LOOPER/ルーパー Looper (2012) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

未来から送り込まれるターゲットを始末する殺し屋”ルーパー”である青年と、現れた30年後の彼との運命を描く、監督、脚本ライアン・ジョンソン、主演ジョゼフ・ゴードン=レヴィットブルース・ウィリスエミリー・ブラントポール・ダノ他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト ■

監督:ライアン・ジョンソン
製作総指揮
ジュリー・ゴールドスタイン

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ダグラス・ハンセン
ダン・ミンツ
ピーター・シュレッセル
製作
ラム・バーグマン

ジェームズ・D・スターン
脚本:ライアン・ジョンソン
撮影:スティーヴ・イェドリン
編集:ボブ・ダクセイ
音楽:ネイサン・ジョンソン

出演
ジョー:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

オールド・ジョー:ブルース・ウィリス
サラ:エミリー・ブラント
セス:ポール・ダノ
エイブ:ジェフ・ダニエルズ
キッド・ブルー:ノア・セガン
スージー:パイパー・ペラーボ
シド:ピアース・ガニォン
ジェシー:ギャレット・ディラハント
オールド・ジョーの妻:シュイ・チン
ベアトリクス:トレイシー・トムズ

アメリカ 映画
配給
トライスター・ピクチャーズ

フィルム・ディストリクト
2012年製作 119分
公開
北米:2012年9月28日
日本:2013年1月12日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $66,486,205
世界 $176,506,819


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2044年、カンザス州、カンザス・シティ
タイムトラベルが可能な未来ではそれが禁止されていたが、犯罪組織が法を破り殺しのターゲットを過去に送り、殺し屋”ルーパー”に始末させていた。

ルーパー達は、現在では存在しないターゲットの遺体を処分し、報酬として銀の延べ棒を受取る。

腕利きのルーパー、ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、”TK”(念力)を持つ親友セス(ポール・ダノ)が、未来から送られた自分を、殺すことができなかったことを知らされる。

助けを求められたジョーは、セスに逃げるよう伝えるが、ルーパーを仕切るために未来から送り込まれたエイブ(ジェフ・ダニエルズ)の指示でキッド・ブルー(ノア・セガン)らが現れたためセスを匿う。

ジョーはエイブの元に連れて行かれ、セスを引き渡すか保管してある銀をとるか脅され、仕方なく彼の居場所を教える。

その頃、未来のセスはある場所に向かうが、体が消滅し始める。

未来のセスは、その場所で待ち構えていたキッドに殺害される。

売春婦のスージー(パイパー・ペラーボ)と、常用するヤクを使って過ごしたジョーは帰宅し、セスを匿った床下金庫の銀に付着する血痕を確認する。

翌日、現れたターゲット(ブルース・ウィリス)が自分だと気づいたジョーは、射殺するのをためらったため彼に殴り倒される。

意識を取り戻したジョーは、列車に飛び乗り街を出ろというメモに気づき、警戒しながら家に戻る。

部屋は荒らされ、銀を奪おうとしていたキッドを金庫に閉じ込めたジョーは、未来の自分を必ず殺すと言ってその場から逃れるものの、非常階段から落下する・・・。

ジョーは、未来の自分を殺害して金の延べ棒を手に入れる。

上海
10年が過ぎて現金が底を突いたジョーは、犯罪に手を染める。

25年後、ジョー(ブルース・ウィリス)は現地の女性(シュイ・チン)と結婚して人生が変わる。

30年後。
”レインメーカー”が仕切る犯罪組織に捕えられたジョーは、過去に送られ抹殺されそうになるが、それを逃れて自ら過去に向かう。

ジョーの前に現れたオールド・ジョーは、銃撃をためらう過去の自分を殴り倒す。

街に向かったオールド・ジョーは、忠告を無視して家に戻ろうとするジョーを尾行する。

オールド・ジョーは、非常階段から落下したジョーを助けて姿を消し、未来が変わることを恐れたエイブは二人を捜す。

翌朝ジョーは、オールド・ジョーを馴染みのダイナーに呼び出し、方を付けるしか方法がないことを伝える。

オールド・ジョーは、現在と未来の複雑な仕組みを語り、未来でジョーを救うことになる女性についても話す。

組織に妻を殺されたオールド・ジョーは、全てが謎だった”レインメーカー”の身元を示す数字をジョーに見せて、彼が現在のこの地域内にいることを伝える。

オールド・ジョーは、”レインメーカー”を殺して妻の殺害を阻止しようと考えていた。

それに耳を貸さないジョーだったが、二人はキッドらに襲われてその場から逃れる。

サトウキビ畑に隠れていたジョーは、ヤクが切れて禁断症状が表れる。

その夜、農家の住人サラの家の前で倒れ込んだジョーは、翌朝、彼女に銃を向けられて追い払われそうになる。

それに従おうとしないジョーは、ここが、指示された場所だということを彼女に確認してある数字を見せる。

その番号を見たサラは驚き、ジョーを銃撃するが、岩塩で撃ったことを知らせた彼女は、ここに来た目的を聞こうとする。

ジョーは、30年後にタイムトラベルが開発され、犯罪組織が悪用していることことを話す。

サラは、番号が息子のシド(ピアース・ガニォン)の誕生日と生まれた病院の医療番号だと気づき、別の男(オールド・ジョー)が息子を殺しに来ると考える。

番号が書かれた紙は、同じ日に生まれた子供が、他に二人いることを示す三軒の家が示された地図だった。

一方、別の住所に向かったオールド・ジョーは、その場にいた子供を射殺する。

オールド・ジョーは、妻を救うためとは言え、子供を殺したことで心を痛める。

サラは、シドを助けてくれるかをジョーに尋ねるが、彼は、自分の人生のためだけに行動することを伝える。

ジョーは、サラが実の母親ではなく嘘つきだと言う話をシドから聞かされる。

翌日、その件をサラに確かめたジョーは、シドは息子で、預けてあった姉を母親だと思い込んでると言われ、干渉をするなと忠告される。

サラは、母親でない自分では守れないと言ってシドに罵られて怯えてしまうが、その後、二人は謝罪し合う。

オールド・ジョーは、もう一人がスージーの息子だと知り戸惑う。

その後、ジョーと別の男(オールド・ジョー)を捜すジェシー(ギャレット・ディラハント)が現れ、サラはそれに対応して、ジョーとシドはその様子を監視する。

ジェシーが去った後、サラはジョーを信頼して愛し合い、彼女は、”TK”(念力)の能力があることを知らせ、もう一人の男が未来の彼だと気づく。

シドを捨てた愚かな行為を嘆くサラは、愛されなくても息子の傍にいたいことをジョーに伝える。

翌朝、戻ったジェシーはサラに銃を向けるが、ジョーが銀を渡してエイブと話すことを伝える。

階段を下りて来たシドは、足を踏み外して倒れ込むが、強力なTKで部屋を爆破する。

その頃、スージーの子供を殺そうとしたオールド・ジョーは、待ち伏せていたキッドに捕えられる。

シドが”レインメーカー”であることを確信したジョーは、彼にとてつもないTKの能力が備わっていたことを隠したサラを責める。

それを制御することができて、自分が正しい道を歩ませるというサラの言葉を無視して、ジョーはサトウキビ畑に向かったシドを追う。

怯えるシドを見たジョーは手を出せず、オールド・ジョーか組織が間もなく現れることをサラに告げて、逃げるよう指示する。

キッドはエイブの元に向かうが、オールド・ジョーは隙を見て拘束を逃れ彼らを倒す。

傷を負っただけだったキッドは、オールド・ジョーの向かう場所を知る。

ジョーと相対したオールド・ジョーは、金を持って逃げるよう命ずる。

シドを殺そうとするオールド・ジョーに、彼が悪魔になるかは分からないと言って銃弾を浴びせるジョーだったが、そこにキッドが現れる。

ジョーはキッドを倒し、オールド・ジョーは、その場を離れようとするサラとシドの乗る車の前に現れる。

銃撃され興奮したシドは、TKで車を転倒させてしまい、サラは彼を連れてサトウキビ畑に逃げる。

シドは銃撃されるが、TKでその場を思い通りに操ろうとする。

しかし、サラに説得されたシドは、TKを制御して正気に戻り、彼女に駆け寄り二人は固く抱き合う。

そこに現れたジョーは、サラが殺され、オールドジョーがシドを仕留められず、彼が悪の道に向かう姿を想う。

結局はそれが繰り返されること悟ったジョーは、自ら命を絶ち、オールド・ジョーの存在を消す。

サラは、シドを抱きかかえながら家に戻り、その後、現場で、息子が”レインメーカー”になることを阻止したジョーの死を確認する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

2044年、カンザス州、カンザス・シティ
タイムトラベルが開発された未来では、法で禁じられているそれを犯罪組織が利用し、過去にターゲットを送り込み、殺し屋”ルーパー”に始末させていた。
凄腕のルーパー、ジョーの前に30年後の自分がターゲットとして現れ殺害をためらってしまう。
オールド・ジョーは、逃げろという忠告を守らない追われる身となったジョーを助け、強大な力を持つ犯罪組織のリーダー”レインメーカー”を始末する必要があることを伝える。
自分の人生を変えてくれた妻を、組織に殺されたオールド・ジョーは、レインメーカーがこの地域にいると知り彼を捜そうとする。
オールド・ジョーと別れたジョーは、指示された農家に向かい住人サラに警戒される。
そしてジョーは、サラの息子シドを含む三人の子供の命を、オールド・ジョーが狙っていることに気づくのだが・・・。
__________

「BRICK ブリック」(2006)で組んだライアン・ジョンソンジョゼフ・ゴードン=レヴィットの作品で、未来のテクノロジーをそれほど強調せず、終盤では”念力”がキーポイントとなるスリラー的な仕上りとなっている。

未来の犯罪組織を牛耳る謎のリーダー抹殺が中盤から描かれているが、その人物である子供を狙う筋立ては、「ターミネーター」(1984)シリーズを彷彿させる。
子供の母親が同名の”サラ”というのも思わせ振りだ。(SarahとSaraで綴りはちがうが・・・)

豪華キャストや設定の割には製作費は3000万ドルに抑えられ、北米興行収入は約6700万ドルに留まるが、全世界では約1億7700万ドルのヒットとなった。

主演のジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、さすがに若手実力派らしく、大スターのブルース・ウィリスを相手に引けを取らない存在感で画面を支配する。

別人のような顔で登場するジョゼフ・ゴードン=レヴィットは、鼻の形や口元など、ブルース・ウィリスの特徴を良く捉えた見事なメイクで、表情や仕草なども雰囲気を出して好演。
助演に徹し出番が少ないかと思ったブルース・ウィリスも、重要な役柄を熱演している。

息子の運命を知る念力能力を持つ女性を演ずるエミリー・ブラント、呆気なく姿を消すのが残念な主人公の親友ポール・ダノなど、豪華な顔ぶれも嬉しい。

”ルーパー”を仕切るジェフ・ダニエルズ、その部下で、しぶとく画面に登場するノア・セガン、主人公と関係する売春婦パイパー・ペラーボ、恐ろしい演技が印象的な、”レインメーカー”になるはずの少年ピアース・ガニォン、組織の一員ギャレット・ディラハント、オールド・ジョーの妻シュイ・チン、ダイナーのウエイトレス役でトレイシー・トムズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター