夜の道 Night Passage (1957) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1956年に発表された、ノーマン・A・フォックスの著書”Night Passage”を基に製作された作品。
元鉄道保安員が労働者の給料を運ぶ仕事を依頼され、弟が加わる強盗団一味と戦う姿を描く、主演ジェームズ・スチュワートダン・デュリエオーディ・マーフィダイアン・フォスター他共演、監督ジェームズ・ニールソンによる西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:ジェームズ・ニールソン
製作:アーロン・ローゼンバーグ
原作:ノーマン・A・フォックス
脚本:ボーデン・チェイス
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
編集:シャーマン・トッド
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
グラント・マクレーン:ジェームズ・スチュワート

リー”ユティカ・キッド”マクレーン:オーディ・マーフィ
ホワイティ・ハービン:ダン・デュリエ
シャーロット・ドリュー:ダイアン・フォスター
ヴェルナ・キンボール:エレイン・スチュアート
ジョーイ・アダムス:ブランドン・デ・ワイルド
ベン・キンボール:ジェイ・C・フリッペン
ジェフ・カース:ヒュー・ボーモント
ウィル・レナー:ハーバート・アンダーソン
ヴィットル:オリーヴ・ケリー
コンチョ:ロバート・J・ウィルキ
ショットガン:ジャック・イーラム

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1957年製作 90分
公開
北米:1957年7月24日
日本:1957年9月17日
北米興行収入 $2,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

コロラド州。
山間の鉄道工事現場の終点に着いたグラント・マクレーン(ジェームズ・スチュワート)は、現場主任に頼まれて、持参したアコーディオンを弾く。

工事に従事する労働者達は、ホワイティ・ハービン(ダン・デュリエ)率いる強盗団に、度々給料を奪われて苛立っていた。

かつてのボスである、鉄道会社のベン・キンボール(ジェイ・C・フリッペン)が会いたがっていることを知ったマクレーンはジャクソン・シティに向かう。

途中ヴィットル(オリーヴ・ケリー)という威勢のいい婦人に出くわしたマクレーンは、鉱脈工事でできた近道を教えてもらう。

その後マクレーンは、少年ジョーイ・アダムス(ブランドン・デ・ワイルド)に襲いかかろうとしていた男コンチョ(ロバート・J・ウィルキ)を叩きのめす。

ジャクソン・シティ。
食堂に寄ったマクレーンは、弟のユティカ・キッド(オーディ・マーフィ)の恋人シャーロット・ドリュー(ダイアン・フォスター)に会い、弟のことを聞いてキンボールの元に向かう。

特別列車で待っていたキンボールは、元保安員マクレーンを歓迎するが、部下のジェフ・カース(ヒュー・ボーモント)は、ホワイティ一味に加わるユティカの件もあるため、彼を信用しない。

気分を害したマクレーンは立ち去ろうとするが、キンボールの妻ヴェルナ(エレイン・スチュアート)が現れ彼を引き止める。

ホワイティを警戒するキンボールは、マクレーンに作業員の給料1万ドルを渡して貨物車に乗せ、それを届けさせようとする。

マクレーンは、成功した場合、それに納得しないジェフの地位を得られる条件で、今回の件を引き受ける。

かつて惹かれ合っていたマクレーンとヴェルナだったが、ユティカを逃がしたがために泥棒呼ばわりされたことで彼は許す気になれなかった。

マクレーンは、現れたジョーイに頼まれて、連れとして車両に乗せる。

キンボールの部下ウィル・レナー(ハーバート・アンダーソン)は、ある男を待っていたのだが、汽車は出発して乗り遅れてしまう。

それを知ったヴィットルは、汽車より先に付けると言って、レナーと賭けをして彼に道案内をする。

外の荷物車両で、ジョーイと親交を深めたマクレーンは、彼が、ホワイティ一味と行動を共にしていたものの逃げたため、仲間のコンチョに追われていたことを知る。

ホワイティがジョーイを殺そうとした時、ユティカがそれを止めたということだった。

煙を嫌い車両の中に入ったマクレーンとジョーイは、その場にコンチョがいることに気づく。

ペイ・ロード。
汽車の様子を偵察したユティカは仲間達の元に戻り、列車を襲うことに味を占めたと言って焦るホワイティを牽制する。

一味は給水塔を倒して線路を塞ぎ、ジェフらの乗る車両に鍵をかけて切り離してしまう。

汽車は給水塔に突っ込み、乗り移ったユティカは、機関士に停車するよう命ずる。

コンチョは、金庫を開けさせるが中に現金はなく、彼はそれをホワイティに報告し、通じていたレナーの情報だったことを伝える。

マクレーンは、ジョーイの靴の箱に現金を入れて外に出るが、怪しまれずに車両に戻ろうとする。

コンチョは、殴られた恨みを返し、マクレーンを土手から落としジョーイを連れて行く。

ユティカはキンボールの車両に向かい、現れたホワイティは、現金は次の汽車に乗せてあると言うヴェルナを信じて彼女を人質に取る。

ホワイティはキンボールに、ペイ・ロードに現金を持って来るようにと命じ、ジョーイは、ユティカの馬に乗り仲間達と共にその場を去る。

意識が戻ったマクレーンは、アコーディオンを拾いその場を離れる。

ジェフらの車両が、下り坂で町に戻ることを確認したレナーは、ヴィットルからラバを買い取りペイ・ロードに向かう。

線路の終点に着いたキンボールは、給料を払えと言う労働者に責められ、町に戻りホワイティらを追うと言うジェフに待機しているようにと電信で伝える。

ペイ・ロードに着いた一味だったが、ホワイティは気が立ち仲間割れの危機となるが、ユティカは冷静に対処する。

シャーロットは、ユティカに会うために、マクレーンの馬でその場に現れる。

町にたどり着いていたマクレーンは、シャーロットと話していた一味の男を叩きのめして縛り上げる。

マクレーンは、弟ではあるが、強盗一味でいるユティカを許せなかった。

ホワイティらがいる酒場に向かったマクレーンは、身代金とは無関係でユティカに用があることを伝える。

ユティカは、マクレーンが兄であることを話して、5年前に保安員だった彼が、自分を追ってきたものの逃がしたことを伝える。

コンチョは因縁があると言ってマクレーンを挑発するが、いざ一対一の勝負になると怖気ずく。

マクレーンは、この場を去るようコンチョに命ずるが、振り向きざまに銃を抜いた彼を射殺する。

ユティカを表に連れ出したマクレーンは、ジョーイが現金を持っていることを知らせ、ヴェルナと共に彼も連れ帰ることを伝える。

ジョーイにユティカと同じ道を歩ませたくないマクレーンは、その気持ちを変えようとしない。

マクレーンは、シャーロットが納屋にいることをユティカに伝えて酒場に戻る。

ユティカは納屋にいたシャーロットに会い、結婚の約束をした二人だったが彼女はそれを焦る。

シャーロットに、マクレーンのような男になることを望まれたユティカは、その言葉を嫌い強盗を辞める気のないことを伝える。

結婚してくれと言われたシャーロットは、ユティカが変われないことを悟りそれを拒む。

酒場に戻ったユティカは、アコーディオンを弾いていたマクレーンと歌を歌う。

そこにレーンが現れ、情報料の1000ドルを要求するが、ホワイティは現金がなかったことを伝える。

レーンは、2000ドルで現金のある場所を教えると言い、運び屋のマクレーンが持っていることを知らせる。

マクレーンは、アコーディオンを投げてランプを消し暗闇の中で銃撃戦が始まる。

ジョーイを呼んだマクレーンは、ヴェルナと共に床板を剥がして逃れる。

マクレーンは、納屋にいたシャーロットを連れて、ジョーイと共に逃げたユティカを追う。

ホワイティに追われたマクレーンは、鉱山の搬器にヴェルナを乗せて逃がす。

次の搬器で逃げるようシャーロットに伝えたマクレーンは一味を次々と倒す。

残ったシャーロットはマクレーンを助け、劣勢の彼らを見ていたジョーイは加勢しようとする。

ホワイティはジョーイを銃撃し、落馬した彼をマクレーンが助けユティカも兄の元に向かう。

ユティカは、ジョーイをまともな男に育てることを約束するがホワイティに撃たれてしまう。

マクレーンはホワイティを射殺するが、ユティカは兄に腕の中で息を引き取る。

ユティカの埋葬を終えたマクレーンは、キンボールの元に向かい現金を渡し労働者は給料を受け取る。

ジェフは負けを認めて、自分の地位をマクレーンに渡そうとする。

コートだけもらうと言うマクレーンに、ジェフは保安員に復帰することを提案する。

それを承諾したマクレーンは、ジョーイに仕事をするよう指示してシャーロットを抱き寄せる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

今はアコーディオン弾きで小銭を稼ぐ元鉄道保安員のグラント・マクレーンは、かつてのボス、キンボールに呼ばれる。
ホワイティ率いる強盗団に、何度も鉄道作業員の給料を奪われていたキンボールは、1万ドルをマクレーンに預けて汽車に乗るよう指示する。
5年前に、一味に加わっていた弟ユティカを逃がしたため、保安員を辞めたマクレーンだったが仕事を受けて汽車に乗る。
計画通り汽車を襲ったホワイティ一味だったが、現金は見つからず、キンボールの妻ヴェルナが人質に取られる。
一味から逃げてきた、少年ジョーイの靴の箱に現金を隠したマクレーンは痛めつけられるものの、ホワイティらを追い金鉱の町ペイ・ロードに向かう・・・。
__________

言わずと知れた名コンビのアンソニー・マンジェームズ・スチュワートの作風を連想させる作品。
二人の作品として企画されたものの、オーディ・マーフィのキャスティングなどをめぐる意見の不一致で、アンソニー・マンは手を引いたという経緯がある。

兄弟愛、列車強盗、銃撃戦に美しい女性と、西部劇の醍醐味を楽しめるドラマとして見応えある作品に仕上がっている。

線が細く温厚そうに見える主演のジェームズ・スチュワートは、どの作品でもそうだが、芯が強く我を通す結構頑固な男の役が多い。
今回も、強盗一味を倒すことよりも、弟を改心させようとすることだけを考える、男気のある人物を好演している。
また、ジェームズ・スチュワートは、作品内でアコーディオンを巧みに操り歌まで披露してくれる。

ファンならば直ぐに分かるであろう、ディミトリ・ティオムキンの独特の音楽も印象に残る。

強盗一味に加わっているものの、元は善人の心を失っていないことが窺い知れる、小柄ながら画面に栄える主人公の弟オーディ・マーフィ、強盗団のリーダー役ダン・デュリエ、ユティカ(A・マーフィ)を愛するダイアン・フォスター、鉄道会社のジェイ・C・フリッペンの妻エレイン・スチュアート、なかなか印象深い少年役を演ずる、「シェーン」(1953)と同じ役名のブランドン・デ・ワイルド、鉄道会社のヒュー・ボーモントと裏切り者ハーバート・アンダーソン、男勝りの婦人を演ずる、故ハリー・ケリー夫人のオリーヴ・ケリー、強盗一味役のロバート・J・ウィルキジャック・イーラムなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター