:ヒュー・モーガン
バリー・フィッツジェラルド:シファーザ
アーサー・シールズ:パリー助祭
パトリック・ノウルズ:イヴォール・モーガン
ジョン・ローダー:イアント・モーガン
リス・ウィリアムズ:ダイ・バンドー
メエ・マーシュ:炭鉱夫の妻

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1941年製作 119分
公開
北米:1941年12月28日
日本:1950年12月23日
製作費 $1,250,000
北米興行収入 $6,000,000


アカデミー賞 ■

第14回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
助演男優(ドナルド・クリスプ)
美術(白黒)・撮影賞(白黒)
・ノミネート
助演女優(サラ・オールグッド)
編集・脚本・作曲・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

19世紀のウェールズ
炭鉱夫ヒュー・モーガンは、母親のショールに荷物を包み、50年間の思い出が残る谷を離れようとしている。

かつてこの谷は緑に染まり、ウェールズで一番美しい村だった。

ヒューは、全てのことを教わった父、そして姉や家族のことを想い起こす。
__________

血気盛んで信仰心の厚いモーガン家の男達は、末っ子のヒュー・モーガン(ロディ・マクドウォール)以外は、炭鉱で働いていた。

父グウィリム(ドナルド・クリスプ)、母ベス(サラ・オールグッド)を中心にして、厳格な父の教育と固い絆で一家は結ばれていた。

ある日、長男イヴォール(パトリック・ノウルズ)と結婚するブロンウィン”ブロン”(アンナ・リー)が、モーガン家を訪ねて来る。

ヒューは一目でブロンに恋してしまうが、彼は大人の儀式から追い出されてしまう。

そして兄の結婚式の日、式を執り行ったのは、新任のグュリフィド牧師(ウォルター・ピジョン)だった。

ヒューの姉アンハラード(モーリン・オハラ)は、大学でたての、誠実で進歩的でもあるグュリフィドに心惹かれてしまう。

式が終わり、自宅ではにぎやかなパーティーが催され、グュリフィドも姿を現す。

グュリフィドは、ビールを片手にアンハラードと共に歌い、楽しい時を過ごす。

数日後、炭鉱夫の賃金がカットされ、組合を作る事を主張する息子達と父グウィリムは対立してしまう。

そして、ヒューを残して息子達は家を出てしまい、一家は両親、姉アンハラードとヒューだけになる。

やがて炭鉱ではストが始まり、同志でないグウィリムに対し、組合員の村人は冷たい視線を浴びせる。

夫グウィリムの姿を見て居たたまれなくなったベスは、組合の集会場で夫の立場を理解させようと演説をするが、帰り道で凍りつく川に落ちてしまう。

同行したヒューが助けを呼び、家を出て行った息子達が辛うじて二人を救い出すが、ベスとヒューは、長い闘病生活を余儀なくされる。

歩けなくなるかもしれないという、医者の言葉にショックを受けたヒューを、グュリフィドが優しく励ます。

そして、その間ヒューは、グュリフィド牧師との交流で文学に目覚める。

ヒューは、アンハラードやブロンに見守られながら、2階で療養する母と共に、寝たきりの生活を続ける。

やがて春が来て母ベスは回復し、彼女はまだ起き上がれない息子ヒューの元に歩み寄る。

そして、わだかまりの消えた村人達が、モーガン家の入り口に集まりベスの回復を祝福し、家を出ていた息子達も戻る。

長男イヴォールに言葉を求められたベスは、とりあえず村人達を家に招き入れる。

モーガン家での楽しい食事が始まるのだが、パリー助祭(アーサー・シールズ)は、 教会にも顔を出さず、組合活動に熱を入れる次男イアント(ジョン・ローダー)に意見を述べる。

牧師の立場で、組合活動を続けるべきだと語るグュリフィドを、パリー助祭は非難して揉めごとになるものの、それをグウィリムがなだめようとする。

グュリフィドのお陰で、家族が元に戻ったことを感謝するアンハラードは、彼が10年もの間、炭鉱夫の経験があることを知り、一層、親近感をもつ。

そんなアンハラードに、グュリフィドも心を寄せるのだが、 自分が貧しい牧師故に、彼女の幸せを考え、軽率な行動は控える。

ストは、グウィリムとグュリフィド牧師の奮闘で解決するが、人員過剰で仕事にあぶれた者は村の生活に絶望する。

モーガン家でも、息子二人がアメリカに行くと言い出すが、ウィンザー城の女王の前で、イヴォール達が合唱を披露することになり、村は一気に活気付く。

やがて回復したヒューは、グュリフィドの協力で歩けるようになる。

そんな時、アンハラードに、炭坑主の子息との縁談が持ち上がり、グュリフィドは彼女と距離を置くようになる。

アンハラードは、自分の気持ちをグュリフィドに伝えるが、彼は、一生を、犠牲と献身に捧げる決心をした自分と同じ道に、彼女を巻き込むことはできないことを語る。

そして、アンハラードは仕方なく、望まない結婚に同意して家を去る。

時は流れ、ヒューはモーガン家で初めて学校に通うことになる。

ヒューは、初登校の日を迎えるが、意地の悪い担任教師と同級生にいじめられてしまう。

傷だらけになりながら、ようやく自宅に戻ったヒューは、父グウィリムに、明日も学校に行き立ち向う勇気があるかを聞かれ、うなずいてみせる。

グウィリムは、拳闘の心得のあるダイ・バンドー(リス・ウィリアムズ)とシファーザ(バリー・フィッツジェラルド)を呼び寄せ、男ならば戦うということをヒューに教え込む。

翌日ヒューは喧嘩には勝つが、担任にムチ打たれてしまい、復讐するという兄達を制止し、男になったことを証明する。

しかし、ダイとシファーザは学校に出向き、担任教師を叩きのめす。

そんなある日、炭鉱で事故が起き、イヴォールが、トロッコの下敷きになり命を落としてしまう。

悲しみに暮れる妻ブロンとモーガン家だったが、やがて彼女にはイヴォールとの間の子供が生まれる。

その後ヒューは、主席で学校を卒業するが、学問の道を選ばず、父や兄達と同じ炭鉱で働くことを決心し、ブロンと暮らすことにする。

その後、大人達と共に必死に働くヒューだったが、賃金の高いイアント達が炭鉱を解雇されて、家を去ってゆく。

ある日、アンハラードを訪ねたヒューは歓迎されるが、彼女は病人のようにやつれ、グュリフィドのことばかり気にしていた。

その頃から、未だにアンハラードがグュリフィドを慕っていて、いずれ離婚するという噂が広がり、モーガン家の人々を、村人は嘲り笑うようになる。

信仰心の厚い父グウィリムも、教会に足を運ぶことを拒み、娘アンハラードの噂に、意気消沈しながら仕事に向かう。

そして、パリー助祭の呼びかけで教会の集会が始まり、グュリフィドの最後の説教が始まる。

グュリフィドは、自分を支え頼ってくれた人々には感謝するが、悪意に満ち陰口をたたいた人々の貧しい心を痛烈に非難して退席し、それに参加していたヒューも後に続く。

村を去る決心をしたグュリフィドは、アンハラードに別れの手紙を書き、ヒューに父から譲り受けたという懐中時計を渡す。

その時、炭鉱で事故が起きて、グュリフィドとヒューは、母ベスやブロン、そしてアンハラードに見守られながら、志願したダイと共にグウィリムの救出に向かう。

ヒューが父グウィリムを見つけるが、アンハラードらの願いも届かず、彼は力尽き息を引き取る。
__________

やがて、ヒューがこの村を去る時、しみじみ想い起こす。

”今ではボタ山となったこの谷も、かつて人の心は清く、いかに美しい緑の谷だったことか”と・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ウェールズ
炭鉱夫として働くグウィリム・モーガンを家長とした一家、息子達と母親ベス、娘アンハラード、そして末の息子ヒューは、固い絆で結ばれていた。
やがて、炭鉱ではストにより組合の発足の動きがあり、それにより、モーガン家も父子が対立して亀裂が生じ始める。
そしてモーガン家は分裂し、娘アンハラードのグュリフィド牧師への愛も実ることなく、緑に満ちていた谷にボタ山が広がると共に、人の心も荒んでいく・・・。
__________

第14回アカデミー賞では10部門にノミネートされ、作品、監督、助演男優(ドナルド・クリスプ)、美術(白黒)、撮影賞(白黒)を受賞した。
・ノミネート
助演女優(サラ・オールグッド)
編集、脚本、作曲、録音賞

ジョン・フォードは本作で、早くも3度目のアカデミー賞(監督賞)を獲得することになる。

生涯4度の受賞を果たす
・男の敵(1935)
怒りの葡萄(1940)
静かなる男(1952)

1990年、アメリカ議会図書館国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ウイリアム・ワイラーの監督予定が、ジョン・フォードに変更されたこの文芸大作は、アイルランド移民のフォード自らの、子供時代の両親兄弟をモデルにしている。

当初は、現地オールロケの予定だったのだが、戦時下のウェールズから、アメリカ国内に変更された。

冒頭の、谷を見渡せるボタ山を、父と散歩するヒューに呼びかけるアンハーラードと、それに応えるヒュー。
「ヒュー・・・」、「アン ハーラード・・・」、それをにこやかに見つめる父。
セリフのないこのシーンだけで、幸福で温かい家庭が想像できる見事なショットだ。

初めて本作を観た時に、このシーンとアルフレッド・ニューマンの美しいメロディーが流れただけで、子供心に胸打たれ涙したのを思い出す。

離散する家族、長い闘病生活、実らぬ愛と望まぬ結婚、学業を諦め働く少年、そして家族の死、ハッピーエンドで終わらない物語・・・。
にも拘らず、見終った後のこみ上げる感動、心洗われる清々しい思いは、家族の絆や人々の温かさに支えられ、苦難を乗り越えてきた日々が、故郷を離れ旅立つ主人公(ヒュー)の、生きる希望となっているからだろう。

思慮深く強い意志を持つ、進歩的な牧師ウォルター・ピジョンの姿は、冒頭で顔を見せない、成長して村を去るヒューの、心の支えとなる理想の人物像として描かれている。
彼の牧師としての説得力ある演説は、バリトン歌手だっただけあり、その声量などで、セリフに力強さが加わっている。

フォード曰く、”家族全員が主役”というテーマの中で、末の息子を演じたロディ・マクドウォールの純真な可愛らしさと、20歳になったばかりのモーリン・オハラの際立つ美しさが印象的だ。

一家の大黒柱、愛する息子達に背を向けてでも信念を貫き、命と引き換えにそれを示すドナルド・クリスプの、フォード好みの父親役も素晴らしい。

大家族を支えながら、勇敢さも兼ね備える、逞しい母親サラ・オールグッドの好演も光る。

長男の嫁アンナ・リー、ヒューに拳闘を教えるリス・ウィリアムズ、常に酔っているバリー・フィッツジェラルド、その実弟で意地の悪い助祭アーサー・シールズ、炭鉱夫の妻で端役出演するメエ・マーシュなど、脇をかためる”フォード一家”の面々などの出演も、ファンには嬉しいばかりだ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター