ザ・ムーン In the Shadow of the Moon (2007) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

米ソ冷戦の副産物と言っていい、宇宙開発競争の頂点に立つ大プロジェクト”アポロ計画”のうち、初めて月面着陸に成功した、”アポロ11”のミッションを中心に描かれたドキュメント作品。


ドキュメンタリー

WEB SITE


スタッフ キャスト ■

監督:デヴィッド・シントン
製作:ダンカン・コップ
撮影:クライヴ・ノース
編集:デヴィッド・フェアヘッド
音楽:フィリップ・シェパード
提供:ロン・ハワード

出演
アポロ11
エドウィン”バズ”オルドリン:月着陸船パイロット
マイケル・コリンズ:指令船パイロット

アポロ12
アラン・ビーン:月着陸船パイロット

アポロ13
ジム・ラヴェル:船長(アポロ8)

アポロ14
エドガー・ミッチェル:月着陸船パイロット

アポロ15
デイヴィッド・スコット:月着陸船パイロット(アポロ9)

アポロ16
ジョン・ヤング:船長(アポロ10)
チャールズ・デューク:月着陸船パイロット(アポロ11通信担当官)

アポロ17
ユージン・サーナン:船長(アポロ10)
ハリソン・シュミット:月着陸船パイロット

イギリス 映画
配給
THINKFilm(アメリカ)
Vertigo Films(イギリス)
2007年製作 100分
公開
イギリス:2007年11月2日
北米:2007年9月7日
日本:2009年1月16日
製作費 $2,000,000
北米興行収入 $1,134,049
世界 $1,846,818


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1960年代初頭、冷戦下の米ソは、有人宇宙飛行を
競っていた。

1961年4月1。
ソ連ユーリイ・ガガーリンが、人類初の有人宇宙飛行
に成功する。

1962年5月5日。
アメリカのアラン・シェパードが、わずか15分間の飛行ではあったがそれに続く。

5月25日。
”我々は、1960年代中に、人類を月に送り生還させる”という、アメリカのケネディ大統領の議会演説で国民は一つとなり、NASAによる、月面到達の”アポロ計画”への実行の道が開ける。

全国から、精鋭の宇宙飛行士候補”ライト・スタッフ”が集められ、不可能に近い大計画に挑む過酷な訓練と実験が始まる。

1967年1月27日。
アポロ1の火災による、3名の宇宙飛行士(バージル”ガス”グリソムエド・ホワイトロジャー・チャフィー)の事故死の悲劇を乗り越え、1968年10月からは、有人宇宙飛行が始まる。

そして1968年12月、サターンV型巨大ロケットのアポロ8が発射され、人類が始めて月の周回軌道に達し、生還することに成功する。

続いて、アポロ9アポロ10が、月着陸船の試験飛行を行い、いよいよ月着陸の時を迎える。

1969年7月16日。
船長ニール・アームストロング月着陸船(イーグル)パイロット、エドウィン”バズ”オルドリン指令船(コロンビア)パイロットマイケル・コリンズを乗せたアポロ11は、フロリダケネディ宇宙センター発射される。

7月20日午後8時17分(UTC)。
3日間の飛行の後、コリンズ指令船(コロンビア)に残し、アームストロングオルドリンが月に向かい、予定の着陸地点を避け、ほぼ燃料を使い果たしながら、二人は無事に”静かの海”に着陸する。

1969年7月20日午前2時56分(UTC)。
アームストロングは船外活動を始め、月面に足を踏み下ろし、地球に向かい発する。

”これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、 人類にとっては偉大な飛躍である。”
”That’s one small step for ”a” man, one giant leap for mankind.”

全世界の人々が見守る中、人類が初めて地球以外の天体に到達して降り立った瞬間だった。

オルドリンがそれに続き、2時間半の月面活動を終えた二人は、休息をとった後、コリンズの待つ指令船(コロンビア)に向け飛び立つ。

月面を離れた月着陸船(イーグル)は、指令船(コロンビア)とのドッキングに成功し、38万キロ彼方の地球に向けて進路をとる。

地球軌道に戻った指令船(コロンビア)は、大気圏に突入し、7月24日、太平洋上に無事着陸し、3人の宇宙飛行士は、空母ホーネットに回収される。

3人は世界中で大歓迎を受け、その偉業を称えられる。

4ヵ月後にアポロ12の飛行も成功するが、アポロ13は、月に向かう途中、機械船の酸素タンクの爆発で月着陸を断念し、月着陸船(アクエリアス)を救助船として使い、指令船(オディッセイ)で地球への奇跡の生還を成功させる。

その後、アポロ14からアポロ17は無事に月着陸に成功し、アポロ15では、初めて月面車が使用され、最後のミッション、アポロ17では、高度な地質学調査を行った。

アポロ計画に関わった人々は、数十万人にも及ぶが、いまだかつて、月に降り立った人間は12人しかいない。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1960年代初頭。
冷戦下の米ソは、有人宇宙飛行を競い、1961年4月12日、ソ連ユーリイ・ガガーリンが、人類初の有人宇宙飛行に成功する。
5月5日、アメリカのアラン・シェパードが、わずかの飛行ではあったがそれに続く。
そして、アメリカのケネディ大統領の、”我々は、1960年代中に人類を月に送り生還させる”という議会演説で国民は一つとなり、月面到達への道、”アポロ計画”が実行されることになる・・・。
__________

自分も含め、当時からアポロ計画に親しんだ方にとっては、あまり目新しい映像などはないが、映画館のスクリーンに広がる漆黒の宇宙空間と月面、更に美しい青い地球を見ると、新たな感動を体験できる、見応えある作品。

アポロ17以降、人類が他の天体に足を踏み入れていないことを考えると、当時計画に携わった人々の驚異的な意志の強さと技術力の高さに、改めて驚かされる。

また、アポロ計画に参加し、月に降り立った12人の内の9人と、アポロ11の偉業を月の軌道上で見守ったマイケル・コリンズら、元宇宙飛行士が語る真実の記録が、効果的に挿入されている。

特に、アポロ12アラン・ビーンの、偉業に名を連ねた喜びと幸福感を伝える満面の笑みとその表情、アポロ17船長ユージン・サーナンがクライマックスで語る、”大宇宙の中での偶然の産物”地球”を、宇宙から見た時、宗教的なものではなく、霊的な感じを受けた”という言葉が印象に残る。

アポロ計画以前の、マーキュリー計画実行のため、初めて選ばれた宇宙飛行士候補を描いた物語の「ライトスタッフ」(1983)や、奇跡の生還を果たす「アポロ13」(1995)、更には、テレビ朝日で放映された、立花隆氏をコメンテーターにした”アポロ13”生還のドキュメンタリー、また、トム・ハンクスとロン・ハワードが共同製作したアメリカHBOのTVドラマ「人類、月に立つ」(1998)などが、本作を見る上で参考になる。

エンドロールで飛行士らが語る”月着陸陰謀説”への反論は、その表情や力説、そしてラストで再び語る、ユージン・サーナンの、”誰も、私が残した月面の足跡は消せない”という言葉で、全ての人を納得させる説得力がある。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター