オープニング・ナイト Opening Night (1977) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

役年齢と実年齢のギャップに疑問を感じ、役作りができずにいる大女優の苦悩を描く、監督、脚本、出演ジョン・カサヴェテス、主演ジーナ・ローランズベン・ギャザラジョーン・ブロンデルシーモア・カッセルピーター・フォーク他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・カサヴェテス
製作総指揮:サム・ショウ
製作:アル・ルーバン
脚本:ジョン・カサヴェテス

撮影:アル・ルーバン
編集:トム・コーンウェル
音楽:ボー・ハーウッド

出演
マートル・ゴードン:ジーナ・ローランズ

マニー・ヴィクター:ベン・ギャザラ
モーリス・アーロンズ:ジョン・カサヴェテス
サラ・グード:ジョーン・ブロンデル
デヴィッド・サミュエルズ:ポール・スチュアート
ドロシー・ヴィクター:ゾーラ・ランパート
エディ・スタイン:ミード・ロバーツ
ナンシー・ステイン:ローラ・ジョンソン
本人:ピーター・ボグダノヴィッリ
本人:シーモア・カッセル
本人:ピーター・フォーク

アメリカ 映画
配給 Faces Distribution
1977年製作 144分
公開
北米:1977年12月22日
日本:1992年2月日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ブロードウェイ
スター女優のマートル・ゴードン(ジーナ・ローランズ)は、共演者のモーリス・アーロンズ(ジョン・カサヴェテス)、劇作家サラ・グード(ジョーン・ブロンデル)、プロデューサー、デヴィッド・サミュエルズ(ポール・スチュアート)らと、舞台を終えて劇場を出ようとする。

マートルは、雨の中、自分に駆け寄り”アイ・ラヴ・ユー”の言葉を繰り返す17歳の少女ナンシー・ステイン(ローラ・ジョンソン)のことが気になる。

舞台監督マニー・ヴィクター(ベン・ギャザラ)は、そんなマートルを車に乗せて立ち去る。

その直後、ナンシーは車に轢かれてしまい、ショックを受けたマートルは、ホテルに向かい警察を呼ぶように指示する。

マートルは、人が死んだという時に、食事を優先させるモーリスらと、付き合う気にはなれなかった。

帰宅したマニーは、妻ドロシー(ゾーラ・ランパート)との時を楽しんでいたが、事件で動揺し酒の量も増える一方のマートルに、電話で愚痴を聞かされる。

翌日、役が理解できないと言って、新作”二番目の女”のリハーサルに身が入らないマートルは、サラに見限られそうになる。

ホテルに戻ったマートルは、新聞でナンシーの死亡記事を見て、葬儀の準備を進める家族の元に向かうが、彼女の父親エディ(ミード・ロバーツ)に歓迎はされなかった。

その夜の舞台で、何とかステージに上がったマートルは、大失態を犯す寸前で、相手役モーリスのアドリブで救われる。

舞台を終えたマートルに手を焼くマニーだったが、サラが彼女と話し合ってみることにする。

年齢を意識せずに役を演ずる方法を模索しているという、老いを認めたくないマートルは、それを気にするサラと意見が合わない。

ナンシーのことが気になるマートルは、彼女が身近にいるように思えていたが、それをサラに話した直後、席を外してしまう。

その後マートルは、デヴィッドの慰めや、マニーの芝居の批判なども受け入れない。

翌日の舞台で、マートルはさらに芝居をぶち壊しにする行動を始め、幕が下りた後、彼女は楽屋でマニーらと話し合う。

死んだナンシーのことが気になるサラは、マートルに彼女と会ったのかを問い質す。

ナンシーは自分が自由にコントロールできる幻影だと語るマートルを、サラは祈祷師の元に連れて行く。

しかし、祈祷を拒んだマートルは、帰宅後にナンシーに襲われ、サラの部屋に向かい、その夜はその場で過ごす。

翌日、遅れて劇場に着いたマートルを待っていたマニーはサラから代役を立てるよう提案される。

マートルを連れ出して話を聞くマニーだったが、困惑する彼女に、年齢には勝てないと言われる。

再び祈祷師に会うことになったマートルは、幻覚の中で現われたナンシーに責められ争いとなり、彼女を叩きのめして殺してしまう。

落ち着きを取り戻したマートルは、モーリスの元に向かうが、舞台で侮辱されたも同然の彼は、マートルを受け入れる気になれない。

”二番目の女”の初日を迎え、劇場内は観客で溢れるが、マートルは姿を現さない。

泥酔状態で姿を現したマートルを見て、デヴィッドは、開演を中止することを考えるが、マニーは彼女にメイクをして準備をさせる。

仕方なくデヴィッドは舞台挨拶をして幕は開き、マートルは、よろめきながらステージに立つ。

何とか芝居は続くものの、居たたまれなくなったマニーは劇場を離れバーに向かう。

マニーは席に戻るが、モーリスのアドリブに合わせて演ずるマートルに、観客は好反応を示す。

自分達の考える芝居とは違う雰囲気に、デヴィッドとサラも一旦、席を外す。

しかし、幕を閉じた舞台と、マートルらの演技は受け入れられて喝采を浴びる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ブロードウェイ
スター女優マートル・ゴードンは、自分を慕うファンの少女ナンシーが、目の前で事故死するのを目撃してショックを受ける。
新作”二番目の女”のリハーサルが始まるものの、マートルはナンシーの事が気になる。
舞台監督マニーや劇作家サラ、プロデューサーのデヴィッドらがマートルの言動を気にする。
そんなマートルは、役と実年齢のギャップに疑問を感じ、役が理解できなくなり苦悩する。
マートルは、次第に情緒不安定になり、酒に溺れ、さらに、ナンシーの幻覚に悩まされることになる・・・。
__________

ジョン・カサヴェテス作品「こわれゆく女」(1974)でも、心のバランスを崩す女性を演じ、その演技が絶賛された、主演のジーナ・ローランズの渾身の演技が堪能できる作品で、彼女はベルリン国際映画祭で女優賞を獲得した。

同賞でジョン・カサヴェテスは監督賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では、ジーナ・ローランズ(主演)とジョーン・ブロンデル(助演)がノミネートされた。

製作は1977年ではあるが、カサヴェテスが、110分短縮版に意見してまともに公開されず、評価もよくなかったが、1988年のニューヨーク映画祭で完全版が広く知られることになり、高い評価を受けることになった作品でもある。

また、ジョン・カサヴェテスジーナ・ローランズは、ドラマの中の舞台で、夫婦役を演じている貴重な作品。

舞台劇のバックステージを生々しく描いた作品であり、役者達の確かな演技に加え、劇場での芝居シーンがかなり長く挿入され、その臨場感などがよく伝わってくる。

苦悩する女優の心情を理解しつつ、それに手を焼く舞台監督ベン・ギャザラ、舞台俳優で、情緒不安定な主演女優の奇行をカバーする共演者ジョン・カサヴェテス、味わい深い演技を見せるベテランの二人、劇作家のジョーン・ブロンデルとプロデューサーのポール・スチュアート、マニー(B・ギャザラ)の妻ゾーラ・ランパートカサヴェテスの盟友である脚本家で、事故死する少女(ローラ・ジョンソン)の父親ミード・ロバーツなどが共演している。
他、初日の舞台終了後に、本人役でピーター・ボグダノヴィッチシーモア・カッセルピーター・フォークらが登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター