あぁ、結婚生活 Married Life (2008) 3.5/5 (20)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

不自由ない結婚生活を送っているように見える夫婦と、それに絡む男女の愛憎や殺人にまでエスカレートする欲望の追求などを描く、主演クリス・クーパーピアース・ブロスナンパトリシア・クラークソンレイチェル・マクアダムス、製作、監督、脚本アイラ・サックスによる異色のラブ・サスペンス。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:アイラ・サックス
製作
アイラ・サックス

スティーヴ・ゴリン
シドニー・キンメル
ジャワル・ガー
原作:ジョン・ビンガム”Five Roundabouts to Heaven”
脚本
オーレン・ムーヴァーマン

アイラ・サックス
撮影:ピーター・デミング
編集:アフォンソ・ゴンキャルヴァス
音楽:ディコン・ヒンチリフ

出演
ハリー・アレン:クリス・クーパー

リチャード・ラングレー:ピアース・ブロスナン
パット・アレン:パトリシア・クラークソン
ケイ・ネスビット:レイチェル・マクアダムス
ジョン・オブライエン:デヴィッド・ウェンハム
トム:デヴィッド・リッチモンド=ペック
アルヴィン・ウォルターズ:ティモシー・ウェッバー

アメリカ 映画
配給
MGM
ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2008年製作 90分
公開
北米:2008年3月7日
日本:2008年9月13日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $1,506,998
世界 $2,851,815


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1949年9月5日。
ビジネスで成功を収めている中年男性ハリー・アレン(クリス・クーパー)は、親友のリチャード・ラングレー(ピアース・ブロスナン)を呼び出し相談を始める。

ハリーは人生を価値あるものにしようと、妻パット(パトリシア・クラークソン)との結婚生活を捨て、恋人のケイ・ネスビット(レイチェル・マクアダムス)との人生を選ぼうとする。

パットを傷つけたくないために、ハリーはそれを彼女に切り出せないでいたが、ある計画を考えてる。

そこにケイが現れ、ハリーとは不釣合いな若くて天使のような女性が、どうして彼と恋仲になったのか、リチャードは疑問に思う。

ハリーは、遠まわしに愛情が薄れた場合の話しをパットにしてみると、彼女はショックを受けて発作を起こしてしまう。

リチャードは、ハリーが出張の際にケイの世話を頼まれ、彼女から戦争で夫を失ったことなどを聞き、二人で食事に出かける。

ケイに惹かれてしまったリチャードは、彼女がハリーを死ぬほど好きで、結婚まで考えていると聞き改めて驚いてしまう。

ある日、ハリーはケイとの情事の帰りに、道端でアルヴィン・ウォルターズ(ティモシー・ウェッバー)という男性を拾う。

ウォルターズは、7ヶ月も闘病で苦しんだ姉を看取った帰りだったのだ。

苦しみから解放された姉が、ようやく安らぎを得られただろうということを、ウォルターズはハリーにしみじみと話す。

そしてハリーは、帰宅してベッドに入りパットの手が触れた瞬間、彼女を苦しみから解放するために、殺害する決心をする。

ハリーは薬局で毒物を手に入れ、”アルヴィン・ウォルターズ”とサインし、アスピリンの容器にそれを入れて持ち帰る。

10月7日。
ケイへの思いが募るリチャードは、ハリーが離婚を決意するまでに彼女を手に入れようとする。

そんな時、ハリーの別荘に寄ったリチャードは、彼とも知り合いの、売れない作家ジョン・オブライエン(デヴィッド・ウェンハム)とパットとの浮気現場を目撃してしまう。

その場を立ち去ろうとしたリチャードは、ジョンに呼び止められて気まずい時間を過ごし、二人から愛し合っていることを告げられる。

そしてリチャードは、パットもハリーのことが心配で離婚を決意できないということを聞かされる。

ハリーとパット、両者の気持ちを知ったリチャードは考える。

二人が離婚すれば丸く収まるのだが、それでは自分がケイを失ってしまうことになる・・・・。

そこでリチャードは、自分に都合がいいように、二人の離婚を阻止しようとする。

ハリーは、毒物を愛犬に試して死亡させてしまい、一方でリチャードは、愛犬の死に悲しむパットに同情し、自分は手を引こうとも考える。

しかし、それを切り出せず、ハリーの優しさのない態度を見たリチャードはケイに接近する。

10月26日。
ハリーは計画を実行に移し、パットの胃薬に毒物を入れて出社する。

家の電話の回線が故障し、ハリーは様子を探るために隣人に電話して様子を見てきてもらう。

家からは応答がなく、パットが死んだと思い会社で動揺するハリーだったが、そこに、薬を飲まなかった彼女から電話が入る。

パットが就寝前に薬を飲むと聞いたので、ハリーは仕事で遅くなると彼女に告げてケイの元に向かう。

食事を済ませたケイは、人を不幸にしては自分の幸せは得られないと、ハリーに別れ話を切り出す。

気分を害したハリーはその場を去り、二階にいたリチャードが、ケイの元に歩み寄り彼女を抱きしめる。

しかし、ケイに自分の出した手紙を返すよう言いに戻ったハリーは、二人の関係を知ってしまう。

パットが薬を飲む前に帰宅しようとしたしたハリーは焦り、途中でパトカーに止められてしまい、家に着きベッドの上で倒れこむパットを見つける。

ハリーは動揺するが、庭を男(ジョン)が駆け去っていくの見かける。

すると、薬を飲んでいなかったパットが、起き上がりハリーに話しかける。

ハリーは安堵して、パットを抱きしめて愛を告げる。

そして、ハリーが摩り替えた薬を飲んでパットは眠りに付く。

リチャードとケイは、ハリーが落ち着くまで様子を見てから彼の家を訪ねる。

何事もないよう接するしかないハリーは、リチャードとケイを歓迎して食事を共にし、二人が結婚することを聞いて祝福する。

ハリーは、パットを毒殺しようとしたことをリチャードに話すが、その後も果たせなかった夢の後、悔は口にせず、パットに愛情を注ぐ。


解説 評価 感想 ■

1953年に発表された、ジョン・ビンガムの小説”Five Roundabouts to Heaven”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

1940年代の終わり。
中年男性ハリー・アレンは、結婚生活に不満がある訳ではないが、価値ある人生を送りたいと考える。
そこでハリーは、若い女性ケイを恋人にして情事を繰り返す。
ハリーに、彼とは不釣合いなケイを紹介された親友リチャードは、一目で彼女に惹かれてしまう。
妻パットに離婚を切り出せずに悩み、傷つけたくないと考えるハリーは、彼女の殺害を計画する。
そして、リチャードがケイに惹かれてしまったこともら知ずに、ハリーは計画をを実しようとするのだが・・・。
__________

主な登場人物の4人は、基本的には善良な人々なのだが、それぞれが身勝手でもあり、それが、大真面目に描かれていても、どこかユーモラスに見えるところが興味深い。

また、中盤は、妻殺害計画がサスペンス・タッチで進む展開も面白味がある。

1940年代後半の、アメリカ中流社会のイメージを再現した、衣装やセットも楽しめる。

オープニング・タイトルで流れる、ドリス・デイの”I Can’t Give You Anything But Love”も効果的に使われ、当時の雰囲気がよく出ている。

彼にしては珍しいタイプの役柄で、家庭的な雰囲気で登場するクリス・クーパーは、中盤に彼らしくクセのある人物に変貌する辺り、さすがに実力派らしく、変幻自在の見応えある演技を見せてくれる。

裏切りと見るか、または結果的には主人公の人生を救ったとも言える、いかにもプレイボーイ風の親友ピアース・ブロスナン、夫無しでは生きていけないように見せかけ、ちゃっかり浮気しているパトリシア・クラークソン、成り行きで”鞍替え”するのも致し方ないのか・・・レイチェル・マクアダムス、結局主人公の妻との浮気もばれず、その後も夫婦と付き合うデヴィッド・ウェンハムなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター