ナイトホークス Nighthawks (1981) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

国際テロリストの逮捕を命ぜられた囮捜査担当刑事の活躍を描く、主演シルヴェスター・スタローンルトガー・ハウアービリー・ディー・ウィリアムズリンゼイ・ワグナーパーシス・カムバッタ共演、監督ブルース・マルムースによるサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ブルース・マルムース
製作
マーティン・ポル

ハーブ・ネイナス
原案
デヴィッド・シェイバー

ポール・シルバート
脚本:デヴィッド・シェイバー
撮影:ジェームズ・A・コントナー
編集:クリストファー・ホームズ
音楽:キース・エマーソン

出演
ディーク・ダシルヴァ:シルヴェスター・スタローン

ウルフガー:ルトガー・ハウアー
マシュー・フォックス:ビリー・ディー・ウィリアムズ
アイリーン:リンゼイ・ワグナー
シャカ・ホランド:パーシス・カムバッタ
ピーター・ハートマン:ナイジェル・ダヴェンポート
ムナフォ警部補:ジョー・スピネル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1981年製作 99分
公開
北米:1981年4月4日
日本:1981年6月
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $14,905,359
世界 $19,905,359


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1979年、12月31日、ニューヨーク
ニューヨーク市警のディーク・ダシルヴァ(シルヴェスター・スタローン)は、女装して相棒のマシュー・フォックス(ビリー・ディー・ウィリアムズ)と暴漢を逮捕する。

12月31日、ロンドン
テロリストのウルフガー(ルトガー・ハウアー)は、イギリス政府の植民地政策に反対し、市内にあるデパートをテロの標的にして爆破する。

1月4日、ニューヨーク
ダシルヴァは、別れた妻アイリーン(リンゼイ・ワグナー)を訪ね、彼女と寄りを戻そうとする。

しかしアイリーンは、危険が伴うダシルヴァの人生に、これ以上、付き合うことが出来ないことを伝える。

1月6日、ロンドン
ウルフガーは、新たな犯行として手入れに入った警官と仲間を殺し、ロンドンから姿を消す。

インターポール”の対テロ作戦イギリス支部のピーター・ハートマン(ナイジェル・ダヴェンポート)は、事件を警戒していたのだが、警告が無駄に終わってしまう。

1月9日、パリ
ウルフガーは、”サント・シャペル”で仲間のシャカ・ホランド(パーシス・カムバッタ)に会い、仲間を殺したことで、自分の顔がインターポールに知れたことを聞き、彼は整形手術で顔を変える。

ニューヨーク
その頃、ダシルヴァとフォックスは、ムナフォ警部補(ジョー・スピネル)に囮捜査を外され、インターポールに協力するよう命令を受ける。

翌日、対テロ行動司令チーム/A.T.A.C.を指揮するため、ニューヨーク入りしたハートマンから、対テロ作戦の心得を聞かされていたダシルヴァとフォックスだったが、 同じ頃ウルフガーもアメリカに入国する。

既にニューヨークに居ると思われるウルフガーは、整形して顔を変えていることが予想された。

ウルフガーは、女の部屋に武器を隠し、夜遊びを好むという特徴を持っていた。

ロンドンの事件で組織に見放された彼は、新たに自分の力を見せつけようとするはずだということも分かる。

航空会社の客室乗務員の女性と親密になったウルフガーは、着々と次の犯行の準備を始める。

ダシルヴァは、延々と続くハートマンの講義にうんざりしていたが、そんな時、ウルフガーのテロがウォール街で実行され、次は国際的な建物を破壊する声明を出す。

国連の人々が狙われようとする中、攻撃的なハートマンは、ウルフガー抹殺命令を出す。

自分のプライバシーまで調べ上げ、弱みを指摘されたダシルヴァは、人殺しを強要されチームを去ろうとする。

フォックスに説得されたダシルヴァは、ハートマンにチームに戻ることを告げるが、人前で犯人を射殺できるか自信がなかった。

ハートマンは、軍歴のあるダシルヴァが、かなりの銃の腕前だということを指摘する。

ウルフガーは、同居していた女が武器を見つけたため彼女を殺し、遺体は発見され、それがA.T.A.C.に知らされる。

女の部屋から、爆破現場に印をした地図が見つかったことから、ダシルヴァとフォックスは目撃者の聞き込みを始める。

そしてダシルヴァは、あるディスコで、自分が想い描いていた犯人の似顔絵に似た男(ウルフガー)に目を付ける。

それに気づいたウルフガーは、ダシルヴァとフォックスに発砲しその場を逃れ、地下鉄に逃げ込み女性を人質にする。

ダシルヴァは発砲できず、車両内での追跡が始まり、次の駅で降りたところで、フォックスがウルフガーに顔面に傷を負わされ追跡を諦める。

ウルフガーの隠れ家に現れたシャカは、ハートマンが捜査の指揮を執っていることを伝える。

国連関係者やA.T.A.C.の情報を集めたウルフガーは、ダシルヴァのことも探ろうとする。

各情報を入手し調べ上げたウルフガーは、国連関係者の集うパーティーを目標に犯行準備を始める。

そしてパーティー当日、復帰したフォックスを含め、A.T.A.C.の厳重な警備の中、ハートマンがシャカに射殺される。

その後、国連関係者と家族を乗せた、ルーズベルト島のロープウェイがウルフガーとシャカにハイジャックされる。

ヘリコプターで現場に向かったダシルヴァは、ウルフガーを機内から確認する。

ウルフガーは、女性の乗客を射殺しイースト・リバーに投げ捨て、赤ん坊を解放するためダシルヴァを呼び寄せる。

ダシルヴァに声明文を渡し、赤ん坊を解放したウルフガーは、さらに脱出用航空機を準備させ、同志のテロリストの解放を要求する。

人質を盾にロープウェイを降りたウルフガーは、空港に向かうバスの運転をダシルヴァにさせようとする。

ダシルヴァは、隠していたハートマンのシャカについての講義の録音を聞かせる。

それを聞いたシャカが動揺した隙に、フォックスが彼女を狙撃する。

一斉に銃撃を始めたA.T.A.C.側に対し、ウルフガーはバスを奪い、そのままイースト・リバーに突進する。

ウルフガーは、消息不明のままで隠れ家が発見され、ダシルヴァは自分のことが調べ上げられていることを知る。

アイリーンの危険を察知し、ダシルヴァは彼女の元に向かう。

ウルフガーはアイリーンの家に忍び込むが、彼女に扮していたダシルヴァがウルフガーを射殺する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク市警囮捜査官ディーク・ダシルヴァは、相棒のフォックスと共に、ヨーロッパを追われたテロリストのウルフガーを逮捕するため、インターポールのハートマン率いる対テロ特捜班に配属され捜査を始める。
ニューヨーク入りしたウルフガーは、潜伏し新たなテロ実行の準備を始める。
テロは実行され、ダシルヴァは執念の捜査で、整形したウルフガーを見つけ出す。
しかしウルフガーは、白昼堂々と新たな犯行を企て、ダシルヴァと対決しようとする・・・。
__________

ロッキー」(1976)で一躍世界的なスターとなったシルヴェスター・スタローンが、刑事アクションに挑むことで、当時、大いに話題になった作品。

この時点で「ロッキー2」(1979)まで公開され、翌年の「ランボー」(1982)を控え、スタローンは、絶頂を迎えようとしていた頃で、ヒゲを蓄えた精悍な顔つきが印象的だが、肉体美を誇示するような場面はない。

冒頭とラストで見せる女装は何とも言い難いが、行動力と正義感で犯人を追い詰める逞しい男の姿は、実に彼らしい役柄でもある。

前半、ニューヨークロンドンパリを舞台にした、物語の序章となる切れのある展開などは、在り来りに見える場面がうまく演出されていて、古典的なサスペンスの面白さを十分楽にしめる、ブルース・マルムースの手腕も評価できる。

主な舞台となる犯罪都市ニューヨークの、その雰囲気を漂わせるキース・エマーソンの軽快な音楽も注目だ。

国際テロリスト役のルトガー・ハウアーが、ほとんど何もせずに、整形で顔を変えたように見せる演出などもなかなか巧みで、甘いマスクに見えたりもする。
また、凶悪犯の顔に変貌する彼の熱演も見ものだ。

頼りになる主人公の相棒ビリー・ディー・ウィリアムズ、主人公の元妻役リンゼイ・ワグナー、テロリスト役のパーシス・カムバッタイギリス人らしくウィットに富んだ人物の反面、かなり強引な捜査を強要するインターポールナイジェル・ダヴェンポート、主人公の上司でジョー・スピネルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター