渦巻 I Know Where I’m Going! (1945) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1943年に、映画制作会社”The Archers”を設立して精力的に作品を発表していた、イギリス映画界の誇る黄金コンビ、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガー両者による、製作、監督、原作、脚本の意欲作。
自分の考えのままに突き進む人生を送る女性が、富豪との結婚のためにスコットランドの孤島に向かうが、天候で立ち往生したことで地元の青年と出会い、それによる迷いで揺れ動く微妙な女心を描く、主演ウェンディ・ヒラーロジャー・リヴセイジョージ・カーニー共演によるロマンチック・コメディの古典的な名作。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
製作
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
原作
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
脚本
マイケル・パウエル

エメリック・プレスバーガー
撮影:アーウィン・ヒラー
編集:ジョン・シーボーンSr.
音楽:アラン・グレイ

出演
ジョーン・ウェブスター:ウェンディ・ヒラー

トークィル・マクニール:ロジャー・リヴセイ
ウェブスター:ジョージ・カーニー
レベッカ・クロージア:ナンシー・プライス
カトリーナ・ポッツ:パメラ・ブラウン
ラウリッヒ・モール:フィンレイ・カリー
ロビンソン夫人:キャサリン・レイシー
ロビンソン:ヴァレンタイン・ディオール
チェリル・ロビンソン:ペトゥラ・クラーク

イギリス 映画
配給 General Film Distributors

1945年製作 91分
公開
イギリス:1945年11月16日
北米:1947年8月9日
日本:1948年7月1日
製作費 £200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロンドン
幼い頃から、自分の生きる道を定め生きてきたジョーン・ウェブスター(ウェンディ・ヒラー)は、銀行の支店長である父(ジョージ・カーニー)を高級レストランに呼び、彼から解約した口座の現金を受取る。

そしてジョーンは、父に結婚することを伝え、相手が、勤め先の社長で、大富豪のロバート・ベリンジャーだと伝える。

その後ジョーンは、スコットランドヘブリディーズ諸島で結婚式を挙げると言って、父に見送られて汽車で旅立つ。

マンチェスター経由で目的地に向おうとするジョーンは、行き先の予定表や地図を確認し、結婚式や社長夫人になったことを想像しながら、行く先々で担当の案内役に迎えられて旅を続ける。

天候は崩れ始め、船で”マル島”のトバモリーに着き、さらにキローランに向かおうとしたジョーンは、船が欠航になったために、町の民家に泊めてもらおうとする。

ある家で、イギリス海軍士官のトークィル・マクニール(ロジャー・リヴセイ)に会ったジョーンは、彼の友人である家主のカトリーナ・ポッツ(パメラ・ブラウン)に歓迎される。

ジョーンは、キローラン出身だというトークィルと話をして親交を深める。

霧が深くなり、それが晴れるようにと祈りながら、眠りに就いたジョーンは、翌朝、天気が回復したことを喜ぶ。

散歩にでていたトークィルに挨拶したジョーンは、霧は晴れたものの、強風警報が出ていることを知らされ、船頭のルーリ・モール(フィンレイ・カリー)が、船を出すことは出来ないと説明する。

ジョーンは、キローランの地主に呪いがかかるという、”モイ城”にトークィルと向う。

トークィルがそこに入ることを拒むために、ジョーンはそれを不思議に思うが、彼は、実は自分がキローランの地主で、ベリンジャーにも土地を貸していることを話す。

それを知ったジョーンは納得し、彼と共にバスに乗り、沿岸警備隊の無線を借りるために、それを管理する家に向かう。

無線を借りたジョーンは、ベリンジャーと話すことができて、ソーン城に疎開している、ビジネス・パートナーであるロビンソン(ヴァレンタイン・ディオール)とその妻(キャサリン・レイシー)に世話になるように言われる。

天候が回復し次第迎えに行くと言われたジョーンは、ホテルに泊まることをベリンジャーに伝えてる。

その後、食事をすることになったジョーンとトークィルは、立場を考えた彼女の提案で、別々の席に着く。

その夜はホテルに部屋をとり、風が止むことを祈って眠ったジョーンだったが、翌日も天候は変わらなかった。

ソーン城。
ロビンソン夫妻を訪ねたジョーンは、二人と娘のチェリル(ペトゥラ・クラーク)に歓迎される。

ジョーンは、夫妻のおばレベッカ・クロージア(ナンシー・プライス)の屋敷に同行する。

そこに、レベッカの招待を受けていたトークィルが居たために、ジョーンは驚いてしまう。

ブリッジを始めるというロビンソン夫妻とレベッカに、それを遠慮したジョーンとトークィルは、結婚60年を祝う老夫婦のパーティーに出かける。

ジョーンは、地元の人々のダンスや歌を楽しみながら、今朝、”モイ城”に行ったことなどをトークィルに話す。

トークィルの、自分に対する眼差しで、何かを感じとったジョーンは、その場を去ろうとするが、彼に引き止められてパーティーの仲間に入る。
ダンスなどを楽しみ、ホテルに戻ったジョーンは、心の迷いを振り払い、何とかキローランに行けるようにと、その夜も祈る。

しかし、翌日も風は収まらず、ジョージはキローランに渡りたいことをルーリに伝えるが、彼にそれを拒まれる。

その後、ジョーンとトークィルはカトリーナの家で、彼女が自分達の間柄を疑っている様子に気づく。

それが気になるジョーンは、トークィルにキローランへ連れて行って欲しいと頼むが、彼にもそれを断られてしまう。

仕方なくジョーンは、町の青年に船を出すことを依頼するが、彼の恋人であるルーリの娘が、それが無謀な行為で、自分の幸せしか考えないと言ってジョーンを非難する。

泣き崩れる彼女に、ジョーンは、自分の未来が崩れ去る瀬戸際だといって理解を求める。

その頃、トークィルも、青年がジョーンのために船を用意していることを知り、それを止めようと彼女の元に向う。

トークィルは、ジョーンが、多くの人々を危険にさららそうとしていることを痛烈に非難する。

幼い頃から、自分の考えを絶対に変えないことが信条だったジョーンは、何を言っても聞き入れようとせず、ついにトークィルは彼女を見限ってしまう。

冷静さを失ったトークィルは、ジョーンを止めなければ、二度と会えなくなるとカトリーナに言われ、我に返り海に向かう。

トークィルは仕方なく船に乗り、ジョーンと青年と共に荒狂う沖に出て、彼はやがて渦巻きに近づくと警告する。

雨風も激しさが増し、ジョーンの大切なドレスは吹き飛ばされ、エンジンには水が入り船は停止してしまう。

雨と風は静まるが、船は渦巻きに巻き込まれ、トークィルが、何とかエンジンを直してその場を脱出する。

結局、船は引き返し、ルーリは娘を心配させた青年を殴り倒そうとするが、彼は疲労で倒れてしまい、ジョーンとトークィルは、カトリーナに迎えられて疲れを癒す。

今回の事件でカトリーナは、ジョーンを軽蔑もせず冷静に事態を見守り彼女を休ませる。

ジョーンは、その夜は祈るのを止めて眠ることにする。

翌朝、ようやく穏やかな天候となり、迎えの船が到着するため、ジョーンとトークィルは別れることになる。

お互い言葉を交わした二人だったが、ジョーンはトークィルにキスを求め、彼はそれに応じて別れる。

モイ城”に向かったトークィルは、言い伝えられていた呪いのことを考える。

トークィルの祖先が、ある事件で男女を井戸に落として殺したため、足を踏み入れた子孫は不幸になるということだった。

内部を確認したトークィルは、石壁に刻まれた呪いの言葉を見つけるが、戻って来たジョーンに気づく。

ジョーンは意地を張っていたことを謝罪し、トークィルは城が怖くないことを告げて、二人は愛を確かめ合う。

呪いの言葉は、こう締めくくってあった。

”・・・その後は自由には生きられない、一人の女性に一生縛られ、鎖につながれたまま死ぬ”


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ロンドン
幼い頃から生きる道を定め、その通りに生きてきたジョーン・ウェブスターは、勤務先の会社社長との結婚を父親に宣言し、式を挙げるために、スコットランドヘブリディーズ諸島に向う。
旅を続けたジョーンは、目的地キローランの手前のマル島で、天候悪化のために立ち往生してしまう。
その場でジョーンは、同じ船を待つイギリス海軍士官トークィル・マクニールに出会い、彼がキローランの出身だということを知り、二人は親交を持つ。
その後、霧が晴れた後日から強風が吹き荒れ、船が出港できず、何としても人生計画通りに事を運びたいジョーンは焦り始める。
そんなジョーンは、自分の立場を考えながらも、キローランの地主であったトークィルと親しくなるに連れて、心に迷いが生じてくる・・・。
__________

コメディ・タッチで始まる物語は、次第に純愛ドラマの雰囲気が漂い始め、結局、結ばれることになる二人が気持ちを伝え合うのは、クライマックスの一瞬なのだが、それに至るまでのプロセスが実に情緒的でもある。

そして、ラストは痛快ささえ感じさせる、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーの脚本、演出の素晴らしさを堪能できる作品。

死も覚悟する渦巻きからの命がけの脱出、廃墟となった古城の呪いの言葉が、主人公二人の運命を決めるキーワードとなり、一気に盛り上がり、あっさりとハッピー・エンドを迎える、爽やかな結末は圧巻だ。

冒頭での、娘の結婚に驚きつつも、その決断力と行動を最も理解する父親が、動揺することなく彼女を見つめる眼差しや態度で、主人公の意志の強さが伝わる演出なども見事だ。

イギリスを代表する女優として、その後、多くの作品に出演して活躍するウェンディ・ヒラーは、既に30歳を過ぎてはいたが、中年過ぎ以上の出演作しか知らない方には、若々しく新鮮な印象を与えるはずだ。

当初から観客は、主人公とこの青年とが結ばれることを望んでしまう、そんな雰囲気を持つ役柄を好演するロジャー・リヴセイ、主人公の父親役ジョージ・カーニー、部屋を提供し、主人公達の行動を冷静に見守るパメラ・ブラウン、船頭フィンレイ・カリー、主人公の夫となる富豪の知人夫妻ヴァレンタイン・ディオールキャサリン・レイシー、その娘で、撮影当時11歳のペトゥラ・クラーク、そのおばナンシー・プライスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター