クレアモントホテル Mrs. Palfrey at the Claremont (2005) 5/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

夫に先立たれ、自立を考えホテル住まいを始めた老婦人が、作家志望の青年との出会いで人生を見つめ直す姿を描く、主演ジョーン・プロウライトルパート・フレンドゾーイ・タッパーアンナ・マッセイ他共演、監督ダン・アイアランドによるヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

製作総指揮:グスタヴァス・プリンツ
製作
リー・カプリン

ザカリー・マッツ
カール・コルパート
原作:エリザベス・テイラー
脚本:ルース・サックス
撮影:クラウディオ・ローシャ
編集
ヴァージニア・カッツ

ナイジェル・ガルト
音楽:スティーヴン・バートン

出演
サラ・パルフリー:ジョーン・プロウライト

ルードヴィック・メイヤー:ルパート・フレンド
グウェンドリン・グース:ゾーイ・タッパー
エルヴィラ・アーバスノット:アンナ・マッセイ
オズボーン:ロバート・ラング
メイヤー夫人:クレア・ヒギンズ
シャーリー・バートン:ジョージナ・ヘイル
ヴェラ・ポスト:マルシア・ウォレン
ローナ・デ・サリス夫人:ミリセント・マーティン
ウィリー・デ・サリス:マイケル・カルキン
エリザベス:アンナ・カータレット
デズモンド:ローカン・オトゥール
サマーズ:ティモシー・ベイトソン

イギリス/アメリカ 映画
配給 Cineville
2005年製作 108分
公開
北米:2005年11月25日
日本:2010年12月4日
製作費 $750,000
北米興行収入 $1,720,953
世界 $3,919,275


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロンドン
最愛の夫に先立たれた老婦人サラ・パルフリー(ジョーン・プロウライト)は、娘エリザベス(アンナ・カータレット)の元から自立した生活を送るために、”クレアモント・ホテル”に長期滞在しようとする。

夕食のためにドレスアップして、ダイニング・ルームに向かったパルフリー夫人は、居心地の悪さを感じていると、エルヴィラ・アーバスノット(アンナ・マッセイ)から声をかけられる。

アーバスノット夫人から、ホテルのルールのようなものを知らされたパルフリー夫人は、こんな場所で暫く暮らさなければならないのかと、憂鬱になってしまう。

翌日の朝食時、ヴェラ・ポスト(マルシア・ウォレン)と言葉を交わしたパルフリー夫人は、孫息子デズモンド(ローカン・オトゥール)のことを語り、彼と日曜日に食事をするために、留守電にメッセージを残す。

しかし、数週間が経ち、デズモンドどころか、誰からも電話がかかってこないことにパルフリー夫人は気づく。

ある日、パルフリー夫人は、郵便局に行った帰りに道で転んでしまう。

作家志望の青年ルードヴィック・メイヤー(ルパート・フレンド)がそれに気づき、パルフリー夫人に優しく声をかけて介抱する。

ルードヴィックにお礼を言ったパルフリー夫人は、彼を夕食に招く約束をする。

ホテルに戻ったパルフリー夫人は、若い男性を食事に招待することを、アーバスノット夫人やポスト夫人に伝える。

パルフリー夫人は、それを孫息子のデズモンドと勘違いされてしまい、そのことをルードヴィックに伝える。

ルードヴィックは、その日だけ自分が孫になることを提案して、パルフリー夫人を安心させる。

約束の日、ホテルに現れたルードヴィックは注目を集め、パルフリー夫人は楽しいひと時を過ごす。

パルフリー夫人から、作品のヒントを貰ったルードヴィックは執筆を始めて、翌日、彼女を散歩に誘い、そのことを伝える。

数日後、ホテルにデズモンドが突然現れ、パルフリー夫人は焦り、彼を追い返してしまう。

そんなパルフリー夫人は、ルードヴィックと彼の不仲の母(クレア・ヒギンズ)の元に向かう。

パルフリー夫人は、ルードヴィックの生き方を理解しようとしない母親に、彼が優しい気遣いを持つ好青年だと伝える。

ホテルの宿泊客オズボーン(ロバート・ラング)に誘われたパルフリー夫人は、彼と共に”フリーメイソン”の集会に参加する。

その帰り道で、パルフリー夫人はオズボーンにプロポーズされてしまうが、彼女は、残りの人生を自分自身として生きたいことを伝えてそれを断る。

ある日ルードヴィックは、パルフリー夫人から、思い出の映画”逢びき”の話を聞き、ビデオ・ショップでそれを借りてみようかと思う。

同時にそれを借りようとしていたグウェンドリン・グース(ゾーイ・タッパー)と、ルードヴィックは意気投合する。

同じ頃ホテルに、パルフリー夫人の娘エリザベスが現れ、デズモンドを追い返したことで母親を非難する。

その時、食事を終えたアーバスノット夫人が倒れてしまい、パルフリー夫人は、彼女の”覚悟はできている”という言葉にショックを受ける。

ルードヴィックとグウェンドリンと共に、ビューリーの村に向かったパルフリー夫人は、”プレイス・ハウス”の前で、その場を夫と訪れた想い出に浸る。

その後パルフリー夫人は、アーバスノット夫人が養護施設で亡くなったことを知る。

ルードヴィックも、グウェンドリンとの愛を深めていることで、パルフリー夫人は孤独を感じるようになる。

宿泊客の干渉に苛立ったパルフリー夫人は、ホテルの前で倒れて腰の骨を折ってしまう。

それを知ったルードヴィックは病院に急行し、パルフリー夫人を慰め、彼女が、肺炎と合併症だということをに気づいていたホテルの宿泊客にも、優しく声をかける。

意識が朦朧とする中、自分を夫と間違えるパルフリー夫人の話し相手になったルードヴィックは、”ササ”(夫人)というタイトルの作品を仕上げて、彼女の病室に届ける。

そして、ルードヴィックはパルフリー夫人に別れを告げ、グウェンドリンの元に向かう。


解説 評価 感想 ■

1971年に発表された、エリザベス・テイラーの小説”Mrs Palfrey at the Claremont”を基に映画化された作品。

*(簡略ストー リー)

最愛の夫に先立たれた老婦人サラ・パルフリーは、自立を求めて娘の元を離れ、長期滞在型の”クレアモント・ホテル”での生活を始める。
人の噂話が唯一の楽しみのような老人達に囲まれ、憂鬱に感じるパルフリー夫人だった。
ある日、パルフリー夫人は、路上で転んでしまい、作家志望の青年ルードヴィックに介抱される。
パルフリー夫人は、ルードヴィックに御礼をしようとホテルの食事に招待するが、宿泊客は現れるのが夫人の孫息子だと思い込む。
真実を言いそびれたパルフリー夫人は、ルードヴィックの提案で彼を孫だということにして、宿泊客の注目を集める。
ルードヴィックは、パルフリー夫人とのひと時を過ごし、彼女に作品のヒントを貰い執筆を始める・・・。
__________

気品ある老婦人の自立を求める姿、そして訪れる孤独感を、ユーモアも交えて綴った心温まる作品。

ローレンス・オリヴィエ夫人のジョーン・プロウライトの、演技とは思えない、その雰囲気から漂う品格と繊細な感情表現は秀逸だ。

度々挿入される、主人公の心から一時も離れることのない、先立った夫を想うシーンは、どうしてもローレンス・オリヴィエを想像して見てしまう。

1945年のデヴィッド・リーンの名作”逢びき”が、青年の生活の変化のきっかけになるところなど、名画を愛するダン・アイアランドの気持ちが伝わる演出だ。

出来過ぎた美青年でないところが好感が持てるルパート・フレンド、その恋人になるゾーイ・タッパー、宿泊客で、名優レイモンド・マッセイの娘アンナ・マッセイ、主人公に求婚するロバート・ラングジョージナ・ヘイルマルシア・ウォレンミリセント・マーティン、その夫マイケル・カルキン、ルードヴィック(R・フレンド)の母クレア・ヒギンズ、主人公の娘アンナ・カータレットピーター・オトゥールの息子で、孫役のローカン・オトゥール、ホテルのポーター、ティモシー・ベイトソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター