白雪姫と鏡の女王 Mirror Mirror (2012) 3/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1812年に発表されたグリム兄弟グリム童話白雪姫”を基に製作された作品。
圧政で国を治める女王が、自らの美しさの邪魔になる義理の娘の白雪姫との王子の心を射止めるための争いを描く、主演ジュリア・ロバーツリリー・コリンズアーミー・ハマーネイサン・レイン他共演、監督ターセム・シンによるファンタジー・コメディ。


ファンタジー

WEB SITE


スタッフ キャスト ■

監督:ターセム・シン
製作
ライアン・カヴァノー

バーニー・ゴールドマン
ブレット・ラトナー
ケヴィン・ミッシャー
原作:グリム兄弟白雪姫
原案:メリッサ・ワラック

脚本
マーク・クライン

ジェイソン・ケラー
撮影:ブレンダン・ガルビン
編集
ロバート・ダフィー

ニック・ムーア
衣装デザイン:石岡瑛子
音楽:アラン・メンケン

出演
女王クレメンティアナ:ジュリア・ロバーツ

白雪姫:リリー・コリンズ
アンドリュー・オルコット王子:アーミー・ハマー
ブライトン:ネイサン・レイン
マーガレット:メア・ウィニンガム
男爵:マイケル・ラーナー
国王:ショーン・ビーン
チャールズ・レンボック:ロバート・エムズ

7人の小人
ナポレオン:ジョーダン・プレンティス

ハーフ・パイント:マーク・ポヴィネッリ
グラブ:ジョー・ノッフォ
ウィル・グリム:ダニー・ウッドバーン
ウルフ:セバスチャン・サラセーノ
ブッチャー:マーティン・クレバ
チャック:ロナルド・リー・クラーク

アメリカ 映画
配給 レラティビティ・メディア

2012年製作 106分
公開
北米:2012年3月30日
日本:2012年9月14日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $64,933,670
世界 $162,700,692


アカデミー賞 ■

第85回アカデミー賞
・ノミネート
衣装デザイン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

白雪姫は、自分を出産した母を亡くし、父である国王に育てられた。

その国王も、白雪姫に短剣を渡して森の中で消息を絶ち、彼女は、義母である王妃クレメンティアナ(ジュリア・ロバーツ)に幽閉されながら暮らしていた。

10年後。
女王は世界一美しい女性であるために、成長した白雪姫(リリー・コリンズ)の存在が邪魔になる。

男爵(マイケル・ラーナー)は、国が財政難であるという噂を女王に伝え、自分と縁組をすることを提案する。

女王は、つまらぬ噂を流した者は死刑に処すという法律を作ることを、側近ブライトン(ネイサン・レイン)に伝える。

18歳の誕生日、白雪姫は、パーティーへの出席許可を女王に求めるが、それを拒まれる。

冒険の旅をしていたヴァレンシア王国のアンドリュー・オルコット王子(アーミー・ハマー)は、腹心チャールズ・レンボック(ロバート・エムズ)と共に巨人達に襲われるものの、それが小人だと知り相手にするのを止める。

しかし、侮辱された小人達は、王子とレンボックの身ぐるみをはぎ木に吊るす。

白雪姫は、召使いのマーガレット(メア・ウィニンガム)らに誕生日を祝わってもらう。

マーガレットは、虐げられている白雪姫に、手入れをしておいた国王の短剣を渡して励ます。

勇気を得た白雪姫は、城の外に出て森に向かう。

その頃、女王は鏡に映った自分に、裕福な者と結婚しなければ不幸が訪れると言われる。

森の中で王子とレンボックを見つけた白雪姫は、二人が誰かも知らずに助ける。

白雪姫と別れた王子とレンボックは、城に向かい女王に会う。

ヴァレンシアが豊かな国だと知った女王は、王子らを歓迎して、国始まって以来の大舞踏会を開こうとする。

女王は、王子と結婚して財政問題を解決しようとするのだが、ブライトンは、舞踏会を開く資金がないことを彼女に伝える。

貧困で苦しむ国民から、更に税を徴収するよう命ぜられたブライトンは村に向かう。

村人が苦しんでる様子に驚いていた白雪姫は、ブライトンが、税徴収の張り紙をするのを見ていた。

女王が正常ではないと指摘するレンボックの忠告を遮り、王子は帰国して兵を連れ、財宝なども運んでくるよう彼に命ずる。

白雪姫は宮殿に戻り、マーガレットに村の惨状を伝えて悲しむ。

マーガレットは、王子が城にいることを白雪姫に伝え、舞踏会に出席するよう助言する。

舞踏会は始り、白雪姫は王子と対面して、彼が森で助けた青年だと知り驚きながらダンスを踊る。

それに気づいた女王は、白雪姫をその場から連れ出して、王子に近づいたことを責める。

白雪姫は、それよりも村の状況の説明を求め、話を聞こうとしない女王に、王位継承権は自分にあることを告げる。

その言葉に怒った女王は、白雪姫を殺すことを決断して、彼女を森に連れて行き、怪獣の餌にするようブライトンに命ずる。

国王に恩義のあるブライトンは、白雪姫を解放して逃がすが、彼女は小人達の領域で頭を打ち気を失ってしまう。

白雪姫を殺したという報告を受けた女王は喜び、それを国民に発表しようとする。

小人達に介抱された白雪姫は、一晩だけ泊めてもらうことを許される。

翌日ブライトンは、召使い達に白雪姫が死んだことを伝え、村長から税金を徴収する。

森を抜けようとしたブライトンは、小人達に襲われて徴収した金を奪われてしまう。

それを持ち帰った小人達は、金を村人に返すべきだと言う白雪姫に、かつて人々に冷たくされたことを伝える。

自分も辛い目に遭っていると言いながら、隙を見て金を持ち村に向かった白雪姫は、それを村長に返す。

そこに小人達が現れるのだが、白雪姫は、彼らが金を取り戻してくれた英雄だと言って、その勇敢な行為を称える。

王子が、白雪姫に惹かれていることを知った女王は、彼女が死んだことを伝える。

そこにブライトンが戻り、税金を小人に奪われたことを女王に報告し、それを知った王子は、森に向かい彼らに復讐しようとする。

小人達は盗んだ物を村人達に返すことを約束し、白雪姫は、彼らに戦い方などを教わる。

森を行く王子は、小人に襲われた場所で白雪姫に出くわし、女王側に着いたと彼女に言われ、二人は剣を交えることになる。

王子は白雪姫に叩きのめされ、再び身ぐるみはがされ女王の元に戻る。

白雪姫が生きていて、小人達を指揮していることを知った女王は嘆く。

鏡の元に向かった女王は、王子が白雪姫に恋していることに対抗し、惚れ薬で彼を誘惑しようとする。

薬は犬用だったが、王子は結婚を承諾して女王に迫る。

白雪姫は、女王と王子の結婚を知りショックを受けるが、魔術により襲われた小人達を助ける。

結婚式当日。
呪いでゴキブリにされていたブライトンは元に戻り、女王の身支度を手伝わされる。

白雪姫は、父王の様にはなれないことを悟り、遠くへ行くと言って小人達に置手紙を残して姿を消す。

小人達は、まだ表にいた白雪姫を引き止め、自分達を改心させてくれたことを彼女に感謝し、結婚式に乗り込むことを納得させる。

会場を占拠した白雪姫らは、王子を誘拐して出席者の身ぐるみをはぐ。

そこに現れた女王は、男爵らに退位を求められ、王子が白雪姫に連れ去れれたことを知る。

女王を求める王子が、呪文をかけられたことに気づいた白雪姫は、正気に戻らない彼には、真実の愛のキスが必要だと小人に言われる。

ファースト・キスだったため、その準備をした白雪姫は、王子にキスして呪文を解く。

怪獣が現れた気配を感じた白雪姫は、それに立ち向かうために森の中に向かう。

その場にいた女王に驚く白雪姫は、怪獣を操っているのが彼女だと知る。

白雪姫を追ってきた王子は、彼女と共に怪獣に立ち向かい、小人達の助けも借りる。

短剣を受取った白雪姫が、怪獣のブレスレットを取り除くと、呪いをかけられていた父王(ショーン・ビーン)に姿を変える。

女王は、魔法を使った代償として姿が衰えてしまう。

国王は娘の成長に驚き、白雪姫は、国を救った王子と小人達を父に紹介する。

白雪姫と王子は結婚することになり、国王は、王子と小人達に感謝する。

国王は、白雪姫と王子の結婚を認め、誓いのキスをした二人は皆に祝福される。

白雪姫は、老女からリンゴを渡されて食べようとするが、彼女が女王だと気づく。

短剣でリンゴを切った白雪姫は、それを老女に食べさせようとする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

自分の出産で母を失い、国王である父も失踪し、白雪姫は、義母の女王に幽閉される生活を送っていた。
女王は、世界一美しい女性であるため、成長した白雪姫の存在が邪魔になる。
そんな時、冒険の旅を続けていたヴァレンシア王国のオルコット王子は、森の小人達に襲われて拘束される。
白雪姫は王子と知らずに彼を助けて、その後、圧政で苦しむ村人の暮らしを知り心を痛める。
女王は、魔法の鏡の助言で、王国の財政難を救うには、裕福な者と結婚する必要があると言われる。
城に現れた王子の王国が、富に満ちていることを知った女王は、彼と結婚しようと考え、国始まって以来の大舞踏会を開く。
ところが、それに出席した白雪姫が、助けた王子と心触れ合うようになる。
怒った女王は、白雪姫を殺して、王子との結婚を果たそうとするのだが・・・。
__________

同じ年の2カ月後に公開される「スノーホワイト」(2012)と同じ題材ではあるが、規模も内容も本作はやや小ぢんまりしている感じの作品。

両作ともファンタジーなのだが、本作はドタバタ・コメディに近い作品で、内容は同じでも意識して比較することもない。

まずまず丁寧な仕上がりにはなっているものの、ターセム・シンの演出や映像も平凡であり、今一パンチが足りない、山場も少ない消化不良的なところもある。

遺作となった石岡瑛子の大胆な衣装は圧巻で、第85回アカデミー賞では、衣装デザイン賞にノミネートされた。

製作費が倍の「スノーホワイト」には興行面でも完敗し、北米で約6500万ドルに留まるが、全世界では1億6300万ドルのヒットとなった。

スノーホワイト
製作費 $170,000,000
北米興行収入 $155,136,755
世界 $396,397,203

主演のジュリア・ロバーツは、悪女を貫禄で演じている。
若き日のジーン・シモンズを想い起させる、くっきりした眉毛がとても魅力的なリリー・コリンズの、ホッとする可愛らしさが印象に残る。

二枚目半役で奮闘する王子のアーミー・ハマー、女王の側近ネイサン・レイン、虐げられるヒロインを励ます召使いメア・ウィニンガム、男爵マイケル・ラーナー、国王のショーン・ビーン、王子の腹心ロバート・エムズ、そして7人の小人達ジョーダン・プレンティスマーク・ポヴィネッリ、ジョー・ノッフォ、ダニー・ウッドバーン、セバスチャン・サラセーノ、マーティン・クレバ、ロナルド・リー・クラークなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター