オッド・トーマス Odd Thomas (2013) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2003年に発表された、ディーン・R・クーンツの小説”Odd Thomas”を基に製作された作品。
霊視能力で死者が見える青年が大惨事を阻止しようとする悪霊との戦いを描く、製作、監督、脚本スティーヴン・ソマーズ、主演アントン・イェルチンアディソン・ティムリンウィレム・デフォー他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:スティーヴン・ソマーズ
製作:スティーヴン・ソマーズ
原作:ディーン・R・クーンツOdd Thomas
脚本:スティーヴン・ソマーズ

撮影:ミッチェル・アムンドセン
編集:デヴィッド・チェセル
音楽:ジョン・スウィハート

出演
オッド・トーマス:アントン・イェルチン

ストーミー・ルウェリン:アディソン・ティムリン
ワイアット・ポーター:ウィレム・デフォー
ヴァイオラ・ピーボディ:ググ・バサ=ロー
サイモン・ヴァーナー:ニコ・トルトレッラ
オジー:パットン・オズワルト
トム・ジェッド:アーノルド・ヴォスルー

アメリカ 映画
配給
Fusion Films
Future Films
2013年製作 96分
公開
北米:2014年2月28日
日本:2014年1月10日
製作費 $27,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

カリフォルニア、ピコ・ムンド。
平凡な青年に見えるオッド・トーマス(アントン・イェルチン)は、霊を見ることや死者の気持ちを読み取る能力を持っていた。

8月14日。
アパートを出たオッドは、殺された少女が現れたため、その犯人を懲らしめる。

オッドの正体を知っている警察署長のワイアット・ポーター(ウィレム・デフォー)は、騒ぎを起こしたオッドに考えた行動をするよう忠告する。

レストランでコックをするオッドは、恋人ストーミー・ルウェリン(アディソン・ティムリン)にも事件のことで意見される。

ストーミーとワイアットがいる前で、悪霊”ボダッハ”が現れたことに気づいたオッドは、流血の惨劇が間近なことを意味するため警戒する。

惨劇の大きさはボダッハの数に比例するのだが、オッドは、それを気にしながら、友人のヴァイオラ・ピーボディ(ググ・バサ=ロー)から、赤と黒のシャツの男の死体の夢を見たと知らされる。

店を出たオッドは、モール内のストーミーが働くアイスクリーム・ショップに現れた、ボダッハがまとわりつく男を監視する。

男を追って家を調べたオッドは、そこに侵入して内部を調べ、翌日に何かが起きることを突き止めるが、別の男が現れたためにその場を離れる。

ワイアットの家に向かったオッドは、惨劇が起きる予感を伝え、彼の協力で男についての情報を入手する。

ストーミーと教会で待ち合わせて、鐘楼でピクニックをしようとしたオッドだったが、男が現れたために驚く。

教会に身を隠したオッドとストーミーは、襲われそうになりながらその場を逃れワイアットに連絡する。

オジー(パットン・オズワルト)の店で食事をしたオッドらは、荒れ果てた教会に向かったワイアットからの連絡を受ける。

ボウリング場の制服が赤と黒だと気づいたオッドは、そこに男が現れる可能性があることをワイアットに電話で伝える。

駆け付けた腕に”POD”という謎のタトゥーがある警官サイモン・ヴァーナー(ニコ・トルトレッラ)に後を任せたオッドとストーミーはヴァイオラの家に向かい、彼女が見る恐ろしい夢の話を聞く。

ヴァイオラの子供達の部屋で、オッドはボダッハを見てしまうが、彼女にはそれを伝えずに家を出るよう指示する。

オッドはストーミーを送り別れようとするが、女性が犬に襲われて死亡する現場に遭遇する。

ワイアットらが駆け付け、オッドは、犬が男のものであることを伝え、彼は指名手配される。

ストーミーを送り家に戻ったオッドは、男がバスタブで死んでいるのを発見する。

オッドは、男の死の時間が経過していることで、ストーミーも彼を見ていないことから、それがゴーストだったことに気づく。

死体を運び隠したオッドは、街の中を駆け巡る大量のボダッハに怯える。

ワイアットに連絡したオッドは、彼が何者かに撃たれたことを知り病院に急行する。

自分が渡したペンダントのお蔭で、ワイアットが一命を取り留めたことを知ったオッドは、いよいよ運命の朝を迎える。

ストーミーの様子を見て男の家を調べたオッドは、現れた彼に襲われながら、その場がガス漏れで爆発するのに気づき脱出する。

隠した男の死体を調べに行ったオッドは、警官のヴァーナーが、死の崇拝者”POD/プリンス・オブ・ダークネス”だと気づく。

ヴァーナーが男を殺し、自分の命を奪う機会を窺っていたことを知ったオッドは、ストーミーの危険を察知してモールに向かう。

警備室に侵入した男をバットで殴り倒したオッドは、それが別の警官であることを確認して、ヴァーナーに仲間がいるのを知る。

ボダッハが自分を操っていることに気づいたオッドは、警官の銃を手にする。

ヴァイオラと子供達が赤と黒のボウリング場の制服を着る者達の側にいたため、オッドは彼女らを避難させる。

その場に大量のボダッハが現れ、銃を持った男がいるという女性の叫び声でモール内はパニックになる。

オッドは男を射殺してストーミーの無事を確認するが、周囲の異変でまだ終わっていないことに気づく。

射殺した男はヴァーナーではなく、オッドは、大量の爆弾が仕掛けられた車を発見し、逃げようとしていたヴァーナーに撃たれながらその場を離れる。

車にしがみついていたヴァーナーの銃撃をかわしながら、オッドは飛び降りる。

ヴァーナーは、用水路に転落した車と共に爆死する。

病院に運ばれたオッドは、ストーミーに介抱されて意識を取り戻す。

ワイアットは奇跡的に回復し、オッドは6000人もの命を救ったことで英雄となる。

その後オッドは、新しい家でストーミーとの満ち足りた日々を送るのだが・・・。

オッドは、訪ねて来たワイアットから、ストーミーの死を受け入れるように言われる。

ストーミーの死を承知していたオッドだったが、悲し過ぎる思いから逃れるために、彼女のゴーストと共に生きていたのだった。

ワイアットから、ストーミーを次の世界に行かせてあげるべきだと助言され、オッドは彼女に別れを告げる。

オッドは、ストーミーとの再会を夢見ながら、やるべきことをして生きる決心をする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

カリフォルニア、ピコ・ムンド。
平凡な青年に見えるオッド・トーマスは、霊視能力により死者の考えを読み取ることができた。
ある日オッドは、恋人ストーミーといる際に、惨劇が間近なことを意味する悪霊”ボダッハ”が、ある男にまとわりつくのを目撃する。
男を調べたオッドは、翌日に何かが起きる可能性を知り、自分の正体を知る警察署長ワイアットにそれを伝える。
その後、男の犬に女性が襲われる事件に遭遇したオッドは、それをワイアットに伝え、彼は男を指名手配するのだが・・・。
__________

ヒット・メイカー、スティーヴン・ソマーズによる「G.I.ジョー」(2009)以来の監督作品で、彼らしい軽快な演出と、スリラーではあるが、随所にファンタジックな雰囲気を挿入した作品。

しかし、不思議なことに、まともに公開されたとは言えず、商業ベースには乗らなかった作品でもある。

内容は平凡でVFXなども驚くほどでないのだが、運命の日に向けて、悪霊を迎え撃つ緊迫感と、涙を誘うクライマックスがなかなかよろしいというところだろうか。

ひ弱な少年または青年というイメージがある主人公を演ずるアントン・イェルチンは、20代前半にも拘らず、その実力を見せつける、逞しさも兼ね備える役柄を熱演している。

一捻りあるだろうと思いつつ、その結末が悲しいヒロインを演ずるアディソン・ティムリン、主人公らに協力する警察署長役のウィレム・デフォー、主人公の友人ググ・バサ=ロー、悪霊を崇拝する警官のニコ・トルトレッラ、レストランのオーナーでカメオ出演のパットン・オズワルト、同じく死人役でアーノルド・ヴォスルーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター