若草の頃 Meet Me in St. Louis (1944) 4/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1941~42にかけて雑誌に掲載された、サリー・ベンソンの短編を基に製作された。
1904年のセントルイス万国博覧会の開催を待つ弁護士家族を描く、製作アーサー・フリード、監督ヴィンセント・ミネリ、主演ジュディ・ガーランドマーガレット・オブライエンメアリー・アスター他共演によるミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■

監督:ヴィンセント・ミネリ
製作:アーサー・フリード
原作:サリー・ベンソン
脚本
フレッド・F・フィンクルホフ

アーヴィング・ブレッチャー
撮影:ジョージ・J・フォルシー
編集:アルバート・アクスト
音楽
ロジャー・イーデンス

ジョージ・ストール

出演
エスター・スミス:ジュディ・ガーランド

トゥーティ・スミス:マーガレット・オブライエン
アンナ・スミス:メアリー・アスター
ローズ・スミス:ルシル・ブレマー
ジョン・トゥルーイット:トム・ドレイク
ケイティ:マージョリー・メイン
アロンゾ・スミス:レオン・エイムズ
スミス(祖父):ハリー・ダベンポート
ルシル・バラード:ジューン・ロックハート
アグネス・スミス:ジョーン・キャロル
アロンゾ”ロン”・スミスJr.:ヘンリー・H・ダニエルズJr.
ウォーレン・シェフィールド:ロバート・サリー
ダーリー大佐:ヒュー・マーロウ
ニーリー(氷屋):チル・ウィルス

アメリカ 映画
配給 MGM

1944年製作 112分
公開
北米:1944年11月28日
日本:1951年3月10日
製作費 $1,707,561
北米興行収入 $7,566,000


アカデミー賞 ■

第17回アカデミー賞
・ノミネート
脚本・撮影(カラー)
歌曲”The Trolley Song
作曲賞(ミュージカル)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1903年夏、セントルイス
弁護士アロンゾ・スミス(レオン・エイムズ)と妻アンナ(メアリー・アスター)を中心にしたスミス家は、この土地を愛して家族仲良く暮らしていた。

そのセントルイスは、翌年に控える万国博覧会への期待と準備で沸き立っていた。

スミス家の次女エスター(ジュディ・ガーランド)は、兄ロン(ヘンリー・H・ダニエルズJr.)や姉ローズ(ルシル・ブレマー)達とは違い、未だに恋人がいなかった。

そんなエスターは、3週間前に隣に越して来ていた、ジョン・トゥルーイット(トム・ドレイク)に心惹かれていた。

ロンの大学入学祝いのパーティーが、スミス家で開かれることになり、ジョンも招待されることになる。

エスターは、ついにジョンと言葉を交わす機会を得て楽しい時を過ごす。

ジョンは、エスターの妹アグネス(ジョーン・キャロル)とトゥーティ(マーガレット・オブライエン)が、パーティーを覗き見していることに気づく。

トゥーティは、姉エスターとのコンビで、見事な歌と踊りを披露して出席者から喝采を受ける。

パーティーの後、エスターは、ジョンを引き止めて心を通わせ親しくはなるが、それ以上の進展はなかった。

その年のハロウィンで、勇気ある行動を子供達に称えられたトゥーティが、叫び声をあげながら帰ってくる。

母アンナは医者を呼び、娘達とトゥーティを介抱するが、彼女はジョンに殴られたことを家族に話す。

それを聞いたエスターは激怒し、ジョンに乱暴し罵倒して帰宅する。

しかし、それはトゥーティとアグネスの悪戯が原因だということがわかり、エスターはジョンに謝罪に行く。

そんなエスターを、ジョンは温かく迎え入れ彼女にキスしてしまう。

夢み心地で帰宅したエスターだったが、父アロンゾのニューヨーク転勤が決まり、家族は急に暗いムードになってしまう。

家族のための朗報だと思っていたアロンゾだったが、妻アンナや父(ハリー・ダベンポート)、そして子供達にもそれを反対されてしまう。

意気消沈したアロンゾを気遣い、アンナは、彼に従うことを告げてピアノを弾き始め、彼は、それに合わせて歌う。

やがて、両親の元に子供達や祖父、メイドのケイティ(マージョリー・メイン)まで集まり、家族の心は一つになる。

冬になり、エスターとジョンは、クリスマス舞踏会に行く約束をしていたのだが、彼のタキシードが仕度できなくなり、一緒に行くことができず彼女はショックを受ける。

相手のいない兄ロンを、姉ローズと二人でパートナーにしなくてはならないエスターは、さらに悲しみが増す。

それを知った祖父は、孫娘ために自分がパートナーを買って出る。

そして舞踏会は始まり、ローズが心を寄せるウォーレン・シェフィールド(ロバート・サリー)が、ルシル・バラード(ジューン・ロックハート)を伴って現れる。

ルシルが気を効かせ、ウォーレンをローズに譲り彼女はロンの相手をする。

仕方なくエスターは冴えない相手と踊り始め、祖父とのダンスで心が落ち着くが、これがセントルイスでの最後のダンスだと思うと心が沈む。

その時、都合をつけて会場に現れたジョンを見つけた祖父は、ダンスの相手をジョンと代わる。

そして、ジョンはエスターにプロポーズして、彼女はそれを受け入れる。

3日後に、ニューヨークに出発することになっていたエスターは、このことを二人だけの秘密にするよう、彼女との生活を焦るジョンを説得する。

故郷を離れたくないトゥーティの悲しみは深く、帰宅したエスターは、彼女を気遣い慰める。

そんな苦しむ娘達を見た父アロンゾは、春に予定されているセントルイス万国博覧会のことを思い出し、引越しの取り止めを決意する。

家族を集めそれを発表したアロンゾは、妻アンナを固く抱きしめる。

そして翌年の春、華やかな博覧会の会場に、スミス家の一同は出向く。

エスターとジョンも幸せそのものだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1903年夏、セントルイス
弁護士スミスと妻アンナ、息子ロン、娘のローズ、エスター、アグネス、トゥーティ、そして祖父とで暮すスミス家は、仲良く平穏な日々を送っていた。
セントルイスは、翌年に控える万国博覧会への期待と準備で沸き立ち、次女エスターは、3週間前に隣に越して来ていたジョンに心惹かれていた。
そんな時、ロンの大学入学祝いのパーティーが、スミス家で開かれることになり、ジョンも招待される。
エスターは、ジョンと言葉を交わし楽しい時を過ごすものの、それ以上の進展はなかった。
その年のハロウィンで、トゥーティがジョンに殴られるという事件が起き、エスターは激怒し、彼に乱暴し罵倒してしまう。
それが誤解だと分かったエスターはジョンに謝罪し、そして二人は心を通わせる。
夢み心地のエスターだったが、父のニューヨーク転勤が決まり、家族はそれに反対する・・・。
__________

原題”Meet Me in St. Louis”は、1904年4月30日~12月1日にかけて開催されたセントルイス万国博覧会のテーマソングとして使われた曲の題名。

製作年度(1944年)からもわかるように、長引く戦争(第二次大戦)の影響で、疲弊しきったアメリカ国民の心を癒すのに十分な効果を上げ、作品は大ヒットを記録した。

1994年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第17回アカデミー賞では、脚本、撮影(カラー)、歌曲”The Trolley Song”、作曲賞(ミュージカル)にノミネートされた。

同年の傑作ヒューマン・ドラマ「我が道を往く」(1944)に匹敵する人気を誇った、ミュージカルの名作でもある。

テクニカラーによる鮮やかな映像と、美しい家族愛やユーモアを交えた内容、黄金期を迎えるMGMミュージカルの中でも取分け評価の高い作品。

主演のジュディ・ガーランドは、20代前半にして、既にMGMを背負って立っている雰囲気であり貫禄さえ感じる。

本作をきっかけにして、監督ヴィンセント・ミネリジュディ・ガーランドは、翌年1945年に結婚することになる。

当時まだ7歳のマーガレット・オブライエンも、数本の出演作を経て、シャーリー・テンプルに次ぐ天才子役として人気が上がっていただけあり、可愛らしいだけでなく、人を引きつけるものを持っている。

故郷を離れたくない気持ちを全身で表す、クリスマス・イブのシーンはとにかく素晴らしい!!

我が家の楽園」(1938)や「海外特派員」(1940)なども印象に残る、名バイプレイヤーのベテラン、ハリー・ダベンポートが、孫娘達を温かく見守る祖父役を好演している。

夫や子供達に愛情を注ぐ母メアリー・アスター、彼女とは「若草物語」(1949)でも夫婦を演じて、同じく娘役がM・オブライエンでもあった、コミカルな演技が印象的なレオン・エイムズ、長男ヘンリー・H・ダニエルズJr.、長女のルシル・ブレマー、三女のジョーン・キャロル、メイドのマージョリー・メイン、隣人の青年トム・ドレイク、思慮深い女性ジューン・ロックハート、端役でヒュー・マーロウチル・ウィルスも出演している。

また、あまり目立たなかったが、三女のアグネスが、原作者サリー・ベンスン自身の少女時代をモデルにした役らしい。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター