OVERCOMING ツール・ド・フランス 激闘の真実 OVERCOMING (2005) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年
・全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2004年ツール・ド・フランスでの、デンマーク自転車ロードレースチーム、”チームCSC”の戦いの様子を、チーム内の視線から描いたドキュメント映画。


ドキュメンタリー


スタッフ キャスト ■

監督:トーマス・ギスラソン

出演
ビャルヌ・リース
イヴァン・バッソ
カルロス・サストレ
ミケーレ・バルトリ
イェンス・フォィクト
ボビー・ジュリク
ヤコブ・ピール
ランス・アームストロング

デンマーク 映画
2005年製作 108分


解説 評価 感想 ■

同じツール・ド・フランスを描いた「マイヨ・ジョ-ヌへの挑戦」(2004)とは一味違い、チームCSC内の微妙な人間関係やドラマが、厳しいレースの結果を大きく左右している描写が素晴らしい。

チームを率いるのは、デンマークの英雄で、1996年ミゲール・インドュラインの6連覇を阻止したビャルヌ・リース

選手時代の鬼のような形相から、”熱血大将”風のイメージがあったリースが、一点、非常に温厚になった表情が興味深く、度々出てくるアップが印象的。

第12ステージ、カステルサラザンラモンジ

イヴァン・バッソの母親の癌発病と、自ら癌を克服したランス・アームストロングの助言。

その助言が、死闘の末のバッソの勝利につながった裏話は、激しいレース展開と心理戦も絡み合い、実に見応えある。

チームの組み立てから始めるリースの苦悩。
エースの重圧と家族に心を揺るがすバッソ
エースのアシストを称えられるカルロス・サストレ
そして、引退を決意するミケーレ・バルトリ

シャンゼリゼの大観衆に応え、並んでウインニングランをする笑顔は、走りきった達成感と、チームの絆一を一層深める・・・。

余談
リースと実際に会ったことのある友人の話です。

1985年。
フランスで若手レーサーの登竜門ツール・ド・ラブニール

リースデンマーク・アマチュア代表チーム・メンバーだった。
他にもフランスイタリアスペインベルギーオランダソ連チェココロンビアのプロチームなどが参加。

ベルナール・イノーは居なかったが、彼の2軍チームや、インドュラインが翌年加入するプロチームも来ていた。

リースとはガッチリ握手してきたということです。

 


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター