マチェーテ Machete (2010) 3/5 (5)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロバート・ロドリゲス作品「グラインドハウス」(2007)の偽の予告編で登場し、ダニー・トレホを主演に長編映画として製作した作品。
麻薬組織に妻子を殺されたメキシコの連邦捜査官が復讐を果たすまでを描く、製作クエンティン・タランティーノ他、製作、監督、脚本、編集ロバート・ロドリゲスジェシカ・アルバロバート・デ・ニーロミシェル・ロドリゲススティーヴン・セガールドン・ジョンソンリンジー・ローハン他共演によるバイオレンス・ハード・アクションの決定版。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督
ロバート・ロドリゲス

イーサン・マニキス
製作総指揮
アラン・バーノン
アンソニー・グダス
マイルズ・ネステル
製作
エリザベス・アヴェラン

ロバート・ロドリゲス
リック・ シュウォーツ
クエンティン・タランティーノ
脚本
ロバート・ロドリゲス

アルヴァロ・ロドリゲス
撮影:ジミー・リンゼイ
編集
レベッカ・ロドリゲス
ロバート・ロドリゲス

音楽:ジョン・デブニー

出演
マチェーテ・コルテス:ダニー・トレホ

サルタナ・リヴェラ:ジェシカ・アルバ
ジョン・マクラフリン上院議員:ロバート・デ・ニーロ
ルース:ミシェル・ロドリゲス
ロヘリオ・トーレス:スティーヴン・セガール
エイプリル・ブース:リンジー・ローハン
マイケル・ブース:ジェフ・フェイヒー
司祭:チーチ・マリン
ヴォン・ジャクソン:ドン・ジョンソン
看護師:エリース・アヴェラン
看護師:エレクトラ・アヴェラン
オサイリス・アマンポア:トム・サヴィーニ
フリオ:ダリル・サバラ
ジューン・ブース:アリシア・レイチェル・マレク
ブースの右腕:シェー・ウィガム

トーレスの右腕:シェリル”チン”カニンガム
リポーター:アラ・セリ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2010年製作 105分
公開
北米:2010年9月3日
日本:2010年11月6日
製作費 $10,500,000
北米興行収入 $26,589,953
世界 $44,093,316


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

メキシコ
マチェーテ”を武器に犯罪者に立ち向かう、連邦捜査官マチェーテ・コルテス(ダニー・トレホ)は、上司の指示を無視して、麻薬王ロヘリオ・トーレス(スティーヴン・セガール)を捕らえようとする。

しかし、マチューテは、上司の裏切りに遭い捕らえられて、トーレスに妻子を殺されてしまう。

3年後、テキサス
日雇い労働者を監視するICE(入国・税関取締局)捜査官サルタナ・リヴェラ(ジェシカ・アルバ)は、不法入国者の援助をする組織”ネットワーク”のリーダーがルース(ミシェル・ロドリゲス)だと確認する。

その場でリヴェラは、見かけぬ労働者マチューテに目を付ける。

国境付近。
ジョン・マクラフリン上院議員(ロバート・デ・ニーロ)は、移民狩りをする自警団のリーダー、ヴォン・ジャクソン(ドン・ジョンソン)と共に不法入国者を容赦なく射殺する。

その様子を撮影させたマクラフリンは、映像を選挙活動に使うが、強攻策が裏目に出て支持率は急降下する。

ある日、仕事を得ようとしていたマチューテは、ビジネスマン風の男マイケル・ブース(ジェフ・フェイヒー)に誘われ、人を殺したことがあるかを問われる。

ブースのオフィスに連れて行かれたマチューテは、不法移民排除の強硬派マクラフリン抹殺を、15万ドルで請け負うよう強要される。

マチェーテ”と銃器、携帯電話を受け取ったマチューテは、現金を同胞を救うための資金としてルースに提供する。

そしてマチューテは、支持された通り、マクラフリンを演説会場で狙撃しようとする。

しかし、ブースの右腕の殺し屋(シェー・ウィガム)が一瞬早くマクラフリンを銃撃する。

マチューテも銃撃されて逃走するが、彼は駆けつけた警官に捕らえられてしまう。

その後、マチューテは、隠し持っていた”マチェーテ”を使い警官を殺し、パトカーから脱出して、その場から逃げ去る。

マクラフリンは足に銃弾を受け、ブースは今回の件を、手を組んでいたトーレスに報告する。

送られてきた映像で、マチューテを確認したトーレスは、罠にはめたブースに彼が死んだのかを確認する。

ブースはマチューテの死を保証するが、彼が逃走したことを知った殺し屋は病院に向かう。

それに気づいたマチューテは、殺し屋を倒して逃走するが、彼は、マクラフリンの狙撃犯として指名手配され、リヴェラもそれを知る。

傷を負っていたマチューテは、通りがかったルースに助けられ、彼女の家で介抱される。

マクラフリンは、この事件をきっかけに支持率が急上昇し、それにより、他の候補も国境警備強化法案に賛同する。

その頃、リヴェラはマチューテの行方を追い、彼がメキシコの元連邦捜査官だということを知る。

ブースから、マチューテを必ず見つけ出すよう指示を受けた殺し屋は、ルースの家に向かう。

マチューテはそれを迎え撃ち、殺し屋の手下達を倒し、現れたリヴェラに車に乗せられる。

事件現場には、他にも狙撃犯がいたことを、マチューテはリヴェラに話す。

リヴェラの銃を奪ったマチューテは、自分を雇った者の名前を問われても答えなかった。

同じ頃、ブースもマチューテが凄腕の元捜査官だということをトーレスから知らされる。

ブースはマチューテを殺すために、オサイリス・アマンポア(トム・サヴィーニ)を雇う。

リヴェラの家で、協力を得られることを確認したマチューテは、自分を罠にはめたブースを捕らえ、引き渡すことを約束する。

家を爆破されたルースは、隠してあった武器を用意して、行動に出ることを仲間のフリオ(ダリル・サバラ)に告げる。

そこに現れたリヴェラは、ルースから組織の活動内容を聞き、彼女らには手を出さず立ち去る。

マチューテは司祭である兄(チーチ・マリン)に会い、ブースがマクラフリンの側近で、麻薬取引の黒幕だと知らされる。

ブースの屋敷に侵入したマチューテは、彼の妻ジェーン(アリシア・レイチェル・マレク)と娘エイプリル(リンジー・ローハン)を眠らせて誘拐する。

マチューテは、ブースの陰謀を暴く証拠を持ち帰りリヴェラに渡す。

そしてリヴェラは、ルースの組織が犯罪には無関係だったことがを確認し、マチューテは、この一件にトーレスが絡んでいることを知る。

ルースの前に現れた自警団のジャクソンは、尚も自分達に立ち向かおうとする彼女を銃撃する。

ブースは、オサイリスらに司祭の教会を襲撃させ、彼を捕らえ、妻子の居場所を吐かせようとする。

襲われたマチューテとリヴェラは、彼女の命も狙われていることに気づき、司祭が磔にされ殺されていることも知る。

マチューテは、ブースに連絡を入れて彼を殺そうとするが、同じ頃、トーレスが現地に向かう。

リヴェラは、不法入国者のマチューテの正義を信じ、彼が手に入れたブースの資料を、テレビ・レポーター(アラ・セリ)に渡す。

レポーターは、会見の席に現れたマクラフリンとブースの前で、司祭の殺害現場や、不法入国者の射殺場面の映像を流す。

マクラフリンは責任を追及してブースを銃撃し、ジャクソンの元に向かう。

ブースは、現れたマチューテに、トーレスが来ることを伝えて息絶える。

ようやく目覚めたジェーンとエイプリルは、ブースが裏切られ、マクラフリンに殺されたことを知らされる。

マチューテは、ルースが殺されたことをフリオから聞き、組織の協力を得て自警団に立ち向かう準備を始める。

リヴェラもメキシコ人達を扇動するが、現れたトーレスに捕らえられる。

ジャクソンはマチューテを雇い芝居を打ち、自分達を騙そうとしたマクラフリンを処刑して、テレビで中継しようとする。

そこに、組織の一団を引き連れたマチューテが現れ、自警団に襲いかかる。

巨大な”マチェーテ”を手にしたマチューテは暴れ回り、片目を失いながらも、実は生きていたルースも戦いに加わる。

ルースは、マクラフリンを救い出して味方に付けるのだが、共に戦っていた彼は、シスターに扮して現れたエイプリルに射殺される。

逃亡しようとしたジャクソンは、ルースの復讐に遭い殺される。

そして、マチューテは、現れたトーレスと一騎打ちになり、二人は剣を交える。

劣勢のマチューテだったが、隙を見てトーレスの腹部に”マチェーテ”を突き刺す。

トーレスは潔く負けを認め、自らの手で止めを刺して息絶える。

防弾チョッキで命拾いしたマクラフリンだったが、自警団に追われて射殺されてしまう。

その後、マチューテを追ってきたリヴェラは彼にIDを渡す。

しかし、マチューテは、それが不要だとリヴェラに伝え、彼女を伴い新たな人生に向かい旅立つ。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「マチェーテ」(2010)
・「マチェーテ・キルズ」(2013)

*(簡略ストー リー)

メキシコの連邦捜査官マチェーテ・コルテスは、麻薬組織のトーレスと癒着する上司に裏切られ妻子を殺される。
3年後、生かされたマチューテはアメリカに逃れ、日雇いの労働者としてその日暮らしをしていた。
そんな、密入国者マチューテの立場を利用して目を付けた男ブースは、国境警備強化の強硬派マクラフリン上院議員殺害を強要する。
マチューテは、それを15万ドルで引き受けるが、メキシコ人を支援する組織のリーダー、ルースに、その現金を提供してしまう。
マチューテは、指示通りマクラフリンを狙撃しようとするが、ブースの罠にはめられ、狙撃犯として捕らえられてしまう。
その後、逃亡したマチューテはルースに助けられ、ICE(入国・税関取締局)の捜査官リヴェラと接触する。
その後マチューテは、リヴェラやルースの協力を得て、自分を裏切ったブースを捕らえようとする。
そしてマチューテは、ブースがトーレスと手を組んだ、麻薬取引の黒幕だということを知り、復讐に燃える・・・。
__________

ロバート・ロドリゲス作品の常連でもある、悪役面No1役者と行っても過言でないダニー・トレホの初主演作ということで話題になった作品。

2013年に続編「マチェーテ・キルズ」が公開された。

犯罪者か犯罪組織の殺し屋で脇役という役柄がほとんどのダニー・トレホが、当然、見た目はいつもと変わらない。
しかし、彼が画面に登場する場面がこれだけ多いと、とてつもないインパクトがあることが再確認でき、見ていてワクワクしてくる、味のある役者だということが分かる。

また、厳つい初老の男の勇気に、美女達が魅了されていく姿も不思議に絵になり、思わず嬉しくなってしまう。

お決まりの過剰な演出も、ロバート・ロドリゲスならではで、どこかユーモラスな展開も、ホラー映画に匹敵する内容を和らげ、痛快で後味のよい仕上がりになっている。

さらには、やや呆気ない戦いではあったが、豪傑スティーヴン・セガールとの対決に向かい盛り上がるクライマックス、サービス精神旺盛なアクションなど見所の多い作品で、文句なく楽しめる一作だ。

見事にラジー賞を受賞してしまった、やややり過ぎな演技も、R・ロドリゲス作品故に許したくなるセクシーなICE捜査官ジェシカ・アルバ、墓穴を掘る悪徳政治家を楽しそうに演じているロバート・デ・ニーロ、戦士のような支援組織のリーダー、ミシェル・ロドリゲス、巨体を生かし威圧感ある麻薬王を演ずるスティーヴン・セガール、事件の黒幕ジェフ・フェイヒー、その娘でヌードも疲労するリンジー・ローハン、自警団のリーダー、ドン・ジョンソン、主人公の兄で司祭のチーチ・マリン、お色気の看護師エリース・アヴェランエレクトラ・アヴェラン、黒幕ブース(J・フェイヒー)に雇われる殺し屋トム・サヴィーニ、組織の若者ダリル・サバラ、ブースの妻アリシア・レイチェル・マレク、ブースの右腕の殺し屋役のシェー・ウィガム、トーレスの右腕シェリル”チン”カニンガム、テレビ・レポーターのアラ・セリなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター