リトル・ブッダ Little Buddha (1994) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

鬼才ベルナルド・ベルトルッチが自らの原案を基に、輪廻転生の神秘をブッダの物語と平行して描く、主演キアヌ・リーブスイン・ルオチェンアレックス・ヴィーゼンダンガーブリジット・フォンダ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ベルナルド・ベルトルッチ
製作:ジェレミー・トーマス
原案:ベルナルド・ベルトルッチ
脚本
マーク・ペプロー

ルディ・ワーリッツァー
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:ピエトロ・スカラ
音楽:坂本龍一

出演
シッダールタ王子:キアヌ・リーブス

ラマ僧ノルブ:イン・ルオチェン
ジェシー・コンラッド:アレックス・ヴィーゼンダンガー
リサ・コンラッド:ブリジット・フォンダ
ディーン・コンラッド:クリス・アイザック
ラジュ:ラジュ・ラル
ギータ:グラシュマ・マカール・シングー

フランス/イギリス 映画
配給 ミラマックス
1994年製作 140分
公開
フランス:1993年12月1日
イギリス:1994年4月29日
北米:1994年5月25日
日本:1994年5月14日
製作費 $35,000,00
北米興行収入 $4,858,13


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ブータン
ラマ僧ノルブ(イン・ルオチェン)は、9年間待ち続けた連絡を、ようやく受ける。

ノルブは、”ブッダ”の魂を継ぐと言われた尊師ラマ・ドルジェが9年前に亡くなり、その生まれ変わりが見つかった可能性を知ったのだった。

シアトル
僧院を旅立ったノルブは、建築設計士ディーン・コンラッド(クリス・アイザック)と妻リサ(ブリジット・フォンダ)の一人息子ジェシー(アレックス・ヴィーゼンダンガー)が、ドルジェが亡くなった1ヵ月後に生まれてことを、現地のチベット僧から知らされる。

チベット僧は、教師のリサに接触し、その後、彼女の家を訪問してノルブを紹介する。

リサは、二人を家に招き入れ、暫くすると夫のディーンが帰宅する。

ディーンとリサは、仕方なくノルブの話を聞き、ドルジェの転生者が、息子のジェシーの可能性があることを知らされる。

ノルブはそれ以上は語らず、”リトル・ブッダ シッダールタの物語”という本を、ジェシーに渡してその場を去る。

その後リサは、その本をジェシーに読んで聞かせる。
__________

2500年前。
インドの小さな村で、釈迦族シュッドーダナの子として生まれたブッダは、直後から言葉を話し、数々の奇跡を起した。
__________

ショーンの、生まれ変わりの話しを気にしていたディーンだったが、建設したビルに入居者が見つからず、実は破産寸前に追い込まれ、混乱していたことをリサは知る。
__________

ブッダは、”シッダールタ”(幸運を運ぶ者)と呼ばれるようになるが、シュッドーダナ王は、息子を強引に王にしようとする。

不吉な予感を感じた王妃マーヤは、妹にわが子を託して息を引き取る。
__________

ジェシーと親交を持つようになったノルブは、好奇心旺盛な彼に、シッダールタが成人した頃の話をする。
__________

3つの宮殿で、父王に”苦”を排除され、何不自由なく生活していたシッダールタは、ある日、外の世界を見てみたくなる。
__________

自分が、ドルジェの生まれ変わりであるかもしれないことを理解し始めたジェシーは、ノルブが滞在する、チベット僧のセンターに出入りするようになる。
__________

シッダールタが、外の世界を見ることを許した王だったが、王子が嘆くことがないように、既に手を回していた。

しかしシッダールタは、やがて訪れる人間の姿(老人)を目撃してしまい、病や死についてを知り、苦しみを感じ同情する。
__________

ジェシーを迎えに来たディーンは、息子が生まれ変わりかを確かめるために、ブータンを訪れて欲しいとノルブに提案される。

しかしディーンは、バカげた話しだと言ってその場を立ち去る。
__________

真実を知ったシッダールタは、父王の考えに反し、”苦”をなくす方法を探すために旅立とうとする。
__________

自宅への帰り道、事業失敗を苦にしビジネス・パートナーが自殺したことを知ったディーンは愕然とする。
__________

シッダールタは、妻、そして生まれたばかりの子供の元に向かい、二人の寝顔を見た後、宮廷中の人々が眠る中、真理の探求の旅に出る。

全ての欲望や、身につけている高価な衣までも捨てたシッダールタは、瞑想を始め、最初の弟子ができる。
__________

パートナーの葬儀を終えたディーンは、考えを変えて、ジェシーとブータンに向うことをリサに告げ、ノルブらと旅立つ。
__________

6年間、弟子達と共に、森の中で沈黙の行を続けたシッダールタは、苦しみ、それを超越しようとする。

しかし、あることをきっかけに、シッダールタは、修行の仕方が間違っていたことに気づき、苦楽の両極端に道がないことを悟る。

平民と同じよう行動をとり始めたシッダールタが、解脱を諦めたと思った弟子達は、彼の元を去って行く。
__________

ネパールカトマンズ
現地に着いたジェシーは、もう一人の候補の少年ラジュ(ラジュ・ラル)に出会い、ノルブや父ディーンに紹介する。

三人目もいるという連絡を受けていたノルブは、ある村に向かい、少女ギータ(グラシュマ・マカール・シングー)と対面する。

ノルブは三人に、既に中道を極めていたシッダールタを、魔王が誘惑しようとした話を始める。

シッダールタは魔王を打ち破り、全てのものの真の姿を見極めて慈悲の心を理解し、その瞬間から彼は”ブッダ”となったことをノルブは語る。

僧院に向ったノルブは、三人のテストを始め、そして彼は、それぞれが、ドルジェの生まれ変わりであるという結論に達し、各人の前でひざまずく。

三人は驚くが、ノルブは、ドルジェの肉体、言葉、魂が、それぞれに別れて転生したことと、ブッダのように生きることを彼らに伝える。

役目を終えたノルブは、ブッダの木の器をジェシーに、そして時計をディーンに渡して瞑想を始める。

そしてノルブは、禅を組んだまま静かに息を引き取り、三人の前に姿を現し、彼らに真理の道を示す。

シアトル
ジェシーは、弟か妹が生まれることになった母リサと、輪廻転生を信じるようになった父ディーンと共に海に出て、ノルブの遺灰を木の器に入れて流す。

ラジュは遺灰を風船で空に放ち、ギータは、大木の根元に撒く。


解説 評価 感想 ■

ラスト・エンペラー」(1987)、「シェルタリング・スカイ」(1990)に続く、ベルナルド・ベルトルッチのオリエント三部作でもある。

*(簡略ストー リー)

ブータンのラマ僧ノルブは、9年前に亡くなった、”ブッダ”の魂を継ぐと言われた尊師ラマ・ドルジェの、生まれ変わりの可能性がある少年が見つかったとの連絡を受ける。
シアトルに向ったノルブは、建築設計士ディーン・コンラッドと妻リサの息子ショーンと対面する。
息子の転生について聞かされたディーンだったが、事業で窮地に立たされていたこともあり、真剣に取り合う気になれなかった。
教師のリサは、熱心なノルブの話に興味を持ち、彼がショーンに渡した、”ブッダ”についての著書を息子に読んで聞かせて、二人は、シッダールタ(ブッダ)の苦難の道を知ることになる。
好奇心旺盛なショーンは、ブッダの物語に接し、ノルブとの親交を持つうちに、輪廻転生について少しずつ理解する。
他に候補が現われたとの連絡を受けたノルブは、ショーンの転生についてを確認するため、ディーンにブータン行きを勧めるのだが・・・
__________

ブッダの歩んだ苦難の道と、真理の追究を物語テーマに、その魂を受け継ぐと思われる子供探しと共に、幻想的なシーンと現実の世界を壮大に描くファンタジックな映像美の追求、ベルナルド・ベルトルッチの優美な演出は見応えがある。

ブータンネパール現地のロケや、その雰囲気を、近代都市シアトルの映像とも違和感なく融合させた撮影のヴィットリオ・ストラーロ坂本龍一のドラマチックな音楽も印象に残る。

出世作となる「スピード」(1994)の公開を控えた、シッダールタ王子(ブッダ)を熱演するキアヌ・リーブスも注目だが、ラマの高僧を演ずるイン・ルオチェンが、ベルトルッチ作品「ラスト・エンペラー」(1987)の戦犯管理センター所長役に続き、味わい深い役柄を演じている。

わが子の転生について冷静に考えるブリジット・フォンダ、その夫クリス・アイザック、その息子で尊師ラマ・ドルジェの生まれ変わりアレックス・ヴィーゼンダンガー、ラジュ・ラル、グラシュマ・マカール・シングーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター