インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008) 3.68/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

19年ぶりに復活した、全世界待望の人気シリーズ第4作。
考古学者ヘンリー”インディアナ”ジョーンズがソ連KGBに拉致され異星人を捜すことをスパルコに命ぜられ、出会った青年らとと共にその謎を解き明かすまでを描く、製作総指揮、原案ジョージ・ルーカス、監督スティーヴン・スピルバーグ、主演ハリソン・フォードケイト・ブランシェットシャイア・ラブーフカレン・アレンレイ・ウィンストンジョン・ハートジム・ブロードベント共演によるアクション・アドベンチャー大作。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
ジョージ・ルーカス / George Lucas 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮
ジョージ・ルーカス

キャスリーン・ケネディ
製作:フランク・マーシャル
原案
ジョージ・ルーカス

ジェフ・ネイザンソン
脚本
デヴィッド・コープ

撮影:ヤヌス・ カミンスキー
編集:マイケル・カーン
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
ヘンリー”インディアナ”ジョーンズJr.:ハリソン・フォード

イリーナ・スパルコ:ケイト・ブランシェット
マット“ヘンリー”ウィリアムズ:シャイア・ラブーフ
マリオン・レイヴンウッド:カレン・アレン
ジョージ“マック”マクヘイル:レイ・ウィンストン
ハロルド・オックスリー教授:ジョン・ハート
ディーン・チャールズ・スタンフォース:ジム・ブロードベント

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2008年製作 122分
公開
北米:2008年5月22日
日本:2008年6月21日
製作費 $185,000,000
北米興行収入 $317,011,110
世界 $786,636,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1957年。
ネバダ州グレーム・レイク空軍基地(エリア51)。
超常現象を軍事に利用するためアメリカに派遣されたスターリンの秘蔵っ子で、ソ連KGBイリーナ・スパルコ(ケイト・ブランシェット)率いる特殊部隊は、アメリカ軍に扮して基地内に侵入し、倉庫から、ある物体を盗み出そうとする。

スパルコは、著名な考古学者のヘンリー”インディアナ”ジョーンズJr.博士(ハリソン・フォード)と、元MI6諜報員のジョージ“マック”マクヘイル(レイ・ウィンストン)を拉致し、その物体を探し出させようとしていた。

それは、1947年にニューメキシコ州ロズウェル事件で回収した異星人とみられる死体で、その回収作業にはかつてジョーンズも参加していたのだ。

ジョーンズは、磁気を帯びた物体を火薬で探し当てる。

隙をみて逃げようとしたジョーンズは、一緒に捕らえられていた相棒マクヘイルに裏切られてしまうが、単独で何とか倉庫から逃亡する。

果てしなく続く基地内で、ジョーンズは民家を発見するが、そこは今、正に核実験が実行されようとする現場だった。

鉛製の冷蔵庫に隠れたジョーンズは、吹き飛ばされるものの一命を取り留め、その後、彼はスパルコの情報を入手する。

大学に戻ったジョーンズは、予算を食いつぶして、FBIの捜査まで受けたために、学部長のディーン・チャールズ・スタンフォース(ジム・ブロードベント)から、休職を言い渡されてしまう。

大学を去ることにしたジョーンズの前に、マットというガラが悪い青年マット“ヘンリー”ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)が現れ彼に助けを求める。

ペルーに調査に行った、ジョーンズの旧友で、考古学者のハロルド・オックスリー教授(ジョン・ハート)が、誘拐されたということだった。

マットの親代わりのオックスリーは、ペルーで”クリスタル・スカル”を発見し、それを”アケトー(黄金郷)”へ持って行く途中だったという。

マットは、母親からジョーンズの援助を求めるよう言われてきたのだ。

FBIKGBの両方から追われるジョーンズは、彼らの追撃をかわし、マットとペルーナスカに向かう。

マットが持っていた、オックスリーからの手紙をヒントに、ジョーンズは、15世紀にアケトーを探しに行き、消息を絶ったスペインの探検家フランシスコ・デ・オレリャーナの墓をオックスリーが見つけたことを知る。

