クランプス Krampus (2015) 3/5 (16)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

楽しいはずのクリスマス、その奇跡を信じる精神を忘れた家族に襲い掛かる恐怖を描く、製作、監督、脚本マイケル・ドハティ、主演アダム・スコットトニ・コレットデヴィッド・ケックナー他共演のコメディ・ホラー。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:マイケル・ドハティ

製作
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
アレックス・ガルシア
マイケル・ドハティ
製作総指揮:ダニエル・スティルマン
脚本
トッド・ケイシー
マイケル・ドハティ
ザック・シールズ
撮影:ジュールズ・オロフリン
編集:ジョン・アクセルラッド
音楽:ダグラス・パイプス

出演
トム・エンゲル:アダム・スコット
サラ・エンゲル:トニ・コレット
ハワード:デヴィッド・ケックナー
リンダ:アリソン・トルマン
ドロシー:コンチャータ・フェレル
マックス・エンゲル:エムジェイ・アンソニー
ベス・エンゲル:ステファニア・ラヴィー・オーウェン
オミ・エンゲル:クリスタ・シュタートラー
ハウイーJr.:マーヴェリック・フラック
クランプス:ギデオン・エメリー
ランピー:セス・グリーン
ダンピー:ブリーン・バーンズ
クランピー:ジャスティン・ロイランド

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 98分
公開
北米:2015年12月4日
日本:未公開
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $42,592,500
世界 $61,548,710


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クリスマスの3日前。
トム・エンゲル(アダム・スコット)は、妻サラ(トニ・コレット)と息子マックス(エムジェイ・アンソニー)、娘ベス(ステファニア・ラヴィー・オーウェン)と共に、クリスマスの買い物から戻る。

サラの妹リンダ(アリソン・トルマン)の家族を迎えるために準備をしていた、ドイツ語を話すトムの母オミ(クリスタ・シュタートラー)は、サンタクロースへの手紙の願い事が決まらないとマックスから言われる。

未だにサンタクロースを信じていると言うオミは、その解釈は、クリスマスの精神を信じることであり、自分次第だとマックスに伝える。

その後マックスは、サンタクロースへの手紙を書き終える。

不安を感じながら、サラは、到着したリンダと夫ハワード(デヴィッド・ケックナー)、息子のハウイーJr.(マーヴェリック・フラック)とジョーダン、娘のスティーヴィーと赤ん坊のクリッシーを歓迎する。

ハウイーにサンタクロースへの願い事を尋ねたマックスだったが、答えてもらえなかった。

そこにおばのドロシー(コンチャータ・フェレル)が現れ、サラは、連れて来た妹のサラに不満を訴える。

食事が始まるが、サラはその場の雰囲気を楽しめるわけもなく、マックスは、スティーヴィーとジョーダンから、サンタクロースが事故に遭った話をされて苛立つ。

キッチンでデザートを用意していたサラは、ドロシーに嫌みを言われたために、仕返しをしようと考える。

スティーヴィーにサンタクロースへの手紙を取られてしまったマックスは、それを奪い返そうとするが、ベスに制止される。

ベスや両親のこと、ハワードとリンダについてなども書いた願い事を読まれたマックスは憤慨し、手紙を取り戻すものの、クリスマスも皆も大嫌いだと言って部屋に閉じこもってしまう。

トムから3日間の辛抱だと言われたマックスだったが、耐えられないと答える。

親戚として付き合うために、共通点を見つける必要があり、いいチャンスかもしれないとトムから言われたマックスは、クリスマスはそういうものだと考えようとする。

手紙はまだ間に合うとトムに言われたマックスは、それを封筒に戻すものの、破って窓の外に捨ててしまう。

手紙は吹いてきた風に乗り夜空に舞い上がり、その後、吹雪になる。

クリスマス・イヴ。
夜が明けて、外に雪だるまがあることに気づいたマックスは、停電で困っている両親にそれを伝える。

そこに大きな袋に入った荷物が届き、リンダとハワードが受け取る。

ボーイフレンドのデレクとメールで連絡ができないベスは、近くなので様子を見てくると言って、両親の許可を得て出かける。

吹雪の中を歩くベスは、民家の屋根の上を飛び移る何かを目撃して驚き、叫びながら助けを求める。

道路に停車していた宅配便の車のドライバーが凍死していることに気づいたベスは、車の下に潜り込んで身を隠す。

怪物のようなものが近づき、それが去った後に残ったびっくり箱の中から現れたものを見たベスは、叫び声をあげる。

電気も復旧せずにベスも戻らないために不安が募るサラは、デレクの家にいるはずだとトムに言われるものの、落ち着かない。

トムは、ハワードの車で様子を見に行こうとする。

しかし、オミは、吹雪が収まるまで外に出ないようにと言ってトムを引き止める。

サラとマックスがいてくれると言って、オミを説得したトムは車で出かける。

ラジオも電波を全く受信せず、道を塞いでいた除雪車を調べたトムとハワードは、運転手の姿は見えず、外から中に向かって窓が割られていることに気づく。

ハワードが銃を持参していたため、トムもそれを渡されて二人は警戒する。

母親の思い出話をしていたサラとリンダは、天井裏の物音を気にする。

デレクの家に着き、荒れた内部を調べたトムとハワードは、大きなひづめの跡に気づく。

助けを求めるベスの声を聴き外に出たトムは、ハワードが地中に引き込まれそうになったために、彼を掴むものに向かって発砲する。

怪我をしたハワードを助けたトムは車に戻るが、それは破壊されていた。

銃声を聴いたサラは、トムとハワードを捜しに行こうとするが、そこに、叫びながら二人が戻って来る。

起きたことを話そうとしたハワードは、今は止めておくようにとトムに言われ、傷は熊の罠にかかったと伝える。

熊はいないと言うマックスは、何があったかを知りたがるが、キッチンに行くよう指示される。

子供の面倒を見てほしいとトムに言われたオミは、火を絶やさないようにと伝えてキッチンに向かう。

ハワードは傷の手当てをしてもらい、サラは交代でベスを捜すべきだと言うが、外は氷点下であり危険なため、弾丸の残りを確認したトムは、家の方が安全だと判断する。

吹雪が止んだらベスを探すと言うトムは、子供達が話を聞いてしまったことを知り、サラを安心させようとする。

窓などを塞いだトムは、命の恩人だとハワードから言われて、臆病者だと思っていたが間違っていたと謝罪される。

心配するマックスは、吹雪になってからオミの様子がおかしいとトムに伝える。

クリスマスの時期はいつもだと言うトムは、理由を教えてくれないとマックスに話す。

見張りをすると言ってトムを眠らせたハワードも皆と共に眠ってしまい、暖炉の火が消えそうになる。

暖炉に垂れ下がったクッキーに気づいたハウイーは、それを食べた瞬間、チェーンが体に絡まり煙突に引きずり込まれる。

サラがハウイーの脚を掴むが、薪がツリーに転がり火が点く。

ハウイーは姿を消し、マックスが消火器で火を消す。

暖炉に火を点けたオミは、全員のせいで狙われていると言って、英語で話を始める。

クリスマスが近づく嵐の日、サンタクロースを信じて希望も持っていたが、村人は、奇跡もお互いも信じることなくいがみ合っていた。

犠牲と寛大というクリスマスの精神は忘れられ、オミの家族も例外ではなかった。

ついにオミも諦め、奇跡を願わず希望が消えるようにと願ってしまった。

やがて猛吹雪になり、サンタクロースの代わりに来たのが、古代の邪悪な精霊でサンタクロースの影の存在である”クランプス”だった。

罰を与えるために来たクランプスは、希望を信じることを忘れてクリスマスの精神を失った者達に、何が起きるか思い出させるため、見せしめとしてオミだけを残した。

その時に拾ったクランプスの鈴を手にしながら、オミは涙を堪える。

話を信じようとしないハワードは、ハウイーを捜すために外に出るが、サラが彼を引き止めてドアを閉める。

トムは、暖炉の火を絶やさないようにと指示する。

クリスマス。
街の地図を確認したトムは、ある考えが浮かび、サラとリンダ、そしてハワードと話そうとする。

燃えかけたプレゼントを包み直そうとしたリンダは、ある箱の中から何か聴こえたために開けようとするが、サラに呼ばれる。

トムとサラは、避難場所のモールまで行く考えを話す。

トイレに行こうとしたジョーダンとスティーヴィーは、誰かに呼ばれてその場に向かう。

ジョーダンとスティーヴィーの叫び声が聴こえたため、トムらは二階に上がる。

全て自分のせいなのかと尋ねるマックスを、オミは抱きしめる。

子供部屋のプレゼントの箱から何かが出たことに気づいたトムは、恐ろしいピエロの人形が動き出したために銃撃する。

警戒するハワードは、クッキーが放つネールガンの攻撃を受ける。

トムらは邪悪な人形やおもちゃに襲われ、ハワードは愛犬ロージーと共にクッキーを倒す。

スティーヴィーを見つけたリンダは斧を持って抵抗し、トムを助けたサラは、マックスの声が聴こえたため居間に戻る。

ロージーが天井裏に向い、人形が落下してハワードに襲い掛かる。

ドロシーがショットガンで対抗し、そこにエルフ達が家に押入り襲い掛かる。

居間は大混乱となり、リンダの子供のクリッシー、ドロシーとハワードが連れ去られる。

トムは、皆を連れて除雪車まで行こうとするが、オミは家に残りドアを塞いでしまう。

オミがクランプスと対決しようとしていると考えながら、トムらは仕方なく除雪車に向う。

暖炉から現れたクランプスは、オミの前におぞましい姿を現す。

地中から何かが迫って来たため、サラ達を除雪車に向かわせたトムは、銃の弾丸が切れて襲われる。

除雪車に着いたサラだったが、リンダと共に地中に引きずり込まれる。

マックスは除雪車を動かそうとするが、エルフに襲われたスティーヴィーも連れ去られる。

車から降りたマックスの前にクランプスが現れ、何かを落してその場を去る。

マックスは、それが、自分が書いた手紙の切れ端と鈴であることに気づき、オミの言葉を思い出す。

エルフ達の元に向かったマックスは、自分の願いは取消すので、家族を返せと言って鈴を投げる。

それが地中に沈み地割れが起き、マックスは、クランプスに皆を返してほしいと伝える。

捕えられていたスティーヴィーが地中に投げ捨てられ、クリスマスを楽しみたかったと言うマックスも落下する。

部屋で目覚めたマックスは、クリスマスの朝だと気づく。

居間では家族が和やかに過ごし、マックスは、オミからメリークリスマスと言われる。

子供達は、それぞれのプレゼントを開けて喜ぶ。

自分のプレゼントがクランプスの鈴だったために、マックスは、夢だと思ったことが実際に起きたことに気づく。

クランプスは、部屋の棚に置かれた無数のスノーグローブを介して、各家族を監視していた。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
クリスマスの3日前。
トム・エンゲルと妻サラ、娘のベスと息子のマックス、そして祖母のオミは、サラの妹リンダと夫のハワード一家と過ごす準備をしていた。
トムとサラは、嫌みばかり言うおばのドロシーを伴い現れたハワード一家を一応、歓迎する。
その後、食事になり、マックスは、サンタクロースへの願い事を書いた手紙を、意地悪なハワードの子供に奪われて読まれてしまう。
憤慨して部屋に閉じこもったマックスは、クリスマスやサンタクロースを信じることを止めて、手紙を破いて外に捨ててしまう。
翌朝のクリスマス・イヴ、家は停電してしまい、ボーイフレンドの家に向かったベスは戻らず、天井からは異様な物音がし始める・・・。
__________

クリスマスに起きる、家族内でのトラブルと騒動を描く単純なコメディかと思いきや、邪悪な精霊との生死を賭けた戦いが繰り広げられるホラーに発展していく。

楽しいはずのクリスマス、奇跡を信じる精神を忘れかけた家族に襲い掛かる恐怖を描く作品なので、キッズ・ムービー的ホームドラマと思って観るとショックを受けるような映像に驚く。

結局は夢だと思った少年が、安堵しながら受け取ったプレゼントにより肝を冷やし、クリスマスに対する家族の考えを監視する精霊がいることを示す描写で終わるラストも怖い。

平凡な父親に見えるが、家族を守るために命を懸けて戦うアダム・スコット、その妻で、騒動の予感がしながらクリスマスを迎えるトニ・コレット、その義兄デヴィッド・ケックナー、その妻アリソン・トルマン、おばコンチャータ・フェレル、クリスマスの奇跡を信じるのを止めたために、家族と共に恐ろしい体験をすることになる主人公の息子のエムジェイ・アンソニー、その姉ステファニア・ラヴィー・オーウェン、家族が体験する恐怖の秘密を知る祖母クリスタ・シュタートラー、ハワード(デヴィッド・ケックナー)の息子マーヴェリック・フラック、クランプスとエルフの声ギデオン・エメリーセス・グリーンブリーン・バーンズジャスティン・ロイランドなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター