ヒステリア Hysteria (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女性のヒステリー(ヒステリア)解消のための器具だった電動バイブレーター開発秘話をコミカルに描く、主演ヒュー・ダンシーマギー・ジレンホールジョナサン・プライスフェリシティ・ジョーンズルパート・エヴェレット他共演、監督ターニャ・ウェクスラーによるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ターニャ・ウェクスラー
製作
サラ・カーティス
ジュディ・カイロ
トレイシー・ベッカー
製作総指揮
マイケル・A・シンプソン
エリック・ブレナー他
原案:ハワード・ゲンスラー
脚本
スティーヴン・ダイヤー
ジョナ・リサ・ダイヤー
撮影:ショーン・ボビット

編集:ジョン・グレゴリー
音楽:ガスト・ワルツィング

出演
モーティマー・グランヴィル:ヒュー・ダンシー

シャーロット・ダリンプル:マギー・ジレンホール
ロバート・ダリンプル:ジョナサン・プライス
エミリー・ダリンプル:フェリシティ・ジョーンズ
エドモンド・セント・ジョン=スミス:ルパート・エヴェレット
モリー:シェリダン・スミス
ファニー:アシュレー・ジェンセン
レディ・セント・ジョン=スミス:ジェマ・ジョーンズ
セント・ジョン=スミス卿:マルコム・レニー
カステラーリ夫人:キム・クリズウェル
スクワイヤーズ:トビアス・メンジーズ

イギリス 映画
配給 BIM Distribuzione
2011年製作 100分
公開
イギリス:2012年9月21日
北米:2012年5月20日
日本:2013年4月20日
北米興行収入 $1,804,139
世界 $9,504,139


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1880年、ロンドン
ウエスト・ミンスター病院の医師モーティマー・グランヴィル(ヒュー・ダンシー)は、院長と意見が合わず解雇される。

親友の発明家である貴族のエドモンド・セント・ジョン=スミス(ルパート・エヴェレット)に、科学的医療の必要性と不満を語ったグランヴィルは、自分を雇ってくれる医師を探し始める。

何軒もで断られたグランヴィルは、婦人科の専門医ロバート・ダリンプル(ジョナサン・プライス)のクリニックを訪ねる。

社会革命が起きている現実を受け入れようとしない父ダリンプルに対し不満を訴える、慈善活動家の娘シャーロット(マギー・ジレンホール)はその場を去る。

それを見ていたグランヴィルは、正に”ヒステリア”(ヒステリー)だということでダリンプルと意見が一致する。

この1年でいくつもの病院に勤め多くの経験をしていることを伝えたグランヴィルは、子宮の過活動が原因と思われる女性の”ヒステリア”についてをダリンプルに聞かれる。

症状が悪化すれば施設行きだが、軽い場合の患者は後を絶たず手が足りないことをグランヴィルに伝えたダリンプルは、住み込みの助手として彼を雇うことにする。

ダリンプルは、亡き妻の後の家のことを任せている、次女エミリー(フェリシティ・ジョーンズ)をグランヴィルに紹介する。

骨相学を学ぶ科学者でもあるエミリーは、グランヴィルの頭蓋骨に触れて将来の名声を保証する。

雇われたことをエドモンドに伝えたグランヴィルは、エミリーの素晴らしさを語る。

翌日からグランヴィルは、女性患者の性器をマッサージするダリンプルの治療に付き添う。

夕食となり、遅れて来たシャーロットを、ダリンプルはグランヴィルに改めて紹介し、姉が社会福祉施設の責任者であることをエミリーが彼に知らせる。

ところが、たちまちダリンプルとシャーロットの言い合いが始まり、戸惑うグランヴィルはエミリーと食事を楽しもうとする。

シャーロットは援助だけを求め、結婚する気もないので持参金を渡してほしいと父に伝える。

エミリーが結婚すればいいとシャーロットに言われたダリンプルは世間体が良くないと反論し、二人の意見は全くかみ合わず、彼女は席を外してしまう。

食事後にグランヴィルは、シャーロットが優しくて非常に優秀だとエミリーから言われ、今後は彼女を尊敬することを伝える。

翌朝グランヴィルは、元娼婦でシャーロットの紹介でメイドとなったモリー(シェリダン・スミス)に誘惑されるものの、それを断りダリンプルから診察を頼まれる。

その後、若くて美男子のグランヴィルの診察は評判となり、予約が殺到する。

マサージのし過ぎで手の痛みを感じ始めたグランヴィルは、自分の年令も気になるダリンプルから、パートナーになることを提案される。

後を継いでほしいとも言われたグランヴィルは、エミリーとの結婚も口にするダリンプルの言葉を聞き戸惑う。

その後、グランヴィルとエミリーは親交を深める。

その日の仕事を終えたグランヴィルは、足を骨折した友人ファニー(アシュレー・ジェンセン)を連れて来たシャーロットのために治療をする。

なぜ父親に反抗するかを聞かれたシャーロットは、くだらない仕事をして福祉に興味を示さないことを批判する。

女性の半数が悩む、ヒステリア解消のための立派な仕事だとグランヴィルは反論する。

翌日、グランヴィルはエミリーにプロポーズし、彼女はそれを受け入れる。

ダリンプルに呼ばれたグランヴィルは、労働者がクリニックに出入りすることを嫌う彼から、シャーロットの友人を治療したことを注意される。

医師の誓いに従っていると言うグランヴィルだったが、将来については理解し合えたはずだとダリンプルに意見される。

ついに腱鞘炎になってしまったグランヴィルは、エドモンドに悩みを伝える。

自転車に乗るシャーロットと通りでぶつかってしまったグランヴィルは、マッサージ療法を批判的に見る彼女から、手が治らないことで皮肉を言われてしまう。

施設を訪ねたグランヴィルは、驚くシャーロットと共にファニーのギブスを外す。

シャーロットの夢や熱意そして献身に感心したグランヴィルだったが、月に一度の施設での検診を頼まれ、複雑な理由で断らざるを得ないと答える。

父親が障害になっていることを察したシャーロットは、それが理由で往診に来たと言いながら、その場を去ろうとするグランヴィルに愚かな生活に戻るよう伝える。

そんな時グランヴィルは、炎症のため治療前に手を冷やしていたのだが、そのままマッサージを始めて患者のカステラーリ夫人(キム・クリズウェル)に注意されてしまい、左手でそれを行ってしまう。

その事がきっかけとなり評判が落ちたことをダリンプルに批判されたグランヴィルは、即刻、解雇されてしまう。

エミリーに謝罪して別れを告げたグランヴィルは、エドモンドの元に向い自分の不甲斐なさを嘆く。

グランヴィルは、エドモンドの発明品”電動羽たたき”の振動が、痛めている手に程よい快感を感じさせてくれることに気づき、それをマッサージ器具に改良することを考える。

それが成功すれば信頼回復につながり、エミリーとの関係も取り戻せるとエドモンドに言われたグランヴィルは、テストするためにモリーを呼ぶ。

テストは始まり、最高の快感を味わったモリーは満足する。

その話をダリンプルにしたグランヴィルとエドモンドは、それを信じないダリンプルに、これは革命であり成功すれば偉業となり名声と富を手に入れられると力説する。

一度だけ試すことでそれを許すことにしたダリンプルは、お詫びということでカステラーリ夫人にそれを体験してもらう。

テストは大成功し、患者は以前にも増して殺到するようになる。

グランヴィルはダリンプルの信頼を回復し、エミリーとの婚約パーティーが開かれる。

シャーロットもそれに出席するために会場に向かったのだが、融資の支払いを求める取り立て屋が現れ、その場にいたファニーが痛めつけられ施設が閉鎖されてしまう。

正装して現れたシャーロットに驚いたグランヴィルは、いつものペースの彼女から結婚論と女の一生などを語られる。

シャーロットは、エドモンドの両親(マルコム・レニー/ジェマ・ジョーンズ)をグランヴィルに紹介される。

ダリンプルと共に遅れて到着したエミリーは、セント・ジョン=スミス夫人に会場内を案内される。

シャーロットは融資を受けた夫妻に声をかけ、担保の母親のイヤリングを手放すかもしれないことを伝える。

ダリンプルの挨拶が始まるが、そこに取り立て屋に痛めつけられたファニーが現れる。

融資の相手に期限は明日だと確認したシャーロットだったが、約束手形を買い取ったダリンプルが施設を閉鎖したことを知らされる。

父親を悪党だと言うシャーロットは、怪我人を無視してパーティーを続けようとすることに驚き、ファニーを連行しようとする警官を殴ってしまう。

シャーロットは逮捕されて暴行罪で訴えられ、彼女をヒステリアだと言って証言することを、グランヴィルはダリンプルに半ば強要される。

それによりシャーロットが施設に入れられることを承知しているダリンプルは、刑務所よりもましだと伝えてグランヴィルを納得させる。

裁判は始まり、初犯でないシャーロットは検察官スクワイヤーズ(トビアス・メンジーズ)にその件などを追及されるが、女性の人権問題などを説き声を荒げて反論する。

スクワイヤーズはそれをヒステリアと断定し、グランヴィルを証人として召喚する。

専門家としてシャーロットの行動をどう判断するかを問われたグランヴィルは、不安定で短気、そして攻撃的であり時に腹立たしいと証言する。

以上の発言からスクワイヤーズは、シャーロットを精神障害犯罪者施設に送ることを裁判長に求め、彼女の子宮摘出を主張する。

発言を続けるグランヴィルは、シャーロットは心が広く情が深い献身的な真のクリスチャンだと語る。

スクワイヤーズに前の証言と違うと指摘されたグランヴィルは、ヒステリアなど存在しないと話す。

女性は、一生を家事に費やしているにも拘らず、体裁を気にした愚かな夫が妻をまともに愛せないことが問題だと、グランヴィルはシャーロットに言われた言葉を使い意見する。

警官は軽傷であり、投獄されたシャーロットが肉体を傷つけられれば、イングランドの非凡で献身的な女性は失われるとグランヴィルは付け加える。

今はシャーロットのような存在は特別であるが、やがて彼女のような女性が新しい時代を築くと語るグランヴィルに、傍聴席の人々は拍手を贈る。

今回の件は、どう判断するかが難しい問題であると述べる裁判長は、シャーロットを裁くのなら、自分の妻を含めほとんどの女性がそれに当てはまると語り、彼女の警官への暴行行為に対して30日の懲役を言い渡す。

退廷させられるシャーロットに声をかけたグランヴィルは、彼女から”子宮の恩人”だと言われ、転職を考えなければならないと伝える。

名医だと認めるシャーロットから医者を辞めないよう言われたグランヴィルは、歴史に残ることをしたと賛美されながら、彼女に魅力を感じる。

その後、考えを巡らせたグランヴィルは、エミリーに将来を見てもらおうとする。

骨相学は諦めたと言うエミリーは、父に従っていただけだったことにシャーロットの裁判で気づき、自分らしく生きていなかったことを語る。

自分への思いもそうだったことを知ったグランヴィルは、エミリーと友好的に別れる。

エドモンドに会ったグランヴィルは、新開発の”携帯電動マッサージ器”の特許使用料の取り分を受け取る。

それが、一般の会社から家庭に販売され財産を築いたことをエドモンドから知らされたグランヴィルは、ある考えが浮かぶ。

クリスマス・イヴ。
出所したシャーロットを迎えに行ったグランヴィルは、彼女にコートを贈り特許料を渡す。

まだ夢は変わっていないかを確認したグランヴィルは、シャーロットからクリニックが必要だと言われる。

シャーロットの夢が広がるばかりだと知ったグランヴィルは、彼女に指輪を渡し愛を告げてプロポーズする。

シャーロットはそれを受け入れ、二人はその場でキスし愛を確かめ合う。

ダリンプルはシャーロットがグランヴィルと結婚するとは思わなかったことを、患者だった再婚相手の夫人に伝える。

そして、エドモンドの新商品はヴィクトリア女王に献上される。
__________

1952年、”ヒステリア”は医学用語から外され、携帯マッサージ器は健康用品として販売された。

バイブレーターは、現在、最も一般的な性具である。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1880年、ロンドン
科学的医療を理解し受け入れようとしない病院側と対立し職場を転々とする医師モーティマー・グランヴィルは、婦人科の専門医ダリンプルの助手として雇われる。
ダリンプルは、女性のヒステリア(ヒステリー)を治療するため性感マッサージを行い評判だった。
しかし、ダリンプルは慈善活動家の長女シャーロットと意見が合わず、自分に従う次女エミリーは自慢の娘だった。
その後、診察を任されたグランヴィルは、若くて美男子だったために女性達の間で評判となり、治療予約は殺到する。
ところが、グランヴィルはマッサージのし過ぎで腱鞘炎になってしまう。
その間、グランヴィルはダリンプルに認められ、エミリートの結婚も決まるのだが、慈善活動や女性の社会進出に対する夢を語るシャーロットの考えに引かれていく・・・。
__________

現在のように性具として扱われていなかった電動バイブレーターの開発秘話に絡めた恋愛物語で、イギリス映画らしいどぎつい皮肉やジョークも随所で登場するコミカルな作品。

鑑賞前には一歩引いてしまいたくなるような内容に思えるのだが、気品や清潔感も感じられるターニャ・ウェクスラーの女性らしい表現力と演出は観ていて心地よい。

英米の実力派人気スターが集い、各個性を生かした熱演が見所でもある。

19世紀末のロンドンが舞台なのだが、男女問わず抜群の着こなしで見せる衣装が非常に印象に残る作品。

若くて美男子の好青年であり、社会の変化を感じ科学的医療の必要性を説く医師を好演するヒュー・ダンシーは、著名な哲学者であるジョナサン・ダンシーを父に持ち、自身も超エリートであるため、知性を感じさせる若き医師が正に適役だ。

人間味溢れる社会慈善活動家を熱演するマギー・ジレンホール、その父親の婦人科医ジョナサン・プライス、その娘のフェリシティ・ジョーンズ、貴族である発明家で主人公の友人のルパート・エヴェレット、元娼婦であるメイドのシェリダン・スミス、施設を手伝う女性アシュレー・ジェンセン、エドモンド(ルパート・エヴェレット)の両親ジェマ・ジョーンズマルコム・レニー、患者のキム・クリズウェル、検察官トビアス・メンジーズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター