【レビューを書く】 

キリング・ミー・ソフトリー Killing Me Softly (2002)


3.57/5 (35)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

運命的な出会いで恋に落ちた男性への愛と疑惑に揺れる女性の心理を描く、製作総指揮アイヴァン・ライトマン、監督チェン・カイコー、主演ヘザー・グラハムジョセフ・ファインズナターシャ・マケルホーン他共演のサスペンス・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:チェン・カイコー

製作
マイケル・チニック
ジョー・メジャック
リンダ・マイルズ
製作総指揮
アイヴァン・ライトマン
ダニエル・ゴールドバーグ
原作:ニッキ・フレンチKilling Me Softly
脚本:カラ・リンドストロム
撮影:マイケル・コールター
編集:ジョン・グレゴリー
編集:パトリック・ドイル

出演
アリス・トーリス:ヘザー・グラハム
アダム・トーリス:ジョセフ・ファインズ
デボラ:ナターシャ・マケルホーン
ダニエル:イアン・ハート
クラウス:ウルリク・トムセン
ジェイク:ジェイソン・ヒューズ
ブランチャード夫人:キカ・マーカム
シルヴィー:エイミー・ロビンス
ジョアンナ・ノーブル:ヤスミン・バナーマン
ミッシェル・ストウ:レベッカ・パーマー

アメリカ/イギリス 映画
配給 MGM
2002年製作 100分
公開
イギリス:年月日
北米:年月日
日本:年月日 未公開
製作費 $25,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
家族もなく友人も少ないインディアナ州出身のアメリカ人アリス(ヘザー・グラハム)は、この地で生活を始めて1年半が経った。

1年前にエンジニアのジェイク(ジェイソン・ヒューズ)に出会い同棲を始めたアリスは安らぎを見つけ、ROMやウェブ・デザインの仕事をしていた。

そんなアリスは、出勤する途中の横断歩道で、魅力的な男性アダム・トーリス(ジョセフ・ファインズ)と目が合い、互いを意識する。

自分を見つめているアダムが向かいの書店に入ったことを気にしながら、アリスは出社する。

オフィスに向かったアリスは、書店の様子を見る。

会議中もアダムが気になり、その後、美容院に行くと言って書店に向かったアリスは店内を覗き、その姿をアダムに見られてしまう。

アダムに見つめられたアリスは誘われ、ためらいもなくタクシーに乗り、彼の家に向かう。

いきなりアダムに抱きつかれたアリスは抵抗することもなく、二人は欲望のままに激しく愛し合う。

帰ろうとするアリスに、どうしたいかは自分で決めればいいと言うアダムは、待っていると伝える。

帰宅したアリスは、ジェイクとも愛し合う。

翌日、同じ横断歩道でアダムを想うアリスは、書店に飾られた彼の著書に気づく。

アダムが登山家であることを知ったアリスは著書を購入し、店員から、彼が6名を救った英雄だと言われる。

アダムの家に向かったアリスは、彼に迎えられて愛し合う。

著書を買ったことを話したアリスは、アダムから、友人が書いた本であり自分は登場するだけだと言われる。

恋人のフランソワーズを含む全員が死んだ事故のことを話すアダムは、万全だったはずなのに、なぜあんなことが起きたのか理解できないとアリスに伝える。

同棲中であることをアダムに話し、それでも来たと言われたアリスは、帰宅途中で考え込む。

その夜、ジェイクに別れ話を切り出したアリスは、結婚しようと言われるものの、ある男性と出会ってしまったと伝える。

ジェイクは納得しなかったものの、アリスはアダムの家に向かう。

その場にいた女性(ナターシャ・マケルホーン)に迎えられ招き入れられたアリスは動揺するが、彼女がアダムの姉デボラだったために安心する。

登山家であるデボラは事故の際も現場にいたことを話し、フランソワーズは友人だったとアリスに伝える。

アダムは一途な性格なので、胸に飛び込めば一生、情熱的に愛されると、デボラはアリスに助言する。

アダムがいる住所を教えてもらったアリスは、その場に向かい外で待ち続け、現れた彼に抱き寄せられる。

恋人と別れたことをアダムに知らせたアリスは、激しく求め合う。

翌朝、目覚めたアリスは、出かけていたアダムが、”ガーディアン”の記者ジョアンナ・ノーブル(ヤスミン・バナーマン)を伴い戻ってきたため挨拶する。

ヒマラヤ清掃活動の取材だと言うジョアンナとアダムが話している間に着替えをしようとしたアリスは、鍵がかかっているクローゼットが気になる。

戸棚の引き出しにあった鍵を見つけたアリスはそれを戻し、電話がかかってきたために、アダムの指示でそれに出る。

無言の電話は切れてしまい、着替えたアリスは、アダムと登山訓練の約束をして、出社するために出かける。

仕事が終わり、登山センターに向かったアリスは、その場にいたデボラに迎られ、アダムから登山仲間のクラウス(ウルリク・トムセン)を紹介される。

その後、友人のシルヴィー(エイミー・ロビンス)に会ったアリスは、ジェイクのことを尋ね、落ち込んでいると言われる。

ジェイクの愛を捨てて愛欲だけで別の男を求めるアリスが理解できないシルヴィーは、アダムと出会い全てがバラ色になったと言って浮かれる彼女のことを心配する。

シルヴィーとショッピングに出かけたアリスは、ひったくりに襲われて財布を奪われる。

それに気づいたアダムは男を追い、捕えた相手を徹底的に痛めつける。

アダムを制止したアリスは、自分を傷つけようとしたことが許せなかったと興奮しながら話す彼から、二度と離れたくないので結婚してほしいと言われ、それを受け入れる。

翌日アリスは、”彼がどんな男か知っているか”とだけ書かれた手紙を受け取る。

それをアダムに見せたアリスは脅迫状だと言われ、今朝も無言電話があったことを伝える。

何かあったら知らせるようにと言われたアリスは、アダムと共に田舎町に向かう。

教会で結婚式を挙げた二人は、用意してあった服に着替えようとする。

天使の像の前で裸体のアリスの写真を撮ったアダムは、祝砲のように照明弾を放ち、彼女と共にハイキングに出かける。

ついてこれないアリスに、自分のペースを守るようにと言い残したアダムは先を急ぐ。

夜になり、ようやく山小屋に着いたアリスはアダムに迎えられ、よくやったと言われる。

その後アダムは、長いスカーフを全裸のアリスの首に巻いて愛し合う。

ロンドンに戻ったアリスは、ジョアンナのアダムの記事を見て嬉しく思う。

再び手紙を受け取ったアリスは、ジェイクが送ったのではないかと思い、彼に電話をする。

電話に出たシルヴィーから、ジェイクと付き合い始めて同棲していると言われたアリスは、構わないと伝える。

アダムと共に登山家連盟のパーティーに出席したアリスは、その雰囲気に溶け込めずにいた。

トイレで身だしなみを整えていたアリスは、現れたデボラからペンダントをプレゼントされる。

その後、クラウスのスピーチで紹介されたアリスは、出席者に歓迎される。

翌日、会議中にジョアンナからの電話を受けたアリスは、記事のことで気になる投書がきたと言われ、それをFAXしてもらう。

それは、”英雄アダムはレイプ魔であり、真相を知りたければミシェルに電話をするように”という内容だった。

ガーディアン”の記者に扮してミッシェル・ストウ(レベッカ・パーマー)に会ったアリスは、彼女がアダムにレイプされた話を聞くが、証拠がないと伝える。

その件をジョアンナに話したアリスは、やり過ぎだと言われるものの、好奇心からだったと伝えて席を立つ。

二人の様子を監視していた者がいた。

帰宅したアリスは、アダムのことをもっと知るために、クローゼットを開けて中を調べる。

”アデル・ブランチャード”という女性の手紙を見つけて読んだアリスは、アダムに傷つけられながら愛し続けた彼女が思いつめた結果、夫の元に戻るという内容を確認する。

その時、アダムが戻ったことに気づいたアリスは、慌ててその場を片付ける。

翌朝、昨日の行動をアダムから訊かれたアリスは、ペンダントを見せられたため、デボラからもらったと答える。

ジョアンナの記事のことで気になる電話があったと話すアリスは、ミシェルという女性からFAXが届いたと伝える。

自分はレイプしていないと言うアダムは、ミシェルは幼馴染であり利用しようとしただけだと話す。

そいこにクラウスが現れ、アダムはテレビ出演のために出かける。

もう一度クローゼットを調べようとしたアリスだったが、鍵はなくなっていた。

裏口に置いてあった包みに気づいたアリスは、”アダムを野放しておくつもりか”という手紙と、血の付いたスカーフを確認する。

”アデル・ブランチャード”の住所を探したアリスは彼女の家に向かい、母親(キカ・マーカム)から、娘は8か月前から行方不明だと言われる。

アルバムを見せてもらったアリスは、アデルがアダムと共に世界中の山を登り、夫はミラノで働く証券ディーラーだということを知る。

天使の像の前で撮った裸体のアデルの写真に気づいたアリスは、自分も同じ場所でアダムに撮られていたために驚く。

アダムから電話があり訪ねてくると言われて動揺するアリスは、夕食に誘う母親に帰ることを伝える。

アダムが来る時間だと言われたアリスは、誰かが訪ねて来たために焦る。

写真を持ち、来たのが配達だと知ったアリスは、急いでその場を去る。

帰宅したアリスは、アデルの写真と自分の写真を見比べ、身を潜めてタバコを吸っていたアダムに気づき驚く。

キッチンのテーブルにアリスを寝かせてロープで手足を縛ったアダムは、秘密を探っている理由を尋ね、手紙を見つけたと言われる。

いくらでも見ろと言って、アダムは二階にあった手紙をまき散らす。

ロープをほどいてほしいと言われたアダムは、信じてくれれば解放するとアリスに伝える。

あなたのことをよく知りたいだけで、そうすればもっと愛せると言うアリスは、トイレに行くために解放してもらう。

隙を見たアリスは窓から逃れ、追ってくるアダムを振り切り警察に向かう。

刑事のダニエル(イアン・ハート)に事情を話したアリスだったが、家庭内暴力での立件は難しいと言われたため、アデルの捜査を続けてほしいと伝える。

殺人だと主張するアリスだったが、ダニエルから、二枚の写真だけでは証拠にならず、レイプの被害届も出ていないと言われる。

アリスは、裸足の自分を心配して靴を持参し探しに来たアダムが、隣の部屋で刑事と話している姿を見せられる。

ダニエルから、過激なだけでは疑うことができず、そのようなセックスも合意の上だったはずだと言われ、アリスは涙するアダムを見つめる。

アダムは拘留できないと言われたアリスは、写真を持ってその場を去る。

デボラに会ったアリスは、警察が信じてくれないことを伝え、アデルの友達でもあった彼女に、フランソワーズには他にも恋人がいたことを確認する。

山のことは事故ではなく、フランソワーズに恋人ができたためにアダムに殺されたという考えを、アリスはデボラに伝える。

そうかもしれないと言うデボラは、いつも使うチタン製のアンカーは900キロに耐えられるのだが、カトマンズで作った34キロしか支えられないものにアダムがすり替えたと考える。

逃げるようにと言われたアリスは、アデルもアダムと別れて夫の元に戻ろうとしたために殺されたと伝えて、自分と彼女の写真を見せる。

教会に死体を埋めたはずだと言うアリスは、デボラと共にその場に向かう。

その途中、車内で、アダムの凶暴性を昔から知っていたため、脅迫状は自分が出したとデボラはアリスに伝える。

デボラの家に向かったアダムは、アリスとアデルの写真を見つけて教会に向かう。

教会に着き、デボラと共に天使の像のそばを掘り始めたアリスは、アデルの死体を見つける。

自分と同じペンダントも見つけたアリスは、そのことをデボラに尋ねる。

夫の元に戻らないアデルは自業自得だったと言うデボラは、ペンダントは自分があげたと答える。

アデルを殺した理由を問われ、襲いかかってくるアリスを羽交い絞めにしたデボラは、15歳のアダムに首にスカーフを巻かれレイプされたことを話す。

アダムは自分のものだと言いながらアリスを殺そうとしたデボラだったが、現れたアダムが彼女に飛びかかる。

なぜこんなことをしたと言って、互いに子供だったとデボラに伝えたアダムは、アリスを捜す。

スコップを手にしたデボラはアダムに襲いかかろうとするが、アリスが放った照明弾を腹部に受けて息絶える。

デボラと自分はよくここに来たと言うアダムは、君は信じていると思ったのにとアリスに伝える。

翌朝、警察の捜査は始まり、アリスは、恋は終わったと考える。

2年後。
エスカレーターですれ違ったアリスとアダムは、目を合わせただけだった。

アリスは、平地育ちの女は山男とは生きられない、激しい恋は燃え尽きるものだと自分に言い聞かせる。


解説 評価 感想
1999年に発表された、ニッキ・フレンチの小説”Killing Me Softly”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ロンドン
インディアナ州出身のアメリカ人アリスは、恋人のジェイクと同棲し安らぎを感じる日々を送っていた。
そんなアリスは、出勤途中に魅力的な男性アダムと出会い、運命的なものを感じて、欲望のままに彼と愛し合ってしまう。
ジェイクと別れ、登山家であったアダムと暮らし始めたアリスは、彼の姉デボラにも歓迎される。
愛が深まる中、アダムの正体を知るべきだという謎の手紙を受け取ったアリスは、そんなことも気にせずに彼と結婚するのだが・・・。
__________

チェン・カイコーハリウッド進出を果たした作品で、製作総指揮にアイヴァン・ライトマンが加わり、若手期待のヘザー・グラハムジョセフ・ファインズとの官能的なラブ・シーンが話題になった。

上記のように、運命的な出会いによる主人公二人の愛欲のドラマは注目されたものの、心理スリラー、そしてサスペンスとしての緊迫感やチェン・カイコーの演出に冴えもなく、平凡な作品に終わり、批評家、観客からも酷評されてしまった。

スクリーンで見栄えのする美しいヘザー・グラハムと、謎めいた雰囲気のある登山家を演ずるジョセフ・ファインズの魅力だけが見どころの内容は、公開当時は受けなかったのだが、その後の二人の活躍などを考えながら観ると、不思議と興味深く鑑賞できる。

少女時代の弟との関係から彼を独占しようと考える姉役のナターシャ・マケルホーン、刑事のイアン・ハート、登山家のウルリク・トムセン、主人公の恋人ジェイソン・ヒューズ、殺された女性の母親キカ・マーカム、主人公の友人エイミー・ロビンス、”ガーディアン”の記者ヤスミン・バナーマン、アダム(ジョセフ・ファインズ)にレイプされたと主人公に話す女性レベッカ・パーマーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。