ストレンジャー Never Talk to Strangers (1995) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女性犯罪心理学者の恐怖体験と隠された秘密を描く、レベッカ・デモーネイアントニオ・バンデラス共演、監督ピーター・ホールによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ピーター・ホール
製作総指揮
レベッカ・デモーネイ

ロバート・ラントス
バーベット・シュローダー
製作
アンドラス・ハモリ

ジェフリー・R・ニューマン
マーティン・ワイリー
脚本
ルイス・A・グリーン

ジョーダン・ラッシュ
撮影:エレメール・ラガリイ
編集:ロバート・シルヴィ
音楽
ピノ・ドナッジオ

スティーヴ・セクソン

出演
サラ・テイラー:レベッカ・デモーネイ

トニー・ラミレス:アントニオ・バンデラス
クリフ・ラディソン:デニス・ミラー
ヘンリー・テイラー:レン・キャリオー
マックス・チェスキー:ハリー・ディーン・スタントン
デューデコフ:ユージン・リピンスキ
モーラ:マーサ・バーンズ
ウォバッシュ:ティム・ケルハー

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1995年製作 86分
公開
北米:1995年10月20日
日本:1996年6月15日
製作費 $6,400,000
北米興行収入 $6,849,998


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
犯罪心理学者のサラ・テイラー(レベッカ・デモーネイ)は、刑期中の連続レイプ殺人犯マックス・チェスキー(ハリー・ディーン・スタントン)を診断し多重人格を疑う。

その夜サラは、同じアパートの住人クリフ・ラディソン(デニス・ミラー)に誘われるがそれを断る。

翌日の夜、買い物をしていたサラは、トニー・ラミレス(アントニオ・バンデラス)という男性に声をかけられて誘われる。

サラはそれを断るものの、トニーが気になる存在となり彼に電話番号を教える。

帰宅したサラはアパートの入り口で、その場に父ヘンリー(レン・キャリオー)が現れたために驚いてしまう。

サラは、疎遠だったヘンリーの訪問に戸惑い、泊めて欲しいと言う彼にわずかな金を渡して帰ってもらう。

その後、トニーから電話があり、彼のアパートを訪ねたサラは、彼がセキュリティ・システムの仕事をしていることなどを聞く。

サラは、事故死した母親の話をして感傷的になり、二人はそのまま夜を過ごし、朝を迎えて愛し合う。

その日のチェスキーの診断を終え、サラが帰宅すると、枯れ花が届けられていることに気づき彼女は動揺する。

トニーの迎えでカーニバルに向かったサラは、彼の射撃ゲームの腕に驚く。

サラは、トニーが元警官だと知り、自分もゲームをするが何かを思い出して気を失ってしまう。

トニーは、サラをアパートに連れて行き、彼女のバッグの中身を調べる。

それに気づいたサラは、トニーに花を贈ったかを尋ねるが、彼はそれを否定する。

警戒されたことで気分を害したトニーはサラを罵り、彼女はその場を去る。

しかし、トニーの元に戻ったサラは、彼と激しく愛し合う。

翌日サラは、”セクションD ページ6”という文字が貼られた手紙を受け取る。

それが新聞の死亡欄で、自分の名が記載されていることに気づいたサラは、チェスキーの仕業でないかと疑い、彼の弁護士ウォバッシュ(ティム・ケルハー)にそれを伝
える。

チェスキーとの面会後に帰宅したサラは、飼い猫が殺されて入れられた小包を受取りショックを受ける。

警察に相談したサラだったが、脅しているのは身近の人間だと言われ、私立探偵を雇うよう言われるだけだった。

苛立つサラは現れたトニーを疑い、彼は、その場にいたクリフを追い出してしまう。

自分を信じて欲しいことだけを伝えたトニーはその場を去る。

その後サラは、警察で紹介された私立探偵デューデコフ(ユージン・リピンスキ)を訪ねる。

トニーではないという考えをデューデコフに伝えたサラだったが、彼をまず調べるべきだと提案される。

サラはトニーとの愛を確かめながら、デューデコフに彼の調査をさせる。

ボストンに出張する予定だったトニーが、自分の出身地のアルバニー向かったと言うデューデコフからの知らせを受けたサラはそれを疑問に思う。

更に、トニーには妻子がいるらしいことも分かる。

そんな時、アパートに侵入する不審者を見つけたクリフは、その男を追い路地で殴り倒される。

戻ったというトニーからの電話にも出ないサラは、彼のアパートを調べる。

そこには、トニーが自分のことを調査していた資料が隠されていた。

トニーが戻り、焦ったサラは帰ることを伝えてその場を去るが、アパートの部屋に”死ね”という文字が書かれていたためにショックを受ける。

その後、シャワーを浴びていたサラは、ヒーターが浴槽に落下する事故に遭い感電死しそうになる。

入院したクリフを見舞ったサラは、殺人未遂でようやく動き出した警察にトニーのことを伝える。

現れたトニーに怯えるサラは、彼がなぜ自分を調べていたのかを聞き出そうとする。

デューデコフが妻だと言っていた女性はいとこで、サラの元恋人ベニーの妹だった。

ベニーの家族は消息を絶った彼を捜し、トニーが調査を頼まれたのだった。

トニーは、設置してあった監視カメラの映像を見せて、それにサラが映っていることを確認させ、一連の出来事は、彼女が自身の行為だったことを知らせる。

サラは取り乱し、そこにヘンリーが現れ、かつて、階段で揉み合い落下死した母のことをサラは思い出す。

ヘンリーは、子供のサラが母を射殺したことを庇おうとしたとトニーに語る。

しかしサラは、ベッドに隠してあった銃をヘンリーに向けて、母が事故死ではなかったことを話す。

サラは、少女時代にヘンリーから性的虐待を受けていたのだった。

自分の銃を床に置き、サラに銃を渡すよう説得するトニーだったが、彼女に撃たれてしまう。

男を拒絶するサラは、恋人ベニーも殺したことをトニーに伝え、彼が息を引き取ったことを確認する。

サラはヘンリーを射殺して、トニーが撃ったように見せかけ証拠の監視テープを処分する。

トニーに銃を向けられたために彼を殺したという証言をしたサラは、正当防衛が認められる。

半年後。
サラは、チェスキーが多重人格者であると断定して報告する。

クリフと付き合い始めていたサラは、何事もなかったように平穏な日々を過ごす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

犯罪心理学者のサラ・テイラーは、連続レイプ犯チェスキーの精神鑑定を担当していた。
ある日サラは、トニーという男性に声をかけられ、気になる存在になり電話番号を教える。
二人は愛し合うようになるのだが、その後サラは、嫌がらせのような行為を受けるようになる。
トニーを疑ったサラは、私立探偵を雇い彼を調べさせる。
そして、トニーが自分の出身地に向かい、妻子らしき家族がいることを知ったサラは恐怖に怯えるのだが・・・。
__________

サスペンス・スリラー「ゆりかごを揺らす手」(1992)の、衝撃的な演技も記憶に新しいレベッカ・デモーネイが、その主人公を思わせる役柄を再び演じ、製作総指揮も担当した意欲作。

そのことばかりが頭に浮かび、やや新鮮味に欠ける内容ではあるが、美貌のレベッカ・デモーネイ、セクシー・スター、アントニオ・バンデラスの官能的大胆シーンも話題となった。

主人公の秘密が暴かれていくクライマックス、序盤から、そのヒントが隠されているシーンなど、ピーター・ホールの気遣いの感じられる演出は、まずまずというところだろうか。

しかし、平凡な心理学者で終わりそうもない主人公レベッカ・デモーネイの雰囲気からして、その正体は見当がついてしまう・・・。

音楽は、ブライアン・デ・パルマ作品で知られるピノ・ドナッジオが担当している。

実は、あることに関する調査を進めていたという、謎めいた男を魅力的に演ずるアントニオ・バンデラス、主人公と同じアパートに住む隣人デニス・ミラー、主人公の父親レン・キャリオー、連続レイプ殺人犯ハリー・ディーン・スタントン、私立探偵ユージン・リピンスキ、弁護士ティム・ケルハーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター