ミザリー Misery (1990) 4/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1987年に発表された、スティーヴン・キングの小説”ミザリー”を基に製作された作品。
雪山で事故に遭った人気作家が熱狂的な女性ファンに助けられるものの監禁されてしまう恐怖の体験を描く、製作、監督ロブ・ライナー、主演ジェームズ・カーンキャシー・ベイツリチャード・ファーンズワースローレン・バコール共演によるサスペンス・スリラーの秀作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:ロブ・ライナー
製作
ロブ・ライナー

アンドリュー・シェインマン
原作:スティーヴン・キングミザリー
脚本:ウィリアム・ゴールドマン

撮影:バリー・ソネンフェルド
編集:ロバート・レイトン
音楽:マーク・シェイマン

出演
ポール・シェルダン:ジェームズ・カーン

アニー・ウィルクス:キャシー・ベイツ
バスター:リチャード・ファーンズワース
マーシャ・シンデル:ローレン・バコール
ヴァージニア:フランシス・スターンハーゲン
シャーマン・ダグラス:J・T・ウォルシュ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1990年製作 107分
公開
北米:1990年11月30日
日本:1991年2月2日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $61,276,872


アカデミー賞 ■

第63回アカデミー賞
・受賞
主演女優賞(キャシー・ベイツ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

コロラド州、シルバー・クリーク
人気作家ポール・シェルダン(ジェームズ・カーン)は、山中のロッジに篭り、題名を決めないまま、ある物語を完結させる。

いつものように、一本の煙草を吸い、”ドン・ペリニヨン”を開けたポールは、原稿を持参して、雪の中、車で山を下るが、吹雪となり事故を起こす。

ベストセラー”ミザリー”シリーズを、主人公”ミザリー”を死なせることで終了させたポールは、その原稿を、苦労していた頃の古い鞄に入れて、出版エージェントのマーシャ・シンデル(ローレン・バコール)に渡すことを、朦朧とする意識の中で考えていた。

暫くして、傷を負ったポールを見つけた者が、彼に人口呼吸などを施して事故現場から運ぶ。

2日間意識不明だったポールは、自分の”ナンバーワン・ファン”だというアニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)の家で目覚め、彼女に救われたことを知る。

看護師だったアニーは、重傷を負ったポールを手厚く看護するが、吹雪で病院には運べず、電話も不通だということだった。

両足を複雑骨折して肩を脱臼していたポールは、ベッドから起き上がれる状態ではなかった。

ニューヨーク
マーシャは、数日前にロッジを出たはずのポールと連絡が取れないため、シルバー・クリークの保安官バスター(リチャード・ファーンズワース)に連絡を入れる。

事情を聞いたバスターは、保安官補でもある妻ヴァージニア(フランシス・スターンハーゲン)に、吹雪のあった日を聞き、それが、ポールがロッジを出た日であることを確認する。

吹雪の日、ポールのファンであるアニーは、たまたま彼の後を追っていたため、事故に遭ったポールを救うことができたことを伝える。

アニーは、鞄の中身が原稿だと気づき、恩人のためだと言って、ポールに、それを読むことを許される。

ロッジの管理人に会ったバスターだったが、何の手がかりも得られなかった。

題名のない原稿を読み始めたアニーは、その中で使われる言葉が下品で汚いことでポールに意見し、苛立ち興奮して声を荒げてしまう。

スープをこぼしてしまったアニーは我に戻り、ポールに謝罪してその場を離れる。

ロッジからの帰り道、街道の木の枝が折れていることに気づいたバスターは、土手を降りて調べるが、雪に埋もれている車は発見できなかった。

保安官バスターの車を確認しながら、アニーは彼を無視してその場を走り去る。

出版された最新刊”ミザリーの子供”を購入してきたアニーは、それをポールに見せて興奮する。

しかし、道路は開通し電話も通じるはずだと知ったポールは、依然として身動きできないまま不安が募る。

物語を読み進めるアニーはそれにのめり込み、ポールは、”ミザリー”の結末が、彼女にどう影響を及ぼすかを心配する。

そして、ポールが”ミザリー”を殺したことに激怒したアニーは、彼への復讐とも言える態度を示し、監禁して閉じ込めていることを伝えて脅す。

アニーが外出した後、脱出を試みたポールは、それが不可能だと知る。

その後、家に戻ったアニーは冷静にはなるものの、ポールに原稿を燃やすよう強要する。

ポールは、原稿のコピーは既に出回っているとことを伝えるが、アニーは、彼がコピーをとらない主義だということを知っていた。

原稿は、自分が保管して出版させないというポールだったが、アニーはそれを許さない。

仕方なくポールは、バーベキュー・スタンドに乗せられていた原稿に火を点けるのだが、火事になりそうになったためにアニーがそれに水をかけて消す。

その時、バスターが、ヘリコプターで上空からポールの車を捜していたが、アニーの家の周辺でもそれは見当たらない。

為す術がないポールは、アニーから渡される”ノヴリル”という鎮痛剤を飲まずに隠し始める。

その後アニーは、タイプライターを用意してポールに新作の執筆をさせようとする。

”ミザリーの生還”という題名で、主人公を復活させるようにポールに指示したアニーは、机や最高級の用紙を部屋に運ぶ。

床のヘアピンに気づいたポールは、タイプした文字がにじむことを指摘して、用紙を買い替えさせることを考える。

アニーは憤慨するものの、町に買い物に出かけ、ポールはヘアピンを拾いドアを開ける。

電話を見つけたポールだったが、それが模造品だと気づき、家の中の様子を探り、”ノヴリル”を見つけてそれを手に入れる。

キッチンのドアは開かず、ナイフなども確認したポールだったが、アニーが戻って来たために、急いで部屋に戻り何も気づかれずに済む。

その頃、バスターは、ヘリの捜索でポールの車を発見し、それを引き上げた州警察のシャーマン・ダグラス(J・T・ウォルシュ)は、ポールが死亡したことを、詰めかけたマスコミに発表する。

しかし、車のドアがこじ開けられていることに気づいたバスターは、ポールが生きていると考える。

集めた”ノヴリル”を、カプセルから出して保管したポールは、仕方なくアニーの指示に従い執筆を始め、彼女の気に入るようにそれをまとめる。

”ミザリー”が復活したことを知ったアニーは興奮し、ポールはそれを祝い、彼女に食事をする提案をする。

祝杯を挙げるディナーはセッティングされ、ポールはアニーが席を外した隙に、”ノヴリル”を彼女のワイン・グラスに入れる。

しかし、アニーがそのワインをこぼしてしまい、ポールの計画は失敗に終わる。

執筆は順調に進み、傷も癒えてきたポールだったが、アニーは、別れの日が近づくことで心が沈む。

アニーが、空の銃を持って出かけた隙に、ポールはキッチンのナイフを手に入れて、彼女のアルバムを目にする。

それは、優秀だった看護師アニーの周辺で、多くの人々が死亡し、その殺人の容疑者となった彼女の新聞記事などが収集されている、スクラップ・ブックだった。

ナイフを用意して身構えていたポールだったが、アニーが部屋に現れないために眠ってしまう。

夜中にポールは、アニーに鎮静剤を打たれて翌朝目覚め、ベッドに拘束されていることに気づく。

アニーに部屋を出たことを追求されたポールは、ナイフやヘア・ピン、そしてアルバムのことも知られていた。

そして、ポールを永遠に閉じ込めておくために、アニーは、彼の両足を大型ハンマーで殴り骨折させる。

ポールの”ミザリー・シリーズ”を読んでいたバスターは、その中の、ある言葉が気になっていた。

その後、出会いがしらの車に暴言を吐くアニーを目撃したバスターは、彼女の事件について調べる。

殺人の容疑者となったアニーが、”ミザリー”の中で使われている言葉を抗議として語っていたことを、バスターは突き止める。

アニーが、雑貨屋でポールの新刊とタイプ用の用紙を買ったことを知ったバスターは、彼女の家に向かう。

それに気づいたポールだったが、アニーに鎮静剤を打たれて地下室に閉じ込められる。

アニーはバスターを迎え、ポールの”ナンバーワン・ファン”だと言って、隠すこともなく彼についてを話し、家の中を見せる。

異常がなさそうなことを確認したバスターは引き上げるが、地下室で意識を取り戻したポールが物音を立てる。

それを聞いたバスターは家に戻り、ポールの声を聞き地下室のドアを開けて彼を確認する。

しかし、バスターは背後からアニーに射殺され、自分達も死ぬ準備ができていることを、彼女はポールに伝える。

鎮静剤と拳銃を手にしたアニーに、ポールは、”ミザリー”に二人で永遠の命を与えることを提案して納得させる。

執筆を始めたポールは、最終章に近づいたため、いつもの”儀式”の準備をアニーにさせる。

アニーは、小説を書き上げた際に、一本の煙草を吸い、”ドン・ペリニヨン”を開けるポールの”儀式”の用意をして、胸ときめかせてその時を待つ。

ポールは、グラスを二つ用意するようアニーに伝え、彼女が部屋を離れた隙に、隠し持っていたオイルを原稿にかける。

戻って来たアニーの目の前で、原稿に火を点けたポールは、それを消そうとする彼女をタイプライターで殴り倒す。

アニーは起き上がってポールに襲いかかり、彼は銃撃されながらも抵抗する。

激しく揉みあう二人だったが、ポールは、置物でアニーを殴り殺す。

18カ月後、ニューヨーク、あるレストラン。
新刊”高等教育”が発表されることになり、ポールは、こんな作品が書けたのも、アニーとの体験があったからだとヴァージニアに伝える。

ヴァージニアは、その体験を本にすることをポールに提案するが、デザートを運ぶウエイトレスがアニーに見えてしまうほど、彼には思い出したくもないことだった。

ウエイトレスに声を掛けられたポールは、”ナンバーワン・ファン”だと言われて笑顔で応える。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

小説”ミザリー”シリーズのベストセラー作家ポール・シェルダンは、主人公”ミザリー”の死で物語を完結させる。
その原稿を持参し、滞在先の雪山を下りようとしたポールは、自動車事故に遭ってしまう。
たまたまポールを追っていた、熱狂的ファンのアニー・ウィルクスは、彼を助けて家に運び看病する。
看護師であったアニーは、重傷のポールを手厚く看護して、お礼に、彼の持参していた原稿を読むことを許される。
アニーは、ポールの”ナンバーワン・ファン”だと言って興奮するのだが、”ミザリー”が死亡することを知って激怒し豹変する・・・。
__________

スタンド・バイ・ミー」(1986)でもスティーヴンキングと組んだロブ・ライナーが、ウィリアム・ゴールドマンにより脚色されている部分はあるものの、原作に迫るスリラーとして、完成度の高い仕上げた力作だ。

作家と熱狂的なファンは、同じ空間で接するものの、二人の間には、”ミザリー”という作品が存在しながら描かれる恐怖というところが実に興味深い。

単なる人に対する怒りなどではなく、”作品”内ファンの女性は容の変化で、献身的な女性や狂人に変貌する二重人格者のように描写されているところがポイントで、感受性豊かな作家は、身動きできずに怯えるだけでなく、彼女に対して臨機応変に接するのも面白い。

狂人としか思えない、小説家の熱狂的なファンを演じたキャシー・ベイツは、既に20年近くのキャリアはあったものの、その圧倒的な存在感、喜怒哀楽を自在に表現する見事な演技で大役演じ切り、第63回アカデミー賞で見事に主演女優賞を受賞した。

ファースト・クレジットのジェームズ・カーンも、それまでのイメージを一新して人気作家を好演している。

出版エージェントとして、物語に重厚さを加えるローレン・バコール、原作には登場しない人物、保安官のリチャード・ファーンズワース、その妻フランシス・スターンハーゲン、そして、端役ではあるが、J・T・ウォルシュが州警察官で出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター