イングロリアス・バスターズ Inglourious Basterds (2009) 2/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1978年に公開されたイタリア映画「地獄のバスターズ」をヒントに、クエンティン・タランティーノ監督、脚本、主演ブラッド・ピットメラニー・ロランクリストフ・ヴァルツマイケル・ファスベンダーハーヴェイ・カイテルマイク・マイヤーズサミュエル・L・ジャクソン他共演による異色の戦争アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮
ロイド・フィリップス

ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
エリカ・スタインバーグ
製作:ローレンス・ベンダー
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:サリー・メンケ

出演
アルド・レイン中尉:ブラッド・ピット

ショシャナ・ドレフュス/エマニュエル・ ミミュー:メラニー・ロラン
ハンス・ランダ大佐:クリストフ・ヴァルツ
ドニー・ドノウィッツ:イーライ・ロス
アーチー・ヒコックス中尉:マイケル・ファスベンダー
ブリジット・フォン・ハマーシュマルク:ダイアン・クルーガー
フレデリック・ツォラー:ダニエル・ブリュール
ヒューゴ・スティーグリッツ:ティル・シュヴァイガー
ヴィルヘルム・ヴィッキ:ギデオン・ブルクハルト
スミッソン・ユティヴィッチ:B・J・ノヴァク
オマー・ウルマー:オマー・ドゥーム
ヒルシュベルク上等兵:サム・レヴァイン
マイケル・ジマーマン上等兵:マイケル・バコール
大佐:ボー・スヴェンソン

アメリカ軍司令官:ハーヴェイ・カイテル
エド・フェネク将軍:マイク・マイヤーズ

ウィンストン・チャーチルロッド・テイラー
マルセル:ジャッキー・イド
ペリエ・ラパディット:ドゥニ・メノーシェ
エリック:クリスチャン・ベルケル
バベット:ジャナ・パラスキー
ヘルシュトローム少佐:アウグスト・ディール

フランチェスカ・モンディーノ:ジュリー・ドレフュス
ヨーゼフ・ゲッベルスシルヴェスター・グロート
アドルフ・ヒトラーマルティン・ヴトケ
ラハトマン軍曹:リチャード・サメル
ブッツ二等兵:ソンケ・モーリング
ヴィルヘルム:アレクサンダー・フェリング
ウォルフガング大尉:ルドガー・ピストール
本人:エンツォ・G・カステラーリ
ナレーション:サミュエル・L・ジャクソン

アメリカ/ドイツ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ

ザ・ワインスタイン・カンパニー
2009年製作 153分
公開
ドイツ:2009年8月20日
北米:2009年8月21日
日本:2009年11月20日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $120,523,073
世界 $313,600,644


アカデミー賞 ■

第82回アカデミー賞
・受賞
助演男優(クリストフ・ヴァルツ)
・ノミネート
作品・監督・脚本・撮影・編集
録音・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1941年、フランス
ナチス・ドイツ親衛隊大佐ハンス・ランダ(クリストフ・ヴァルツ)が、農夫ペリエ・ラパディット(ドゥニ・メノーシェ)の家を訪れる。

ラパディットに家に招き入れられたランダは、家族を紹介され、娘達を外に出し話を始める。

ユダヤ・ハンター”の異名を持つランダは、消息不明のドレフュス一家を匿っている者がいることをラパディットに告げ、彼に探りを入れる。

英語を話し、言葉巧みに核心に触れていくランダは、ラパディットの家族の命を救う条件で、彼に情報提供を求める。

ラパディットは、床下に潜んでいるドレフュス一家を指差し、彼らが英語を理解していないことを確認したランダは、流暢なフランス語を話し始める。

ランダは部下を呼び寄せ床を銃撃させるが、ドレフュス一家の娘ショシャナ(メラニー・ロラン)が、家の外に飛び出し野原に走り去る。

そして、銃を構えたランダだったが、彼はショシャナを見逃す。
__________

アメリカ陸軍のアルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)は、奇襲ゲリラ部隊を編成し、民間人に成りすまして敵地に乗り込もうとする。

レインは、ユダヤ人ばかりの8名の兵士を集め、憎きナチス狩りの使命を徹底的に叩き込む。

その頃、アドルフ・ヒトラー総統(マルティン・ヴトケ)は、敵に寝返ったヒューゴ・スティーグリッツ(ティル・シュヴァイガー)やバットで敵を殴り殺す”ユダヤの熊”ドニー・ドノウィッツ(イーライ・ロス)らを従え、兵士達を恐怖に陥れるレインの部隊”バスターズ”の存在に怒り心頭だった。

ヒトラーは、レインらの襲撃から逃れたブッツ二等兵(ソンケ・モーリング)からの情報を聞き、額につけらた”ハーケンクロイツ”の印を見せられる。
__________

1944年、6月、パリ
ショシャナは、映画館主として”エマニュエル・ ミミュー”と名前を変え暮らしていた。

そんなショシャナは、伝説のスナイパーで戦争の英雄だというドイツ兵フレデリック・ツォラー(ダニエル・ブリュール)と知り合う。

自らの戦火を称えた、映画にまで出演したツォラーは好青年だったが、当然ショシャナは彼を受け入れる気にはなれなかった。

ある日、ショシャナはツォラーに呼び出され、ナチス・ドイツの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス(シルヴェスター・グロート)や、ゲシュタポのヘルシュトローム少佐(アウグスト・ディール)に紹介される。

そしてショシャナは、ツォラー主演の映画”国民の誇り”のプレミアを、彼女の映画館で開催することを提案される。

そこに、プレミアの警護を担当するランダが現れ、ショシャナは動揺してしまう。

ランダはショシャナと話をすることになり、彼女が映画館主になった経緯などを聞く。

伯父、伯母夫婦から映画館を譲られたショシャナは、たった一人の黒人従業員で、恋人のマルセル(ジャッキー・イド)とそれを運営していたのだが、ランダはゲッベルスが宜しく思わない有色人種の排除を彼女に命ずる。

ショシャナは、家族の復讐を果たすために、ナチスそしてその高官を、可燃性のフィルムを使って映画館もろとも焼き尽くしてしまう計画をマルセルに語る。
__________

同じ頃、イギリス陸軍のアーチー・ヒコックス中尉(マイケル・ファスベンダー)は、エド・フェネク将軍(マイク・マイヤーズ)に呼び出される。

ドイツ語が堪能で映画にも詳しいヒックスは、ウィンストン・チャーチル首相(ロッド・テイラー)も同席する場で、パリの映画館に集うナチス高官を殺害する計画を、バスターズと共に知らされる。

そして、ヒックスはナディーヌで、二重スパイのドイツ人女優ブリジット・フォン・ハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)に接触し、行動を共にするよう命ぜられる。

その後、ナディーヌでレインらと合流したヒックスは、ドイツ兵のいる居酒屋でハマーシュマルクに会い、プレミア上映の映画館が変更されたことを知らされる。

そこに、ゲシュタポのヘルシュトロームが現れ、ヒックスのドイツ語のアクセントなどから彼の正体を暴く。

次の瞬間、店内で銃撃戦が始まり、ドイツ兵ヴィルヘルム(アレクサンダー・フェリング)以外は全員死亡する。

階上にいたレインはヴィルヘルムに話しかけ、傷を負ったものの一命を取り留めたハマーシュマルクを連れ、その場から去ることを告げる。

子供が生まれたばかりであり命が惜しいヴィルヘルムは、レインの話を聞き入れ銃を置くが、ハマーシュマルクに射殺される。

ハマーシュマルクが、裏切り者でないことを確かめたレインは、プレミア会場が変更されたことと、なんとヒトラーがそれに出席することを知らされる。

そして、レインはハマーシュマルクの足を治療させて、自分達もプレミア会場に乗り込むことを決める。

銃撃現場を調べたランダは、バスターズのスティーグリッツとスミッソン・ウティヴィッチ(B・J・ノヴァク)の遺体を確認し、ハマーシュマルクのサインを見つけ、彼女だけが姿を消したことを知る。
__________

プレミアの夜。
ショシャナの映画館には、ヘルマン・ゲーリングマルティン・ボルマンナチス高官や俳優のエミール・ヤニングス、そして、イタリア人に扮した、レインらに付き添われて来たハマーシュマルクも姿を現していた。

早速、ハマーシュマルクに探りを入れるランダは、紹介されたレインに流暢なイタリアで話しかける。

ショシャナは、あらかじめマルセルと映画を撮影し、”国家の誇り”の4巻目に自分達のフィルムを映写しようとする。

席に着いたバスターズのドノウィッツとオマー・ウルマー(オマー・ドゥーム)は、足に爆弾を隠していた。

ランダはハマーシュマルクを別室に誘い、居酒屋で拾った靴を彼女の足に履かせ裏切りを確信する。

ハマーシュマルクに襲い掛かり、彼女を絞め殺したランダは、レインを拘束して彼の隠し持っていた爆弾を取り去る。

部下のスミッソン・ユティヴィッチ(B・J・ノヴァク)と共に連行されたレインは、ランダに取引を持ちかけられる。

映画館では、ヒトラーを迎えて予定通り映画は上映され、ドノウィッツとウルマーは爆弾を仕掛けて、ヒトラーの席に近づく。

マルセルは入り口に鍵をかけ、ショシャナは自分達のフィルムを準備する。

ランダは、プレミア作戦に手を貸したということで、ナチス・ドイツ降伏時に、自分が助かる条件を敵側の将軍(ハーヴェイ・カイテル)に無線で伝え納得させ、レインらを解放することにする。

ショシャナはフィルムを切り替える用意をして、マルセルはスクリーンの裏のフィルムの山の前で待機する。

その後、ツォラーが映写室のショシャナの元に向い、彼女を強引に口説こうとする。

仕方なくツォラーを部屋に入れたショシャナは、彼を背後から銃撃してしまう。

スクリーンのツォラーの表情を見て、一瞬怯んだショシャナは、まだ息のある彼に寄り添う。

しかし、ツォラーは隠し持っていた銃でショシャナを射殺し自らも息絶える。

ドノウィッツとウルマーが、ヒトラーのボックス席に押し入ろうとした時、スクリーンにショシャナのメッセージが流れて、マルセルがフィルムに火をつける。

それと同時に、ドノウィッツとウルマーはボックス席に乱入し、ヒトラーゲッベルスを射殺し、パニックになった観客席に向かい銃を乱射し、その後、爆弾も爆発する。

アメリカ側陣営に到着したランダは、レインとユティヴィッチを解放し、自ら投降し拘束の身となる。

その直後、レインはランダの部下を射殺し、ユティヴィッチは彼の頭の皮を剥ぐ。

そして、レインはランダから奪い返したナイフで、彼の額に”ハーケンクロイツ”を刻み、”これは自分の傑作だ”とユティヴィッチに語る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

第二次大戦下。
ナチス・ドイツ占領下のフランスで、アメリカ陸軍のアルド・レイン中尉が率いる、ユダヤ人で組織されたゲリラ部隊”バスターズ”が暴れ回り、その行動にヒトラーは憤慨していた。
家族を、”ユダヤ・ハンター”の親衛隊ランダ大佐に殺されたショシャナは、彼の魔の手を逃れその後パリの映画館主になる。
ある日、ショシャナは、ドイツ軍の英雄でもあるツォラーと知り合い、宣伝相ゲッベルスを紹介される。
そして、ゲッベルスの計らいで、ツォラーの主演した映画のプレミアが、ショシャナの映画館で開催されることになる。
ショシャナは、家族の復讐を果たすべく、映画館に火を放ち、集結するナチス高官を抹殺する計画を立てる。
一方レインも、そのプレミア会場に乗り込み、女優である二重スパイのハマーシュマルクの協力を得て、ヒトラー他を暗殺する計画を実行しようとするのだが・・・。
___________

本作は、実在のナチス高官は登場するものの、その暗殺が成功し終戦に向うという、あくまでフィクションとして描かれている。

さらに、クエンティン・タランティーノは、「地獄のバスターズ」(1978)のリメイクでないことと、「戦略大作戦」(1970)、「暁の7人」(1975)などから大きな影響を受けたという見解で作品を仕上げた。
また、数々の映画の音楽を取り入れ、通俗的でない描写とリアリズム、さらにユーモアも加えた斬新な作品にもなっている。

参考:
「地獄のバスターズ」の監督エンツォ・G・カステラーリと、主演のボー・スヴェンソンがカメオ出演している。

主演はブラッド・ピットなのだが、彼の出演は控えめで、多くの出演者の役割配分が絶妙であり、タランティーノの手抜きのない人物描写も冴える。

日本での受けは悪かったのだが、北米興行収入は約1億2000万ドル、全世界では約3億1400万ドルの大ヒットとなった。

第82回アカデミー賞では、作品賞以下8部門でノミネートされ、クリストフ・ヴァルツが助演男優を受賞した。
・ノミネート
作品・監督・脚本・撮影・編集・録音音響編集賞

世界の各賞を総なめにした、親衛隊大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの出色の演技は見もので、全く隙のない、頭脳明晰にして冷酷非情常な役は、各方面で絶賛された。
数ヶ国語に堪能な特技を生かした彼のセリフ回しは見事だ。
ナチス・ドイツ崩壊を予測し、条件付で敵に投降する、強かさの極みを見せる彼が、野蛮人に近い、問答無用のバスターズのリーダーの心理を読めないというオチと、そのラストの滑稽さもタランティーノらしい最高の演出だ。

出演者
”バスターズ”
ドニー・ドノウィッツ:イーライ・ロス

ヒューゴ・スティーグリッツ:ティル・シュヴァイガー
ヴィルヘルム・ヴィッキ:ギデオン・ブルクハルト
スミッソン・ユティヴィッチ:B・J・ノヴァク
オマー・ウルマー:オマー・ドゥーム
ヒルシュベルク上:サム・レヴァイン
マイケル・ジマーマン:マイケル・バコール

悲劇のヒロイン、驚きの結末を迎えるメラニー・ロラン、その恋人役ジャッキー・イド、こちらの最後も衝撃的な二重スパイ役のダイアン・クルーガー、クライマックスで好青年から変貌するドイツの英雄ダニエル・ブリュールゲシュタポ少佐アウグスト・ディールゲッベルス宣伝相シルヴェスター・グロートヒトラー総統マルティン・ヴトケイギリス陸軍マイケル・ファスベンダー、将軍のマイク・マイヤーズ、そして、ウィンストン・チャーチルのメイクで、全く彼とは分からないロッド・テイラーなどが共演している。

アメリカ軍司令官の声でハーヴェイ・カイテル、ナレーションでサミュエル・L・ジャクソンも登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター