マーゴット・ウェディング Margot at the Wedding (2007) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妹の結婚式に息子と実家を訪れた情緒不安定な作家が自分を見つめ直す姿を描く、監督、脚本ノア・バームバック、主演ニコール・キッドマンジェニファー・ジェイソン・リージャック・ブラックキアラン・ハインズジョン・タトゥーロ他共演のドラマ。


ドラマ

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ノア・バームバック
製作:スコット・ルーディン

脚本:ノア・バームバック
撮影:ハリス・サヴィデス

編集:キャロル・リトルトン

出演
ニコール・キッドマン:マーゴット
ジェニファー・ジェイソン・リー:ポーリン
ジャック・ブラック:マルコム
ゼイン・パイス:クロード
キアラン・ハインズ:ディック・クーズマン
ハリー・フェイファー:メイジー・クーズマン
ジョン・タトゥーロ:ジム
フローラ・クロス:イングリッド
セス・バーリッシュ:トビー
アシュリー・アトキンソン:ベッキー

アメリカ 映画
配給 Paramount Vantage
2007年製作 92分
公開
北米:2007年11月16日
日本:未公開
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $1,959,420
世界 $2,897,757


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ややノイローゼ気味の作家マーゴット(ニコール・キッドマン)は、妹ポーリン(ジェニファー・ジェイソン・リー) の結婚式出席のため、11歳の息子クロード(ゼイン・パイス)と共に疎遠だった実家を訪れる。

ポーリンの婚約者マルコム(ジャック・ブラック)が、頭はいいが、無職で新聞に投稿しているだけの、魅力も全くない自由人だということに、マーゴットは不安を感じる。

マーゴットとポーリンは、お互いをどこかおかしな人種と決め付けてシックリこない。

夫ジム(ジョン・タートゥーロ)と離婚を考えるマーゴットは、仕事仲間のディック・クーズマン(キアラン・ハインズ)に口説かれるが、なかなかその気になれない。

ポーリンの妊娠を知ったマーゴットは、それをクロードに話してしまい、ポーリンの娘イングリッド(フローラ・クロス)に伝わってしまう。

イングリッドの動揺を見たポーリンは、秘密をバラしたマーゴットに怒りを感じ、マルコムにも妊娠のことを話してしまう。

式が近づき、ジムも実家に現れるが、マーゴットは彼を受け入れられず追い返してしまう。

隣人と諍いの絶えないマーゴットは、クロードを彼らに傷つけられる。

しかし、クロードは、それがマーゴットのせいだ とわめき散らす。

マーゴットが、自分達の結婚生活をネタに記事にしたことで、彼女と絶縁状態になったことを、ポーリンはクロードに話して聞かせる。

ディックが、マーゴットとの講演会で、彼女に意地の悪い質問をしてしまい、彼女は動揺して傷ついてしまう。

母マーゴットを気遣うクロードだったが、彼女は息子が変わってしまったと嘆き、クロードはショックを 受ける。

マルコムが、ディックの娘メイジー(ハリー・フェイファー)と浮気したことを知ったポーリンは憤慨して、彼女を責めようとするが逃げられてしまう。

娘メイジーから、マルコムとのことを知らされたディックは、彼を痛めつける。

ポーリンは、怒りをマーゴットにぶつけ姉妹は罵り合う。

その時、イングリッドが隣人の要請で、切ろうとしていた裏庭の大木の下敷きになりそうになる。

それに気づいたポーリンがイングリッドを助け、大木は倒れて、結婚式のテントは潰れてしまう。

マーゴットとポーリンは、クロードとイングリッドを連れて実家を逃げ出してしまう。

ポーリンとイングリッドは母親の元に向かい、マーゴットはクロードをジムの住む山荘に行かせようとする。

自分と一緒にいることを望むクロードを、無理矢理バスに乗せたマーゴットだったが、出発したバスを止めて、彼女も息子と山荘に向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ノイローゼ気味の作家マーゴットは、妹のポーリンの結婚式のために、11歳の息子クロードと共に、疎遠になっていた実家を訪れる。
マーゴットは、ポーリンの婚約者マルコムが、魅力もない自由人だということを不安に思い、お互い、おかしな人種と決め付けている姉妹の仲もシックリこない。
夫ジムと離婚を考えるマーゴットは、仕事仲間のクーズマンに口説かれるが、その気になれない。
そんな時、マーゴットはポーリンの妊娠を知り、それが彼女の娘イングリッドに伝わり、彼女は動揺してしまう。
ポーリンは、秘密を話したマーゴットに怒りを感じ、それをきっかけに、いくつかの騒動が巻き起こる・・・。
__________

魅力的なキャスティングではあるが、拡大公開されることなく、商業的な成功を狙った作品ではない。

日本では未公開に終わった作品で、おかしな邦題に頭を傾げてしまう・・・。

監督は、主人公の妹役ジェニファー・ジェイソン・リーの夫でもあるノア・バームバック

元々の人格か薬のせいかが不明な、ノイローゼ気味の主人公と妹を中心に描かずに、その雰囲気はあるが、息子クロードの視線で捉えた作風の方が、面白味があったかもしれない。

離婚問題や、思春期に差し掛かった息子の変化に戸惑いながら、11歳の息子を持つ母親には見えない、相変わらずの美しさのニコール・キッドマンは、情緒不安定気味でわがままな女流作家を好演している。

妹役のジェニファー・ジェイソン・リーの方が、実は5歳も年上なのに、彼女も年齢よりかなり若く見え、姉妹関係の違和感を感じないのは、やはりニコール・キッドマンの貫禄だろう。

いかにもダメ男風の婚約者を演ずるジャック・ブラックは、今一彼の本領を発揮し切れていないような物足りなさもある。

母離れが出来そうで出来ない、中途半端な思春期の少年ゼイン・パイス、主人公の仕事仲間兼愛人になりつつあるキアラン・ハインズ、その娘ハリー・フェイファー、主人公の夫ジョン・タトゥーロ、妹の娘役フローラ・クロスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター