リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Sunshine (2006) 5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

インディーズ作品として製作されてサンダンス映画祭で脚光を浴び、わずか数館で限定公開された作品がその後も大評判となり世界中で絶賛された作品。
各人がそれぞれの問題を抱えている家族、幼い娘が挑むミスコンへの旅と絆を描く、監督ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ヴァリス、主演グレッグ・キニアトニ・コレットアビゲイル・ブレスリンスティーヴ・カレルポール・ダノアラン・アーキン他共演によるハートフル・ファミリー・コメディの秀作。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ヴァリス
製作
アルバート・バーガー

デヴィッド・T・フレンドリー
ピーター・サラフ
マーク・タートルトーブ
ロン・イェルザ
脚本:マイケル・アーント
撮影:ティミ・サーステッド
編集:パメラ・マーティン
音楽:マイケル・ダナ

出演
グレッグ・キニア:リチャード・フーヴァー
トニ・コレット:シェリル・フーヴァー
アビゲイル・ブレスリン:オリーヴ・フーヴァー
スティーヴ・カレル:フランク・ギンスバーグ
ポール・ダノ:ドウェイン・フーヴァー
アラン・アーキン:エドウィン・フーヴァー
ローレン・シオハマ:ミス・カリフォルニア
ブライアン・クランストン:スタン・グロスマン
ゴードン・トムソン:ラリー・シュガーマン
メアリー・リン・ライスカブ:パム
ジュリオ・オスカー・メチョソ:メカニック

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2006年製作 103分
公開
北米:2006年7月26日
日本:2006年12月23日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $59,887,868
世界 $100,221,296


アカデミー賞 ■

第79回アカデミー賞
・受賞
助演男優(アラン・アーキン)
脚本賞
・ノミネート
作品
助演女優賞(アビゲイル・ブレスリン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューメキシコアルバカーキ
主婦のシェリル・フーヴァー(トニ・コレット)は、フランス人作家プルースト学者で、ゲイの兄フランク・ギンスバーグ(スティーヴ・カレル)が、恋人にふられて自殺未遂をしたとの連絡を受け、病院に駆けつける。

幸いフランクは助かり、シェリルは彼を一時的に自宅に預かることにする。

フランクを一人にしないよう、医者から言われたシェリルは、ニーチェに感化され、空軍のテスト・パイロットになるまでは沈黙を守るという誓いを立てた、息子のドウェイン(ポール・ダノ)とフランクを相部屋にする。

シェリルの夫リチャード(グレッグ・キニア)は、人々を成功の道に導くアドバイザーをビジネスにしている現実派で、新たに開発したプログラムを出版する契約を結ぼうとしていた。

シェリルの連れ子ではあるが、目標に向かって努力するドウェインを、リチャードは一応評価している。

第二次大戦で、ナチと戦ったというリチャードの父エドウィン(アラン・アーキン)は、ヘロイン中毒で老人ホームを追い出されていた。

7歳の娘オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は、ミス・コンテストに憧れ、エドウィンとダンスのレッスンに余念がない。

夕食時に、フランクの手首の傷を気にするオリーヴは、彼の自殺未遂の真相をシェリルに聞かされる。

その後、オリーヴが、次点だった”リトル・ミス・サンシャイン”コンテストの州代表に決まり、彼女は興奮し大喜びする。

リチャードが仕事の関係でコンテスト行きを渋る中、精神不安定なフランクを、シェリルは置いて行くこともできない。

ドウェインも同行を拒否するが、航空学校に行かせる条件でシェリルが説得し、彼は仕方なくそれを承諾する。

仕事柄、チャレンジするとしたら優勝するしかないと考えるリチャードは、その自信があるかをオリーヴに確認し、気合を入れて、800マイルの旅に出発することになる。

カリフォルニアレドンドビーチで開かれる大会に、どうやって行くかが問題となり、リチャードが、オンボロのフォルクスワーゲン(タイプ2)を運転して、一家揃って会場に向かうことが決まる。

車での移動に疲れたエドウィンは、悪態をつき、下ネタの話題で家族を呆れさせる。

途中、一行は、レストランで食事することになるのだが、アイスクリームを注文したオリーヴに、リチャードは高い意識を持たせようと、太ることが目標を遠ざけることを教え込もうとする。

シェリルやエドウィンは、7歳の子供にそこまでする必要はないと言い張り、オリーヴの欲求を満たしてしまう。

その後、車のクラッチが故障してしまい、通りがかりの整備工場で、メカニック(ジュリオ・オスカー・メチョソ)のアドバイスでスタート時に押しがけすれば走ることが分かり、一行は先を急ぐ。

携帯電話がつながらずに、ガソリンスタンドの公衆電話で仕事の連絡をしたリチャードだったが、契約はボツになってしまう。

フランクはそこで、自殺未遂の原因になった恋人に出くわし、益々落ち込む。

リチャードの契約失敗にシェリルもショックを受け、一行は出発するものの、オリーヴを置き去りにしてきてしまう。

オリーヴを迎えに行ったものの、契約の失敗で失意の息子リチャードに、エドウィンは、彼のチャレンジ精神を称えて労いの声をかける。

翌日のコンテストに備え、モーテルに宿泊した一行だったが、リチャードとシェリルは仕事のことで口論になり、オリーヴは、コンテストの緊張で怖気づいてしまう。

リチャードの、”負け犬になるな”という言葉がプレッシャーになって怯えるオリーヴにエドウィンは、”世界一美しい”と思える孫娘に、チャレンジすることが大切だと励ます。

リチャードは、今回の契約破棄に納得がいかず、契約を任せた、スタン・グロスマン(ブライアン・クランストン)の元に向かい、自分の言い分を伝えて気を晴らす。

翌朝、夜中にヘロインを摂取したエドウィンが、目覚めないまま、家族の回復の願いもかなわず息を引き取ってしまう。

死亡の手続きに手間がかかり、コンテストに間に合わないことが分かったリチャードは、このままでは、一生、後悔すると考え、エドウィンの遺体を運んで会場に向かう決心をする。

何とか病院から遺体を運び出し、脱出に成功した一行だったが、車のクラクションが壊れて、鳴り止まなくなってしまう。

警官に車を止められたリチャードは、遺体が入れてある荷台を開けるよう指示されるが、彼はそれを躊躇する。

しかし、車内にあったエドウィンのポルノ雑誌を見つけた警官は、リチャードがそれを隠そうとしていたと思い込む。

更に、それが警官のお気に入りの雑誌だったために、リチャードは見逃される。

その後、コンテストに間に合うかの瀬戸際で、ドウェインの色覚特性が分かり、彼が車内で取り乱してしまい。仕方なく車を止める。

ドウェインを慰めるシェリルだったが、彼は家族全員負け犬だと叫び始める。

しかし、オリーヴがドウェインに寄り添うと、彼は、素直に家族に謝罪して車に戻る。

そして、ようやく会場に着いた一行は受付に遅れてしまうが、何とか出場を許可されて準備を始める。

オリーヴは、”ミス・カリフォルニア”に会うことができて、彼女もアイスクリームが好きだと知り安心する。

リチャードは、エドウィンの葬儀の手配をして会場に向かい、ステージ上の、着飾った作り物のような子供達を見てに頭を傾げてしまう。

フランクと、沈黙を破ったドウェインは、桟橋で語り合い意気投合し、ミス・コンの会場に向かう。

そして、リチャードと、馬鹿げたコンテストを批判するドウェインが、オリーヴの出場を止めようとする。

シェリルは、オリーヴが努力してきたことを無駄にしたくないことを二人に伝える。

コンテストのアシスタント、パム(メアリー・リン・ライスカブ)に急かされながら、シェリルもオリーヴに無理には出場を勧めなかった。

しかし、オリーヴは、亡くなったエドウィンのためにステージに上がり踊り始める。

オリーヴは、エドウィン仕込みのストリップを始めてしまい、会場は騒然となり、主催者は彼女の踊りを止めさせようと
する。

それに抵抗するリチャードやフランク、そしてドウェインまでもがステージに上がり踊り始め、シェリルもそれに加わる。

その後、罰として、一家はカリフォルニアのコンテストから追放されてしまう。

リチャードは、父エドウィンが、誇りに思っていることをオリーヴに伝え、家族で車を押しがけして、一行は会場を後にする。

そして、型破りな一家は固い絆で結ばれて自宅のあるアルバカーキに向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューメキシコアルバカーキ
各々、それなりの問題を抱えるフーヴァー家で、7歳の娘オリーヴが、美少女コンテストの全国大会”リトル・ミス・サンシャイン” に出場することになる。
興奮するオリーヴと共に、カリフォルニアに向かうことになった家族だったが、旅行途中に、 父リチャードの仕事はボツになり、ヘロイン中毒の祖父エドウィンが死亡し、沈黙する兄ドウェインは、色覚特性と分かり夢が打ち砕かれてしまう。
トラブルが続き、コンテスト出場が危ぶまれる中、家族は、オリーヴのために会場に向かう。
リチャードの妻シェリルの兄で、自殺未遂したため家族に同行したゲイのフランクに、ドウェインは心を開く。
そのドウェインとリチャードが、大人のエゴを競うようなバカげたコンテストに、オリーヴを出場させるのを止めさせようとするのだが・・・。
__________

監督は夫婦でもある、ジョナサン・デイトンとヴァレリー・ヴァリスで、わずか800万ドルの製作費ながら、全世界で1億ドルを超すスマッシュヒットとなった作品でもある。

インディーズ作品と言えども、注目のキャストは、ベテラン、実力派、期待の若手、メジャー俳優が顔を揃える作品で、企画段階から、高い評価を得られる自身があったようにも感じられる、人の心を捉える素晴らしい作品に仕上がっている。

第79回アカデミー賞では、作品賞など4部門にノミネートされ、アラン・アーキンの助演と脚本賞を受賞した。
・ノミネート
作品
助演女優賞(アビゲイル・ブレスリン)

ミス・コンテストに憧れる、その出場資格を得た7歳のちょっと太めの少女のために、”崩壊寸前”でもないが様々な問題を抱える家族が、チャレンジの旅を通して絆を深めるという、心温まる痛快でもある作品。

家族が旅で使うおんぼろ”フォルクスワーゲンT2”は、覇権国としての力を失いつつある問題を抱えるアメリカ社会そのものであり、それに乗車する家族が国民にも思える。
アメリカの抱える問題が集約された家族でありながら、挑戦することに意義があると考えるアメリカ的精神でそれを克服するという、単純明快さが大いに受けた。

軽快で爽やかな、マイケル・ダナの音楽も実に心地よい。

少女が胸ときめかす、コンテストの様子がどうなるのかと期待をして見ていると、作られた人形かロボットのように着飾り踊る子供達が、不気味に見え始め、それを催す大人達のエゴに対する強烈な皮肉も描かれている。

ドラマの中心が7歳の少女にも拘らず、下品な言葉などが容赦なく飛び交う刺激的な場面も多く、上映に際してはかなり厳しい規制がかかった国もあったようだ。
__________

個人的には、下記のシーンが印象に残る。

コンテストに向かう途中、立ち寄ったレストランで、オリーヴが、ウエイトレスにいきなり謝ったのを見た父が”謝罪は、弱さに通じる”と言い切るシーンがある。
*セリフ原文
”Don’t apologize, it’s a sign of weakness.”

どんな事でも、勝つことに意義があると考える父親らしいセリフなのだが、これは西部劇の傑作「黄色いリボン」(1949)で、アメリカの強さの象徴的存在でもあったジョン・ウェインが、劇中、頻繁に発するセリフだ。

ジョン・ウェインは”Never apologize, it’s a sign of weakness.”と言う。

傲慢にも思えるこのセリフは、ジョン・ウェインにはよく似合う。

スクリーン上で久しぶりに聞いたセリフに、思わず感激してしまった。
__________

”負け犬”を嫌うが結局自分もビジネスで失敗してしまう、しかし、勝つことだけではなくチャレンジする過程の尊さを、父や娘から教えられる、気のいい父親役をグレッグ・キニアは好演している。

現実主義の夫、心を閉ざす息子、自殺未遂の兄、悪態をつく義父に悩まされるトニ・コレット、愛くるしい笑顔に加え、喜びや悲しみの表現が、撮影当時9歳とは思えない、アカデミー助演賞候補になったアビゲイル・ブレスリン、自殺未遂、精神不安定、学者でゲイのスティーヴ・カレル、沈黙を破ってからの行動が頼もしいポール・ダノ、無鉄砲で口は悪いが、孫娘を溺愛し、息子の行動を称える愛すべきキャラクターであり大ベテラン、アラン・アーキンの、存在感抜群の演技は見ものだ。

その他、ミス・カリフォルニアのローレン・シオハマ、リチャード(G・キニア)のビジネス・パートナー、ブライアン・クランストン、コンテストのアシスタントメアリー・リン・ライスカブ、車のメカニックでジュリオ・オスカー・メチョソなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター