ミーン・ストリート Mean Streets (1973) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

後に名コンビとなる、マーティン・スコセッシ(製作、監督、脚本)とロバート・デ・ニーロが初めて組んだ作品。
社会に馴染めずに大人になりきれない青年と彼を見捨てられない友の挫折や友情を描く、ハーヴェイ・カイテルデヴィッド・プローヴァルエイミー・ロビンソンデヴィッド・キャラダイン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:マーティン・スコセッシ
製作
マーティン・スコセッシ

ジョナサン・タプリン
脚本
マーティン・スコセッシ

マーディック・マーティン
撮影:ケント・ウェイクフォード
編集:シドニー・レヴィン

出演
ジョニー・ボーイ:ロバート・デ・ニーロ
チャーリー:ハーヴェイ・カイテル
トニー:デヴィッド・プローヴァル
テレサ:エイミー・ロビンソン
酔っ払い:デヴィッド・キャラダイン
銃を持った少年:ロバート・キャラダイン
マイケル:リチャード・ロマナス
ジョヴァンニ:チェザーレ・ダノーヴァ
マリオ:ヴィクター・アルゴ
ダイアン:ジーニー・ベル
ジョーイ:ジョージ・メモーリ
オスカー:マーレイ・モストン
兵士:ハリー・ノーサップ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1973年製作 111分
公開
北米:1973年10月14日
日本:1980年11月
製作費 $500,000
北米興行収入 $32,645


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨークリトル・イタリー
27歳になるチャーリー(ハーヴェイ・カイテル)は、定職を持たず、マフィアの幹部でる叔父のジョヴァンニ(チェザーレ・ダノーヴァ)の会社の手伝いをしていた。

チャーリーは、高利貸しのマイケル(リチャード・ロマナス)らと、トニー(デヴィッド・プローヴァル)のバーに入り浸る毎日を送っていた。

そんなチャーリーは、トラブル・メイカーで仲間達が相手にしないジョニー・ボーイ(ロバート・デ・ニーロ)を見捨てられなかった。

ある夜、バーで、男(ロバート・キャラダイン)が酔った客(デヴィッド・キャラダイン)を銃殺する事件が起き、慌てたチャーリーとジョニーは店を出る。

その後、チャーリーは恋人テレサ(エイミー・ロビンソン)と愛し合い、バーで起きた事件のことを彼女に話す。

テレサは、親元を離れアパートを借りることをチャーリーに伝え、彼と一緒に暮らすことを望む。

しかし、仲間と離れて暮らすことが出来ないチャーリーは、それを拒む。

テレサは、チャーリーがジョニーと付き合うための口実だと言って憤慨する。

自分のいとこのジョニーを、テレサは家族の恥さらしだと罵るが、チャーリーは彼を見捨てられないことを伝える。

そんなある日チャーリーは、ジョニーと、癲癇の病気があるテレサと付き合うことを、よく思っていないとジョヴァンニから言われる。

ジョヴァンニは、チャーリーに、それなりの人間と付き合うことを伝え、借金のかたに手に入れるオスカー(マーレイ・モストン)のレストランを、彼に任せようと考えていた。

それをうまくテレサに伝えられないチャーリーは、マイケルから、ジョニーがつかまらず、借金の取立てが出来ないと愚痴をこぼされる。

テレサから、ジョニーが銃を持ってアパートの屋上にいることを知らされたチャーリーは、その場に向かう。

チャーリーは、辺りを銃撃しているジョニーをその場から連れ去り、仕事をさぼったことや借金のこのことで説教をする。

しかし、ジョニーは再び姿を消してしまい、マイケルはテレサにまで彼の行方を聞こうとする。

そのことでチャーリーを追及するテレサは苛立つが、そこにジョニーが現れる。

チャーリーは、自分の言うことを聞かないジョニーを激しく責めるが、テレサが癲癇の発作で倒れてしまう。

それでもジョニーを助けようとするチャーリーは、彼に金を渡して、マイケルに借金を返すよう指示する。

マイケルはそれに納得するはずもなく、開き直ったジョニーは彼を侮辱して銃を向ける。

ジョニーはマイケルを追い払い、激怒するチャーリーだったが、仕方なく彼を連れて、身を隠すために映画館に向かう。

その後、意識を取り戻したテレサに謝罪したチャーリーは、ジョニーを連れて三人で湖に向かう。

しかし、後を追っていたマイケルと手下に、三人は銃撃されて事故を起こしてしまう。

銃弾を受けたジョニーは路地をふらつきながら歩き、車から降りたチャーリーと車内のテレサは、駆けつけた警察に助け出される。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

マフィアの幹部を叔父に持つ青年チャーリーは、周囲から白い目で見られている自堕落な男ジョニー・ボーイを、友として見捨てられずにいた。
叔父のジョヴァンニは、チャーリーがジョニーと付き合うことをよく思わなかった。
ジョニーと、そのいとこである恋人のテレサとも手を切ることを、ジョヴァンニに指示されたチャーリーは苦悩する。
さらにチャーリーは、高利貸しのマイケルの借金を返そうともしないジョニーに手を焼く。
そんなチャーリーは、ジョニーを突き放せずに、何とか立ち直らせようと手を尽くすのだが・・・。
__________

大都会の下町で、悶々とした毎日を送る若者達の姿を鋭く描く、マーティン・スコセッシの初期作品の力作で、ロバート・デ・ニーロハーヴェイ・カイテルなど、後にハリウッドの誇る演技派となる、彼らの才能が垣間見られる演技を堪能できる作品でもある。

1997年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

ほとんど無名と言える、主人公二人の凄まじい演技を見ていると、アメリカのショービジネス界の層の厚さを痛感し、そういう意味でも実に興味深い作品。

ハーヴェイ・カイテルのメリハリの利いた演技と、セリフには思えないロバート・デ・ニーロの自然な演技、マーティン・スコセッシを含めた彼らの現在の成功があるからとは言え、1970年代初頭の貴重な作品に数えられている。

バーのオーナー役のデヴィッド・プローヴァル、チャーリー(H・カイテル)の恋人役のエイミー・ロビンソン、バーで銃撃される男のデヴィッド・キャラダインと異母弟で彼を射殺するロバート・キャラダインの実生活の異母兄弟、高利貸しのリチャード・ロマナス、チャーリーの叔父役のチェザーレ・ダノーヴァ、その右腕のヴィクター・アルゴ、レストランのオーナー、マーレイ・モストン、ベトナム帰還兵ハリー・ノーサップなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター