僕と彼女とオーソン・ウェルズ Me and Orson Welles (2009) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

俳優志望の高校生が、演劇界の革命児オーソン・ウェルズに気に入られ劇団の仲間入りを果たし大人へと成長するワンステップを描いた、監督リチャード・リンクレイター、主演ザック・エフロン クレア・デインズ クリスチャン・マッケイゾーイ・カザン共演によるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・リンクレイター
原作:ロバート・ カプロウ
脚本
ホリー・ジェント・パルモ

ヴィンス・パルモJr.
撮影:ディック・ホープ
編集:サンドラ・アドエアー
音楽:マイケル・J・マックエヴォイ

出演
リチャード・サミュエルズ:ザック・エフロン

ソニア・ジョーンズ:クレア・デインズ
オーソン・ウェルズクリスチャン・マッケイ
グレタ・アドラー:ゾーイ・カザン
ジョゼフ・コットンジェームズ・タッパー
ジョージ・クールリスベン・チャップリン
ジョン・ハウスマンエディ・マーサン
ミュリエル・ブラスラー:ケリー・ライリー
ノーマン・ロイドレオ・ビル

イギリス/アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ

Freestyle Releasing
Madman Entertainment
2009年製作 113分
公開
イギリス:2009年12月4日
北米:2009年11月25日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $1,186,957
世界 $2,336,172


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1937年11月5日、ニューヨーク
17歳の高校生リチャード・サミュエルズ(ザック・エフロン)は、ある楽器店で、戯曲家志望のグレタ・アドラー(ゾーイ・カザン)と出会う。

俳優志望だったリチャードは、たちまちグレタと意気投合し、シェイクスピア劇”ジュリアス・シーザー”の準備を進める、革命児オーソン・ウェルズ(クリスチャン・マッケイ)のいる”マーキュリー劇場”に向かう。

入り口でウェルズに声をかけられたリチャードは、彼に気に入られて採用される。

リチャードは、周囲を圧倒し全てを仕切るウェルズの魅力に引きつけられる。

その後リチャードは、ブルータスの従者ルシアスの役を得て、ウェルズのアシスタント、ソニア・ジョーンズ(クレア・デインズ)や、若手俳優ノーマン・ロイド(レオ・ビル)、ジョゼフ・コットン(ジェームズ・タッパー)らと親交を深める。

舞台の初演が迫る中、ウェルズの、破天荒で好き勝手な行動に、パートナーのジョン・ハウスマン(エディ・マーサン)は怒り心頭だった。

舞台のリハーサルを続ける傍ら、ウェルズCBSのラジオ番組にも出演し人気を得ていた。

役者のジョージ・クールリス(ベン・チャップリン)は、大恐慌の最中、観客が2ドルのチケットを買って劇場に足を運ぶかを心配する。

ソニアに惹かれ始めたリチャードは、彼女の気を引いてデートの約束をする。

ある日、リチャードは地下室でスプリンクラーを作動させ、劇場を水浸しにしてしまったり、学校をサボり劇場に行っていた事などが家族に知られたりもする。

そんな時、リチャードは美術館でグレタに再会し、彼女が書いた短編小説を、”ザ・ニューヨーカー”に知り合いがいる、ソニアに渡してみることを約束する。

そして、リハーサルも大詰めとなり、リチャードはソニアと食事に行った帰りに、ウェルズのアパートを借りて二人は愛し合う。

初日を翌日に控え、ソニアはウェルズの誘いを断れず、仕方なくリチャードは彼女とのデートを諦める。

翌朝、アパートの前で二人を待っていたリチャードは、自分を子ども扱いするウェルズに噛み付き、解雇されてしまう。

リチャードは、コットンロイドに、ウェルズに謝罪するよう説得され、自分を役者と認めた彼と和解する。

開演直前、クールリスが緊張の余り胸の苦しさを訴えるが、ウェルズが彼を落ち着かせて、そして舞台の幕は開く。

リチャードも小さな役をこなした舞台は、観客から喝采を受け、盛大な打ち上げパーティーが催される。

しかし、実はリチャードを許していなかったウェルズは、彼を解雇することをコットンに伝えさせる。

失意のリチャードを、「風と共に去りぬ」の撮影準備中であった、デヴィッド・O・セルズニックの元で働くことになったソニアが慰め、彼女は軽いキスをして去って行く。

その後、ウェルズの劇団は各方面で絶賛され、グレタと会ったリチャードは、彼女の短編が”ザ・ニューヨーカー”に掲載されることを知り喜ぶ。

そして、二人は自分達の可能性に期待しながら、食事に向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

高校生のリチャード・サミュエルズは、俳優を目指す夢を実現しようと、シェイクスピア劇”ジュリアス・シーザー”の準備を始めていた、演劇界の若き革命児である
オーソン・ウェルズの”マーキュリー劇場”を訪ねる。
運良くウェルズに気に入られたリチャードは、ブルータスの従者ルシアスの役を得ることができる。
リチャードは、若き情熱家達に囲まれて充実した日々を過ごし、ウェルズのアシスタント、ソニアとの親交を深める。
そんなリチャードは、周囲を圧倒し全てを仕切るウェルズの魅力に引きつけられる。
しかし、ウェルズのパートナー、ジョン・ハウスマンは、彼の好き勝手な行動に憤慨し、役者のジョゼフ・コットンノーマン・ロイドジョージ・クールリスも困惑する・・・。
__________

主人公の高校生が17歳という設定で、どう見ても周囲から見るとやんちゃな子供のように思えるのだが、実は、この1937年、オーソン・ウェルズは弱冠22歳で、主人公にとっては兄のような存在である。
10代の半ばから演劇経験はあるとは言え、オーソン・ウェルズのその圧倒的存在感と統率力は正に天才と評され、リチャード・リンクレイターは、その凄まじいばかりのカリスマの持ち主である彼の人物像を、見事に表現している。

主人公の少年も、かなり異端児として描かれているが、独自の考えで自分の世界を造りだすために、少年の夢を容赦なく踏みにじる人物にウェルズを描くことで、当時、偉才を放ったとてつもない大物として見事に描写されている。

拡大公開もされなかったため、商業的には成功した作品とは言えず、当然、日本では劇場未公開に終わった。

主演のザック・エフロンは、大人の世界を楽しむ俳優志望の少年を好演するが、なんと言っても、イギリス人俳優でありながら、伝説の男オーソン・ウェルズを演じた、クリスチャン・マッケイの怪演が見ものであり、その物腰や話し方など、見事に本人の特徴を捉えて演じ切り、各方面で絶賛された。

また、ジョゼフ・コットンの体の線や姿勢などを、よく研究して演じていることが窺えるジェームズ・タッパーの演技や、実は当時まだ30代半ばだったのに年寄り扱いされるジョン・ハウスマンを演ずるエディ・マーサンジョージ・クールリスベン・チャップリンノーマン・ロイド役のレオ・ビルなど、後に活躍する名優達を演ずる共演者達の存在も見逃せない。

厳しい世界で働くだけあり、終盤、野心家の一面も見せるウェルズのアシスタント、クレア・デインズ、主人公と親交を深める戯曲家志望の女性ゾーイ・カザン、女優ケリー・ライリーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター