恋と愛の測り方 Last Night (2010) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

元恋人に再会した妻と同僚に魅力を感じる夫の複雑な関係を描く、キーラ・ナイトレイサム・ワーシントンエヴァ・メンデスギョーム・カネ共演、監督マッシー・タジェディンによるドラマ。


ドラマ

WEB SITE    WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:マッシー・タジェディン
製作総指揮
バディ・エンライト

製作
クリストフ・ランディー

マッシー・タジェディン
ニック・ウェクスラー
脚本:マッシー・タジェディン
撮影:ピーター・デミング
編集:スーザン・E・モース
音楽:クリント・マンセル

出演
ジョアンナ・リード:キーラ・ナイトレイ

マイケル・リード:サム・ワーシントン
ローラ・ヌネズ:エヴァ・メンデス
アレックス・マン:ギョーム・カネ
トゥルーマン:グリフィン・ダン
サンドラ:ステファニー・ロマノフ
スチュアート:スコット・アツィット
アンディ:ダニエル・エリック・ゴールド
クリス:クリセル・アルメイダ

フランス/アメリカ 映画
配給
ゴーモン・ブリティッシュ

ミラマックス
2010年製作 92分
公開
フランス:2011年2月16日
北米:2011年5月6日
日本:2012年5月12日
北米興行収入 $98,986
世界 $7,743,923


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
結婚3年目を迎えた、ファッション誌のフリー・ライター、ジョアンナ・リード(キーラ・ナイトレイ)と、不動産開発の仕事をする夫のマイケル(サム・ワーシントン)は、彼の上司スチュアート(スコット・アツィット)のパーティーに向かう。

同僚アンディ(ダニエル・エリック・ゴールド)らとも顔を合わせた二人だったが、ジョアンナは、マイケルが、ある女性(エヴァ・メンデス)と話し込んでいることを気にする。

マイケルから、その女性ローラ・ヌネズが同僚で、新任のデザイナーだと紹介されたジョアンナは、彼女と簡単な挨拶を交わす。

アンディから、二人の仕事上の関係や出張に行ったことなどを聞いたジョアンナは気分を害する。

帰宅した二人だったが、ジョアンナは、ローラとのことで一方的にマイケルを疑い責める。

翌日も、一緒に出張に出かけることを確認したジョアンナは、”認める・・・”というマイケルの言葉で、怒りを露わにしてソファーで寝てしまう。

憤慨したマイケルだったが、その後、ジョアンナに謝罪し二人は夜食を取ろうとする。

改めてマイケルにローラとのことを確認したジョアンナは、何もないという彼の言葉を一応信じてベッドに戻る。

結婚が早過ぎたかなどを、マイケルに尋ねたジョアンナだったが、彼は、今回の誤解以外には何も問題ないと答え二人は眠る。

翌朝、マイケルの着換えの中にメモを入れたジョアンナは、彼を送り出す。

マイケルは、ローラやアンディと共にフィラデルフィアに向かい、ジョアンナは、街にコーヒーを買いに出かける。

店から出たジョアンナは、元恋人のアレックス・マン(ギョーム・カネ)に出くわして驚いてしまう。

二人は後で会う約束をして、ジョアンナは、やや動揺しながらその日を過ごす。

アレックスからの連絡を受けたジョアンナは、彼の待つバーに向かう。

フランス人のアレックスが、作家として活躍していることなどを聞いたジョアンナは、出版社の社長トゥルーマン(グリフィン・ダン)とサンドラ(ステファニー・ロマノフ)との食事に誘われる。

一方、商談も終わり、ジョアンナが電話に出ないマイケルは、ローラとバーに向かう。

楽しい時を過ごしていたジョアンナは、マイケルからの電話を受ける。

ジョアンナが外食中だと聞いたマイケルは、まだ客と一緒だと言ってしまう。

夫のいると言うローラに、誘われながも迷うマイケル、ジョアンナはトゥルーマンに、夫やアレックスとの関係を聞かれる。

その後、ジョアンナらはトゥルーマンらと別れ、アレックスと自宅アパートに向かい、彼から自分と別れた理由を聞かれる。

作家活動で忙しかったアレックスと、彼を愛し求めていたジョアンナの思いは、当時、噛み合わなかった。

それに納得できないアレックスは、友人から預かっている犬を散歩に連れて行ったジョアンナを待つ。

鍵を置いて建物を出たアレックスはジョアンナを待ち、戻ってきた彼女は中に入れないことに気づく。

仕方なくジョアンナは、アレックスと共にトゥルーマンのパーティーに向かう。

アレックスは、危ない橋は渡らないようにとトゥルーマンに助言される。

同じ頃、マイケルはローラに誘われてホテルのプールに向かい下着のまま水に入る。

その場を離れ、かつてのことを思い出したジョアンナとアレックスはキスして、彼の部屋に向かう。

夫に浮気されたことがあることを話したローラは、彼が死んだことをマイケルに伝える。

マイケルとローラのことを話したジョアンナは、自分もアレックスといるため、出張中の夫のことを、それほど気にしていないことを伝える。

ジョアンナは、自分を求めるアレックスを制止して、マイケルを信じていることを伝える。

プールを出たマイケルとローラは、彼女の部屋に向かい愛し合う。

翌朝、マイケルは後悔しながら、多くを語らずローラの部屋を出る。

アレックスに寄り添い、ベッドで一夜を過ごしたジョアンナは、納得できない彼に別れを告げる。

部屋に戻ったマイケルは、疑ったことを謝罪し愛を伝えるジョアンナのメモを見つけ、彼女の元に戻るために、あとをアンディに任せてホテルを出る。

ローラは、マイケルが一人でニューヨークに戻ったことをアンディに知らされる。

帰宅したマイケルは、思いに更けるジョアンナが、涙していることを気にする。

マイケルは、犬と散歩に出かけて締め出されてしまったという、ジョアンナの昨夜の出来事を知る。

ジョアンナを抱きしめて愛を伝えるマイケルは、彼女のハイヒールが目につく。

マイケルは、ジョアンナの特別な下着にも気づき、彼女もその雰囲気を感じる・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
結婚3年目を迎えた、ファッション誌のフリー・ライター、ジョアンナ・リードと、不動産開発の仕事をする夫マイケルは、上司のパーティーに向かう。
ジョアンナは、マイケルが同僚のローラと話し込んでいる姿を見て、二人の関係を疑う。
帰宅した二人は、その件で口論となるが、何もないと言うマイケルの言葉を、ジョアンナは一応信じて、翌日、彼を出張に送り出す。
その後ジョアンナは、フランス人作家の元恋人アレックスに偶然出くわし、会う約束をする。
ジョアンナは、マイケルを疑ったことを気にしながらも、着飾ってアレックスの元に向かう。
一方、マイケルは出張先で、魅力的なローラに誘われてしまう・・・。
__________

「ジャケット」(2005)の脚本を担当したマッシー・タジェディンが、その出演者であり親交のあるキーラ・ナイトレイを起用して、監督デビューを果たした作品。

それほど引き込まれるようなストーリーではないが、若くしてその実力を高く評価されるキーラ・ナイトレイ他の演技のぶつかり合い、マッシー・タジェディンの、女性らしい細やかな映像表現などが注目の作品。

北米では、わずか6館の上映に終わり商業的に成功した作品ではない。

結婚3年目の夫婦に訪れる、微妙な心の乱れ、元恋人の出現に戸惑う妻と、魅力的な同僚に心惹かれる夫、双方の行動を同時に映し出す描写は結構スリリングでもある。

若くして既にキャリア十分のキーラ・ナイトレイは貫録さえ感じられ、とにかく表情が豊かであり、玄人好みのする演技を見せてくれる。

一方サム・ワーシントンも、結局は、誘惑に負けて妻を裏切ってしまう、こちらは無表情に近い夫役を落ち着いた雰囲気で好演している。

魅力的な夫の同僚エヴァ・メンデス、元恋人を諦めきれない作家ギョーム・カネ、出版社社長グリフィン・ダン、その連れの女性ステファニー・ロマノフ、夫の上司スコット・アツィット、同僚のダニエル・エリック・ゴールド、ホステス、クリセル・アルメイダなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター