新しい人生のはじめかた Last Chance Harvey (2008) 3.24/5 (25)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

米英を代表する実力派スター、ダスティン・ホフマンエマ・トンプソンが、「主人公は僕だった」(2006)に続き共演したラブ・ロマンス。
監督、脚本ジョエル・ホプキンスキャシー・ベイカージェームズ・ブローリンリアーヌ・バラバン他共演。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョエル・ホプキンス
製作
ティム・ペレル

ニコラ・アスボーン
脚本:ジョエル・ホプキンス
撮影:ジョン・デ・ボーマン
編集:ロビン・セールス
音楽:ディコン・ハインクリフェ

出演
ハーヴェイ・シャイン:ダスティン・ホフマン

ケイト・ウォーカー:エマ・トンプソン
スーザン・シャイン:リアーヌ・バラバン
ジーン:キャシー・ベイカー
ブライアン:ジェームズ・ブローリン
マギー・ウォーカー:アイリーン・アトキンス
マーヴィン:リチャード・シフ
ウーナー:ブロナー・ギャラガー
マット:ジェレミー・シェフィールド
スコット:ダニエル・ラパイン
サイモン:パトリック・バラディ
ジョッシュ・ヒルマン:アダム・ジェームズ
ピーター・ターナー:マイケル・ランデス

アメリカ 映画
配給 Overture Films

2008年製作 92分
公開
北米:2008年12月25日
日本:2010年2月6日
北米興行収入 $14,879,423
世界 $32,561,321


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
CM音楽の作曲家ハーヴェイ・シャイン(ダスティン・ホフマン)は、別れた妻ジーン(キャシー・ベイカー)と暮す娘のスーザン(リアーヌ・バラバン)の結婚式に出席するため、ロンドンに向かうことになっていた。

そんなハーヴェイは、マネージャーのマーヴィン(リチャード・シフ)から、今回の仕事が”ラスト・チャンス”だと、意味深な言い方をされてしまう。

ヒースロー空港の、公共統計局で働く40代の独身女性ケイト・ウォーカー(エマ・トンプソン)は、空港に到着したハーヴェイにアンケート調査で質問しようとするが断られてしまう。

家族がいると思い、ホテルにチェックインしたハーヴェイは、自分が一人だけ宿泊すると知り拍子抜けしてしまう。

ケイトは、バーベキュー好きのポーランド人の隣人を気にする母親マギー(アイリーン・アトキンス)に電話をかける。

母の様子を確認したケイトは、同僚のウーナー(ブロナー・ギャラガー)に仕事帰りにパブに誘われ、彼女の夫マット(ジェレミー・シェフィールド)から、友人サイモン(パトリック・バラディ)を紹介される。

スーザンらと、食事をする約束をしてレストランに向かったハーヴェイは、彼女の婚約者スコット(ダニエル・ラパイン)に迎えられる。

ハーヴェイはスーザンに会い、ジーンやその夫ブライアン(ジェームズ・ブローリン)に挨拶するが、何となくその雰囲気に溶け込めず、仕事の電話などが入り落ち着かない。

ウーナー達が帰り、サイモンと二人になったケイトだったが、母マギーの電話に出ている間に、彼の友人達が現れ席に座ってしまう。

食事は始まるものの、ハーヴェイは疎外感を感じてしまい、一方ケイトもサイモンらの会話に溶け込まない。

その後ハーヴェイは、バーでジーンに追い払われるような言い方をされ、さらにスーザンからは、ヴァージンロードはブライアンと歩くと言われてしまう。

ショックを受けたハーヴェイは、失意の内にホテルに帰り、その場にいる苦痛に耐えられなくなったケイトも帰宅する。

翌日、結婚式を終えたハーヴェイは空港に向かうが、渋滞で予定の便に乗り遅れる。

それをマーヴィン伝えるものの、ハーヴェイは彼から解雇を言い渡される。

空港のバーで自棄酒を飲んでいたハーヴェイは、その場にいたケイトに気づく。

前日の質問を断ったことを覚えていたハーヴェイは、ケイトに謝罪する。

ハーヴェイの相手をする気分でなかったケイトだったが、彼に起こった最悪の出来事を聞き、次第に心を開き二人は楽しい時を過ごす。

その後、ターミナルで別れた二人だったが、ハーヴェイはケイトを追い、彼女を小説執筆の講習会に送ることになる。

ケイトは、母マギーからの電話で、隣人が遺体を運んでいたと聞かされ、ハーヴェイに彼女のことを話したりもする。

講習会場の外でケイトを待っていたハーヴェイは、その後も彼女との時を楽しみ、家族の問題などを聞かれる。

今回、娘スーザン達と再会し、本当の家族というものを実感したというハーヴェイは、自分が父親として失格だったことをケイトに話す。

それを聞いたケイトは、スーザンの披露宴に出席するべきだとハーヴェイに助言する。

ハーヴェイは戸惑うが、ケイトに友人として同行を求め彼女にドレスを贈り会場に向かう。

会場に着いた二人は、子供達の席に案内されるのだが、ハーヴェイが花嫁の父親としてのスピーチを行い、家族の素晴らしさを称える。

その後、ハーヴェイはスーザンとダンスを踊り、楽しい時間を過ごすが、ケイトはそれには加わらずに、その場を去ろうとする。

それに気づいたハーヴェイは、ピアノを弾いて彼女を引き止め、会場に戻り二人はダンスを踊る。

スーザンをハネムーンに送り出したハーヴェイは、その後もケイトと過ごして、”サマセット・ハウス”の中庭で夜明けを迎える。

そしてハーヴェイは、アメリカには帰らずケイトと暮らすことを告げ、その日の正午この場で待っていることを彼女に伝える。

帰宅するケイトは戸惑いながらも幸福感を感じ、ハーヴェイも満ち足りた気持ちでホテルに戻る。

しかし、エレベーターの故障で、階段を駆け上がっていたハーヴェイは、不整脈で倒れてしまい病院に運ばれる。

結局、ハーヴェイはケイトとの約束を果たせず、”サマセット・ハウス”で待つ彼女はショックを受ける。

母マギーの家に寄ったケイトは、ハムを届けてくれた隣人が好人物だと分かり安心して職場に向かう。

退院できたハーヴェイは、ケイトの職場に電話するが、彼女はそれに出るのを拒んでしまう。

そこに、マーヴィンから仕事の話が入るが、ハーヴェイは、これが”ラスト・チャンス”だと言ってその話を断ってしまう。

空港に向かったハーヴェイは、ウーナーからケイトが講習会に行ったことを知らされ励まさる。

講習会会場の外でケイトを待っていたハーヴェイは、不整脈で病院に運ばれたことを彼女に伝える。

ケイトは、夢物語は現実にならないと、ハーヴェイに諦めを語ってしまう。

しかしハーヴェイは、自分達がうまくいくかと困惑するケイトの問いに、一言”努力する”と答え、二人はテムズ川沿いを散歩する。

二人は幸せに満ち溢れ、そしてケイトはハーヴェイの要求に答え、統計の質問を始める。

ハーヴェイは答える、”名前はハーヴェイ・シャイン、住まいは、近々ロンドンに住む”・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

CM音楽家ハーヴェイ・シャインは、娘のスーザンの結婚式に出席するためロンドンに向かう。
しかし、元妻ジーンや夫ブライアンが全てを仕切り、自分の出る幕のないことを知ったハーヴェイは気落ちして、その雰囲気にも馴染めない。
そして、ヴァージンロードも娘と歩くことが出来なかったハーヴェイは、失意のまま帰国しようとする。
空港内で働く40代の独身女性ケイト・ウォーカーも、恋をするきっかけも掴めずに悶々とした日々を送っていた。
空港に向かったハーヴェイは、予定していた便に乗り遅れ、おまけに仕事までクビになってしまう。
そんな二人が、空港内で出会い話したのがきっかけで意気投合する。
ケイトは、父親として失格だと落胆するハーヴェイに、娘の披露宴に出席するべきだと助言し、二人は会場に向かう。
娘との楽しい時間を過ごすことができたハーヴェイは、ケイトのお陰で気持ちが落ち着き、そして彼女との生活を望むようになる。
しかし、それに困惑するケイトと、幸福感を味わうハーヴェイに、アクシデントが起きる・・・。
__________

実際は親子ほど年が違い、ダスティン・ホフマンは70歳を超えているのだが、彼が小柄なせいか、二人は違和感ないカップルに見える。

主人公のダスティン・ホフマンが、エマ・トンプソンに”攻撃”を仕掛けるところなど、いかにもアメリカ人らしくて年寄り臭くない。

そのエマ・トンプソンは、恋そして人生に積極的になれずに、年齢を重ねてしまった女性を、いつもながらに繊細に演じている。

興行的には成功した作品ではないが、主演の二人は共にゴールデングローブ賞にノミネートされた。

落胆と諦めを繰り返す女性から励まされ、家族に愛を感じられた男性が、恩返しのように、第二の人生を歩みだすのが、遅過ぎることはないことを伝える、希望に満ちたラストも心地よい。

エンドロールで、心配性のケイト(E・トンプソン)の母親が、殺人鬼だと疑っていた隣人と、友好を深めようとする微笑ましいシーンもお見逃しなく。

サマセット・ハウスウオータールー橋など、ロンドンの名所をさり気無く映し出すロケの風景も楽しめる。

主人公の娘リアーヌ・バラバン、婚約者のダニエル・ラパイン、元妻キャシー・ベイカー、その夫ジェームズ・ブローリン、ハーヴェイ(D・ホフマン)のマネージャーのリチャード・シフ、ケイト(E・トンプソン)の母アイリーン・アトキンス、同僚のブロナー・ギャラガー、その夫役のジェレミー・シェフィールド、その友人パトリック・バラディなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター