ネバー・クライ・ウルフ Never Cry Wolf (1983) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1963年に発表された、自然保護論者ファーレイ・モワット同名自伝著書を基に製作されたディズニー作品。
カリブー(北米トナカイ)激減の調査に派遣された生物学者が、その原因とされるオオカミの生態の観察を苦労しながら続ける姿を描、脚本カーティス・ハンソン、主演チャールズ・マーティン・スミスブライアン・デネヒー他共演、監督キャロル・バラードによるアドベンチャー・ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:キャロル・バラード
製作総指揮:ロン・W・ミラー
製作
ルイス・M・アレン

ジャック・コーファー
ジョセフ・ストリック
原作:ファーレイ・モワット
脚本
カーティス・ハンソン

サム・ハム
リチャード・クレッター
撮影:ヒロ・ナリタ

編集
ピーター・パラシェルズ
マイケル・チャンドラー
音楽:マーク・アイシャム

出演
ファーレイ・モワット/テイラー:チャールズ・マーティン・スミス

ロージー・リトル:ブライアン・デネヒー
ウテック:ザカリー・イッティマンナク
マイク:サムソン・ホーラ

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
1983年製作 105分
公開
北米:1983年10月7日
日本:1984年6月9日
北米興行収入 $27,569,674


アカデミー賞 ■

第56回アカデミー賞
・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

北極圏に生息するカリブー(北米トナカイ)が激減し、その犯人と思われるオオカミの調査のため、カナダ政府は生物学者テイラー(チャールズ・マーティン・スミス)を派遣する。

大量の資材を運ぶため、飛行機を所有している不動産業者のロージー・リトル(ブライアン・デネヒー)に協力を要請したテイラーだったが、荷物が多過ぎて次々と捨てられる。

テイラーは気乗りしないまま、どうして自分が選ばれたのか疑問を抱きながら、老朽単発機のエンジン停止の危機を乗り越え、無事に目的地付近に着陸する。

荷物を投げ捨てるように降ろし、ロージーはテイラーを置き去りにするかのごとく離陸してしまう。

独り取り残されたテイラーは、まず行動計画を立て一夜を過ごすが、翌日、犬ゾリに乗ったイヌイットのウテック(ザカリー・イッティマンナク)が現れる。

ウテックは、気を失ったテイラーをソリに乗せて住居に連れて行き、資材なども全てその場に運ぶ。

その後ウテックは姿を消し、気温が上昇したことでテイラーは行動を開始する。

テイラーは近くにオオカミの気配を感じ、現れた一匹の観察を始める。

そのオオカミをジョージと名付けたテイラーは、彼との駆け引きをしながら観察を続ける。

やがてよく似たもう一匹が現れ、テイラーはそれをアンジェリンと名付け、その後、三匹の子供も姿を現す。

しかし、テイラーの目的である、オオカミがカリブーを襲っている証拠は見つからなかった。

そんな時、オオカミが無数にいるネズミを食料にしていることが分かるが、それだけて生きていけるのか、テイラーは疑問に思う。

テイラーは、それを実感するために、自分もネズミを料理して食べ始める。

ただ単に、オオカミを観察するだけの日々が続いたテイラーの前に、ウテックに連れられた英語が話せる青年マイク(サムソン・ホーラ)が現れる。

ウテックとマイクは、テイラーが実験のためにネズミを食べていることや、様々な観察や研究に興味を持つ。

マイクは、オオカミを殺して高値で売れる毛皮で生計を立てていたのだが、ジョージ達は殺さないことをテイラーに伝える。

やがて夏は終わりに近づき、テイラーは、カリブーがイヌイットの食料になり、残った病気のカリブーをオオカミに襲わせるよう人間が仕向けたことを知る。

そして、カリブーを追ったテイラー達は、それを襲うオオカミを目撃する。

テイラーは、食べられたカリブーの死骸を調べ、それが病気だったことを確認する。

その後、テイラーはハンティングに来ていたロージーと再会するが、彼は以前とは違い、羽振りのいい生活をしている様子だった。

引き上げようとするロージーに誘われたテイラーだったが、彼はそれを断り、自分の居場所が知られていることを気にする。

キャンプに戻ったテイラーは、ジョージとアンジェリンの姿が見えないことに気づき、その直後にロージーの飛行機が湖に着水する。

テイラーは飛行機に、オオカミの尾っぽが付いているのを確認し、威嚇射撃をして彼を追い払う。

その場にいたマイクは、オオカミは移動したと言って旅立つが、彼が入れ歯を手に入れたことなどから、ジョージとアンジェリンを殺す手引きをしたことをテイラーは察する。

やがて冬となり、テイラーはジョージとアンジェリンと出会った時のように、ただその場で周囲の様子を観察する。

残されたジョージとアンジェリンの子供達は、別のオオカミの群れに引き取られる。

そして、テイラーは、現れたウテックと新たな旅に出る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

生物学者テイラーは、カナダ政府に依頼を受け、北極圏に生息するカリブー(北米トナカイ)激減の原因と考えられている、オオカミの行動の実態調査のために現地に向かう。
不動産業者ロージーの単発機で、激寒の目的地に着いたテイラーは、イヌイットの老人ウテックに出会う。
気温の上昇と共に観察を始めたテイラーは、一匹のオオカミを見つける。
テイラーは、そのオオカミをジョージと名付け、さらにメスのアンジェリン、そして子供達を含めた彼らの観察を始める。
オオカミが、カリブーを襲う様子を目撃できずにいたテイラーは、彼らが野ネズミを餌にしていることに気づく。
しかしテイラーは、オオカミがネズミだけを食べて生きているのを疑問に思い、自分もそれを食べて生活する。
その後、姿を消していたウテックが、青年マイクを連れて現れる。
テイラーは、マイクがオオカミの毛皮を売るハンターだと知るが、ジョージ達は殺さないことを確認する。
やがてテイラーは、人間がカリブー狩りをして、病気のものだけをオオカミが襲うように仕向けていることを、ウテックらに知らされる。
そしてテイラーは、それを確かめようとして、カリブーの群れを追い移動するのだが・・・。
__________

自然保護論者であるファーレイ・モワットの自伝を基に、動物の生態観測の様子を、美しく雄大な大自然をバックにして、ドキュメンタリー・タッチで描く秀作。

第56回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

動物の観察を続ける主人公の姿を、淡々と描く物静かな作品ではあるが、結局は動物の生態や自然を破壊しようとする、人間の行動への強烈な批判を描写するシーンもあり、メッセージ性の強い作品でもある。

主演のチャールズ・マーティン・スミスの持ち味が十分に生かされている作品で、ユーモラスな場面も多々あるが、政府に派遣された学者だけあり、その堅実な仕事振りや、物事の実態を見つめる真摯な態度も、彼のキャラクターによく合っている。

地元民である不動産業者のブライアン・デネヒー、主人公と親交を深めるイヌイットの老人役ザカリー・イッティマンナク、逆に主人公を裏切り、オオカミ狩りの手引きをする青年サムソン・ホーラなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター