マイ・ビッグ・ファット・ウェディング My Big Fat Greek Wedding (2002) 3/5 (26)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

主演と脚本を兼ねるニア・ヴァルダロスの体験を基にした、彼女が自作自演した一人舞台の映画化。
内気なギリシャ系アメリカ人女性の恋や家族関係を描く、製作トム・ハンクスリタ・ウィルソン、出演ジョン・コーベットマイケル・コンスタンティンレイニー・カザン他共演、監督ジョエル・ズウィックによるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョエル・ズウィック
製作
ゲイリー・ゴーツマン

トム・ハンクス
リタ・ウィルソン
脚本:ニア・ヴァルダロス
撮影:ジェフリー・ジャー
編集:ミア・ゴールドマン
音楽
アレクサンダー・ジャンコ
クリス・ウィルソン

出演
フォトゥーラ”トゥーラ”ポルトカロス:ニア・ヴァルダロス

イアン・ミラー:ジョン・コーベット
コスタス”ガス”ポルトカロス:マイケル・コンスタンティン
マリア・ポルトカロス:レイニー・カザン
ヴーラ:アンドレア・マーティン
アンジェロ:ジョーイ・ファトーン
ニッキー:ジア・カリデス
ニック・ポルトカロス:ルイス・マンディロア
マイク:イアン・ゴメス
ハリエット・ミラー:フィオナ・リード
ロドニー・ミラー:ブルース・グレイ

アメリカ/カナダ 映画
配給 IFC Films

2002年製作 95分
公開
北米:2002年4月19日
日本:2003年7月19日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $241,438,208
世界 $368,744,044


アカデミー賞 ■

第75回アカデミー賞
・ノミネート
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

シカゴ
ギリシャ系アメリカ人のフォトゥーラ”トゥーラ”ポルトカロス(ニア・ヴァルダロス)は、父ガス(マイケル・コンスタンティン)に、ギリシャ人の誇りを教え込まれて育った。

内気で地味なトゥーラは、”早く結婚しろ”が口癖の父ガスの言葉とは裏腹に、恋愛経験も無く30歳を過ぎてしまう。

家族のギリシャ料理店を手伝うトゥーラは、一族の”掟”である、”ギリシャ人男性との結婚、子を授かり、死ぬまで家族の食事を作る”という人生には程遠く、彼女の将来は、家族にとっての最大の悩みとなってしまう。

そんなトゥーラは、ある日、同僚のマイク(イアン・ゴメス)との待ち合わせで店に現れた男性、イアン・ミラー(ジョン・コーベット)に惹かれてしまう。

その夜、トゥーラは店の仕入れ管理についてを、父ガスに意見して、カレッジに通うことを伝える。

トゥーラは、相変わらず結婚の話しに切り替えてしまう父を見て悲しみがこみあげる。

そんなトゥーラを、母マリア(レイニー・カザン)は優しく慰め、娘を固く抱きしめ、その後、夫ガスを説得する。

カレッジに通うことになったトゥーラは、自分を変えようと積極的な活動を始め、次第に社交的にもなっていく。

コンピューター情報処理を学んだトゥーラは、叔母ヴーラ(アンドレア・マーティン)が経営する旅行代理店に、新しいシステムを導入することを勧める。

そして、母マリアにも相談したトゥーラは、父ガスの了解を得てヴーラの店で働くことになる。

充実した毎日を送るようになったトゥーラは、ウィンドウの外から自分に笑顔で手を振るイアンに気づく。

再び現れたイアンが、明らかに自分を意識していると感じたトゥーラは、店に入ってきた彼と意気投合し、食事をすることになる。

イアンは、次の機会に彼女をギリシャ料理店”ダンシング・ゾルバ”に誘おうとする。

しかし、トゥーラはそこが自分の家族の店だと伝え、それでイアンは彼女が店にいたことを思い出す。

その後もトゥーラはイアンとデートを続けるが、一族の中でギリシャ人以外と付き合っている者は無く、彼女は自分達の将来を不安に思う。

しかし、イアンはトゥーラ自身に惹かれていることを伝え、その後、二人は親密になっていく。

一線を越えないまま、交際を続けていた二人だったが、いとこのニッキー(ジア・カリデス)にそれが知られてしまい、イアンはトゥーラの家に連れて行かれる。

ギリシャ人でないイアンはガスから責められ、トゥーラとの交際を許してもらえない。

母マリアもさすがにこれには賛成できず、その日からトゥーラの花婿探しが始まる。

しかし、トゥーラはイアンとの交際を続け、そして二人は結ばれてしまう。

そんなトゥーラは、イアンの両親ロドニー(ブルース・グレイ)とハリエット(フィオナ・リード)に紹介されるが、ここでも気まずい時を過ごす。

しかしイアンは、自分のアパートでトゥーラにプロポーズしてしまい、彼女もそれを承諾する。

それを知ったトゥーラの母マリアは一応の理解を示すが、父ガスは嘆き悲しむ。

駆落ちも考えたトゥーラだったが、イアンは彼女のことを考え、ギリシャ正教の教会で洗礼を受けることを条件に、父ガスから結婚の許可を得る。

ギリシャ人となったイアンは、一族のパーティーで歓迎されるが、一方、ギリシャ正教の教会での結婚式などを知らされたイアンの両親は戸惑いを隠せない。

トゥーラの家族は結婚式の準備を始め、彼女とイアンは出る幕が無い。

弟ニック(ルイス・マンディロア)が、自分を見習いカレッジでアートや絵を学びたいと言い出し、トゥーラは感激する。

トゥーラは、イアンの両親を自宅に招待することになり、ガスやマリアは一族を集めて二人を大歓迎する。

大袈裟な歓迎に、イアンの両親は圧倒されて打ち解けることが出来ず、ガスは再び嘆いてしまう。

父の悲しむ姿を見て意気消沈するトゥーラに、母マリアは、子供達の幸せのために生きてきた、自分達の気持ちを伝え娘を励ます。

そして結婚式当日、一族が集まったポルトカロス家で、その準備が慌しく始まる。

教会に到着したトゥーラは、父ガスに寄り添われてバージンロードを歩きイアンの元に向かう。

一族の女性が、お呪いのつばをトゥーラに吐く姿を見て、イアンの両親は驚いてしまう。

式は滞りなく終わり、パーティーの席でガスは、ギリシャ語の両家の名前の起源が、両方フルーツであることを気の利いたジョークで語り、その場を和ませる。

イアンの両親もようやく笑顔を見せ、そしてガスは二人に家をプレゼントする。

感激する二人をガスは抱きしめて、マリアもそれに続く。

大いに盛り上がった一同は、イアンの両親を含めて踊り始める。

そして、トゥーラとイアンは、彼女の実家の隣の家で暮らし、ギリシャ人としての誇りを持った幸せな家庭を築く。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ギリシャ系アメリカ人のトゥーラ・ポルトカロスは、内気で地味なために恋愛経験もなく、30歳を過ぎてしまう。
”早く結婚しろ”が口癖の父ガスの言葉と、”ギリシャ人男性と結婚、子を授かり、死ぬまで家族の食事を作る”という、一族の掟には従えそうもない人生を送るトゥーラだった。
そんなある日、家族のギリシャ料理店を手伝うトゥーラは、店に現れた青年イアンに惹かれてしまう。
その後トゥーラは、カレッジに入り積極的な生活を始め、イアンと再会して親交を深めていく。
しかし、ギリシャ人でないイアンとの交際は、トゥーラの心配事となって重くのしかかる。
イアンはトゥーラに、人種の問題ではなく、彼女自身に惹かれていることを告げ、二人は親密になっていく。
交際を続けた二人だったが、トゥーラの相手がギリシャ人でないことが家族に知られてしまい、一族は混乱してしまう・・・。
__________

トム・ハンクスが、妻リタ・ウィルソンに勧められて観た舞台が気に入り、自身のプロダクションで製作した低予算映画。

”My Big Fat ”とは”大袈裟な”という意味である。

わずか6館で限定公開された作品が、たちまち口コミで評判になり、最大2000館強まで拡大公開された。

その結果、500万ドルで製作された作品が、北米だけで約2億4100万ドル、全世界ではなんと、約3億6900万ドルの大ヒットとなった驚くべき作品。

第75回アカデミー賞では、主人公を演じたニア・ヴァルダロスが、脚本賞にノミネートされた。

大都会シカゴが舞台でありながら、アメリカ人社会は殆ど登場せず、奔放なギリシャ人移民一族の絆と生活をストレートに描く、心温まる作品に仕上がっている。

とにかく、祖国ギリシャの誇りに拘り、逞しく生きる一家、一族の描写が生き生き描かれているところが素晴らしい。

本作で時の人となったニア・ヴァルダロスは、撮影当時既に40歳目前だった。
色気の無い店の手伝いから次第に美しく輝きを増していく姿と共に、家族や一族の考えも尊重して悩み苦しむ女性を、見事に演じている。

見かけに似合わず、温厚で優しさ溢れる好青年ジョン・コーベット、頑固一徹ではあるが、人情味溢れる父親役を、絶妙な雰囲気でに演ずるマイケル・コンスタンティン、包容力ある母親レイニー・カザン、大らかな叔母で一族の華アンドレア・マーティン、その息子ジョーイ・ファトーン、娘ジア・カリデス、主人公の弟ルイス・マンディロア、イアン(J・コーベット)の同僚役で、ニア・ヴァルダロスの実生活の夫イアン・ゴメス、イアンの両親フィオナ・リードブルース・グレイなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター