ロリータ Lolita (1962) 4.67/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1955年に発表された、ウラジミール・ナボコフ同名小説の映画化。
下宿の未亡人の娘に心奪われてしまった大学教授の、抑えきれない気持ちとその行動を描く、監督スタンリー・キューブリック、主演ジェームズ・メイソンスー・リオンシェリー・ウィンタースピーター・セラーズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・キューブリック
製作:ジェイムズ・B・ハリス
原作:ウラジミール・ナボコフ
脚本:ウラジミール・ナボコフ
撮影:オズワルド・モリス
編集:アンソニー・ハーヴェイ
音楽:ネルソン・リドル

出演
ジェームズ・メイソン:ハンバート・ハンバート
スー・リオン:ドロレス”ロリータ”ヘイズ
シェリー・ウィンタース:シャーロット・ヘイズ
ピーター・セラーズ:クレア・クィルティ
マリアン・ストーン:ヴィヴィアン・ダークブルーム
ロイス・マクスウェル:メアリー・ロア

イギリス/アメリカ 映画
配給 MGM
1962年製作 152分
公開
イギリス:1962年9月
北米:1962年6月13日
日本:1962年9月22日
製作費 $2,000,000


アカデミー賞 ■
第35回アカデミー賞
・ノミネート
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
大学教授ハンバート・ハンバート(ジェームズ・メイソン)は、作家のクレア・クィルティ(ピーター・セラーズ)を射殺する。

4年前、ニューハンプシャー州、ラムズデール。
オハイオの大学に招かれた、イギリス人でフランス文学の教授ハンバートは、その前に休暇をとる目的でこの地を訪れる。

ハンバートは、未亡人シャーロット・ヘイズ(シェリー・ウィンタース)の家に下宿することになる。

その後ハンバートは、シャーロットの娘ドロレス”ロリータ”(スー・リオン)の怪しげな魅力に心を奪われてしまう。

ダンスパーティーに出席したハンバートは、ロリータが同世代の青年と踊るのを見て嫉妬し、彼女が友人宅に宿泊することになり、自宅でシャーロットと二人きりになってしまう。

ロリータのことが気になるハンバートだったが、彼に思いを寄せるシャーロットは彼に迫る。

そこにロリータが帰宅し、ハンバートは気が休まり、邪魔されたシャーロットは、ヒステリーを起こす。

やがてロリータはキャンプに行くことになり、ハンバートはオハイオの大学に向かうため、二人は別れることになる。

シャーロットに求婚されたハンバートは、ロリータと生活するためにそれを承諾する。

しかし、シャーロットは、ロリータを寄宿学校に入れようとする。

シャーロットの夫の拳銃に、実弾が入っていることに気づいたハンバートは、彼女を殺して完全犯罪に仕立て上げようとする。

思い止まったハンバートだったが、彼が綴ったロリータについての日記をシャーロットが読んでしまう。

ショックを受けたシャーロットは、自ら身を投げ、車に轢かれて事故死してしまう。

ロリータを、キャンプ場に迎えに行ったハンバートは、彼女には母シャーロットの死を知らせず、途中ホテルに宿泊しようとする。

二人をフロントで観察していた放送作家クィルティは、警察大会に参加する警官を装い、ハンバートを牽制して彼を動揺させる。

ホテルを出たハンバートは、シャーロットに電話すると言い出したロリータに、母の死を知らせる。

母の死にショックを受けるロリータを、ハンバートは大学の講義に同行させるため、オハイオに連れて行くことになる。

ハンバートは、ロリータに男性を近づけないよう神経質になり、彼女の演劇部の入部などを禁じてしまう。

高校の教師に扮したクィルティは、ロリータの挙動がおかしいことを指摘し、束縛し過ぎると彼女のためにならないと、ハンバートに告げ、このままでは家庭環境調査を行う必要があることを伝える。

仕方なく、ロリータの演劇を許したハンバートだったが、彼女がピアノの練習をサボり、自分に隠し事をしていることを知って嫉妬の極限に達する。

大声で罵りあう二人は、近所でもただならぬ噂となるが、ロリータは学校を辞めると言い出し、安心したハンバートと再び旅に出ることになる。

ハンバートは追跡してくる車に気づくが、彼らは近づきはするものの何もしてくる気配はなく、やがてロリータが風邪をこじらせて入院してしまう。

ある男からの電話を受けたハンバートは、病院にロリータを迎えに行くが、叔父だという男に彼女が連れ去られたことが分かる。

取り乱したハンバートは拘束されそうになるが、正気を取り戻して彼女を捜し始める。

その後、結婚して子供が産まれるというロリータからの手紙を受け取ったハンバートは、彼女の居場所を捜し当てる。

そしてハンバートは、ロリータを連れ去り、ホテルで話しかけて、彼女の高校の教師に扮していたのがクィルティで、以前からロリータが、彼に夢中だったことを聞かされる。

ロリータは、クィルティに連れ去られた挙句に棄てられ、現在の貧しい生活をしていたのだ。

ハンバートはロリータを連れ戻そうとするが、彼女はそれを拒絶し、泣き崩れたハンバートは、彼女に現金や小切手を渡し、てその場を立ち去る。

そしてハンバートは、拳銃を持ちクィルティの屋敷に向かう。
__________

ハンバートはクィルティ殺しの裁判を前に、心筋梗塞で獄中死した。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イギリス人の大学教授ハンバートは、休暇をとるためニューハンプシャー州ラムズデールを訪れる。
ハンバートは、未亡人シャーロットの家に下宿することになるが、彼女の娘ロリータの怪しげな魅力に心奪われてしまう。
やがて、ハンバートは、自分に心を寄せるシャーロットに求婚され、ロリータと生活するために、彼はそれを承諾してしまう。
しかしシャーロットは、ロリータを寄宿学校に入れようとする。
そのため、ハンバートはシャーロットに対して殺意まで抱くのだが思い止まる。
その直後、ハンバートはロリータへの思いをシャーロットに知られてしまい、取り乱した彼女は、自ら身を投げて車に轢かれ事故死してしまう。
ハンバートは、ロリータにはそれを知らせずに、彼女を連れホテルに向かうのだが・・・。
__________

原作と本作の大筋の展開はほぼ同じだが、ナボコフ本人の脚色によって、かなり内容は変更されており、母親シャーロット、ロリータの描かれ方や人物像は、原作とはかなり違っている。

逆に1997年のリメイク作品は、かなり原作に忠実に描かれている。
また、1960年代初頭の作品ということもあり、性描写もない。

第35回アカデミー賞では、ナボコフが脚色賞にノミネートされた。

数千人のオーディションでも見つからず、偶然、出演が決まった”ロリータ”役のスー・リオンが、やや魅力に乏しく、唯のわがままでおませな少女という域を脱していない。

母親の自殺辺りまでは、その展開に切れを感じるスタンリー・キューブリックの演出だが、旅を続ける後半はだれてきて、2時間30分を超える上映時間は長すぎる気もする。

ロリータの登場シーンで、度々流れるボブ・ハリスの主題曲が効果的に使われているが、小悪魔的な雰囲気もあまりないスー・リオンには、正直に言ってあまり合わない。

ロリータの魅力にとり憑かれる大学教授、主人公のジェームズ・メイソンが、異常者のようになっていく心理的表現や、娘の躾に手こずり、夫(J・メイソン)にヒステリーを起こすシェリー・ウィンタース、自分の”所有物”のようにロリータを扱い、ゲーム感覚で主人公をからかうピーター・セラーズらの熱演は光る。

007」シリーズのマネーペニー役で有名な、ロイス・マクスウェルが看護師役で登場し、翌月、イギリス国内では「ドクター・ノオ」(1962)が公開されることになる。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター