かぞくモメはじめました Parental Guidance (2012) 2/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

孫の子守を頼まれた夫婦の奮闘を中心に世代のすれ違いと絆を描く、製作、主演ビリー・クリスタルベット・ミドラーマリサ・トメイ他共演、監督アンディ・フィックマンによるホーム・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:アンディ・フィックマン
製作
ビリー・クリスタル

ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
脚本
リサ・アッダリオ

ジョー・シラキューズ
撮影:ディーン・セムラー
編集:ケント・ベイダ
音楽:マーク・シャイマン

出演
アーティ・デッカー:ビリー・クリスタル

ダイアン・デッカー:ベット・ミドラー
アリス・シモンズ:マリサ・トメイ
フィリップ”フィル”シモンズ:トム・エヴェレット・スコット
ハーパー・シモンズ:ベイリー・マディソン
ターナー・シモンズ:ジョシュア・ラッシュ
バーカー・シモンズ:カイル・ハリソン・ブライトコフ
かサンドラ:ジェニファー・クリスタル・フォーリー
アンナ・スクヴィーア:ローダ・グリフィス
ニコラス”ニック”チャン:ゲディ・ワタナベ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2012年製作 105分
公開
北米:2012年12月25日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $77,267,296
世界 $119,772,232


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

カリフォルニア州、フレズノ
長年、マイナーリーグフレズノ・グリズリーズ”の実況を担当するアナウンサー、アーティ・デッカー(ビリー・クリスタル)は、シーズン終了と共に解雇されてしまう。

気落ちするアーチーだったが、妻ダイアン(ベット・ミドラー)に励まされる。

アトランタ
アーティとダイアンの娘アリス・シモンズ(マリサ・トメイ)は、ハイテク企業に勤める夫フィリップ”フィル”シモンズ(トム・エヴェレット・スコット)と、ハーパー(ベイリー・マディソン)、ターナー(ジョシュア・ラッシュ)、バーカー(カイル・ハリソン・ブライトコフ)の三人の子供達と暮らしていた。

ハイテクによる快適な生活環境が整ったシステム”Rライフ”が完備された家に住むアリスは、それを開発したフィルが年間最優秀商品に選ばれたことを知らされる。

旅行を兼ねて表彰式に向かうことを提案したフィルは、両親に子供達の子守を頼もうとする。

ところが、それが無理だと分かり、アリスが両親に子守を頼むことになる。

今一しっくりこない仲の父親アーティに頼む気になれなかったアリスだったが、仕方なく電話をする。

ダイアンはそれを快諾するが、アーティは、苦手な孫達のこともあり気乗りしない。

それを察しているアリスは、子供達に上辺だけでも祖父母を歓迎するように伝える。

その後、アリスらは到着したアーティとダイアンを”歓迎”する。

アーティとダイアンは戸惑いながらも、アリス一家と共に、ニコラス”ニック”チャン(ゲディ・ワタナベ)のレストランに向かう。

アリスに、子供達への言葉遣いや接し方などを説明されたアーチーは、先行きが思いやられる。

翌朝、バーカーが出発するアリスを引き留めて騒動になり、彼女らが旅立った後、アーティとダイアンは子供達の世話に手を焼きながら学校に送ろうとする。

ところが、夜の便で現地に向かうことにしたアリスが戻ってきてしまい、アーティは彼女と共に子供達を学校と幼稚園に送る。

その後、吃音のターナーの話し方教室に同行したアーティは、プロとして、講師サンドラ(ジェニファー・クリスタル・フォーリー)の話をさせない教え方に意見する。

アーティはターナーを傷つけてしまい、帰宅後、彼とバーカーにケーキを与えるが、二人は騒ぎを起こしてしまう。

何もかもうまくいかないアーティに、アリスの信用を無くしたと言ってダイアンは気落ちする。

ハーパーは、ヴァイオリンの音楽会の選考会を控え練習を続けていたため、クラスメイトの誕生会に誘われても行く気になれないでいた。

ターナーの野球の試合を見に行ったアーティは、ルールを無視して勝ち負けも決めようとしないことに抗議しトラブルとなる。

そんな時、フィルが金賞を取ったという知らせを受けたアリスは喜ぶが、両親が心配で行かれないことを彼に伝える。

しかし、ダイアンはフィルの元に向かうべきだと言って、アリスを夫の元に向かわせる。

翌日、アーティはバーカーに顔をペイントされてしまい、それが完全に落ちないままで、ダイアンと共に子供達を連れてヴァイオリンの演奏会に向かう。

演奏が始まるが、バーカーは、空想のカンガルー”カール”と鬼ごっこを始めてしまい、それを追ったアーティはその場でも騒ぎを起こしてしまう。

翌日、バーカーを連れて”Xゲーム”会場に行ったアーティは、実況のオーディションを受けるものの再び問題を起こす。

帰宅したアーティは、いじめっ子に立ち向かえとアドバイスをしたターナーが殴られたことで、ダイアンに責められる。

アーティは、”サンフランシスコ・ジャイアンツ”の実況をすることが夢だということをターナーに話して、1951年のリーグ優勝の際の実況録音を聴かせる。

その後、アーティとダイアンは、古風な缶蹴り遊びをして子供達と親交を深める。

その頃、休暇を楽しんでいたアリスとフィルは、”ESPN”のニュースで、アーティとバーカーが”Xゲーム”会場でトラブルを起こしたことを知る。

ハーパーは、選考会前日にも拘らず、好意を持たれている少年の誕生会に行くことを決心する。

その時、カールが家出してしまったと言ってバーカーが家を飛び出す。

食事を配達しに来たニックの車が急停車して、バーカーはカールが轢き殺されたと言って興奮する。

そこにアリスとフィルが戻り、二人は子供達の様子に驚く。

アリスは、化粧までして誕生会に行こうとするハーパーを叱るが、無理に音楽学院に入れようとすることで彼女に非難されてしまい、それをアーティのせいにして彼を責める。

アリスに謝罪したアーティは、解雇されたためオーディションを受けに”Xゲーム”会場に行ったことを話す。

ダイアンが孫達と過ごすのを喜んでいることをアリスに伝えたアーティは、疎遠になりかけている自分達についてを話し合い心通わせる。

翌朝、一家は、バーカーの希望でカールを庭に埋葬してアーティが別れの言葉を贈る。

その後、家族と選考会に向かったアリスは、転校したくなければ、演奏は止めてもいいことをハーパーに伝える。

ハーパーはアリスに感謝して非難したことを謝罪し、二人は演奏を棄権することを家族に伝える。

その時、ターナーが舞台に上がってしまい、リーグ優勝した際の”ジャイアンツ”の実況を始め、アーティはそれを聞いて感激する。

ターナーの吃音が治ったことで、アリスはアーティに感謝し、そして、家族の心は一つになる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

カリフォルニア州、フレズノ
マイナーリーグフレズノ・グリズリーズ”の実況を担当するアーティ・デッカーは、シーズン終了と共に解雇されてしまう。
妻ダイアンに励まされたアーティは、娘のアリスからの連絡を受け、留守中の孫達の子守を頼まれる。
疎遠気味だったアリスの頼みであり孫達が苦手なアーティは、気乗りしないままダイアンと共にアトランタに向かう。
一応、子供達に歓迎されたアーティとダイアンは、戸惑いながらも何とか楽しもうとする。
ハイテク企業に勤める、アリスの夫フィルが開発したホーム・システムが表彰されることになり、二人は休暇を兼ねて旅立つ。
子供達に梃子摺るアーティだったが、心配になったアリスが戻ってきてしまい、彼は、娘との間もギクシャクしながら悪戦苦闘する・・・。
__________

製作にも参加するビリー・クリスタルが主演した純粋なコメディで、世代間のギャップを巧妙に描いている。

キッズ・ムービー・タッチでもあり、殆どの場面でトラブル続きで、そのため、クライマックスでは、単純な幸せの実感により全てが丸く収まる設定となっていて、大袈裟に終わらないところもいい。

魅力的なキャストと子供達それぞれの奮闘も楽しめる作品は、北米興行収入約7700万ドル、全世界では約1億2000万ドルのヒットとなった。

60歳を過ぎた主演のビリー・クリスタルは、さすがにやや老けたという感じだが、愛する野球が関連する作品ということで、その意欲が窺える熱演で、ベット・ミドラーが彼を支える妻役で息の合ったところを見せてくれる。

二人の娘役を軽快に演ずるマリサ・トメイ、その夫トム・エヴェレット・スコット、子供達ベイリー・マディソンジョシュア・ラッシュカイル・ハリソン・ブライトコフ、話し方教室の講師ジェニファー・クリスタル・フォーリー、長女の音楽教師ローダ・グリフィス、レストランのオーナー役のゲディ・ワタナベなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター