007/死ぬのは奴らだ Live and Let Die (1973) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

007シリーズ、第8作。
1954年に発表された、
イアン・フレミング原作のシリーズ第2作を基に製作された作品で、ボンド役としてロジャー・ムーアが登場した。
監督ガイ・ハミルトンヤフェット・コットージェーン・シーモア共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:ガイ・ハミルトン
製作
アルバート・R・ブロッコリ

ハリー・サルツマン
原作:イアン・フレミング
脚本:トム・マンキーウィッツ
撮影:テッド・ムーア
編集
バート・ベイツ

レイモンド・ポウルトン
ジョン・シャーリー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョージ・マーティン

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:
ポール・マッカートニー&ウィングスLive and Let Die

出演
ジェームズ・ボンド:ロジャー・ムーア
Dr.カナンガ/Mr.ビッグ:ヤフェット・コットー
ソリテール:ジェーン・シーモア
ティー・ヒー・ジョンソン:ジュリアス・W・ハリス
サメディ男爵:ジェフリー・ホールダー
ロージー・カヴァー:グロリア・ヘンドリー
G.W.ペッパー保安官:クリフトン・ジェームズ
フェリクス・ライター:デヴィッド・ヘディソン
M:バーナード・リー
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
ハロルド・ストラッター:ロン・サットン
クォレルJr.:ロイ・スチュワート
カルーゾー:マデリン・スミス

イギリス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

1973年製作 121分
公開
イギリス:1973年7月6日
北米:1973年6月27日
日本:1973年7月28日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $35,377,836
世界 $126,400,000


アカデミー賞 ■

第46回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞”
Live and Let Die


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク国連本部ニューオリンズ、そしてカリブ海の島”サン・モニク”で、イギリスMI6の諜報員3人が相次いで殺される。

本部長M(バーナード・リー)は、ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)の自宅を訪ね、3人の諜報員が殺されたことを伝え、ニューヨークに滞在中の、サン・モニクの首相Dr.カナンガ(ヤフェット・コットー)の調査を命ずる。

ボンドは、女性捜査員カルーゾー(マデリン・スミス)が姿を消したことをMに尋ねられるが、彼女はボンドのベッドの中にいた。

それをMに知られないか気が気でなかったボンドだったが、そこに、Mの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)が現れる。

マネーペニーはボンドに旅券などを渡し、カルーゾーに気付いた彼女は、気を利かせてボンドの手助けをする。

ニューヨークに着いたボンドは、早速、CIAのフェリクス・ライター(デヴィッド・ヘディソン)と連絡をとるものの、フリーウェイで何者かに襲われてしまう。

車の運転手が狙撃され、ボンドは何とか車を止めて難を逃れ、ライターの調べで、狙撃した車の持ち主を知る。

現場に着いたボンドは、カルトショップの裏の駐車場で車を見つけ、建物から出てきた不審な人物を追う。

車を追いハーレムに向かったボンドは、あるバーに入ると別室に入れられ、そこで、タロット占い師のソリテール(ジェーン・シーモア)に出会う。

ボンドは、鋼鉄の義手を持つ男ティー・ヒー・ジョンソン(ジュリアス・W・ハリス)に、拳銃(ワルサーPPK)をひねり潰されてしまう。

そこに、謎の男Mr.ビッグ(ヤフェット・コットー)が現れ、ボンドを殺すように指示を出す。

ボンドは、ソリテールに自分の運命を尋ねてカードを引き、自分達が恋人になることを彼女に知らせる。

路地に連れて行かれたボンドは、隙を見て相手を倒すが、現れた男に銃を突きつけられる。

しかし、その男は、ボンドを監視していたCIAのハロルド・ストラッター(ロン・サットン)で、ビッグが一帯を牛耳る大物だということを知らされる。

ライターからの連絡で、カナンガがサン・モニクに飛び立つことがわかり、ボンドもそれを追うことになる。

サン・モニクに向かったボンドは、ホテルでいきなり毒蛇に狙われるものの、彼はそれを焼き殺す。

その後、臆病でドジなCIAの連絡員ロージー・カーヴァー(グロリア・ヘンドリー)が現れ、ボンドは彼女と一夜を共にする。

ボンドは、ロージーと協力者のクォレルJr.(ロイ・スチュワート)の案内で、ソリテールの別荘のある島に侵入する。

その頃、ソリテールの占いに従い行動しているカナンガは、ボンドを殺す指示を出すが、彼女のカードは、やはりボンドと結ばれると出てしまう。

ロージーが裏切り者だと気づいていたボンドだったが、彼女は、カナンガ側に監視されていたために殺されてしまう。

カナンガは、ソリテールが混乱してしまっている姿を見て、力を取り戻すよう指示を出す。

ソリテールの別荘に忍び込んだボンドは、彼女に再び二人が結ばれるというカードを見せる。

ボンドは全て同じ札のカードを用意し、巧みにソリテールの心を乱し、そして二人は愛し合ってしまう。

ソリテールはボンドに心を奪われ、恋により力を失ったために、カナンガに殺されることを心配する。

踏み入れたことのない島の奥へと、ソリテールはボンドを案内するが、二人の行動はカナンガに知られていた。

二人は一面に広がるケシ畑を発見し、直後にカナンガの手下に攻撃される。

二階建てバスを奪ったボンドは、敵を振り切りクォレルの待つボートにたどり着く。

ニューオリンズに向かったボンドとソリテールは、ビッグの手下に捕らえられるが、ボンドは逃亡して、ライターと合流する。

捜査を進めるストラッターの元に向かったボンドとライターだったが、ライターが席を外した隙に、ボンドはビッグの元に連れて行かれる。

捕らえられていたソリテールとのことを責めるビッグが、カナンガだということをボンドは知らされる。

カナンガは、2トンものヘロインをアメリカ国内にただでばら撒き、その後、依存症が倍増してヘロインの価格が跳ね上がった時に、サン・モニクのケシ畑をフル活用する計画だったのだ。

ボンドに、ソリテールとのことを問い詰めるカナンガだったが、それを拒んだために、彼女の占いで、それを確かめようとする。

占いが外れた場合は、ボンドの指を切断するようティー・ヒーに指示したカナンガは、ソリテールが正しい答えを出したため、ボンドを解放する。

しかし、ボンドがティー・ヒーに殴られて運ばれた後で、カナンガは、実は外れていたソリテール占いについて彼女を責める。

それにより、カナンガはボンドとソリテールの関係を知り、彼女に死を宣告する。

ワニ園で餌にされそうになったボンドは、その場を逃れてヘロイン精製工場に火を放ち、モーターボートで逃走する。

スピード違反をした、カナンガの手下の車を止めたG.W.ペッパー保安官(クリフトン・ジェームズ)は、ボンドを追っていたモーターボートにパトカーを潰されてしまう。

ペッパーは後続車両に乗り換えてボンドを追うが、彼のボートが道を横切った際に起きた事故で、パトカーは横転してしまう。

ボンドは、超高速艇で追ってきた敵を大破させ、彼を迎えに現れたライターに、カナンガが、ソリテールを連れて逃げたことを知らされる。

CIAと協力し、再びサン・モニクに向かったボンドは、ブードゥー教のサメディ男爵(ジェフリー・ホールダー)の生贄になりかかっていたソリテールを救いだす。

同じ頃、CIAケシ畑を爆破し、ボンドはサメディ男爵を毒蛇で殺す。

しかし、ボンドとソリテールは、カナンガに捕らえられてしまい、二人はサメの餌食にされそうになる。

ボンドは、圧縮ガス弾を腕時計の強力マグネットで手に入れ、一騎打ちとなったカナンガの口にそれを詰め込む。

そしてカナンガの体は膨張して破裂してしまい、ボンドとソリテールは、その場を脱出する。

その後、ボンドとソリテールの乗った列車にティー・ヒーが現れる。

ボンドは格闘の末、ティー・ヒーを窓から外に突き落とす。

そして、ボンドはようやくソリテールと二人の時を過ごす。

しかし列車の先頭では、サメディ男爵が高笑いをしていた・・・。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク国連本部ニューオリンズ、そしてカリブ海の島”サン・モニク”で、イギリスの諜報員3人が相次いで殺される。
MI6の本部長Mは、ジェームズ・ボンドにそれを伝え、ニューヨークに滞在中である、サン・モニクの首相Dr.カナンガの調査を命ずる。
現地に着いたボンドは、早速、何者かに襲われるが何とか難を逃れ、
CIAのフェリクス・ライターの調べで相手の車の所在を知る。
車を追い
ハーレムに向かったボンドは、あるバーでタロット占い師ソリテールに出会い、ボンドの前には、鋼鉄の義手を持つティー・ヒー、そして、謎の男Mr.ビッグらが現れ、ボンドの殺害を指示する。
ボンドはソリテールに、自分達が恋人になることをカードで知らせ、その後、隙を見て敵を倒し、現れた
CIAのストラッターに、ビッグが一帯を牛耳る大物だということを知らされる。
そしてボンドは、カナンガが
ニューヨークを旅立ったという連絡を受け、サン・モニクに向かう・・・。
__________

3代目ボンド、ロジャー・ムーアの初登場作品で、若くは見えるが、既に40代半ばだった彼の出演に注目が集まり、不安の声も上がった。

しかし、ショーン・コネリーのイメージを一新して、ひょうひょうとした、とぼけた雰囲気の彼のボンドは好評で、世界中で受け入れられた。

前作「ダイヤモンドは永遠に」(1971)で復活した人気をさらに上回り、興行収入は、全世界で約1億2600万ドルの大ヒットとなった。

製作費 $7,000,000
北米興行収入 $35,377,836

ポール・マッカートニー&ウィングスの主題”Live andLet Die”も大ヒットし、第46回アカデミー賞、歌曲賞にノミネートされた。

ボンドがMから指令を受ける自宅場面以外は、前作「ダイヤモンドは永遠に」(1971)同様、国外の、アメリカとカリブ海の架空の国が舞台となっている。

タロット占いブードゥー教など、神秘的な雰囲気が興味深く、スピード感溢れるモーターボートの追跡シーンなど、前作同様ガイ・ハミルトンの、テンポの良い演出と派手なアクションは見応えある。

今回はボンドカーは登場しないものの、強力磁石とベゼルが回転ノコギリになる、ロレックスの腕時計”サブマリナー”が活躍し、義手のティー・ヒーにはワルサーPPKを壊され、なんとクライマックスでは、S&W/M29(44マグナム)の8インチを使う。
これは紛れもなく、2年前に公開されたヒット作の「
ダーティーハリー」(1971)を意識している。

ダイアナ・ロスカトリーヌ・ドヌーヴが候補に上がった、華奢でひ弱に見えるソリテール役のジェーン・シーモアは、ボンドの魅力に翻弄され、心乱れる女性を好演している。

圧縮ガスが、体内で膨張して爆発する殺され方が話題になった悪党のドン、ヤフェット・コットー、怪力の義手を持つ殺し屋ジュリアス・W・ハリスブードゥー教の魔術師ジェフリー・ホールダーらの怪演が印象に残る。

あまりの好評に、次回作の「黄金銃を持つ男」(1974)で、同じ保安官が旅行中という設定で、再び登場するクリフトン・ジェームズ、ボンドの協力者であるCIAのフェリクス・ライターを「消されたライセンス」(1989)でも演じるデヴィッド・ヘディソン、そして、ボンドの能力は評価するものの、人間性を疑うMのバーナード・リー、ボンドに惹かれながら、彼の逢引を助けてしまうマネーペニーのロイス・マクスウェルなどレギュラー達も健在なのだが、Qのデスモンド・リュウェリンが登場しないのは少々寂しい。
また、第1作の「ドクター・ノオ
」(1962)に登場した、ジャマイカの協力者、漁師クォレルの息子という設定で、サン・モニクの協力者クオレルJr.(ロイ・スチュワート)が登場するのも面白い。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター