オーシャンズ11 Ocean’s Eleven (2001) 3/5 (11)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

フランク・シナトラと盟友達”ラット・パック”のメンバーによる、1960年公開の「オーシャンと十一人の仲間」のリメイク。
監督、撮影スティーブン・ソダーバーグジョージ・クルーニーブラッド・ピットマット・デイモンドン・チードルバーニー・マックアンディ・ガルシアジュリア・ロバーツ他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧
ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧
マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作総指揮
ブルース・バーマン
ジョン・ハーディー

スーザン・イーキンズ
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:テッド・グリフィン

撮影:スティーブン・ソダーバーグ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:デイビッド・ホルムズ

出演
ダニエル・オーシャン:ジョージ・クルーニー
ラスティ・ライアン:ブラッド・ピット
ライナス・コールドウェル:マット・デイモン
フランク・キャットン:バーニー・マック
バシャー・ター:ドン・チードル
バージル・モロイ:ケイシー・アフレック
ターク・モロイ:スコット・カーン
イエン:シャオボー・クィン
リヴィングストン・デル:エディ・ジェイミソン

ルーベン・ティシュコフ:エリオット・グールド
ソール・ブルーム:カール・ライナー
テリー・ベネディクト:アンディ・ガルシア
テス:ジュリア・ロバーツ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2001年製作 116分
公開
北米:2001年12月7日
日本:2002年2月2日
製作費 $85,000,000
北米興行収入 $183,405,771
世界 $450,717,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

仮釈放で出所した窃盗犯ダニエル・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、いかさまディーラーのフランク・キャットン(バーニー・マック)の元に現れ、賭博師ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)にも接触する。

オーシャンは、ラスベガスの3大カジノの現金が集まる”ベラージオ”の金庫を狙う計画をラスティに持ちかける。

その後オーシャンは、ホテル経営者である、元カジノのオーナー、ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)に資金面の援助を求める。

ベラージオのオーナー、テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)を敵視するルーベンは、相当な覚悟が要ることをオーシャン達に告げる。

オーシャンは、運転手にバージル・モロイ(ケイシー・アフレック)とターク(スコット・カーン)兄弟、エレクトロニクスの専門家リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン)、爆薬関係の専門家バシャー・ター(ドン・チードル)、軽業師イエン(シャオボー・クィン)、ベテラン詐欺師ソール・ブルーム(カール・ライナー)、そして、スリの達人ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)らを仲間に引き入れてラスベガスに向かう。

ラスティは、ベラージオの美術館館長テス(ジュリア・ロバーツ)が、オーシャンの元妻で、現在はベネディクトの愛人だということを知る。

オーシャンが、テスを奪い返そうともしていることを知り、ラスティは不安を感じる。

しかし、オーシャンは両方を手に入れる自信があることをラスティ伝える。

下準備は進み、ヨーロッパの実業家兼武器商人に扮したソールが、ベネディクトに接触する。

ソールは、重要な私物を最も安全な場所に預ける交渉をして、金庫内部に爆薬を保管させようとする。

巨大ホテルの取り壊し爆破で、細工を予定していた送電線が破壊され、バシャーは、他の方法でラスベガスを30秒間停電させる方法を考える。

そして計画実行の日、ライナスは賭博委員会の職員に扮装して、ベネディクトに近づき内部に侵入する。

オーシャンはベネディクトに目をつけられ、監禁室で痛めつけられると見せ掛け、ライナスと待ち合わせる。

バシャーが停電させた隙に、オーシャンとライナスは消えたセンサーを通り抜けて金庫に近づく。

イエンは金庫内部に侵入し、ドアを爆破して、オーシャンらと現金1億6000万ドルを奪い、SWATに扮したラスティらと共に逃亡する。

ラスティがベネディクトに電話をかけ、金庫を破ったことを告げて脅しをかける。

ベネディクトは、金庫内の様子を見せられながら、駆け引きをする。

しかし、爆破された金庫から、現金を持ち出して逃走した車はリモコン車で、中身がただのチラシとわかり、金庫は模造されものをビデオに撮り、それを見せられていたことをベネディクトは知る。

オーシャンを疑ったベネディクトは、監禁室で殴られている彼を確認して解放する。

自分を見捨てる代わりに、オーシャンから情報を聞き出したベネディクトの行為を、監視カメラで見せられたテスは彼の元を去る。

その後、仮釈放中に州外に出たオーシャンは逮捕されるが、数ヵ月後に出所しラスティとテスの出迎えを受ける。

しかし、ベネディクトは彼らの行動を追う。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「オーシャンズ11」(2001)
・「オーシャンズ12」(2004)
・「オーシャンズ13」(2007)

*(簡略ストー リー)

仮釈放で出所した、窃盗犯のダニエル・オーシャンは、その足で、いかさまディーラーのフランクや、賭博師のラスティに接触する。
オーシャンは、ラスベガスの3大カジノの金が集まる”ベラージオ”の金庫を狙う計画を立て、ラスティに話を持ちかける。
彼らは、ホテル経営者である元カジノのオーナー、ルーベンに資金面の援助を求める。
ベラージオのオーナー、ベネディクトを敵視するルーベンの協力を得て、覚悟を決めたオーシャンは、スリの達人ライナスや爆薬関係の専門家バシャーら、腕利きの仲間達を集め、その計画を進めようとする。
しかし、オーシャンの元妻のテスが、ベネディクトの愛人だと知ったラスティは、不安を感じ始める。
そしてオーシャンは、テスも現金も手に入れる自信を見せるのだが・・・。
__________

ジョージ・クルーニーをはじめ、ハリウッドのトップ・スターの多くが出演して、話題を呼んだ犯罪娯楽大作。

ジョージ・クルーニーの説得により、出演者のギャラは通常の半額に抑えられたたものの、アクション・シーンなどがないにも拘らず、製作費は8500万ドルかかっている。

奇才スティーブン・ソダーバーグが、名だたる大スター達の個性を生かしてはいるが、現役バリバリの主演級俳優を持て余している感じはする。

興行収入は北米で約1億8300万ドル、全世界では約4億5000万ドルのヒットとなった。

全体的には、スマートで粋な仕上がりになっはているが、旧作の個性派俳優、フランク・シナトラディーン・マーティンサミー・デイヴィスJr.ピーター・ローフォード、などなど・・の、ユーモアとウィットさには、さすがに現代の大スター達もかなわないと言ったところだろうか。

クールな、現金強奪計画立案者ジョージ・クルーニー、彼を支える右腕ブラッド・ピット、やや地味なマット・デイモン、凄みのあるいかさまディーラー、バーニー・マック、見事にラスベガス中を停電させるドン・チードル、雑用係のように働く兄弟役ケイシー・アフレックスコット・カーン、軽業師シャオボー・クィン、 エレクトロニックのプロ、エディ・ジェイミソン、ベネディクト(A・ガルシア)に恨みを持つ資金提供者エリオット・グールド、老練の詐欺師カール・ライナー、3大カジノを牛耳るアンディ・ガルシア、その愛人で、主人公の元妻役ジュリア・ロバーツという豪華キャストだ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター