ライアー ライアー Liar Liar (1997) 3.5/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

エース・ベンチュラ」(1994)や「ブルース・オールマイティ」(2003)でも、ジム・キャリーとコンビを組む、トム・シャドヤックの、抱腹絶倒のファミリー・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:トム・シャドヤック
製作総指揮
マイケル・ボスティック

ジェームズ・D・ブルベイカー
製作:ブライアン・グレイザー
撮影:ラッセル・ボイド
編集:ドン・ジンマーマン
音楽:ジョン・デブニー

出演
フレッチャー・リード:
ジム・キャリー

オードリー・リード:モーラ・ティアニー
マックス・リード:ジャスティン・クーパー
サマンサ・コール:ジェニファー・ティリー
ジェリー:ケイリー・エルウィズ
ミランダ:アマンダ・ドノホー
ダナ・アップルトン検事:スウージー・カーツ
アラン理事長:ミッチェル・ライアン
グレタ:アン・ヘイニー
マーシャル・スティーヴンス判事:ジェイソン・バーナード
スカル:ランドール“テックス”コッブ
エレベーターの女性:クリスタ・アレン

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ

1997年製作 86分
公開
北米:1997年3月21日
日本:1997年6月14日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $181,395,380
世界 $302,710,615


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

弁護士フレッチャー・リード(ジム・キャリー)は、約束を守らず嘘ばかりついていると、息子マックス(ジャスティン・クーパー)に思われている。

その日も、離婚した妻オードリー(モーラ・ティアニー)の元にマックスを迎えに行ったフレッチャーは、 約束の時間に遅れてしまう。

そこに、オードリーの恋人ジェリー(ケイリー・エルウィズ)が現れ、彼女やマックスとの仲の良さを、フレッチャーは見せ付けられてしまう。

マックスを連れて、プロレス観戦に行こうとしたフレッチャーだったが、オフィスに立ち寄ることにする。

フレッチャーは、 秘書グレタ(アン・ヘイニー)にあれこれ告げられ、運悪く上司ミランダ(アマンダ・ドノホー)につかまってしまい、 結局はマックスとの約束は果たせなくなってしまう。

その頃、レストランでオードリーと食事をしていたジェリーは、彼女にプロポーズして、マックスと共に転勤先のボストンに引っ越す提案をする。

オードリーは、その夜のマックスの誕生祝いの席で、フレッチャーに、結婚や引越しのことを話そうとする。

その後、訳ありの裁判を任されることになったフレッチャーは、クライアントのサマンサ・コール(ジェニファー・ティリー)に面会する。

サマンサは、夫に浮気がばれて離婚を迫られるが、浮気をした場合、財産を受け取れないという契約に結婚前に合意していた、圧倒的不利な裁判だった。

フレッチャーは、いつものように”嘘”を武器に勝訴する自信があり、ミランダは彼に期待をかけて更に誘惑する。

マックスのパーティーは始まっていたが、彼のことを考えたオードリーは、ジェリーの提案を断ることにする。

ミランダから解放されないフレッチャーは、またもやマックスとの約束を守れず、彼はショックを受けてしまう。

マックスはバースデー・ケーキを前に、父フレッチャーが、1日だけでいいので嘘をつけないようにしてほしいと願い事をする。

その直後、マックスのその願いが叶い、なんとフレッチャーは、嘘がつけなくなってしまう。

フレッチャーは法廷に向い、サマンサが、彼の異変に気づきながらも、マーシャル・スティーヴンス判事(ジェイソン・バーナード)の下で裁判が始まる。

そしてフレッチャーは、いきなり審理延長を申し立ててしまい、スティーヴンス判事にその理由を聞かれ、”嘘がつけないから”と答えてしまう。

そして、支離滅裂な言動で、自分を制御することができなくなったフレッチャーは、休廷と同時に法廷から走り去ってしまう。

オフィスに戻り、オードリーに電話をしたフレッチャーは、マックスの誕生パーティーに行かなかったのは、ミランダと愛し合っていたからだと正直に話してしまう。

それを聞いて呆れたオードリーは、ジェリーと結婚して、ボストンに行くことをフレッチャーに告げる。

オードリーの元にに駆けつけたフレッチャーは、そこで改めて自分が”悪い父親”だと気づく。

何とか、もう一度だけチャンスをもらったフレッチャーは、自分が嘘をつかないよう、マックスが願い事をしたことを知る。

マックスの学校に向かい、彼を休み時間に連れ出したフレッチャーは、大人の世界には、嘘も必要だと都合の良いことを言い出す。

そして、マックスに願い事を取り消させようとするものの、彼はそれが出来ないことをフレッチャーに伝える。

オフィスに戻ったフレッチャーは、秘書グレタに願い事のことを話すが、それをミランダに盗み聞きされてしまう。

フレッチャーがグレタに話すことは、全て彼女の気に触り、裁判で忙しい最中、フレッチャーは彼女にも見限られてしまう。

さらに、フレッチャーはミランダの策略で、アラン理事長(ミッチェル・ライアン)本人の前で悪口を言わされる。

その正直さを、理事長に褒められたのはいいものの、午後の審理を前にして、フレッチャーは疲れ果ててしまう。

検事ダナ・アップルトン(スウージー・カーツ)に責められ続け、どうにもならないフレッチャーは、トイレでわざと自分を痛めつけ、法廷で同情を買い再び休廷になる。

法廷に戻ったフレッチャーは、サマンサの愛人を証言台に呼ぶが、二人の関係を認めさせてしまう。

絶体絶命のフレッチャーだったが、サマンサが夫と結婚したのが、未成年の17歳だったことにに気づく。

フレッチャーは、未成年者の契約サインに、効力がないこ
とを主張し、大逆転で勝訴してしまう。

サマンサは夫の財産を手に入れるが、フレッチャーは養育費のために子供まで奪うサマンサに幻滅し、意味のない裁判だと叫び始め、法廷侮辱罪で逮捕されてしまう。

マックスと、キャッチボールの約束をしていたフレッチャーは、刑務所からオードリーに電話をする。

オードリーは、再び裏切ったフレッチャーを無視してボストンに向かおうとする。

しかし、フレッチャーの危機を知ったグレタが、釈放金を払い彼を釈放させ、フレッチャーは、オードリーとマックスの元に向う。

フレッチャーは空港に到着して、滑走路のタラップ車で飛行機を追いかけ、ついにはそれを止めてしまう。

フレッチャーはマックスを抱きしめ、どれほど愛しているかを伝える。

マックスは父フレッチャーの言葉に感激し、ジェリーは潔く手を引き、オードリーも、フレッチャーと寄りを戻す決心をする。

1年後、
マックスの誕生パーティーで、オードリーの愛を再確認したフレッチャーは、三人で幸せな夜を過ごす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ジム・キャリーとしては、駄作に終わってしまった「ケーブルガイ」(1996)から、一気に立ち直ることになる、彼の主演作としては、1990年代最高のヒットとなった作品。
北米興行収入 $181,395,380
世界 $302,710,615

顔面変形芸よりも、とにかく、アクション・スター顔負けの、体を張ったジム・キャリーの奮闘ドタバタぶりは、かつてのジェリー・ルイスを彷彿させる、”完璧”な可笑しさだ。

弁護士事務所が舞台ということもあり、リッチな有閑マダム、強かで妖艶な上司、上品な秘書、エレベーターに乗る魅力的な女性人までを、これ見よがしに登場させるのだが、結局は、そこで働く主人公は、愛する息子との平凡な生活と、地味な教師の元妻との生活を追い求めるという、スタンダードな設定がなかなかいい。

息子の父親への愛を気遣う質素な妻モーラ・ティアニー、その恋人で最後には潔く手を引くケイリー・エルウィズ、金のために子供まで利用する強欲なクライアント、ジェニファー・ティリー、主人公の上司アマンダ・ドノホー、辣腕検事スウージー・カーツ、法律事務所理事長ミッチェル・ライアン、裏切られたと思い一度は辞職するが、結局は主人公を助ける秘書アン・ヘイニー、これが遺作となる、冷静沈着な判事のジェイソン・バーナード、わずかな出演ながら、印象深いエレベーターの女性クリスタ・アレン、そして、主人公の息子を可愛らしく演じるジャスティン・クーパー、ベテラン、個性派入り乱れる共演者の演技も実に愉快だ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター