欲望のバージニア Lawless (2012) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

禁酒法時代に、検察局の圧力に屈しなかった密造酒販売で名をあげた3兄弟の戦いを描く、監督ジョン・ヒルコート、主演シャイア・ラブーフトム・ハーディガイ・ピアースジェシカ・チャステインミア・ワシコウスカゲイリー・オールドマン他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・ヒルコート
製作
ルーシー・フィッシャー

ミーガン・エリソン
ダグラス・ウィック
マイケル・ベナローヤ
製作総指揮
ロバート・オグデン・バーナム

ジェイソン・ブラム
カシアン・エルウィズ
脚本:ニック・ケイヴ

原作:マット・ボンデュラントThe Wettest County in the World
撮影:ブノワ・ドゥローム

編集:ディラン・ティチェナー
音楽
ニック・ケイヴ

ウォーレン・エリス

出演
ジャック・ボンデュラント:シャイア・ラブーフ

フォレスト・ボンデュラント:トム・ハーディ
ハワード・ボンデュラント:ジェイソン・クラーク
チャーリー・レイクス:ガイ・ピアース
マギー・ボーフォード:ジェシカ・チャステイン
バーサ・ミニクス:ミア・ワシコウスカ
クリケット・ペイト:デイン・デハーン
フロイド・バナー:ゲイリー・オールドマン
ホッジス保安官:ビル・キャンプ
ダニー:クリス・マクギャリー
ヘンリー・アブシャイア保安官補:リュー・テンプル
ガミー・ウォルシュ:ノア・テイラー

アメリカ 映画
配給
ワインスタイン・カンパニー

FilmNation Entertainment
2012年製作 115分
公開
北米:2012年8月29日
日本:2013年6月29日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $37,400,127
世界 $53,676,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1931年、バージニア州、フランクリン郡
禁酒法時代、密造酒の販売は公然と行われていた。

それが最も盛んな地で、長男ハワード(ジェイソン・クラーク)、次男フォレスト(ジェイソン・クラーク)、三男ジャック(シャイア・ラブーフ)のボンデュラント兄弟は、密造酒の販売で名をあげていた。

密造酒がギャングの抗争の原因ともなり、フロイド・バナー(ゲイリー・オールドマン)が街を牛耳っていた。

兄達に一人前とは認められないジャックは、牧師の娘バーサ・ミニクス(ミア・ワシコウスカ)に一目惚れしてしまう。

フォレストは、シカゴから来たダンサーのマギー・ボーフォード(ジェシカ・チャステイン)を、経営するガソリンスタンド兼用の店のウエイトレスとして雇う。

町に買出しに行ったジャックは、バナーが、通りで容赦なく取締局の役人を殺すのを目撃して、その様子を蒸留所のクリケット・ペイト(デイン・デハーン)に興奮しながら話す。

フォレストは、現れたホッジス保安官(ビル・キャンプ)から、検察局特別補佐官である新任のチャーリー・レイクス(ガイ・ピアース)を紹介される。

レイクスに賄賂を要求されたフォレストはそれを拒み、時代の流れだと言う仲間達の説得にも応じない。

郡を出ることも考えたジャックは、酔って教会に向かい、バーサの前で恥をかいてしまう。

住民が自分の思い通りにならないように思えたレイクスは、クリケットの家に向かい蒸留器を探そうとする。

そこにジャックが現れ、レイクスは、兄達に警告するよう伝えて彼を叩きのめす。

兄達の元に戻ったジャックは、相手に立ち向かう意志を見せることが大事だとフォレストに言われる。

その後、保安官補ヘンリー・アブシャイア(リュー・テンプル)らが、フォレストに違法行為を伝えに来るが、ハワードは彼らを痛めつけて追い払う。

ジャックは町でバーサに話しかけるが、悪い噂しか聞かない兄弟と付き合う気はないと言われる。

ある夜フォレストは、マギーに絡んだ客を叩きのめして追い出すが、店を閉めた彼女を見送った後で襲われ、首を切られてしまう。

店に戻ったマギーも暴行され、自力で病院に向かったというフォレストは一命を取り留める。

他所の土地に向かうというマギーを引き留めたフォレストは、彼女を守ることを約束して店に住むよう伝える。

ジャックは、フォレストが持っていた倉庫の鍵を持ち出し、酒をトラックに積みクリケットと共に街に向かう。

取引き場所にバナーが現れ、殺されそうになったジャックらだったが、ボンデュラントの名前を出して酒の質を確かめさせる。

納得したバナーは、1ガロン5ドルで取引して、検察官に抵抗する兄弟を尊敬していることをジャックに伝える。

ジャックは、フォレストを襲ったのが自分の元部下であり、レイクスに雇われていることを知らされる。

バナーから、相手の所在を知らせるメモを渡されたジャックは店に戻る。

通常の2倍の取引きだと言うジャックは、退院したフォレストに現金を見せて分け前を要求する。

それを喜ぶ気にもなれないフォレストだったが、バナーから預かった、自分とマギーを襲った男達のメモを渡される。

バーサに会いに行き店に戻ったジャックは、フォレストとハワードが仕返しに向かったことを知り後を追う。

フォレストとハワードは復讐を果たし、ジャックがそれをレイクスに知らせる。

兄弟は大金を稼ぐがレイクスに狙われ、仲間達は排除され彼らだけが残る。

フォレストはマギーと親密になり、ジャックは父親に嫌われバーサに近づくことができなかったが、やがて彼女の心を掴むことができる。

バーサを連れだしたジャックは、レイクスに監視されていることも知らずにクリケットの蒸留所に向かう。

見張っていたハワードは、レイクスが近づいたことをジャックらに知らせる。

ハワードとジャックは、蒸留所に押し入ったレイクスに襲い掛かり、脅しをかけてその場を逃れる。

逃げ遅れたバーサはホッジ保安官に家まで送られるが、レイクスはクリケットを殺して蒸留所は爆破される。

店に戻ったジャックはフォレストに責められ、クリケットが殺されたことを知りショックを受ける。

兄弟は、悲しみに耐えながらクリケットの葬儀を済ませて、レイクスのやり方に同意できないホッジス保安官は、彼らが応援を要請したことをジャックに知らせる。

ジャックは銃を手にしてレイクスの元に向かい、それを知ったハワードは後を追う。

フォレストも向かおうとするが、彼を案ずるマギーは、首を切られた際に、病院に運んだのは自分だったことを伝える。

襲われた夜、マギーが店に戻ったことを知ったフォレストは、否定するものの彼女が暴行されたことを察する。

橋の前の道路を封鎖したレイクスは、現れたジャックの脇腹を撃つ。

そこにフォレストとハワードが現れ、激しい銃撃戦となる。

フォレストも銃弾を受けるが、仲間達が現れて加勢する。

興奮して相手を皆殺しにしようとするレイクスだったが、ホッジス保安官が彼の足を銃撃する。

逃げようとするレイクスを追うフォレストは、再び銃弾を受けて倒れこむ。

フォレストの銃を手にしたジャックがレイクスを銃撃して、ハワードがナイフで止めを刺す。

1933年12月、禁酒法は廃止されて、1940年11月にフランクリン郡の密造酒の商売も終わる。

2年後、ハワードは他所の土地に移り織物工場に勤め、結婚して子供も作った。

翌年、ジャックとバーサも結婚して、彼は父親の農場で牛を飼いタバコの栽培をした。

橋で撃たれたフォレストは、約2週間の入院を経て退院してマギーと結婚した。

かつて、自分達は決して死なないと言っていたフォレストは、酔って凍った湖に落ち、這い上がるものの、肺炎で呆気なく死亡する。

今ではボンデュラントは法に従って生き、ジャックは昔のことを懐かしく想う。


解説 評価 感想 ■

2008年に発表された、マット・ボンデュラントの小説”The Wettest County in the World”を基に製作された作品。
マット・ボンデュラントの祖父と大叔父達が、禁酒法時代に密造酒販売に関わっていた話を基にしている。

*(簡略ストー リー)

1931年、バージニア州、フランクリン郡
禁酒法時代、密造酒の販売で知られていたボンデュラント3兄弟、ハワード、フォレスト、ジャックは荒稼ぎをしていた。
ある日、地域担当官として検察局特別補佐官レイクスが着任する。
非常なレイクスは、兄弟に賄賂を要求するものの、フォレストはそれを断り仲間からも見放されて孤立する。
兄達に一人前と認められないジャックは、牧師の娘バーサに惹かれる。
フォレストは、シカゴのダンサー、マギーを店で雇い、意識する間柄となる。
その後、冷酷なレイクスの圧力は日増しに高まり、フォレストは命を奪われそうになる・・・。
__________

禁酒法時代の密造酒が絡む争いを描く作品は多くあるため驚くような内容ではないが、悪党でありながらも、男としての信念を貫く力強さを重点に描き、その時代独特の雰囲気を感じさせてくれるノスタルジックな思いに浸れる作品。

主人公ら兄弟は、その時代が作り上げた象徴的な存在であり、庶民と悪党、又はギャングらの境目がはっきりしない、混沌とした世の中をリアルに描いている。

企画段階から大物スターの出演が噂されて、最終的なキャスティングもかなり豪華であり、各々がまずまず個性を発揮している。

上記のようにやや新鮮味に欠ける内容が影響したのか、北米興行収入は約3700万ドル、全世界では約5400万ドルに終わった。

三兄弟の末っ子シャイア・ラブーフ、主人公と言える風格の次男を好演するトム・ハーディ、長男のジェイソン・クラーク、冷酷な検察局特別補佐官ガイ・ピアース、彼女にしてはやや物足りない感じの役柄が気になる、店で雇われる女性ジェシカ・チャステイン、牧師の娘役ミア・ワシコウスカ、蒸留所の青年役デイン・デハーン、ギャングのボス役を貫録で演ずるゲイリー・オールドマン、保安官ビル・キャンプ、他ノア・テイラークリス・マクギャリーリュー・テンプルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター