ノー・エスケイプ No Escape (1994) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

権力に反感を持ち軍上官殺害の罪で投獄された男が孤島の囚人島に送られるが、文明的な生活をする囚人達と協力し合い残虐集団と刑務所長に立ち向かう姿を描く、監督マーティン・キャンベル、主演レイ・リオッタランス・ヘンリクセンケヴィン・ディロンアーニー・ハドソ他共演のSFアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:マーティン・キャンベル
製作総指揮:ジェイク・エバーツ
製作:ゲイル・アン・ハード

原作:リチャード・ハーレー”The Penal Colony”
脚本
マイケル・ゲイリン
ジョエル・グロス
撮影:フィル・メヒュー

編集:テリー・ローリングス
音楽:グレアム・レヴェル

出演
ロビンス:レイ・リオッタ

ファーザー:ランス・ヘンリクセン
マリク:スチュアート・ウィルソン
刑務所長:マイケル・ラーナー
ケーシー:ケヴィン・ディロン
ホーキンス:アーニー・ハドソン
ダイサート:ジャック・シェパード
ステファノ:ケヴィン・J・オコナー
キング:イアン・マクニース
キリアン:ドン・ヘンダーソン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1994年製作 118分
公開
北米:1994年4月29日
日本:1995年2月
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $15,340,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

2022年。
国際刑務所は民営化され、囚人達を利用して大きな利益を生むビジネスとなっていた。

レビ:第6重罪刑務所。
上官を殺した権力を憎む元海軍大佐ロビンス(レイ・リオッタ)が、所長(マイケル・ラーナー)の元に連行される。

所長の忠告に聞く耳を持たず、敵意を見せたロビンスは看守達に袋叩きに遭った末に、本土から320キロ離れた孤島”アブソロム”に流刑となる。

脱出不可能なアブソロムに置き去りにされたロビンスは、
リーダーのマリク(スチュアート・ウィルソン)が率いる、囚人集団”アウトサイダー”に捕らえられてしまう。

ロビンスは、集団の前で甚振られそうになるが、隙を見て逃亡する。

追っ手を次々と倒したロビンスだったが、矢を受けて崖下の川に転落してしまう。

文明社会を作り生活する、”インサイダー”の警備担当であるホーキンス(アーニー・ハドソン)らに助けられたロビンスは、リーダーのファーザー(ランス・ヘンリクセン)に、仲間に入ることを勧められる。

それを断り、島から脱出する意思を示したロビンスは、監視衛星で見張られている島から、抜け出すことは不可能なことを、ホーキンスや製造屋ダイサート(ジャック・シェパード)から知らされる。

島から脱出する方法を探るロビンスは、新入りの世話係のキング(イアン・マクニース)、自分に付きまとう若者ケイシー(ケヴィン・ディロン)、そして、調達屋のステファノ(ケヴィン・J・オコナー)らと知り合う。

クリスマスを祝うインサイダーの居住地を、アウトサイダーのマリクらが襲おうとしていた時、ロビンスは脱出の準備を始めていた。

アウトサイダーの襲撃に気づいたインサイダーは、敵を迎え撃つ準備をして、ロビンスも加勢することになる。

砦に押し入ってきたアウトサイダーの攻勢で、ファーザーが負傷し、マリクが彼を捕らえる。

しかし、ロビンスがマリクに襲い掛かり、逃げ出した彼と共にアウトサイダーは撤退する。

インサイダーは多くの犠牲者を出し、所長が、島に隔離された二つの勢力に殺し合いをさせて、厄介者を始末して楽しんでいることを、ロビンスは古株のキリアン(ドン・ヘンダーソン)から聞かされる。

さらにロビンスは、ファーザーが元外科医で、無実の罪で終身刑になったことを知らされる。

翌日ロビンスは、ファーザーらが密かにボートで脱出計画を練っていることに気づくが、そのテストは失敗してしまう。

ファーザーは、見方に所長のスパイがいることを確信する。

次の脱出ボートに乗るために、ロビンスはエンジンの不足部品をマリク達から奪おうと、アウトサイダーの居住地に向かう。

同行しようとするケイシーを追い払ったロビンスだったが、それを無視した彼がマリクに捕らえられてしまう。

ロビンスはケイシーを助けようとするが捕らえられ、2人は戦わされ、仕方なくロビンスはケイシーを殺す。

インサイダーのスパイの助けでその場を逃れ、部品を入手して村に戻ったロビンスは、ファーザーに、マリクが攻めてくることを知らせる。

マリクが近隣の村落を支配下に治め、勢力を増強していることを知ったファーザーは、村を脱出することを決める。

病気を患っていたファーザーは、自分の余命が短いのを悟り、ロビンスに後継を譲ろうとする。

ロビンスは、軍の司令官命令で、民間人の女子供を大量に殺害したことを悔やみ、それを世の中に公表するために、脱出したかったことをファーザーに告げる。

そして、アウトサイダーの襲撃が始まるのだが、ロビンスがマリクの前に立ちはだかり敵を退却させる。

潜んでいたマリクがロビンスに襲い掛かるものの、ファーザーが彼を助け、ロビンスはマリクを倒す。

しかし、ファーザーは命を落とし、ロビンスが彼の遺志を受け継ぎ村を再建しようとする。

その時、脱出ボートが破壊され、ダイサートも殺害されていることが分かり、所長のスパイがキングだったことが判明する。

異常を知った所長は、ヘリコプターで島に向かい、ロビンスはキングから、所長の到着地点を聞き出し先回りする。

そして、ホーキンスに村の再建を託したロビンスは、到着したヘリコプターを奪い、所長を島に置き去りにして島を脱出する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

2022年。
国際刑務所は民営化され、囚人達を利用して利益を生むビッグ・ビジネスとなっていた。
上官を殺してしまった、権力を憎む元海軍大佐のロビンスは、第6重罪刑務所に送り込まれる。
ロビンスは、所長に反抗したために痛めつけられ、本土から遠く離れた孤島”アブソロム”に流刑となる。
置き去りにされたロビンスは、リーダーであるマリク率いる囚人集団”アウトサイダー”に捕らえられてしまう。
隙を見て逃亡したロビンスは、文明社会を作り生活を続ける”インサイダー”のリーダー、ファーザーと出会い親交を深めながら脱獄のチャンスを窺うのだが・・・。
__________

B級映画的な感じは受けるものの、その後に007シリーズの「ゴールデンアイ」(1995)や、「カジノ・ロワイヤル」(2006)などで実力を発揮するマーティン・キャンベルらしい、切れのいい演出とアクション、さらにアドベンチャー的要素も網羅された見応えある作品。

流刑の孤島の舞台設定、文明社会を築く囚人達が、指導者の下で統制と分業化が成されているところや、対照的な野蛮人との勇気ある戦いなど、見せ場も多く十分楽しめる。

野性味があるわけではないが、元軍士官らしい知性も感じさせながら、”ランボー”のような活躍を見せる主人公レイ・リオッタのタフガイ振りも見もので、権力や支配者に全く怯まない、男らしい姿は痛快でもある。

文明的村落の指導者として、元医師らしい思慮深さと実行力を兼ね備え、存在感ある演技が印象的なランス・ヘンリクセン、残虐囚人集団のリーダー、スチュアート・ウィルソン、主人公の勇敢さに憧れる青年のケヴィン・ディロン、警備主任のアーニー・ハドソン、製造屋のジャック・シェパード、調達屋ケヴィン・J・オコナー、所長のスパイ、イアン・マクニース、そして悪徳刑務所所長マイケル・ラーナーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター