マイキー&ニッキー Mikey and Nicky (1976) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

多くの問題作を世に送り出したピーター・フォークジョン・カサヴェテスが共演し友情と裏切りに心揺れ動く男を演じたドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:エレイン・メイ
製作総指揮:バド・オースティン
製作:マイケル・ハウスマン
脚本:エレイン・メイ
撮影
ヴィクター・J・ケンパー

バーニー・アブラムソン
ルシアン・バラード
編集
ジョン・カーター

シェルドン・カーン
音楽:ジョン・ストラウス

出演
マイキー:ピーター・フォーク

ニッキー・ゴドリン:ジョン・カサヴェテス
ウォーレン・キニー:ネッド・ビーティ
アニー:ローズ・アリック
ネリー:キャロル・グレース

シド・ファイン:ウィリアム・ヒッキー
デイヴ・レズニック:サンフォード・メイスナー
ジャン:ジョイス・ヴァン・パタン
バスの運転手:M・エメット・ウォルシュ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1976年製作 106分
公開
北米:1976年12月21日
日本:2011年3月12日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

組織に殺された男と関係していたことで、自分の命も狙われると考えるニッキー・ゴドリン(ジョン・カサヴェテス)は、潜伏先のホテルに親友のマイキー(ピーター・フォーク)を呼び寄せる。

殺されることに怯えるニッキーの、持病の胃痛を心配したマイキーは、彼に胃薬を飲ませて、近所のカフェにミルクを買いに行く。

カフェの主人に、コーヒー用のクリームは売れないと言われたマイキーは憤慨し、彼を脅してそれを持ち帰る。

その後、二人はホテルを出るが、マイキーはニッキーを裏切り、あるバーで殺し屋ウォーレン・キニー(ネッド・ビーティ)に連絡を入れて待機する。

行き先の方向を間違えたキニーは、バーに着くのが遅れてしまい、時間や電話を気にするマイキーを不審に思いながら、ニッキーは店を出てしまう。

バーに合図の電話をかけたキニーだったが、表に出てくるはずのマイキーとニッキーは姿を現さない。

マイキーは、バーで妻アニー(ローズ・アリック)に電話をかけるが、ニッキーが客とトラブルを起し、二人はその場を去る。

バーに向ったキニーは、二人がいないために、アニーに電話をかけて、マイキーらが映画館に行ったことを知る。

二人はバスで、キニーも車で映画館に向かうのだが、ニッキーが、母親の墓参りに行くと言い出す。

運転手(M・エメット・ウォルシュ)と揉めながら、二人はバスを降りて墓地に向かい、敷地内に侵入する。

二人は墓を捜し始めるが、ニッキーの馬鹿げた行動がマイキーには理解できない。

キニーは、映画館に現われない二人についての報告を、依頼人で組織のボスのデイヴ・レズニック(サンフォード・メイスナー)に伝え、映画館に入る。

レズニックは、自分が二人に騙されていると思い込むキニーについて、右腕のシド・ファイン(ウィリアム・ヒッキー)に不満を漏らす。

その後、二人は知人のネリー(キャロル・グレース)の家に向かい、マイキーは再び妻アニーに電話をかける。

ニッキーはマイキーの前で、愛人であるネリーを強引に求めるが、彼女はそれを拒む。

マイキーにも迫るよう、ニッキーはそれを強要するが、ネリーは抵抗して二人を追い払う。

ニッキーの好き勝手な行動に嫌気が差し、父親の形見の腕時計まで壊されたマイキーは、彼を見限りその場を去ろうとする。

マイキーの後を追い謝罪したニッキーだったが、侮辱されたために彼に襲いかかり、二人は揉み合いになり、その後、別れる。

道路脇の車で待機していた、キニーに気づいたマイキーは、ニッキーに逃げられたことを彼に伝える。

二人はニッキーを追うが、彼は妻ジャン(ジョイス・ヴァン・パタン)の元に向う。

ジャンに歓迎されなかったニッキーは、子供の顔を見て、レズニックに追われていることを案ずる彼女に別れを告げる。

ニッキーが見つからずに、苛立つマイキーとキニーだったが、ニッキーは再びネリーの家を訪ねる。

レズニックの元に向ったマイキーは、家に帰るように指示され、キニーは、ニッキーが現われる可能性のあるため、その場を見張るように命ぜられる。

マイキーは、喧嘩をしたニッキーが自分の家には現われないことをレズニックに伝えるが、とにかく帰るように言われる。

帰宅したマイキーは、病気で亡くなった弟や父親のことをアニーと話していたが、そこにニッキーが現われる。

仲直りしようとするニッキーだったが、マイキーは自分がいないと言って追い返すようアニーに指示する。

何とか家に入れてもらおうとするニッキーだったが、アニーはマイキーに言われたとおりに、彼に帰ってもらおうとする。

マイキーは、現われたキニーの車を確認しながら、取り乱すニッキーを助けようとも考える。

しかし、マイキーは入り口をソファーで塞ぎ、ニッキーは、現われたキニーに射殺される。

呆然とするマイキーは、アニーに、寝るようにと伝える。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

組織に命を狙われると考えたニッキーは、親友のマイキーを呼び寄せる。
マイキーは、怯えるニッキーを落ち着かせるが、二人はホテルを出て逃亡しようとする。
そんなマイキーであったが、ニッキーを裏切り、ボスのレズニックに雇われた殺し屋キニーに連絡を入れ、その場のバーで待機する。
何気ないマイキーの仕草を不審に思いながら、ニッキーはバーでトラブルを起し、二人はその場を去る。
遅れたキニーは、二人の気配がないことで戸惑ってしまう。
その後、映画館に行くことになった二人だったが、ニッキーが母親の墓参りをすると言い出す。
マイキーは、好き勝手に行動するニッキーに手を焼きながら、夜の街で、彼に振り回されてしまう・・・。
__________

組織に切られた親友を裏切りながらも、友情との狭間で心揺れ動く男を主人公ピーター・フォークが、盟友ジョン・カサヴェテスとの行き詰る演技のぶつかり合いを見せる、迫力さえ感じる作品。

監督は、1950年代からマイク・ニコルズと組み、即興コメディや、脚本家、俳優としても活躍したエレイン・メイ

裏社会の、裏切りの制裁を描く犯罪ドラマではあるものの、表立って強烈にイメージさせているわけではないが、どこかユーモラスな描写も多々あるところもエレイン・メイらしい演出だ。

親友を裏切るものの、空しさが残るラストの表情も印象的なピーター・フォーク、彼を頼りながらも奇行に走る、かなりのオーバーアクションで熱演するジョン・カサヴェテス、殺し屋らしくないが、結局は目的を達するネッド・ビーティ、マイキー(P・フォーク)の妻ローズ・アリック、当時のウォルター・マッソー夫人、ニッキー(J・カサヴェテス)の愛人キャロル・グレース、組織のボス、サンフォード・メイスナー、その右腕役のウィリアム・ヒッキー、ニッキーの妻ジョイス・ヴァン・パタン、そして、M・エメット・ウォルシュが、バスの運転手で共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター