【レビューを書く】 

ワイルド・ギャンブル Mississippi Grind (2015)


3.89/5 (36)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある青年と出会った借金を抱えるギャンブラーが旅を続けながら人生を見つめ直す姿を描く、監督、脚本アンナ・ボーデン(編集兼)、ライアン・フレックライアン・レイノルズベン・メンデルソーンシエナ・ミラーアナリー・ティプトンアルフレ・ウッダード他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督

アンナ・ボーデン
ライアン・フレック
製作
リネット・ハウエル
トム・ライス
ジェイミー・パトリコフ
製作総指揮
ランドール・エメット
ジョン・レッシャー
ジェレミー・キップ・ウォーカー
脚本
アンナ・ボーデン
ライアン・フレック
撮影:アンドリー・パレーク
編集:アンナ・ボーデン
音楽:スコット・ボマー

出演
カーティス・ボーン:ライアン・レイノルズ
ジェリー:ベン・メンデルソーン
シモーヌ:シエナ・ミラー
ヴァネッサ:アナリー・ティプトン
サム:アルフレ・ウッダード
クリフォード:ジェイソン・ワーナー・スミス
ドロシー:ロビン・ワイガート
シェリー:マーシャル・チャップマン
”ブラディ・メリー”ケイト:ジェーン・マクニール
ドーラ:インディゴ
トニー・ラウンドツリー:ジェームズ・トバック
チャック:ジェイソン・シャフェッテ

アメリカ 映画
配給 A24
2015年製作 108分
公開
北米:2015年9月25日
日本:未公開
北米興行収入 $130,540


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アイオワ州、ダビューク
借金を抱えるギャンブラーのジェリー(ベン・メンデルソーン)は、カジノでカーティス・ボーン(ライアン・レイノルズ)に出会い、その後バーで再会して話をする。

二人は意気投合し、翌朝、ジェリーはカーティスのアパートのソファで目覚める。

家に戻ったジェリーは仕事に向かい、不動産会社で働く彼は客の相手をしている際に、カーティスからのメールを受ける。

ドッグレース場にいるカーティスに電話をしたジェリーは、代わりに賭けておいてもらう。

レース場に着いたジェリーは賭けに勝って興奮し、カーティスの忠告も聞かずにその場に残ったために。結局は負けてしまう。

二人はバーで楽しみ、ジェリーは、明日は”マチュ・ピチュ・タイム”のために旅に出ると言うカーティスと別れる。

車に乗ろうとしたジェリーは、ビリヤードで1000ドル賭けたことを知ったナイフを持った男に襲われ、傷つけられるものの軽傷で済む。

翌朝ダイナーで、借金があるサム(アルフレ・ウッダード)に会ったジェリーは、昨夜、男に襲われたと言って腹部の傷を見せる。

2週間待ってほしいと言うジェリーに、明日までに払うようにと伝えたサムは、彼が渡そうとした80ドルを受け取らずにその場を去る。

その後、バーにいたジェリーはカーティスからの電話を受け、シカゴから戻ったと言う彼が現れたため、駐車場で刺された傷を見せる。

カーティスといるとツキが回ってくると言うジェリーは、彼が知るニューオーリンズにいる胴元トニー・ラウンドツリー(ジェームズ・トバック)の話をして、ゲームに参加したいことを伝える。

2万5000ドル必要だと言われたジェリーは、心配いらないと伝えてミシシッピに向かうことをカーティスに提案する。

元手の500ドルを貸してほしいと言うジェリーが借金を抱えていることを悟ったカーティスは、2000ドル用意することを伝えて感謝される。

翌日、二人は旅立ち、ジェリーは、サムからの催促の電話を無視する。

セントルイス
娼婦のシモーヌ(シエナ・ミラー)とヴァネッサ(アナリー・ティプトン)の元に向かったカーティスとジェリーは、ひと稼ぎする準備を始める。

ペルーの”マチュ・ピチュ”に行くはずではないのかと話をしたジェリーは、カーティスから、”マチュ・ピチュ・タイム”は、気合を入れる時の口癖だと言われる。

マチュ・ピチュ”が、自分にと言っては神秘的で特別な場所だと言うカーティスは、その言葉を試して見るようにとジェリーに伝える。

夜になり、二人はリバーボート・カジノに向かい、カーティスがシモーヌと話している間に、ジェリーは大金を稼ぐ。

カーティスは、ニューオーリンズの後に一緒に暮らすことをシモーヌと約束する。

娘がいることをヴァネッサに伝えたジェリーは、別れた妻と暮らしていることなどを話し、二人は心触れ合う。

翌日、旅立ったジェリーとカーティスは、メンフィスに向かう。

所持金をスッてしまったジェリーは動揺し、カーティスには7000ドル勝ったと言って、元妻ドロシー(ロビン・ワイガート)がいるアーカンソー州のリトルロックに行きたいことを伝える。

ドロシーに会ったジェリーは、娘のウェンディに何もしないことを不満に思う彼女と気まずい雰囲気になる。

トイレを借りると言ってタンスの現金を奪おうとしたジェリーは、それをドロシーに見つかってしまい追い出される。

ミシシッピに向かったジェリーとカーティスは、チュニカに着く。

ジェリーがメンフィスで負けたことを知ったカーティスは、アイオワに帰ることを勧めるものの、そのままルイジアナ州に向かう。

二人はモーテルに泊り、ドロシーが隠してあった金を奪おうとしたことを話すジェリーは、このまま負け続けるわけにはいかないことをカーティスに伝える。

ニューオーリンズ
車を売ったジェリーとカーティスは競馬場に向かい、”ミシシッピ・グラインド”という馬ではなく別の馬に賭けて負けてしまう。

これで終わりにしようと言うカーティスは、ジェリーにバスに乗るようにと伝えて100ドルを渡そうとする。

100ドルずつ残しておいたと言われたジェリーは、次のレースに賭けて取り戻すことを提案する。

そんな気になれないカーティスから100ドル受け取ったジェリーは、その場を去る。

”ミシシッピ・グラインド”に賭けていたカーティスは、払い戻しをして大金を手に入れる。

トニーの元に向かったジェリーは、カーティスの友人であることを伝えるものの、ゲームに参加する資金が足りないので分け前を払うと言った直後に殴られる。

ストリートバスケで負けたカーティスは、金がないと伝えたために相手に殴られる。

カーティスが大金を持っていたために驚いた男は、賭けた分だけ抜き取りその場を去る。

バーに向かったカーティスは、その場で歌っていた母シェリー(マーシャル・チャップマン)と話す。

カーティスは、シェリーがステージに戻っている間に、彼女に現金を渡してほしいとバーテンダーに伝えてその場を去る。

カジノに向かったジェリーは、ルーレットで100ドルを賭けて勝つ。

ブラックジャックのテーブルに着いたジェリーは、現れたカーティスと共に勝ち続け、クラップスでも運は落ちなかった。

シモーヌからの電話を受けたカーティスは、大変なことになっていると伝えて、荷物をまとめて旅に出ることを提案する。

全額賭けようと言われたカーティスは、それに同意して28万5000ドルの勝負をすれる。

それに勝ったジェリーとカーティスは、豪華な食事をする。

なぜか素直に喜べないジェリーは、キャデラックを買うと言うカーティスに、自分は娘のウェンディに何かしてあげたいと伝える。

翌朝、シモーヌからの電話で目覚めたカーティスは、それに出ようとせずに、ジェリーが姿を消したことに気づく。

金庫の中の現金が半分なくなっていることを知ったジェリーは、”マチュ・ピチュ・タイム”素晴らしい負け犬だ、というジェリーのメモを確認する。

チェックアウトするカーティスは、料金が全て無料であることを知り、ペルーに向かうことをフロントの女性に伝えて、彼女を誘う。

売った車を買い戻したジェリーはエンジンをかける。

旅の途中でカーティスと聴いた、相手の手の内や弱点などを見極める方法を説明するCDがかかり、ジェリーは耳を傾ける。

ジェリーが視線を上げたフロントガラスには、中古車店の星条旗が映っていた。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アイオワ州、ダビューク
借金を抱えるギャンブラーのジェリーは、カジノでカーティス・ボーンに出会い意気投合する。
返済ができないジェリーは、ニューオーリンズの胴元を知っていると言うカーティスに、ゲームに参加したいことを伝えて、彼と共に旅に出る決心をする。
カーティスはセントルイスの娼婦シモーヌとヴァネッサの元に向かい、ジェリーがカジノで大金を稼ぐ。
メンフィスでスッてしまったジェリーは元妻のドロシーに会い、彼女の金を奪おうとするものの、見つかって追い出される。
その後、ニューオーリンズに着いたジェリーとカーティスは、車を売って競馬場に向かうのだが・・・。
__________

生年月日が同じ(1976年9月20日)二人、アンナ・ボーデン(編集兼)とライアン・フレックが監督、脚本した、ある青年と出会った借金を抱えるギャンブラーが、旅を続ける間に人生を見つめ直す姿を描くロード・ムービー。

その日暮らしのしがないギャンブラーの切実な思いを深く描いたドラマとして、批評家から非常に高い評価を受けた作品であり、アンナ・ボーデンライアン・フレックは、2019年に公開される超大作「キャプテン・マーベル」の監督に抜擢された(脚本兼)。

各方面で演技が絶賛されたベン・メンデルソーンは、妻子に去られ借金を抱える落ちぶれたギャンブラーを好演し、彼と意気投合する青年を人気スターのライアン・レイノルズが演じている。
撮影の準備段階で、ジェイク・ジレンホールがキャスティングされたが降板し、ライアン・レイノルズが代役に決まった。

カーティス(ライアン・レイノルズ)と関係を持つ娼婦シエナ・ミラー、同じくアナリー・ティプトン、ジェリー(ベン・メンデルソーン)が借金をしている女性アルフレ・ウッダード、ジェリーの元妻ロビン・ワイガート、クラブ歌手であるカーティスの母親マーシャル・チャップマン、ギャンブラーのジェーン・マクニール、ホテルのフロント係インディゴなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。