そして、ジョーンズはオレリャーナの墓から、オックスリーが隠したクリスタル・スカルを見つけ出すが、二人を追っていたマクヘイルとスパルコの部下に捕らえられてしまう。

そのクリスタル・スカルが地球外もので、超能力を発揮すると考えたソ連は、それを奪おうとしていた。

ジョーンズとマットはスパルコに捕らえられるが、連行されたソ連のキャンプには、クリスタル・スカルの目を見つめ過ぎて、精神障害になったオックスリーも囚われていた。

スパルコは、アケトーへの案内役であるオックスリーの代わりに、ジョーンズを洗脳して、目的地に向かわせようとする。

さらにスパルコは、マットの母でジョーンズのかつての恋人マリオン(カレン・アレン)を人質に、ジョーンズを脅しアケトーの場所を探らせる。

その後、オックスリーはジョーンズを思い出し、アケトーへの地図を描いてみせる。

ジョーンズはそれを解読しようとするが、マットが隙を見て暴れ始め、ジョーンズは、マリオンとオックスリーを連れて逃亡する。

流砂にはまったジョーンズは、マリオンからマットが自分の子供だということを知らされる。

マットのお陰で、流砂から脱出したジョーンズとマリオンだったが、オックスリーが、スパルコの部下を連れてきてしまい、彼らは再び捕らえられてしまう。

突然、父親になったジョーンズは、マリオンやマットと口論しながら移送トラックを奪い、オックスリーとクリスタル・スカルを奪い返そうとする。

軍隊アリや立ちはだかる深い滝など、困難に出遭いながら、スパルコの部隊の激しい追撃をかわしたジョーンズらは、クリスタル・スカルを取り戻し、ついにアケトーにたどり着く。

ジョーンズを裏切ったマクヘイルは、二重スパイだと言って彼らとアケトーのピラミッド内の寺院に入って行く。

しかし、マクヘイルは発信機を使い、スパルコに、一行の位置を知らせていた。

寺院内部には、あらゆる文明の秘宝が保存されていて、一行は大きな細工扉の前にたどり着く。

ジョーンズは、クリスタル・スカルをかざして扉を開けて、王座に座る113の、クリスタルで出来た骨格を見つけるものの、一体だけ頭蓋骨がなかった。

そこにスパルコが現れ、クリスタル・スカルを頭蓋骨のない骨格につける。

スパルコが、計り知れぬクリスタル・スカルの超能力を得たいと感じた時、そのスカルは、彼女の目にパワーを発する。

そして、同時に寺院上部が上空に吸い込まれていく。

正気を取り戻したオックスリーは、異星人がマヤの人々に、彼らの先進技術を伝授したことを説明する。

ジョーンズ達は脱出するが、マクヘイルは秘宝を盗もうとして、寺院の上方に吸い込まれてしまう。

クリスタル・スカル13体は、合体して異星人に変身すると、スパルコの超能力を圧倒して、彼女を炎に包み消滅させてしまう。

寺院は崩壊し、地中から巨大な宇宙船が現れて大空へと消えて行くのを、脱出したジョーンズらは見つめる。

帰国したジョーンズは、副学部長として大学に復帰し、仲間達に祝福されながらマリオンと結婚式を挙げる。

そして、マットは父の背中に、自分の未来の姿を想像する。


解説 評価 感想 ■

参考:
レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)

*(簡略ストー リー)
考古学者ヘンリー”インディアナ”ジョーンズは、元MI6の諜報員マクヘイルと共に、ソ連KGBのイリーナ・スパルコに拉致される。
エリア51”に連れて行かれたジョーンズは、10年前に回収した、異星人を捜すことをスパルコに命ぜられる。
その場から逃亡したジョーンズは、その後、青年マットと出会い、彼の後見人で旧友オックスリーが、”クリスタル・スカル”を発見したことを知らされてペルーに向う。
超能力を発する、”クリスタル・スカル”を発見したジョーンズとマットだったが、それを狙うスパルコに捕らえられてしまう。
ソ連のキャンプに連行された二人は、捕らえられていたオックスリーと、マットの母親でジョーンズのかつての恋人マリオンに再会する。
そしてジョーンズは、目的地”アケトー(黄金郷)”への案内役を、スパルコに強要されるのだが・・・。
__________

前作が最終章のはずが復活した本作は、全世界で8億ドルに迫る興行収入を上げ、前3作を圧倒する超大ヒットとなった。

製作費は第1作の10倍、1億8500万ドル。
北米興行収入 $317,011,114
世界 $786,636,033

内容的には賛否両論あるものの、ファンにとっては、とにかく郷愁を誘う作品となっている。

随所に、シリーズの想い出のようなシーンが登場するが、特に1992年に亡くなった、主人公の同僚マーカス・ブロディ役のデンホルム・エリオットに、本作を捧げているようにも思える。

ジョーンズのデスク上の写真、大学内の廊下の肖像画、壊されてしまう銅像、彼の後を継ぐ学部長のジム・ブロードベントの教室の入り方などは、第1作及び3作目の、デンホルム・エリオットの出演場面と見間違う程だ。

また、クリスタル・スカルの調査で精神に異常をきたしてしまう、ジョーンズの旧友の考古学者オックスリーの拍子抜けした行動も、マーカス(D・エリオット)を思い起こさせる。

ここまでくると、ショーン・コネリーも出演してくれと言いたいところだが、既に他界したという設定で写真だけが登場する。

第1作「レイダース/失われたアーク」(1981)のラストで、”政府の倉庫”に格納される”アーク(聖櫃)”が運ばれていくシーンが非常に印象に残ったのだが、その倉庫(エリア51)が登場するのも嬉しい。

尚且つ、ジョーンズが逃走する際に”アーク”が収納されている箱が破損し、”アーク”の一部が見えたりするのも、ファンにはたまらないシーンだ。

米ソ冷戦下の世界情勢や、古代マヤ文明にまつわる、異星人とのつながりを描いた巧みなストーリーは、見方によっては発展し過ぎで違和感を感じるかもしれない。

黄金郷を目指すジョーンズ一行が、水陸両用車で川を下り、巨大な滝に落ちるスペクタクルは見応えあるが、3度も続くとくどい。

密林でソ連側に捕らえられたジョーンズとマットが、マリオンやオックスリーに再会するあたりの盛り上がり方も今一だ。

しかし、前記のように”懐かしさ”の一言、ハリソン・フォードの”インディアナ・ジョーンズ”復活は嬉しい。

年のせいか猫背になり、なんとなく鈍臭い感じもするが、アクションシーンは非常に多く、どこがスタントマンかわからないくらいの奮闘を見せる。

予告編を見て、演技派ケイト・ブランシェットの敵役が楽しみだったが、悪くはないが、最後まで一本調子過ぎてやや物足りない。

シャイア・ラブーフは逞しく野性味もあり、冒険家のジョーンズの息子らしく多感な青年を好演している。

カレン・アレンは、一応女優業は続けているはずだが、どこからか引っ張り出されたオバサンみたいに思えてしまうところを、やはり同窓会的懐かしさがそれを補い、登場してくれただけで満足という気持ちにもなる。

レイ・ウィンストンジョン・ハートは熱演はしているものの、宣伝ほどのインパクトはなく、ジム・ブロードベントも、残念ながらデンホルム・エリオットを凌ぐ存在とは言えない。

ラストが少し意味深であり、再び続編が出来そうな、さてその主役は誰になるのか・・・。
思わせ振りな終わり方をする。

総合的には、娯楽性はあるが70点くらいというところで、とにかく、27年間の想い入れを注ぎ込める作品とはなっている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター