メリンダとメリンダ Melinda and Melinda (2005) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

同じ展開と主人公で始る悲恋とハッピーエンドを、劇作家達が討議しながら創作する二つの物語を描く、監督、脚本ウディ・アレン、出演ラダ・ミッチェルウィル・フェレルクロエ・セヴィニージョニー・リー・ミラーアマンダ・ピートキウェテル・イジョフォー他共演のラブ・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ウディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン
製作総指揮:スティーヴン・テネンバウム
脚本:ウディ・アレン
撮影:ヴィルモス・ジグモンド
編集:アリサ・レプセルター

出演
ラダ・ミッチェル:メリンダ・ロビショー
ウィル・フェレル:ホビー
クロエ・セヴィニー:ローレル
ジョニー・リー・ミラー:リー
アマンダ・ピート:スーザン
キウェテル・イジョフォー:エリス・ムーンソング
ブルック・スミス:キャッシー
クリスティナ・カーク:ジェニファー
ダニエル・サンジャタ:ビリー
デヴィッド・アーロン・ベイカー:スティーヴ
ジョシュ・ブローリン:グレッグ
スティーヴ・カレル:ウォルト
ウォーレス・ショーン:サイ
ヴィネッサ・ショウ:ステイシー
シャロム・ハーロウ:ジョーン

アメリカ 映画
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
2005年製作 100分
公開
北米:2005年3月18日
日本:2005年6月25日
北米興行収入 $3,825,351
世界 $20,085,825


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
あるレストランで、劇作家のサイ(ウォーレス・ショーン)らは、”人生は喜劇か、それとも悲劇か?”について思い思いの意見を交わしながら物語を作り上げようとする。
__________


●悲劇

ある日、俳優のリー(ジョニー・リー・ミラー)と音楽教師のローレル(クロエ・セヴィニー)夫妻のホーム・パーティーに、メリンダ・ロビショー(ラダ・ミッチェル)が、突然、セントルイスから現れる。

メリンダは、ローレルと居合わせたキャッシー(ブルック・スミス)の学友だったが、リーはメリンダの突然の出現を皮肉り彼女の滞在を煙たがる。

名医と結婚して子供も2人いたメリンダは、医師の妻としての生活に疲れ、カメラマンと浮気した挙句に、自殺未遂を起こして精神病院に入っていたのだった。

数日後、キャッシーは心の癒えないメリンダに、男性を紹介しようとしてローレルに相談する。

しかし、メリンダは、恋愛に不安を感じ前向きになれない。

一応そのパーティーに出席したメリンダは、作曲家エリス・ムーンソング(キウェテル・イジョフォー)に出会い、紹介された歯科医よりも、詩人のような彼に惹かれてしまう。

メリンダとエリスはたちまち愛し合うようになり、彼女は、精神錯乱状態で恋人を殺したことをエリスに告白する。

弁護士のお陰で、揉み合いでの銃の暴発と判断されたため、殺人罪は免れたメリンダだったが、出所後、自殺しようとしたこともエリスに打ち明ける。

夫リーが役を降ろされ、愚痴ばかりこぼしているのを聞き、うんざりしていたローレルは、メリンダとエリスに誘われて食事を共にする。

ローレルは、エリスの洞察力に感心して心が和み、音楽教室の講義を依頼するが、彼女は、それ以上のものをエリスに感じてしまう。

エリスとローレルの交際を知ったメリンダは、そのショックをキャッシーに伝えるが、さらに子供の親権が、完全に夫に奪われそうな状況になる。

再び錯乱状態寸前になったメリンダは、エリスのアパートで、彼とローレルから弁解されるが、興奮して自殺しようとする。

ローレルは仕方なく、キャッシーにメリンダを預けることにする。

●喜劇

映画監督のスーザン(アマンダ・ピート)は、夫で売れない俳優ボビー(ウィル・フェレル)とで、新作の資金集めのためパーティーを開いていた。

そこに、睡眠薬を大量に飲んだ、同じアパートの住人であるメリンダが現れる。

何とか気分が落ち着いたメリンダは、医師の夫と別れた後、カメラマンと付き合い、捨てられた自分の身の上話を語り始める。

パーティー後ボビーは、映画のことで頭が一杯の妻スーザンに不満を漏らす。

新作の撮影が進むスーザンは、出資に前向きのステイーヴ(デヴィッド・アーロン・ベイカー)の妻ジェニファー(クリスティナ・カーク)から、メリンダに、歯科医のグレッグ(ジョシュ・ブローリン)を紹介したいと言われる。

メリンダは、画廊の採用面接の帰り、ボビーと友人のウォルト(スティーヴ・カレル)に、競馬場に誘われる。

ボビーとメリンダは意気投合し、帰宅した彼はスーザンの前でメリンダを意識してしまい、グレッグとの見合い話に反対してしまう。

数日後、メリンダ、ボビー、スーザンは、グレッグに招待され、彼のベントレーで豪華な別荘に向かう。

ボビーは、一日中愚痴をこぼしていたが、スーザンは、メリンダが気乗りしていると満足気に語る。

スーザンが、スティーヴの意向でボビーの役を変更しようとしたため、彼はショックを受ける。

その時、メリンダが足をダニに噛まれ、ボビーが救急病院に連れて行き、2人は親しみが増していく。

ボビーは、メリンダに惚れてしまったことと、自分達の夫婦が崩壊しかけていることを友人ウォルトに伝える。

ウォルトは、スーザンには正直に話し、メリンダに贈り物をするようにと、ごく単純な助言をボビーにする。

スーザンを傷つけずに、メリンダとうまくいくよう願うボビーは、彼女がスティーヴと浮気していることを知る。

自分の思い通りになったボビーは離婚に同意し、喜び勇んでメリンダを誘う。

しかしメリンダは、街角でビリー(ダニエル・サンジャタ)という青年に出会い、恋をしたことをボビーに話す。

ショックを受けたボビーは塞ぎ込み、それを心配したメリンダとビリーは、彼に女性を紹介しようとする。

それをボビーは承知したものの、メリンダへの未練は消えず嫉妬する毎日を送る。

ステイシー(ヴィネッサ・ショウ)を紹介されたボビーだったが、夢にうなされ目覚めると、メリンダが部屋に現れる。

ボビーは正直にメリンダへの愛を告白し、彼女も潜在的にボビーを愛していたことに気づき2人は結ばれる。
____________

結局、劇作家達の意見は、
”喜劇でも悲劇でも楽しく生きた方が勝ち”人生は短く一度しかないということで、話はまとまる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
劇作家のサイらは、”人生は喜劇か、それとも悲劇か?”について意見を交わし、物語を作り上げようとする。
・悲劇
ある日、俳優のリーと音楽教師のローレル夫妻のホーム・パーティーに、知人メリンダ・ロビショーが現れる。
メリンダは、ローレルと出席者のキャッシーの学友なのだが、リーは、彼女が突然現れたことを迷惑に思う・・・。
・喜劇
映画監督のスーザンは、売れない俳優の夫ボビーとで、新作の資金集めのためにパーティーを開く。
そこに、同じアパートの住人で、大量の睡眠薬を飲んだメリンダが現れる。
気が落ち着いたメリンダは、夫との離婚後、付き合っていたカメラマンに捨てられた身の上などを話し始める・・・。
__________

ウディ・アレンのオリジナル脚本による、砕けた大人のラブ・ストーリーを、彼らしい小気味好い演出でさらりと描いた作品。

悲劇・悲恋は、それが、主人公の友人にも影響を及ぼし、喜劇・ハッピーエンドでは、夫婦仲が壊れても、それが全て丸く収まってしまうという、いかにも、劇作家達の歓談の即興劇風のストーリーが、粋な仕上がりになっている。

二つの物語で、精神錯乱状態に陥る悲恋の主人公と、悩みを抱えながらも前向きに生きようとする、ハッピーエンドで終わる二役を熱演するラダ・ミッチェル、冴えない役者&夫がハマリ役の、大柄で厳ついが気のいい男ウィル・フェレル、妻のアマンダ・ピート、悲劇のきっかけを作る主人公の友人クロエ・セヴィニー、夫のジョニー・リー・ミラー、主人公と恋仲になるが、結果的に裏切ってしまう作曲家のキウェテル・イジョフォー、友人ブルック・スミス、他ジョシュ・ブローリンスティーヴ・カレルなど、大物が脇役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター