イン・ザ・カット In the Cut (2003) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1995年に発表された、スザンナ・ムーアの小説”In the Cut”を基に製作された作品。
謎の猟奇殺人事件に巻き込まれる教師の愛欲と恐怖を描く、監督、脚本ジェーン・カンピオン、製作ニコール・キッドマン、主演メグ・ライアンマーク・ラファロジェニファー・ジェイソン・リーケヴィン・ベーコンニック・ダミチ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジェーン・カンピオン
製作
ニコール・キッドマン

ローリー・パーカー
製作総指揮
エフィー・T・ブラウン

フランソワ・イヴェルネル
原作:スザンナ・ムーア”In the Cut”
脚本
スザンナ・ムーア

ジェーン・カンピオン
撮影:ディオン・ビーブ
編集:アレクサンドル・デ・フランチェスキ
音楽:ヒルマル・オルン・ヒルマルソン

出演
フランシス”フラニー”エイヴリー:メグ・ライアン

ジオヴァンニ・A・マロイ:マーク・ラファロ
ポーリーン:ジェニファー・ジェイソン・リー
ジョン・グレアム:ケヴィン・ベーコン
リチャード・ロドリゲス:ニック・ダミチ
ヘクター:パトリス・オニール
コーネリアス・ウェッブ:シャーリーフ・ピュー

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ
2003年製作 119分
公開
北米:2003年10月31日
日本:2004年4月3日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $4,750,600
世界 $23,726,793


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
人と距離を置く生活をする作家で高校教師のフランシス”フラニー”エイヴリー(メグ・ライアン)は、泊めてあげた義妹ポーリーン(ジェニファー・ジェイソン・リー)とアパートを出る。

ポーリーンと別れ生徒のコーネリアス・ウェッブ(シャーリーフ・ピュー)とバーに入ったフラニーは、様々な言葉やスラングを集めるため彼に協力してもう。

トイレに行ったフラニーは、男女が絡み合っている姿を目撃し、男の手首に彫られたスペードのタトゥーを確認する。

戻ったフラニーは、コーネリアスがいなかったために店を出る。

授業を終えアパートに戻ったフラニーは、その場で待っていたジオヴァンニ・A・マロイ刑事(マーク・ラファロ)の身元を調べてから彼を部屋に招く。

近所で殺人事件があったことを話すマロイは、何か心当たりがないかをフラニーに尋ねる。

マロイの手首のスペードのタトゥーに気づきながら、フラニーは、喉を切られ解体された殺人のことを聞き、彼から名刺を渡される。

以前、会ったかを聞かれたフラニーは知らないと答え、マロイはその場を去る。

バーの件を考えるフラニーは、マロイが気になる存在になる。

翌日、通りでマロイに声をかけられたフラニーは車に乗せられ、相棒のリチャード・ロドリゲス(ニック・ダミチ)を紹介される。

ロドリゲスに職業などを聞かれたフラニーは、事件の日にバーに来たことが、レシートのクレジットカード番号で分かっていると言われる。

当日のバーの様子などを聞かれたフラニーは、無残な姿の被害者の写真を見せられ、トイレにいた女性だと気づくものの何も知らないと答える。

車を降りたフラニーは、ビールでも飲みながら話したいとマロイに言われ、数時間後に会う約束をする。

ポーリーンを訪ねたフラニーは、男性と付き合うことを勧められ、刑事に誘われたことを伝える。

行くべきだとポーリーンに言われたフラニーは、彼女にドレスを借りてマロイを待つ。

フラニーとバーに向かったマロイは、事件の日のことを尋ねる。

手首のタトゥーのことについてをフラニーに聞かれたマロイは、秘密クラブのメンバーだと答える。

付き合って何でもするとフラニーに伝えたマロイは、ロドリゲスがいたため、女を見ながら下品な話を始める。

気分を害して店を出たフラニーは、タクシーが捕まらずに雨の中、歩いてアパートに向かう。

何者かに襲われたフラニーは何んとか逃れるものの、タクシーに接触する。

無事だったフラニーはマロイを呼び、彼と共にアパートに向かう。

襲った相手のことを尋ねたマロイは、今回の事件の犯人とは違うと言うものの、フラニーに殺害方法を聞かれたためそれを話す。

襲われ方を知ろうとしたマロイは、フラニーに近づいて体に触れ、二人は互いを求め合う。

二人は愛し合い、フラニーはポーリーンからもらったチャームがなくなっていることを気にしながら、事件のあった日にバーで会ったことをマロイに話す。

女とトイレにいたと言われたマロイは、彼女の容姿から被害者だと伝え、相手の男は自分でないと答えてその場を去る。

カフェでポーリーンに会ったフラニーは、マロイのことなどを聞かれる。

その場に自分に付きまとうジョン・グレアム(ケヴィン・ベーコン)が現れたため、フラニーは簡単な言葉を交わす。

ポーリーンにマロイと付き合うべきだと言われたフラニーは戸惑う。

外で待っていたジョンと話したフラニーは、彼が自分を監視していることを知る。

会うのはこれきりにしたいとフラニーに言われ苛立つジョンは、その場を去る。

学校に現れたマロイを無視したフラニーはポーリーンに会い、自分の両親の話などをする。

次の殺人事件が起き、現場にいたマロイはフラニーからの電話を受ける。

1週間も連絡がとれなかったことで理由を聞くマロイは、フラニーがポーリーンのアパートにいることを知り、女子医大生が殺害され切断された死体が見つかったことを伝える。

警察署に向かったフラニーはマロイに会い、その場にいたロドリゲスから、先日のバーでの無礼を謝罪される。

署を出て郊外に向かったマロイとフラニーは、湖のほとりの林で話をして街に戻る。

二人はカフェに寄り、既婚者のマロイが、子供と約束したフロリダ旅行に行くことや家族の話などを始めたため、フラニーはアパートに帰る。

その場にジョンがいたため驚くフラニーは、ポーリーンを誘いたいと彼から言われる。

ポーリーンに会いに行ったフラニーは、浴室で彼女の切断された頭部を見つけてショックを受ける。

現場に駆け付けたマロイは、放心状態のフラニーを署に連れて行き話を聞く。

ポーリーンが婚約をしていたかを聞くマロイは、彼女が指輪をしていたことをフラニーに伝える。

フラニーはそれを否定し、マロイはポーリーンの殺され方を話し、アパートをもう一度調べに行くと伝える。

鍵を持っていると言うマロイにを不審に思うフラニーは、ポーリーンを殺したのかを問う。

何も答えないマロイは、フラニーをアパートに送るよう巡査に指示する。

翌朝、現れたコーネリアスから友人の死を知ったと言われたフラニーは、妹が殺されたことを伝える。

事件の日にバーにいたため刑事に尋問されたコーネリアスは、顔を酷く殴られていた。

フラニーに迫ったコーネリアスは拒まれたために苛立つが、通りにいるロドリゲスに気づきその場を去る。

窓からロドリゲスに話しかけたフラニーは、マロイに様子を見てくるよう指示されたと言われる。

マロイに放っておいてほしいと言うよう伝えたフラニーは、ロドリゲスを追い払う。

フラニーの元に向かったマロイは非難され、動揺している彼女に入浴させて落ち着かせる。

その後、マロイに手錠をかけてその気にさせたフラニーは、それを外すよう言われ、上着のポケットにある鍵を探すよう指示される。

ポケットの中にあったなくしたチャームに気づいたフラニーは、それを通りで見つけたと言うマロイが、自分を襲った犯人だと疑う。

部屋を出たフラニーは、通りにいたロドリゲスにマロイが犯人だと伝え、彼の車に乗りその場を離れる。

ジョージ・ワシントン・ブリッジ”の灯台に連れて行かれたフラニーは、自分の釣り小屋を見せると言うロドリゲスの手首にも、マロイと同じスペードのタトゥーがあることに気づく。

マロイを最高の相棒だと言うロドリゲスは、タトゥーは一緒に入れたと話す。

言い寄るロドリゲスに指輪をはめるよう強要されたフラニーは、羽織っていたマロイのジャケットのポケットから銃を取り出して発砲する。

首を絞められながらキスされたフラニーは、ロドリゲスを射殺する。

夜が明けて、街道でヒッチハイクをする血だらけのフラニーは、車が捕まらないために歩いてアパートに戻る。

パイプの手錠が外せないまま横たわっていたマロイにフラニーは寄り添い、彼を抱きしめる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
人と距離を置く生活をする作家で高校教師のフランシス”フラニー”エイヴリーは、唯一人、心を許せるのが義妹ポーリーンだった。
ある日フラニーは、トイレで女と絡んでいた男の手首に彫られたスペードのタトゥーを目撃する。
その後、その女は何者かに殺されて死体が切断される事件が起きる。
事件を捜査する刑事マロイから話を聞かれたフラニーは、彼の手首のスペードのタトゥーを確認する。
愛も拒んでいたフラニーだったがマロイに惹かれ、ポーリーンにも促されて彼と愛し合う。
その後、再び殺人事件が起き、マロイの言動を気にしだしたフラニーは、彼が犯人ではないかと思い始める・・・。
__________

監督、脚本ジェーン・カンピオンによる官能的ミステリー・サスペンスで、製作を担当したニコール・キッドマンが主演を演ずる予定だったものの降板し、メグ・ライアンが主人公を演じた。

ジェーン・カンピオンの芸術的映像感覚などを見たいところなのだが、内容が猟奇殺人をテーマにした作品だけに期待外れに終わり、官能美を追及する演出もやや空回りと言ったところだろうか。

サスペンスとしての面白味も今一で、計画的プロの殺人犯を思わせる説明があるものの、刑事でもある犯人が、か弱い女性にあっさり殺される結末も頷けない。

ロマンチック・コメディの女王と言われたメグ・ライアンが、体を張った演技でそのイメージを払拭して熱演するが、40歳を過ぎていた彼女にはやや辛い役だったようにも思える。

主人公に捜査協力を求めながら惹かれ合う仲になる刑事マーク・ラファロ、主人公の義妹ジェニファー・ジェイソン・リー、主人公に付きまとう男ケヴィン・ベーコン、事件捜査担当の刑事ニック・ダミチなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター