パニック・ルーム Panic Room (2002) 3.77/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

購入したばかりの新居で強盗に襲われる母娘の恐怖の体験を描く、監督デヴィッド・フィンチャー、主演ジョディ・フォスタークリステン・スチュワートジャレッド・レトフォレスト・ウィテカーニコール・キッドマン(声)他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:デヴィッド・フィンチャー
製作
セアン・チャフィン

ジュディ・ホフランド
デヴィッド・コープ

ギャヴィン・ポローネ
脚本:デヴィッド・コープ
撮影
コンラッド・W・ホール

ダリウス・コンジ
編集
ジェームズ・ヘイグッド

アンガス・ウォール
音楽:ハワード・ショア

出演
メグ・アルトマン:ジョディ・フォスター

サラ・アルトマン:クリステン・スチュワート
ジュニア:ジャレッド・レト
バーナム:フォレスト・ウィテカー
ラウール:ドワイト・ヨアカム
スティーブン・アルトマン:パトリック・ボーショウ
リディア・リンチ:アン・マグナソン
エヴァン・カーランダー:イアン・ブキャナン
リック・キーニー:ポール・シュルツェ
隣人:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
スティーブンの恋人(電話の声):ニコール・キッドマン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2002年製作 113分
公開
北米:2002年3月29日
日本:2002年5月18日
製作費 $48,000,000
北米興行収入 $95,308,367
世界 $196,397,415


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨークマンハッタン
離婚したメグ・アルトマン(ジョディ・フォスター)は、11歳の娘サラ(クリステン・スチュワート)と共に、動産物件を確かめるために、アッパー・ウエスト・サイドを訪れる。

メグは、前の所有者が遺産相続争いで、財産の半分の隠し場所が不明だということを、不動産業者のエヴァン・カーランダー(イアン・ブキャナン)に付き添ったリディア・リンチ(アン・マグナソン)から聞かされる。

建物の大きさの割には、部屋数が少ないのに気づいたメグは、換気装置や独立電話回線、監視カメラやモニター、鋼鉄製の開閉ドアが備わる非常時の隠し部屋”パニック・ルーム”があることを知らされる。

その後、物件を手に入れたメグは、新生活の準備を始めて、複雑な監視システムを作動させて眠りに着く。

深夜、防犯装置を解除して、強盗のバーナム(フォレスト・ウィテカー)が家に侵入し、仲間のジュニア(ジャレッド・レト)を中に入れる。

バーナムは、家に人が住んでいることをジュニアに伝えるが、情報では空き家のはずだったため、彼は焦ってしまう。

ジュニアは、監視役のラウール(ドワイト・ヨアカム)を仲間に引き入れる。

予定外の状況に、バーナムはこの件から降りようとするが、隠されている300万ドルを奪うため、ジュニアは彼を説得する。

眠れなかったメグは、監視モニターの異変に気づきサラを起こし、パニック・ルームに避難する。

メグは、別回線の電話で連絡をしようとするが、警備会社に勤めるバーナムは、それが未接続だと知っていた。

屋内のマイクで、警察に通報したと言って犯人達に出て行くよう警告したメグだったが、バーナムは電話が通じないはずだとカメラ越しに身振りで知らせる。

そしてメグは、犯人達が探しているものが、パニック・ルームにあること知らされる。

バーナムは、経験を踏まえパニック・ルームには侵入できないことをジュニアに伝える。

ガスボンベを用意したバーナムは、換気口から部屋にガスを送り込むが、それに気づいたメグはガスに火をつけ爆破を起こし、犯人らにダメージを与える。

その後、サラが懐中電灯を使い、小さな通気口から隣人にモールス信号でSOSを送る。

隣人はそれに気づき目覚めるのだが、灯りを遮るためにカーテンを閉めてしまう。

以前の家の持ち主の孫であるジュニアは、分け前のことでラウールと揉め、バーナムがそれに割って入る。

その隙に、部屋を出たメグは寝室に行き携帯電話を持って戻るが、通信電波が届かない。

電話線の主回線と、部屋の電話機をつないだメグは、警察に電話をするが切れてしまう。

メグは、別れた夫スティーブン(パトリック・ボーショウ)に電話して助けを求めるが、それに気づいたバーナムとラウールが回線を切ってしまう。

その頃、1型糖尿病を患っているサラが、めまいがし始めていることを知ったメグは焦ってしまう。

火傷を負ったジュニアは、結局は黙っていても遺産が入るために降りようとする。

その話を聞いたバーナムは、隠された財産が300万ドルをはるかに上回る額だと気づく。

ジュニアは引き上げようとするが、ラウールが彼を射殺してしまう。

そこに、メグから電話を受けたスティーブンが現れ、バーナムはラウールに銃を突きつけられて対策を考える。

バーナムは、スティーブンが現れたことを監視カメラでメグに知らせ、彼を痛めつけてドアを開けさせようとする。

その時、サラが発作を起こしてしまい、メグはインスリンを取りに部屋を出る。

それに気づいたバーナムは部屋に向かい、中で気を失っているサラを見つけるが、戻ったメグはラウールと揉み合いになり、彼らは部屋の中に閉じこもる。

ラウールはドアに手が挟まれ、銃はメグが拾い、彼女はサラに注射を打つようバーナムに指示する。

バーナムはサラに注射を打ち、床下の金庫を開けようとするが、メグが痛めつけられたスティーブンの様子を見ている時に、玄関に彼が呼んだ警察官が現れる。

メグは、サラを守るために機転を利かせ、リック・キーニー巡査(ポール・シュルツェ)に誤報だったことを説明する。

不審に思ったキーニーは、さらにメグの様子を窺うが、彼女は心配のないことを伝える。

その後メグは、ハンマーで監視カメラを壊して、動けないスティーブンに銃を持たせ、犯人達が出てくるのを待ち構える。

バーナムは金庫を開けて、中に銀行債が2200万ドル分あることを確認する。

サラを連れて部屋から出たバーナムとラウールだったが、スティーブンに銃を向けられる。

メグがラウールをハンマーで殴り倒し、バーナムは家から逃亡する。

ラウールは、メグに襲い掛かり彼女を殺そうとするが、そこにバーナムが現れて拳銃を拾い彼を射殺する。

その時、キーニーが警官隊を連れて引き返してきたため、逃げようとしたバーナムは捕らえられてしまう。

その後、平穏な生活に戻ったメグとサラは、不動産物件を調べ新しい家を探す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨークマンハッタン
夫と離婚したメグ・アルトマンは、娘のサラと共に一軒家を購入し、新たな生活を始める。
引っ越して早々、強盗が入ったことに気づいたメグは、サラと共に特殊な設備が整った隠れ部屋の”パニック・ルーム”に避難する。
強盗のジュニアは以前の家主の孫で、パニック・ルームに隠されている財産を盗もうとして、警備会社に勤めるバーナムと、監視役のラウールと共に犯行を実行に移そうとする。
空き家のつもりで侵入したが、メグら親子がいることが分かり、しかも、財産の隠し場所に閉じこもっていることを知った犯人は、彼女らを部屋から出そうとする。
別回線の電話も使えないことが分かったメグは、外部との連絡も出来ず、糖尿病の持病を持つサラを守るため、犯人達に立ち向かおうとする・・・。
__________

隠し部屋”パニック・ルーム”が存在する4階建ての家の構造を活かした、デヴィッド・フィンチャーらしい、巧みなカメラワークで見せる、斬新な発想のストーリー展開も楽しめる一級のサスペンスに仕上がっている。

家の中だけで起きる事件、少ない登場人物それぞれの人間描写、生身の肉体で対抗する、か弱い女性の頭脳戦は緊迫感もあり、観る者を画面に引き込む。

デヴィッド・フィンチャーは、ニコール・キッドマン主演で撮影を始めたのだが、「ムーラン・ルージュ」(2001)の撮影で痛めたひざの怪我が悪化した彼女は降板して、ジョディ・フォスターが後を引き継いだという経緯がある。

そのニコール・キッドマンは、主人公の夫の若い恋人役で電話の声で登場している。

北米興行収入は1億ドルに達しなかったものの、全世界では2億ドルに迫るヒットとなった。

代役ではあるが、都会派のインテリ女性役は、ジョディ・フォスターのイメージに合い、彼女の体を張った熱演も見ものだ。

その後「トワイライト」(2008)シリーズなどでブレイクするクリステン・スチュワートも、大物の片鱗を感じさせる好演を見せている。

極悪人には見えない警備の専門家の強盗フォレスト・ウィテカー、祖父の財産を狙うジャレッド・レト、非情な男役のドワイト・ヨアカム、主人公の元夫役パトリック・ボーショウ、不動産業者のアン・マグナソンイアン・ブキャナン、巡査のポール・シュルツェ、そして、主人公達の危機に気づかない隣人アンドリュー・ケヴィン・ウォーカーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター