ジャンパー Jumper (2008) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2007年に発表された、スティーヴン・グールドの小説”Jumper: Griffin’s Story”を基に製作された、”テレポート”能力を持つ青年の運命を描く、監督ダグ・リーマン、主演ヘイデン・クリステンセンサミュエル・L・ジャクソンジェイミー・ベルダイアン・レイン他共演のサスペンス・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ダグ・リーマン
製作
サイモン・キンバーグ

ルーカス・フォスター
ジェイ・サンダース
アーノン・ミルチャン

原作:スティーヴン・グールド
脚本
サイモン・キンバーグ

デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:バリー・ピーターソン
編集
サー・クライン

ドン・ジマーマン
ディーン・ジマーマン
音楽:ジョン・パウエル

出演
デヴィッド・ライス:ヘイデン・クリステンセン

ローランド・コックス:サミュエル・L・ジャクソン
グリフィン・オコナー:ジェイミー・ベル
ミリー・ハリーズ:レイチェル・ビルソン
メアリー・ライス:ダイアン・レイン
ウィリアム・ライス:マイケル・ルーカー
デヴィッド・ライス(高校生):マックス・エリオット
ミリー・ハリーズ(高校生):アナソフィア・ロブ
マーク・コボルド:テディ・ダン
ソフィー:クリステン・スチュワート

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2008年製作 88分
公開
北米:2008年2月14日
日本:2008年3月1日
制作費 $85,000,000
北米興行収入 $80,172,128
世界 $222,231,186


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ミシガン州、アナーバー
15歳の高校生デヴィッド・ライス(マックス・エリオット)は、心を寄せているミリー・ハリーズ(アナソフィア・ロブ)に、スノーグローブをプレゼントする。

しかしデヴィッドは、それをクラスメイトのマークにからかわれて奪われ、凍った川に投げられてしまう。

デヴィッドはそれを拾おうとして、凍った川に落ちてしまうが、次の瞬間、彼は公立図書館の床に、びしょ濡れの状態でテレポートしてしまう。

帰宅したデヴィッドは、反りの合わない父ウィリアム(マイケル・ルーカー)に、何があったかを問われるが、部屋に閉じこもった後、再びテレポートする。

デヴィッドは、時空を自在に移動できる能力(テレポート)に気づき、父から逃れるために、家を出た母メアリー(ダイアン・レイン)の後を追い旅立つを決意する。

ミリーは、デヴィッドが死んだものと思うが、彼が拾おうとしたスノーグローブが、庭のブランコに置いてあることに気づき安心する。

ニューヨーク
安アパートを借りたデヴィッドは、生きていく為に、銀行の金庫の中にテレポートして、大金を奪ってしまう。

NSA(国家安全保障局)局員を名乗るローランド・コックス(サミュエル・L・ジャクソン)は、調査を始めるものの手がかりはつかめない。

8年後。
高級アパートに移ったデヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、テレポートの腕を上げて”ジャンパー”となる。

デヴィッドは、一日で世界各地を回り豪遊する日々を送っていたのだが、ジャンパーと同じ能力を持つ”パラディン”のリーダーだったローランドの訪問を受ける。

ローランドはデヴィッドに襲い掛かり、電流でテレポートの能力を低下させて、彼を痛めつける。

デヴィッドが、誰に守られているのかを聞き出そうとするローランドだったが、彼は何とかその場から逃れる。

故郷に戻ったデヴィッドは、ミリー(レイチェル・ビルソン)の家を訪ね、バーで働いている彼女と再会する。

デヴィッドは、かつて、川にスノーグローブを投げたマーク・コボルド(テディ・ダン)に絡まれて憤慨し、銀行の金庫にテレポートして彼を置き去りにする。

その後、デヴィッドとミリーは会話を弾ませ、そして二人は、彼女が憧れていたローマに旅立つ。

CIA扮したローランドは、警察に捕えられたマークを尋問して、ローマに向かったデヴィッドを追う。

ローマ
ファーストクラスでのフライト、高級ホテルのスイートを取り、ミリーは、デヴィッドが何をしているのかを気にすることを止めて、二人だけの時間を楽しみ愛し合う。

その後二人は、ミリーが最も期待していたコロッセオに向かう。

入場が終了した場内に侵入したデヴィッドは、ジャンパーの先輩格グリフィン・オコナー(ジェイミー・ベル)に出会う。

デヴィッドは、ジャンパーの抹殺を企んでいる、ローランド率いる”パラディン”の存在を、グリフィンから知らされる。

パラディンに襲われた二人は他の場所に逃れるものの、ミリーの元に戻ったデヴィッドは、侵入者として警察に捕まってしまう。

デヴィッドは警察署で、突然、現れた母メアリーに逃げるようにと指示され、ミリーと空港に向かう。

デヴィッドの行動を不審に思うミリーは、大金を見せられただけで、一緒に行けないと言われて彼と別れ、独り帰国する。

その頃ローランドは、ローマの報告を受けて、デヴィッドの父ウィリアムの元に向かい、息子や妻のことについて尋ねる。

グリフィンの隠れ家に向かったデヴィッドは、パラディンが、中世の頃からジャンパー殺害を繰り返し、宗教的狂信組織や魔女狩りも、彼らの仕業だということを知らされる。

実家に戻ったデヴィッドは、父ウィリアムが痛めつけられたことを知り、彼をテレポートで病院に運ぶ。

留置場のマークの元に飛んだデヴィッドは、彼が全てを話したことを知り、再びグリフィンの元に向かう。

デヴィッドは、グリフィンと手を組みパラディンを撃退しようと考える。

しかし、グリフィンはそれを拒んで姿を消し、デヴィッドは、彼を追い東京に飛ぶ。

一応、グリフィンと協力し合えることになったデヴィッドは、故郷に飛び、危険が迫るミリーのアパートに急行する。

デヴィッドの行動を理解できないミリーは、彼を追い払おうとするが、そこにローランドらが現れる。

焦るデヴィッドは、ミリーにテレポートの能力を見せて、動揺する彼女をグリフィンの隠れ家に連れて行く。

グリフィンは、ローランドらが、ジャンプ痕を利用して追跡する能力があることをデヴィッドに知らせる。

デヴィッドとグリフィンは、現れたローランドと、時空を行き来しながら激しい戦いを繰り広げる。

ミリーがローランドに捕まり、デヴィッドは、グリフィンの言葉に耳を貸さずに彼女の元に向かう。

デヴィッドも拘束されてしまうが、彼は部屋ごとテレポートして、追ってきたローランドを振り切る。

その後、デヴィッドは母メアリーの元に向かい、義妹のソフィー(クリステン・スチュワート)に迎えられる。

パラディンだったメアリーが、自分の命を助けるために、家を出たことをデヴィッドは知らされる。

そしてデヴィッドは、メアリーに別れを告げて、ミリーと共に、新たな旅に出るためテレポートする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

高校生デヴィッド・ライスは、瞬時に空間移動できる”テレポート”能力に気づき、反りの合わない父親の元を離れる決意をする。
ニューヨークに移り住んだデヴィッドは、その能力を生かして銀行に侵入し大金を手に入れる。
8年後、デヴィッドは、テレポートの腕を上げて”ジャンパー”となり、世界各国を周り豪遊する毎日を送る。
そんなデヴィッドの元に、ジャンパーと同じ能力を持つ”パラディン”のリーダー、ローランドが現れる。
デヴィッドはローランドに襲われるが、何とかそれを逃れて故郷に向かい、心を寄せていた同級生のミリーに再会する。
そしてデヴィッドは、ミリーが憧れていたローマに、彼女を伴い旅立つのだが、ローランドがそれを追う・・・。
__________

エジプトギザピラミッドスフィンクスの頭に立つ主人公や、部分的にはセットを使っているものの、あまり映画には登場しない、コロッセオ内部のロケは、見慣れた光景の割には斬新にも思える。

規制の厳しい日本での、東京渋谷スクランブル交差点の群衆の中や、都内暴走シーンのロケも、なかなかうまく撮影されている。

しかし、驚くほどの特撮でもなく、それをカバー出来るストーリーでもない作品というのが正直なところだ。

残念ながら、監督のダグ・リーマンの演出に、「ボーン・アイデンティティー」(2002)の時のような冴えは全くない。

彼としては平凡かもしれないが、サミュエル・L・ジャクソンの出演がなければ、全くの駄作に終わった作品かもしれない。

主演のヘイデン・クリステンセンや、ヒロインのレイチェル・ビルソンもインパクトに欠け、主人公母親役ダイアン・レインに至っては、最後に出演していなかったら、いったい何だったのかと思うほどの冷遇に驚いた。

このような内容の作品では、主人公と同じ能力を持つ、脇役のジェイミー・ベルあたりの役柄が印象に残りそうだが、残念ながらそれもない。

批評家や観客から酷評されたにも拘らず、全世界で約2億2200万ドルのヒットとなったのも疑問だ。

主人公の父親役マイケル・ルーカー、主人公の高校時代役マックス・エリオット、同じくヒロイン、アナソフィア・ロブ、主人公をからかう同級生のテディ・ダン、そして、「トワイライト」(2008)の公開を9か月後に控える、主人公の義妹役のクリステン・スチュワートが端役出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター