トゥームレイダー2 Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life (2003) 3.17/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

コンピューター・アクション・ゲーム”トゥーム・レイダー”の実写版映画、「トゥーム・レイダー」(2001)に続く第2作。
テロ組織の手に渡ろうとする世界滅亡の鍵となる”パンドラの箱”を巡る、トゥーム・レイダーのララ・クロフトの活躍を描く、監督ヤン・デ・ボン、主演アンジェリーナ・ジョリージェラルド・バトラーキーラン・ハインズジャイモン・フンスー他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:ヤン・デ・ボン
製作総指揮:ジェレミー・ヒース=スミス
製作
ローレンス・ゴードン

ロイド・レヴィン
脚本:ディーン・ジョーガリス
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:マイケル・カーン
音楽:クレイグ・アームストロング

出演
ララ・クロフト:アンジェリーナ・ジョリー

テリー・シェリダン:ジェラルド・バトラー
ジョナサン・ライス博士:キーラン・ハインズ
ブライス:ノア・テイラー
ヒラリー:クリス・バリー
コーサ:ジャイモン・フンスー
ショーン:ティル・シュヴァイガー
チェン・ロー:サイモン・ヤム
ジェン:テレンス・イン
ニコラス・ペトラキ:ダニエル・カルタジローン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2003年製作 117分
公開
北米:2003年7月25日
日本:2003年9月20日
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $65,660,196
世界 $156,505,388


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ギリシャサントリーニ島
沖合いで起きた大規模な地震により、”トゥームレイダー”が終結し、ララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)もその場に姿を現す。

ララは、アレクサンダー大王が、世界中から集めた財宝を保管し、 紀元前330年に火山噴火によって海に飲み込まれたと言われる、”月の神殿”が発見できることを確信する。

その位置を予測したララは、神殿を発見することに成功して、アレクサンダー大王の胸に埋め込まれたメダリオンと、黄金の光を放つ珠を見つける。

ララが珠を取り外そうとした時、余震が起きて、何者かの襲撃を受け、彼女はメダリオンと珠を奪われてしまう。

神殿は崩れ落ち、ララは難を逃れ海面に浮上して漂流する。

香港
事件の黒幕、ノーベル賞受賞科学者で、バイオ・テロリストでもある生物兵器開発の第一人者、 化学者のジョナサン・ライス博士(キーラン・ハインズ)は、珠を届けさせるよう部下のショーン(ティル・シュヴァイガー)に指令を出す。

3日間漂流したララは、執事ヒラリー(クリス・バリー)と天才プログラマーのブライス(ノア・テイラー)らに救助され、屋敷に戻る。

MI6の訪問を受けたララは、珠を奪ったのが、中国人マフィアのチェン・ロー(サイモン・ヤム)だと知らされる。

そしてララは、チェン・ローが、ライスの命令で珠を奪ったと知り、彼が、アレクサンダー大王が発見し、”生命のゆりかご”と呼ばれる地に隠された”パンドラの箱”を手に入れようとしている事に気づく。

珠は、”生命のゆりかご”を探す地図で、”パンドラの箱”がライスの手に渡れば、 世界を滅亡させる災いが解き放たれることになるのだった。

カザフスタン、バルラ・カラ刑務所。
ララは、即刻、行動を開始し、元イギリス海兵隊員で、傭兵となった裏切り者である、かつての恋人テリー・シェリダン(ジェラルド・バトラー)の協力を得て中国に向かう。

現地に着いた二人は、チェン・ローの組織”シェイ・リン”のアジトのある山岳地帯に向かう。

チェン・ローは、ライスに珠は渡さず、取引してその報酬を上乗せさせる。

アジトに近づいたララとテリーは、それを察知していたチェン・ローに捕らえられる。

ララとチェン・ローは、珠についての交渉を始めるが、それが決裂した二人は戦いとなる。

チェン・ローを痛めつけたララは、珠の在り処を聞きだし、彼を倒してテリーとアジトを脱出する。

その後ララは、チェン・ローから奪ったメダリオンの映像をブライスに送り解析させる。

上海、フラワー・パゴタ。
ララとテリーは、ヘリコプターで現れたライスらの取引を阻止しようとする。

珠はライスに持ち去られるものの、ララはヘリに飛び移り、珠の入った箱に発信機を付ける。

香港
ショッピングモール内の、細菌研究所に侵入したララは、珠の映像を撮るが、戻ってきたライスに捕らえられる。

その時、テリーの援護で珠を奪ったララは、その場を逃れ、二人はビルからパラシュート降下する。

テリーの任務は終了したことを告げたララは、彼と別れて珠の映像をブライスに送る。

ブライスが解析した音波により、珠からは、アフリカキリマンジャロ付近の映像が映し出される。

しかし、ライスは既にブライスの元で彼を脅し、目的の場所を知る。

アフリカに着いたララは、コーサ(ジャイモン・フンスー)に接触して、同じ頃、テリーも彼女の居場所を知る。

ララとコーサは、ある部族の協力で、”生命のゆりかご”に向かうが、現れたライスに捕らえられてしまう。

ライスにブライスとヒラリーを人質に取られ、ララは仕方なく最終目的地に向かう。

テリーも現地に着き、彼はブライスとヒラリーを解放する。

恐ろしい怪物にライスの手下達は襲われるが、ララは珠を地下に投げ込み、そしてついに、”パンドラの箱”を見つける。

酸の池に浮かぶ箱を取るよう、ライスに強要されたララは、争いの末に彼を池に突き落とす。

傷を負ったララは、現れたテリーに介抱されるが、彼は”パンドラの箱”を持ち帰ろうとする。

それを阻止しようとするララは、仕方なくテリーを射殺して、箱を池に戻す。

そして、ララはメダリオンを部族長に渡し、コーサ、そして、ブライスとヒラリーと共にその場を立ち去る。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「トゥームレイダー」(2001)
・「トゥームレイダー2」(2003)

*(簡略ストー リー)

”トゥームレイダー”のララ・クロフトは、ギリシャサントリーニ島沖で起きた地震で、アレクサンダー大王が、世界中から集めた財宝を保管したと言われる、”月の神殿”が発見される可能性を知る。
神殿を見つけたララは、メダリオンと黄金の光を放つ珠を発見する。
しかし、バイオ・テロリストで、生物兵器開発の第一人者、化学者ライス博士に雇われた中国人マフィアのチェン・ローに、ララは、それを奪われてしまう。
MI6からの情報を得たララは、元恋人で、イギリス海兵隊員から傭兵になったテリーの協力を得て、チェン・ローが潜む、中国山岳地帯のアジトに向かう。
チェン・ローを倒して、珠の在り処を聞き出したララとテリーは上海に向かう。
しかし、現れたライスが、それを奪い去ってしまう・・・。
__________

ララ・クロフトと、周囲の協力者の役割の簡単な知識があれば、前作を見ていなくても、単独作品として十分に楽しめる作品。

勢いに乗るアンジェリーナ・ジョリーは元より、監督がヤン・デ・ボンに代わり、派手なアクション・シーンも見応えがあり、ギリシャ中国各地、そしてアフリカなど、美しい映像など見所も多い。

一作目に比べ、北米興行収入、世界共に約半減となってしまったのだが、”パンドラの箱”を追い求めるアドベンチャーとして、まずまず楽しめる作品。

北米興行収入 $65,660,196
世界 $156,505,388

前作以上の活躍を見せる主演のアンジェリーナ・ジョリーは、本作以後ラジー賞ノミネートの常連となってしまうものの、彼女特有のエキゾチックな魅力を生かし、身体を張った熱演を見せてくれる。

登場シーンなどは頼もしいが、アンジェリーナ・ジョリーの添え物的な役柄が、今一残念な傭兵ジェラルド・バトラー、バイオ・テロリストを貫禄で演ずる実力派キーラン・ハインズ、その部下ティル・シュヴァイガー、主人公の協力者で、天才プログラマーのノア・テイラー、執事クリス・バリーアフリカの協力者ジャイモン・フンスー、チャイニーズ・マフィアのサイモン・ヤムと、その弟テレンス・インなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター