蜘蛛女のキス Kiss of the Spider Woman (1985) 4.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1976年に発表された、アルゼンチン作家マヌエル・プイグのベストセラー同名小説を基に製作された作品。
同じ監房に入れられた同性愛者の男性と政治犯の関係を描く監督エクトール・バベンコ、アカデミー主演賞受賞のウィリアム・ハートラウル・ジュリアソニア・ブラガ共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

エクトール・バベンコ
製作総指揮:フランシスコ・ラマリオJr.
製作:デヴィッド・ワイズマン
原作:マヌエル・プイグ
脚本:レナード・シュレイダー
撮影:ロドルフォ・サンチェス
編集:マウロ・アリス
音楽:ジョン・ネシュリング

出演
ウィリアム・ハート:ルイス・モリーナ
ラウル・ジュリア:ヴァレンティン・アレギ
ソニア・ブラガ:レニ・ラメゾン/マルタ/ 蜘蛛女
ホセ・レーゴイ:刑務所長
ミルトン・ゴンカルヴェス:警察官
ハーソン・カプリ:ワーナー
ヌノ・リアル・マイア:ガブリエル
デニス・デュモン:ミシェル
フェルナンド・トーレス:アメリコ博士

ブラジル/アメリカ 映画
配給 Island Alive
1985年製作 120分
公開
北米:1985年7月26日
日本:1986年7月19日
北米興行収入 $17,005,229


アカデミー賞 ■

第58回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(ウィリアム・ハート)
ノミネート
・作品・監督・脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ブラジル、あるの刑務所。
同じ監房の二人の男、同性愛者のルイス・モリーナ(ウィリアム・ハート)は少年に手を出して、ヴァレンティン・アレギ(ラウル・ジュリア)は、政治犯として収監されていた。

モリーナは、四六時中、以前に観た映画の話をし続け、アレギは、次々と投獄されて来る同志の様子を窺っていた。

アレギは、モリーナの映画の話に飽き飽きしていたのだが、同志のために何もできない状況で、仕方なく彼の話を聞いていた。

モリーナの話とは、
第二次世界大戦中、ナチ占領下のパリ
歌手レニ・ラメゾン(ソニア・ブラガ)と、ナチス・ドイツ親衛隊情報部将校ワーナー(ハーソン・カプリ)の恋物語だった。

レニが出演するクラブにワーナーが客として現れ、二人は一目で惹かれ合う。

ある日、レニは同僚で親友のミシェル(デニス・デュモン)が、ドイツ兵との子を妊娠したことを知らされる。

その後、レニはワーナーに誘われ、実はレジスタンスのミシェルは、恋人の元に向かい同志に抹殺されてしまう。
__________

その話を聞いて、アレギは恋人のことを想い、モリーナは、彼に手紙を出すよう提案する。

アレギは、それでは警察の思う壺で、死んでも同志のことは言わないとモリーナに断言する。

その後、母親のことを思い出して悲しくなったモリーナは、関係を持ちたかった、既婚者でレストランのウエイターのガブリエル(ヌノ・リアル・マイア)の話を始める。

結局ガブリエルとは、友達以上には発展しなかったことを語ったモリーナは、突然、腹痛に見舞われる。

アレギは、痛みを忘れるよう、モリーナに映画の話をさせる。
__________

ミシェルが死んだために、レジスタンスはワーナーと親しいレニに、敵の兵器庫の地図を手に入れさせようとするが、彼女はそれを拒みその場を逃れる。
__________

モリーナは痛みに耐えられなくなり、アレギが看守を呼び彼は治療室に運ばれる。

監房に戻ったモリーナは、再び映画の話を始めるものの、同志が拷問に遭う姿を見たアレギは、それを見て憤慨してわめき始める。

アレギに八つ当たりされたモリーナは、危機感の無さを責められて涙し、その後、気分を害してしまう。

その後、今度はアレギが腹痛を訴えもがきだすが、彼は看守を呼ぶことを拒み、仕方なくモリーナは映画の話を始める。
__________

レジスタンスから逃れたレニは、ワーナーの屋敷に向かい、月明かりのホールで穏やかな気持ちの中、ダンスを踊る。

ワーナーと一夜を共にしたレニは、彼が同胞の処刑命令を下すのを聞いてしまい、ショックを受ける。
__________

腹痛に耐えられないアレギはモリーナに介抱され、何とか持ち応える。

そして、落ち着きを取り戻したアレギは、恋人マルタ(ソニア・ブラガ)についてをモリーナに話し始める。

政治家の息がかかる、資本家の娘マルタと恋仲だったアレギは、反体制活動を続けるために彼女の元を去った。

記者のアレギは、不法逮捕や拷問の情報を海外に流し、同志の逃亡を助けていた。

マルタと別れたアレギは、アメリコ博士(フェルナンド・トーレス)の逃亡に加担して、その直後に警察に逮捕されてしまう。
__________

刑務所内で死を迎えるだろうということを口にしたアレギは、初めてモリーナを心の支えとして求める。

刑務所長(ホセ・レーゴイ)と警察官(ミルトン・ゴンカルヴェス)に会ったモリーナだったが、実は所長の命令で、アレギから情報を得るために同じ監房に入れられていた。

減刑を条件にそれを受けていたモリーナは、アレギに食べさせるはずの下剤入りの食事を口にしてしまい、腹痛になってしまったのだった。

満足な情報を得られない警察官は苛立ち、モリーナに引き続き、アレギの監視を続けさせる。

母からの差し入れということで、所長から大量の食料などを渡されたモリーナは、それをアレギにも分け与え、食後に映画の続きの話を始める。
__________

同胞を殺すことに不満を訴えたレニを、ワーナーは保管庫に連れて行き、あるフィルムを見せる。

抑圧される人々を救う唯一の手段として、止むを得ず使命を果たしていたワーナーを理解したレニは、彼に謝罪してレジスタンスに近づくことを了承する。

その後、レジスタンスのリーダーに、兵器庫の地図を渡したレニだったが、彼に体を求められてしまう。

レニは、テーブルにあったナイフで、リーダーを刺し殺して逃亡するが、仲間に襲われかける。

そこにワーナーが現れ、レジスタンスを銃撃するものの、まだ息のあった男は、レニを射殺してしまう。
__________

向かいの監房の、拷問されている男の顔を見たアレギは、それが、かつて逃亡を助けたアメリコ博士だと口に出してしまう。

翌日、博士が死亡したことを知ったアレギは、モリーナに怒りをぶつけてしまう。

冷静さを取り戻したアレギはモリーナに謝罪し、彼の優しさに感謝して心を開き始める。

所長にアレギの話を報告したモリーナは、自分が出所するとなれば、彼が必要な情報を話すかもしれないと提案する。

出所することをアレギに話したモリーナだったが、彼の秘密を探るための行動と生活で、いつしか愛情が芽生えてしまっていた。

今後、何をしていいのか不安を感じるモリーナは、不思議な女/蜘蛛女(ソニア・ブラガ)と、漂流した男(ラウル・ジュリア)が登場する映画の話を始める。

アレギも、それを恥じるモリーナに愛情を感じ始め、そして二人は愛し合う。

翌日、モリーナは所長に呼ばれ、何も情報を得られないまま、彼は仮釈放を認められる。

アレギはモリーナとの別れ際に、同志の電話番号を彼に教えようとする。

モリーナは、警察に追われることを嫌いそれを拒むものだが、アレギの気持ちを察して番号を聞き、キスをして別れを告げる。

その後、出所したモリーナは母親の元に戻り、ゲイ・バーで歓迎を受けたものの、警察を警戒して家に閉じこもる。

数日後、アレギから伝えられた場所に電話をしたモリーナは、彼への罪滅ぼしのために、指摘された場所に向かう決心をする。

モリーナは銀行の預金を下ろし、眠る母に別れを告げて現場に向かおうとする。

尾行を気にしながら、アレギの同志と接触したモリーナだったが、そこに警察が現れて双方が撃ち合いとなる。

その場を逃れたモリーナだったが、接触した活動家の銃弾を受けて警察官に連行される。

電話番号を吐くよう強要されたモリーナは、何も語らずに息を引き取り、スラム街に捨てられる。

一方、拷問を受けたアレギは、モルヒネを打たれて眠りにつく。

そして、アレギは夢の中で、マルタと共に刑務所を脱出し、浜辺に向かい戯れ、ボートで沖に向かう。


解説 評価 感想 ■

原作者マヌエル・プイグの手で戯曲化され、舞台劇ミュージカルにもなった。

*(簡略ストー リー)

同じ監房に入れられた、同性愛者の男性ルイス・モリーナと政治犯ヴァレンティン・アレギは、相容れない関係で日々を過ごしていた。
モリーナは、アレギの自分への態度を気にもせず、かつて観た恋愛映画の話をし続ける。
それを鬱陶しく思いながらも、活動の自由を奪われ拷問を受けるアレギは、モリーナの話を聞くことしか、癒されることがないのも事実だった。
しかし、アレギに優しく接するモリーナは、実は口を割らない彼から情報を聞き出すために、仮釈放を条件に送り込まれたスパイだった・・・。
__________

薄汚い刑務所内と、芸術作品のような映画や夢の世界の映像の対比が、独特の雰囲気を醸しだし、ほとんど全編を、密室の二人の会話で進行させた、アルゼンチン人監督エクトール・バベンコの演出は光る。

ジョン・ネシュリングの、美しく優雅な主題曲も素晴らしい。

上記のように、刑務所内のストーリーにも拘らず、映画の再現シーンなどはファンタジックな描写に徹していて、オープニング・タイトルロールなども実に洒落ている。

サン・パウロのロケも、ハリウッド作品にはない、新鮮な映像となっている。

第58回アカデミー賞では、ウィリアム・ハートが、主演男優賞を受賞した。
ノミネート
・作品、監督、脚色賞

若くて上品な顔立ちであるウィリアム・ハートは、同性愛者を演じても全く違和感がなく、老いた母親への想いや釈放のため、相手を利用しなくてはならない、苦悩する服役囚を見事に演じている。

彼は本作でアカデミー主演賞を獲得し、翌年の「愛は静けさの中に」(1986)、「ブロードキャスト・ニュース」(1987)、「ドクター」(1992)など、演技派として、着実にキャリアを積んでいくことになる。

共演のラウル・ジュリアも、地下活動に闘志を燃やす男を熱演している。
個人的には、彼もオスカーにノミネートされてよかったのではないかと思うが・・・。

ゴールデングローブ賞にはノミネートされた。

映画の追想場面や夢にのみ登場する、三役をこなすソニア・ブラガは、幻想的で芸術的でもある登場場面と、彼女自身の美しさが印象に残る。

刑務所長ホセ・レーゴイ、同じく主人公を政治犯の情報収集に利用する警察官ミルトン・ゴンカルヴェス、映画の場面のナチス親衛隊情報部将校ハーソン・カプリ、主人公の友人ヌノ・リアル・マイア、レニ(S・ブラガ)の親友デニス・デュモン、政治犯の博士フェルナンド・トーレスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター