007/ムーンレイカー Moonraker (1979) 3/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ、第11作。
1955年に発表された、
イアン・フレミング原作のシリーズ第3作を基に製作された作品。
監督ルイス・ギルバートロジャー・ムーアマイケル・ロンズデールロイス・チャイルズリチャード・キール共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:ルイス・ギルバート
製作総指揮:マイケル・G・ウィルソン
製作
アルバート・R・ブロッコリ

原作:イアン・フレミング
脚本
クリストファー・ウッド

リチャード・メイボーム
撮影:ジャン・トゥルニエ
編集:ジョン・グレン
視覚効果:デレク・メディングス
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョン・バリー

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌:
シャーリー・バッシー

出演
ジェームズ・ボンド:
ロジャー・ムーア

サー・ヒューゴ・ドラックス:マイケル・ロンズデール
ホリー・グッドヘッド博士:ロイス・チャイルズ
ジョーズ:リチャード・キール
ドリー:ブランシュ・ラヴェレック
コリンヌ・ダフォー:コリンヌ・クレリー
チャン:トシロー・スガ
マニュエラ:エミリー・ボルトン
M:バーナード・リー
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル
アナトール・ゴゴール将軍:ウォルター・ゴテル
フレデリック・グレイ国防相:ジョフリー・キーン

イギリス/フランス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

1979年製作 126分
公開
イギリス:1979年6月26日
北米:1979年6月29日
日本:1979年12月8日
製作費 $34,000,000
北米興行収入 $70,308,099
世界 $210,308,099


アカデミー賞 ■

第52回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

イギリスへ空輸中のスペース・シャトル“ムーンレイカー”が、何者かに奪われてしまう。

イギリス諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、アフリカで活動中に航空機から突き落とされてしまう。

何とか敵からパラシュートを奪ったボンドだったが、殺し屋ジョーズが襲い掛かってくる。

ボンドは、パラシュートを開いてジョーズから逃れ、ジョーズは、サーカスのテントに落下してしまう。

ロンドンMI6本部。
ボンドは、M(
バーナード・リー)、Q(デスモンド・リュウェリン)そしてフレデリック・グレイ国防大臣(ジョフリー・キーン)の元に向かう。

ボンドは、ムーンレイカーが消息を絶ったことを知らされ、アメリカに自ら宇宙基地を建設し、NASAと共同でムーンレイカーを開発した人物、サー・ヒューゴ・ドラックス(マイケル・ロンズデール)の身辺を探る命令を受ける。

Qから、ダーツに似たブレスレットタイプの兵器を支給され、ボンドは、早速アメリカのカリフォルニアに飛び立つ。

ボンドは現地に到着し、ヘリコプター・パイロットのコリンヌ・ダフォー(コリンヌ・クレリー)の出迎えを受け、ドラックス所有の研究所上空を通過し、彼の大邸宅へ向かう。

ドラックスと対面したボンドは、基地内施設を視察することになり、NASAから派遣されている女性科学者兼宇宙飛行士ホリー・グッドヘッド(ロイス・チャイルズ)と出会う。

ボンドは、ホリーに重力訓練装置の体験を勧められるが、ドラックスの部下で殺し屋のチャン(トシロー・スガ)に殺されかける。

Qに支給された武器で難を逃れたボンドは、コリンヌに接近して情報をつかみ、ドラックスの書斎に侵入する。

秘密の金庫を開けたボンドは、関係があると見られる資料の写真を撮る。

ドラックスはボンドを始末しようとするが、彼はそれを逃れ、コリンヌはボンドに協力した裏切り者とみなされて抹殺される。

写真に写っていたガラス工房を手がかりに、ベニスに向かったボンドは、工房見学後ホリーを見かける。

ホリーに話しかけたボンドは、彼女と別れた後に、運河で殺し屋達に襲われる。

それを振り切ったボンドは、その夜、ガラス工房奥に隠されていた研究室で、人間だけを殺傷する薬品を見つける。

その場から抜け出したボンドは、殺し屋チャンに襲われるが彼を倒す。

ホリーの元に現れたボンドは、彼女がCIAの情報員であることを見破り、協力し合うことを一応約束する。

Mとグレイ国防大臣もベニスに到着し、ガラス工房の研究室を調べようとするが、既に研究室は跡形もなく消えてしまい、ドラックスが悠然と待ちかまえていた。

グレイ国防大臣は憤慨し、ボンドを解任するようMに言い渡す。

Mはボンドに休暇をとるよう伝えるが、彼は研究所にあった、リオデジャネイロからの貨物を頼りに現地に飛ぶ。

ドラックスは、殺されたチャンの代わりとして、ジョーズをリオデジャネイロに送り込む。

現地連絡員マニュエラ(エミリー・ボルトン)と接触したボンドは、その夜、ドラックスの関連会社を探る。

通りでボンドを待っていたマニュエラがジョーズに襲われるが、ボンドが現れたため難を逃れる。

ボンドは、シュガーロー山で、現地に来ていたホリーに出くわし、二人はロープウェイでジョーズに襲われる。

ボンドとホリーはロープウェイのゴンドラから脱出し、到着駅にゴンドラごと激突したジョーズは、ドリー(ブランシュ・ラヴェレック)という女性に助けられて恋に落ちる。

その後、ボンドとホリーはドラックスの手下に捕らえられるが、二人はそれを逃れる。

情報部の支部に呼び出されたボンドは、Mの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)に迎えられる。

そこでボンドは、例の薬品がアマゾン川上流に生息する、珍種の蘭を原料とする神経ガスであることを、QとMから知らされる。

欄の生息地に向かったボンドは、再びジョーズらに襲われる。

滝を目前に、ボンドはハンググライダーで追跡を逃れ、ジョーズらは滝に転落する。

ボンドは、水辺に現れた女性の後を追い、古代遺跡にたどり着く。

いきなり、大蛇に殺されそうになったボンドはそれを倒し、そこにジョーズとトラックスが現れる。

その場所に隠されている基地から、ムーンレイカーが、次々と発射するのをボンドは見せられる。

奪われたムーンレイカーは、ドラックスの乗るシャトルから欠陥が見つかったため、その代用品だったのだ。

ボンドは、既に捕らえられていたホリーの元に連れて行かれ、シャトル発射台のエンジン噴射口の真下に監禁される。

ドラックスは、ムーンレイカーに搭乗して宇宙に飛び立つが、その寸前に、ボンドは腕時計に隠された爆薬を使い、その場から脱出する。

ボンドとホリーはシャトルに侵入し、次の発射でドラックスを追う。

ムーンレイカーの積荷が、何十組もの男女だと知ったボンドは、シャトルが”ノアの方舟”だと気付く。

レーダー妨害装置により、誰にも知られていない宇宙都市に到着した各シャトルは、ドッキングを済ませる。

宇宙都市を作動させて重力を与えた後、シャトルから多数の男女が現れて乗り移る。

ドラックスは新しい世界を築く考えを、ジョーズやドリーを含めた全員に伝える。

ホリーが、地球に宇宙都市の位置を知らせ、アメリカは、ソ連のアナトール・ゴゴール将軍(ウォルター・ゴテル)に攻撃部隊の派遣を伝える。

そしてドラックスは、地球に向けて毒ガスカプセルを発射させる。

ジョーズに捕らえられたボンドとホリーは、ドラックスの元に連行される。

ドラックスは、人類を神経ガスカプセルで滅ぼし、その後に自分達が地球に帰還し、新しい世界を生み出すことを伝える。

ボンドは、醜いジョーズが、いずれ排除されることを彼に伝えて改心させ、重力維持装置を停止させて、地球から派遣された部隊への攻撃を回避する。

攻撃部隊は到着し、ジョーズを味方に付けたボンドは敵を倒し、ドラックスを追い詰める。

ボンドはドラックスを宇宙空間に放出し、部隊を宇宙都市から退避させる。

宇宙都市の爆発を前に、ボンドはホリーとムーンレイカーに乗り込みガスカプセルを追おうとするが、機体が切り離せない。

その時、ボンドは恋人のドリーと宇宙都市に残っていたジョーズを見つけ、彼に機体を内部から切り離してもらう。

そして、脱出したジョーズとドリーも助かり、宇宙都市は爆発する。

ムーンレイカーで大気圏に突入しながら、ガスカプセルを全て打ち落としたボンドとホリーは、人類を滅亡の危機から救う。

そして、無重力状態で抱き合うボンドとホリーが、帰還を待つMやグレイ国防大臣の前に映し出されてしまう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

イギリスへ空輸中の、スペース・シャトル“ムーンレイカー”が、何者かに奪われてしまう。
諜報員ジェームズ・ボンドは、上司Mとグレイ国防相からそれを知らされる。
アメリカに自ら宇宙基地を建設して、
NASAと共同でムーンレイカーを開発した人物ドラックスの身辺を探る命令を受けたボンドは、Qから装備兵器を渡されて、カリフォルニアへ向かう。
現地に到着し、ヘリコプター・パイロットのコリンヌの出迎えを受けたボンドは、ドラックスの大邸宅に向かう。
ドラックスと対面したボンドは、基地内の施設を視察し、
NASAから派遣されている科学者兼宇宙飛行士ホリー・グッドヘッドと出会う。
その後ボンドは、ドラックスの書斎に侵入して資料の情報を入手し、彼に命を狙われるもののそれを逃れ、手がかりを掴み
ベニスにむかうのだが・・・。
__________

前作の「私を愛したスパイ」(1977)のエンドロールには、「ユア・アイズ・オンリー」(1981)と、次回作が予告されたのだが、「スターウォーズ」(1977)ブームが沸き起こり、スペースシャトルの初飛行(1981年4月12日)も迫ったために、急遽、本作が作製され。

そして、前作の2倍以上の製作費3400万ドルをかけた超大作となった本作は、シリーズ初となる、世界興行で2億ドルを超す大ヒットとなった。

北米興行収入 $70,308,099

第52回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

ボンドがついに宇宙に飛び立つストーリーが話題になったが、宇宙飛行をあまりにも単純に描き過ぎたのには批判も出た。
しかし、上記のようにシャトル打ち上げも迫り、宇宙旅行を身近に感じさせる意味では、多くの支持も受けた。

前作に続くルイス・ギルバート監督作品で、相変わらず、彼らしい”荒唐無稽”な大スペクタクル作品でもある。

また、ヒットすれば何でもありというエスカレートし過ぎた内容にも批判が集まり、次回作「ユア・アイズ・オンリー」では一転、本来のスパイ劇が復活し、それでも本作に迫る興行収入を上げたのだから皮肉な話だ。

主題歌は、「ゴールドフィンガー」(1964)、「ダイヤモンドは永遠に」(1971)に続き3度目となるシャーリー・バッシーが歌っている。

主演のロジャー・ムーアは50歳を過ぎ、体を張ったアクションは減ってきたものの、表情や仕草に円熟味が増してきたように感じる。

どうも「ジャッカルの日」(1973)の、優秀で気のいい警官役が印象に残り、悪者に見えないマイケル・ロンズデールは、凄みに欠けるものの無難に役をこなしている。

美しい、NASAの科学者兼CIAの情報員ロイス・チャイルズ、裏切り者とみなされ呆気なく殺されてしまうコリンヌ・クレリー、次回作前に亡くなり、本作が遺作となった、シリーズの顔Mのバーナード・リー、秘密兵器調達の他、薬物分析も任されるQのデスモンド・リュウェリン、本作でも前作同様にロングショットでしか登場しない、マネーペニー役ロイス・マクスウェルKGB長官、お馴染みゴゴール将軍のウォルター・ゴテル、国防相ジョフリー・キーン、そして、シリーズ初となる、同人物の殺し屋として2作連続出演のリチャード・キールと、その恋人ブランシュ・ラヴェレック、また、剣道着姿でボンドに襲い掛かったりする”意味不明”な殺し屋トシロー・スガも登場する。

ジョーズと恋人の物語は、”
フランケンシュタイン”のパロディだ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター