愛のメモリー Obsession (1976) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

若くして才能を発揮したブライアン・デ・パルマ(原案、監督)とポール・シュレイダー(原案、脚本)により製作された作品。
妻と娘を誘拐事件で失った男性が16年後に妻と瓜二つの女性と出会うものの、その裏に隠された陰謀に翻弄されていく姿を描く、主演クリフ・ロバートソンジュヌヴィエーヴ・ビジョルドジョン・リスゴー他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ブライアン・デ・パルマ
製作
ジョージ・リットー

ハリー・N・ブラム
ロバート・S・ブレムソン
原案
ブライアン・デ・パルマ

ポール・シュレイダー
脚本:ポール・シュレイダー
撮影:ヴィルモス・ジグモンド
編集:ポール・ハーシュ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
マイケル・コートランド:クリフ・ロバートソン

エリザベス・コートランド/サンドラ・ポルティナーリ:ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド
ロバート・ラサール:ジョン・リスゴー
エイミー・コートランド:ワンダ・ブラックマン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1976年製作 98分
公開
北米:1976年8月1日
日本:1978年1月28日
製作費 $1,400,000


アカデミー賞 ■

第49回アカデミー賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1959年、ニューオリンズ
郊外の邸宅で、地元の不動産業者マイケル・コートランド(クリフ・ロバートソン)とエリザベス(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)の、結婚10周年パーティーが開かれていた。

ビジネス・パートナーのロバート・ラサール(ジョン・リスゴー)は、地元の名士でもあるコートランドを称える。

パーティーは終り、コートランドとエリザベスは愛を確かめ合うが、彼女と娘エイミー(ワンダ・ブラックマン)が誘拐され、身代金50万ドルを要求されてしまう。

ラサールと相談したコートランドは、仕方なく身代金を支払うことにするが、それを警察に止められる。

バッグに白紙の偽札を入れ発信機を仕掛けたコートランドは、警察の指示に従い、それを犯人の指定場所に運ぶ。

警察は犯人の隠れ家を突き止めて包囲するが、偽札に気づいた犯人らは逃走する。

途中、犯人らの車は事故を起し爆破炎上し川に転落して、エリザベスとエイミーの遺体の発見もできなかった。

1975年、イタリアフィレンツェ
ラサールと商談でこの地を訪れたコートランドは、エリザベスに出会った”サン・ミニアート・アル・モンテ教会”に向かう。

教会の外見は、エリザベスとエイミーの墓と同じデザインだった。

未だ心癒されないコートランドは、滞在中、ある女性の行動を追う。

ラサールを教会に連れて行ったコートランドは、そこで、壁画修復作業の助手である女性(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)を確認する。

エリザベスと瓜二つの彼女を見て、ラサールは驚いてしまう。

その後、ラサールは帰国し、残ったコートランドは教会の女性サンドラ・ポルティナーリに声をかけ、彼女を食事に誘う。

サンドラとランチとディナーを共にしたコートランドは、彼女が亡くなった妻に似ていることを伝える。

コートランドは、サンドラにエリザベスを投影しながら彼女との親交を深め、やがて二人は結婚することになる。

サンドラを伴い帰国したコートランドは、ラサールに暫く仕事を任せて、結婚の準備などをしようとする。

コートランド邸での生活を始めたサンドラは、閉ざされていた夫婦の寝室に入り、エリザベスの日記や事故の記事などを確認する。

ある日、コートランドは、サンドラに会った精神科医に、彼女がエリザベスの身代わりになることで悩んでいることを指摘される。

事を急ぎ過ぎないよう、医師に助言されたコートランドだったが、彼は聞く耳を持たない。

教会での結婚式を取り止め、屋敷で二人だけの結婚式をすることを決めたコートランドだったが、事件の脅迫文の記事を残し、サンドラが姿を消してしまったのを知る。

混乱してラサールの元に向かったコートランドは、脅迫文の50万ドルを用意して16年前と同じ行動を始め、現金の詰まったバッグを指定場所に運ぶ。

そのカバンを確認したサンドラは、中身が以前と同じ偽札だと知り、現われたラサールもそれを確認する。

16年前の事件は、ラサールが会社を乗っ取ろうとした陰謀計画で、妻と事故死したと思われたエイミーは、エリザベスと引き離されたサンドラだったのだ。

連絡のないことを不審に思ったコートランドは、現金を置いた指定場所に向かい、散乱する白紙を見て愕然とする。

身代金を払わずに自分達を見捨てたと思い、父コートランドを恨んだサンドラの行動だった。

しかし、サンドラは、それを後悔していることをラサールに告げながらローマに向かう。

機内で、父コートランドへの告白文を書こうとしたサンドラだったが、それを止めて自ら命を絶とうとする。

コートランドは、ラサールの元に向かい、全てを知らされて絶望して彼を殺し、現金50万ドルを持参してローマに向かおうとする。

一命を取り留めたサンドラは空港に引き返し、コートランドは彼女を見つけて銃口を向ける。

コートランドと、散乱する現金を確認したサンドラは、自分を見捨てなかった父に駆け寄ろうとする。

サンドラを抱きしめたコートランドは、彼女が娘エイミーだと知り、二人は父娘の愛を確かめ固く抱き合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

満ち足りた生活を送る不動産業者のマイケル・コートランドは、ある日、愛する妻エリザベスと娘エイミーを誘拐されてしまう。
ビジネス・パートナーのラサールと話し合った結果、コートランドは、身代金50万ドルを払うことにするが警察にそれを止められ、白紙の偽札を渡す。
警察は犯人を追い詰めるのだが、エリザベスとエイミーは連れ去られ事故死する。
16年後、コートランドは商談でフィレンツェに向かい、妻エリザベスと出会った教会で彼女と瓜二つの女性サンドラに出会い、その後、二人は親交を深める。
帰国した二人は結婚することになり、その準備を始めるのだが、サンドラに妻を投影し幸せを手に入れようとするコートランドは、事を急ぎ、周囲はそれを不安視し始める・・・。
__________

サスペンス・ホラーの傑作「キャリー」(1976)の公開を3ヵ月後に控えるブライアン・デ・パルマが、同作と共にその才能を開花させるきっかけとなった作品。

アルフレッド・ヒッチコック作品「めまい」(1958)を髣髴させるような内容と、小道具の使い方なども、同じヒッチコック作品を思わせる作風になっている。

さらには、ヒッチコックとのコンビで有名なバーナード・ハーマンの音楽が、正にヒッチコック作品を思わせるものであり、オマージュであることは間違いない。

バーナード・ハーマンは、第49回アカデミー賞で作曲賞にノミネートされた。

序盤などは少々荒っぽい演出が目立つが、小気味よい展開は観る者をドラマに引きつける。

冷静な実業家から、”女性”の出現で異常者に近い妄想に駆られるクリフ・ロバートソンの、深みのある演技は必見だ。

同じく、父親に”見捨てられた”というトラウマを背負う娘と妻を演ずるジュヌヴィエーヴ・ビジョルドの熱演も注目だ。

事件の黒幕であった、撮影当時30歳にしては貫禄がある、若きジョン・リスゴーも、キャリア初期の代表作でもある。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター