ラブ・アンド・ウォー In Love and War (1996) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

志願して第一次大戦に従軍したアーネスト・ヘミングウェイと、赤十字の看護師アグネス・フォン・クラウスキーのロマンスを描く、製作、監督リチャード・アッテンボローサンドラ・ブロッククリス・オドネル共演のドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・アッテンボロー
製作総指揮:サラ・ライシャー
製作
ディミトリ・ヴィラード

リチャード・アッテンボロー
原作
ヘンリー・S・ヴィラード

ジェイムズ・ネイグル
”Hemingway in Love and War”
原案
アラン・スコット

ディミトリ・ヴィラード
脚本
アラン・スコット

クランシー・シーガル
アンナ・ハミルトン・フェラン
撮影:ロジャー・プラット
編集:レスリー・ウォーカー
音楽:ジョージ・フェントン

出演
アグネス・フォン・クラウスキーサンドラ・ブロック

アーネスト・ヘミングウェイクリス・オドネル
ヘンリー・S・ヴィラードマッケンジー・アスティン
エルシー・マクドナルド:イングリッド・レイシー
メイベル”ロージー”ローズ:マーゴット・スタインバーグ
ドメニコ・カラッチオ少佐:エミリオ・ボヌッチ
ポーター:アラン・ベネット

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ

1996年製作 113分
公開
北米:1996年12月18日
日本:1997年10月10日
北米興行収入 $14,466,354
世界 $25,372,294


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1918年、イタリア北部、第一次大戦末期。
志願した赤十字社のアメリカ人看護師アグネス・フォン・クラウスキー(サンドラ・ブロック)は、ある町に到着して、元修道院で医療活動を始める。

同じく、前線への物資補給のため、アメリカから多くの若者が志願し、アーネスト・ヘミングウェイ少尉(クリス・オドネル)も着任する。

戦闘に参加できないことに不満を抱きながら、物資補給の任務に就いたアーネストは、前線の塹壕で爆撃を受ける。

助かったアーネストは、若いイタリア兵を助けようとして足に銃弾を受け、病院に運ばれる。

アーネストを診たアグネスは、意識が朦朧とする彼から愛を告げられ求婚される。

その夜、アーネストの傷が壊疽を起こしそうになっていることに気づいたアグネスは、医師の指示を受けないまま処置してしまう。

翌朝アグネスは、軍医のドメニコ・カラッチオ少佐(エミリオ・ボヌッチ)に、アーネストへの報告はせず、患部の処置の許可を得て、まだ10代の彼の足が切断されないことを願う。

その後アグネスは、アーネストを子供扱いしながらも、彼を励まし患部の洗浄を続ける。

カラッチオは、患部が最悪の状態ではないものの切断することを決めるのだが、アグネスの意見を聞き入れる。

アグネスの献身的な姿に胸打たれたカラッチオは、彼女を誘う。

アーネストに、足は無事だということを伝えたアグネスは、彼の安らぎの表情を見て安堵する。

アグネスは、若いアーネストに心惹かれるようになるのだが、患者に特別な感情を持たないようにと、同僚エルシー・マクドナルド(イングリッド・レイシー)に忠告される。

その後、アーネストと同年代の青年ヘンリー・S・ヴィラード(マッケンジー・アスティン)が運び込まれる。

アーネストは、アグネスが自分の恋人だと偽り、彼女に心を寄せるヘンリーを牽制する。

アグネスと心触れ合おうとするアーネストだったが、彼女は、約束していたカラッチオと市内見物に出かける。

リハビリを始めたアーネストは、アグネスに、ニューヨークの医師から手紙を受け取っていることや、カラッチオのことを尋ねる。

その後アーネストは、前線での勇敢な行為に対し、イタリア軍から勲章を授与される。

ヘンリーと共に、アグネスを誘い郊外に遠出に行く予定があったアーネストは、彼女と二人だけで行こうとするが失敗する。

三人は出かける際、訪ねて来た、アーネストが助けた兵士の父親から、息子が亡くなったことを知らされる。

アーネストは、二人と湖で楽しい時を過ごしていたのだが、冗談を交えながらヘンリーとでアグネスを争うような会話をする。

ところが、アーネストの、自分をものにしたような侮辱した言葉に、アグネス気分を害しアーネストの頬を殴る。

後悔したアーネストは、アグネスに謝罪しようとしていたが、そんな時、重傷の負傷兵が自殺してしまう。

アーネストは、負傷兵の、両親への手紙を代筆していたアグネスに手を貸し、その手紙を書き直すよう指示する。

その内容をアーネストは考え、亡くなった者を思う気持ちで二人は心触れ合いキスをする。

前線に向かうアグネスは、戦友の遺体搬送のため病院を離れていたアーネストに手紙と指輪を渡すことをヘンリーに頼み、自分の気持ちを伝える。

アグネスと同じ戦場に向かうヘンリーは、それをアーネストに渡す。

カラッチオやロージーらと、不眠不休の医療活動を続けていたアグネスは、アーネストが現れたことに驚く。

帰国命令が出たアーネストは、アグネスに愛を告げて町のホテルに誘う。

その夜、アグネスアーネストの元に向かい、そして二人は愛し合う。

アグネスアーネストを見送り、その後、ヘンリーには年の差はあるが、似合いのカップルだと言われる。

そんな時アグネスは、カラッチオのヴェネツィアの自宅にエルシーと共に招待される。

英雄として帰国したアーネストは、記者達の質問に、将来のヘミングウェイ夫人となる、素晴らしいアメリカ人女性に出会ったことを伝える。

アグネスアーネストは、手紙のやり取りを続けて愛を確かめる。

やがて終戦となり、地元に戻り病院経営を始める計画のあるカラッチオは、アグネスに求婚する。

アグネスは、迷いながらヴェネツィア行きを決めるのだが、アーネストを諦め切れない。

そんなアグネスは、アーネストが結婚する相手ではないとエルシーに忠告される。

別れるのが最善だという、アグネスからの手紙を受け取ったアーネストは絶望する。

その後、ヴェネツィアでの生活を続けたアグネスだったが、アーネストへの想いは断ち切れなかった。

8ヵ月後、ニューヨーク
カラッチオと結婚しなかったアグネスは、帰国してヘンリーと会い、アーネストが、自分に対し怒りまで感じていると知らされる。

アグネスアーネストを愛していることを確認したヘンリーは、もう一度会ってそれを伝えるべきだと助言する。

ワルーン湖
アグネスは、湖畔の小屋で小説を書くアーネストを訪ねる。

アーネストを忘れられず、カラッチオとは結婚する気になれなかったことを伝えたアグネスは、自分を許す気になれない彼に、一生愛することを伝えてその場を去る。
_____

その後、二人は二度と会うことはなかった。

傷ついた若者は、怒れる男として、歴史に残る冒険家、そして世界的な作家となった。

アグネス・フォン・クラウスキーは、第二次大戦の終了まで赤十字に身を捧げ、36歳まで独身で92歳で世を去った。

アーネスト・ヘミングウェイは、1954年にノーベル文学賞を受賞し、”武器よさらば”は、イタリアでの体験を基にしている。

ヘミングウェイは4度結婚し、1961年に自殺した。


解説 評価 感想 ■

本編のエンディングにもあるように、1929年に発表されたアーネスト・ヘミングウェイの小説”武器よさらば”のベースになる、彼自身の体験を、ドラマにも登場するヘンリー・S・ヴィラードとジェイムズ・ネイグルが共同執筆した著書”Hemingway in Love and War”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

1918年、イタリア北部、第一次大戦末期。
志願した赤十字の看護師アグネス・フォン・クラウスキーは、負傷した補給兵アーネスト・ヘミングウェイの足を壊疽から救う。
アーネストは、年上のアグネスに惹かれて、医療に専念する彼女も同じ気持ちが芽生える。
その後、病院に運び込まれたヘンリー・S・ヴィラードと親交を深めたアーネストだったが、アグネスを巡り二人は恋の火花を散らすことになる。
前線に向かったアグネスは、帰国することになったアーネストと愛し合う。
その後アグネスは、アーネストと手紙をやり取りして愛を確かめるが、軍医カラッチオからも好意を示され、やがて求婚される。
そしてアーネストは、アグネスからの別れの手紙を受取り絶望する・・・。
__________

アーネスト・ヘミングウェイが10代で志願兵として従軍した際の、運命の愛を描いた作品は、リチャード・アッテンボローの重厚な演出により、文芸大作と成り得る要素が窺える作品となっている。

特に、気骨ある人間性が感じられる、若き日のヘミングウェイの生き方が実に興味深い。

スピード」(1994)でブレイクしたサンドラ・ブロックは、実在の看護師アグネス・フォン・クラウスキーを、落ち着いた雰囲気でしっとりと演じているのだが、「スピード」のイメージが強過ぎたため、賛否両論であったことも確かだ。

期待の若手スターとして人気上昇中だった、ヘミングウェイを熱演するクリス・オドネル、原作者でもあるヘンリー・S・ヴィラード役のマッケンジー・アスティン、ヒロインの同僚看護師イングリッド・レイシー、マーゴット・スタインバーグ、ヒロインに求婚する軍医エミリオ・ボヌッチなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター